« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月30日 (月)

近大・大隣投手の希望球団

「江夏2世」近大・大隣のソフトB決定的(ニッカン)

広島を除く11球団が獲得に名乗りを上げているドラフトの目玉・大隣投手(近大)のソフトバンク入りが濃厚という記事が出ました。この時期にこのような決定的という記事が出るのは稀なのでちょっと驚きです。ソフトバンクは昨年のドラフトでも近大の甲藤投手を指名しており、準備は万端ということでしょうか。

この時期なので記事の真偽は分かりませんが、競争が厳しいのは確かなのでベイスターズはあまり深追いせず、他の候補を固めてもらいたいものです。現阪神の鳥谷選手のときは最後の最後まで追いかけてひどい目に会いましたので。。。できれば、地元・日産自動車の高崎投手がいいのですが。高崎投手の記事には横浜スカウトのコメントが載ることが多いので、張り付いていると信じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月29日 (日)

ペンタックスの新製品

*istDSのCCD、ファインダーのクリーニングをしてもらうため、新宿のペンタックスフォーラムに行ってきました。フォーラムにはペンタックスの未発売の新製品(*istDL2、Optio A10)が展示されていたので、クリーニングの待ちついでに見てきました。

*istDL2

実機が触れるように展示されていました。マイナーチェンジなので*istDLと大きな変化はありませんでした。

外見:液晶の縁やボタンが黒から銀に変更(こちら)。

シーンモード:モードダイヤルに"標準"の項目が削除され、SCNという項目が追加。シーンモードはFnボタンから8種類のシーンを選択可能。

電子式プレビューモード:従来機種のプレビューモードはファインダー内で被写界深度の確認であったが、DL2はこれを液晶画面でする機能を追加。ただし、E-330のようなライブビュー機能ではなく、一旦シャッターを切って液晶に表示しているだけの様子。どのように使うか不明。

Optio A10

ペンタックス初の手ブレ補正(Shake Reduction)機能付きコンパクトデジタルカメラ。ショーケース内の展示のため、手にとることはできませんでした。隣に現行のS6も展示されていましたが、面積は同じくらいでしたが、若干A10の方が厚いようです(スペックではS6:85.5×53.5×19mm、A10:88.5×54.5×23mm)。1/1.8インチCCDを乗せ、CCDシフト式の手ブレ補正機能が付けた割にはコンパクトにまとめたと思います。前面にプリントされたSR(Shake Reduction)の文字が頼もしく見え、他機種への展開も期待したいところです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月28日 (土)

ソフトバンク・松中選手、7年契約!

【ソフトB】松中が7年契約でサイン(ニッカン)(リンク切れ)

ソフトバンク・松中選手が7年契約!最初の4年は年俸5億円で、それ以降は条件を見直すという契約だそうです。

それにしも7年は凄い。ソフトバンクは小久保、井口、城島と流出してしまったので、どうしても残って欲しかったのでしょう。しかし、お金がある球団は羨ましい…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年1月26日 (木)

オリンパス、ペンタックスがデジタル一眼レフの新製品を発表

オリンパスとペンタックスがデジタル一眼レフの新製品を発表。特にオリンパスのE-330は液晶画面を見ながらの撮影を可能とした意欲的な製品です。オリンパス、頑張りましたね。

オリンパス、初のライブビュー機能搭載一眼レフ「E-330」 (デジカメWatch)

E-300の後継となる機種で、特徴は以下の通り。

  • 2種類のライブビュー(液晶画面を見ながらの撮影)
  • 新撮像素子LiveMOS
  • マルチアングル液晶

一番の注目点は、これまで一部の機種が制限つきでしかできなかったライブビューを可能としたこと。しかも、撮像素子を用いるモードとライブビュー用のCCDを用いるモードの2種類を用意。それぞれ若干の特徴(制限)があるようですが、これまで光学ファインダーを覗き込むことが前提の一眼レフの撮影スタイルが変わるのか注目です。また、撮像素子がこれまで使用していたKodak製のCCDから変更になって、これまでオリンパスブルーと呼ばれていた絵作りがどうなるのか楽しみです。

ペンタックス、AFセンサーなどが強化された「*ist DL2」

*istDLからの変更点は

  • AFセンサーを3点から5点に強化
  • デジタルプレビュー機能、シーンモードの追加

です。また、マイナーチェンジですか。よりによってオリンパスの意欲的な製品と同日発表では、存在が霞む。秋に発表される中級機は頑張ってよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年1月23日 (月)

DocomoもWindows Mobile機投入

NTTドコモ、Windows Mobile搭載の台湾HTC製FOMA端末提供へ(Internet Watch)

「DocomoもWindows Mobile機を投入か」と喜んだのですが、法人向けのようです。残念。HTC社製のPDAは一部のPDAファンの間で人気があり、輸入して使っている方もいらっしゃるようです。なんとかコンシューマー向けも出してください(データ定額制プランもよろしく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

引退

日本ハム“ガンちゃん”岩本が引退(ニッカン)

明るいキャラクターの岩本投手でしたが、若い頃にはイップスになり、ボールが投げられなくなるといった苦労人でもありました。派手なガッツポーズとヒーローインタビューは非常に印象に残っております。

前マリナーズ長谷川が引退(ニッカン)

長谷川投手がメジャーに渡ったとき、正直言って球速もあまり速くなく通用するとは思いませんでした(申し訳ありません)。でも、渡米の何年も前から英語の準備をし、メジャーでも持ち前の分析力で好成績を残した長谷川投手には頭が下がります。長谷川投手の最終目標はあくまでアメリカへの移住で、メジャー移籍はその手段の一つと言う話を聞いたことがあり、すごい人だと思いました。

お2人ともお疲れ様でした。第二の人生での活躍をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月21日 (土)

キューバ代表のWBC出場決定

キューバWBC出場決定(ニッカン)

キューバのWBC出場を拒否していた米国政府が、WBCのキューバへの分配金をハリケーン被害者に寄付することを条件にキューバの参加を承認。

キューバの参加問題をめぐって国際野球連盟がWBCの公認大会として認めない方針を表明するなど揉めていましたが、一応決着の方方向。第2回大会のときはどうするのかという課題が残りますが、とりあえず一安心でしょうか。

野球ファンとしては、アマ最強と謳われるキューバ代表がプロで固める各国代表とどんな試合をするのか純粋に興味があります。

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2006年1月19日 (木)

コニカミノルタ、カメラ事業を終了

コニカミノルタ、カメラ/フォト事業を3月で終了(デジカメWatch)

カメラの老舗・ミノルタの流れを汲むコニカミノルタが2006年3月末をもって、カメラ事業を終了する。デジタル一眼レフは先日提携を発表したソニーに売却、コンパクトデジカメは廃止とのことです。以前から噂はあったのですが、突然の発表にびっくりです。先日のニコンのフィルムカメラの終了といい、この業界は競争が相当厳しいようです。業界再編の流れとなるとオリンパスとパナソニック、ペンタックスとサムスンの提携もどう転ぶか分かりません。贔屓のペンタックスが生き残れるのか、心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WBC日本代表のユニフォーム

WBC日本代表、新ユニホームをお披露目(ニッカン)

いろいろとゴタゴタがありましたが、ようやくメンバーも決まった野球の国別対抗戦・WBCの日本代表のユニフォームがお披露目。個人的には、前の縦じまのユニフォームの方が良かったな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年1月17日 (火)

横浜・那須野のお姉さんのきつい一言

神奈川新聞からベイスターズの記事です。

先発ローテーション入りを狙う/那須野(神奈川新聞)(リンク切れ)

ルーキーイヤーは怪我の出遅れ等によって1勝に終わったベイスターズ・那須野投手がお姉さんから言われた一言。

    「あんた、超さむいんですけど…」

厳しいお姉さんですね(笑)。横浜の即戦力投手は伝統的の活躍は2年目からなので、今年は是非お姉さんを見返してください。大いに期待しています、というかやってもらわねば困る。

また、外国人情報として、元ヤクルトのベバリン獲得の記事もありました。

横浜 元ヤクルトのベバリン獲得(スポニチ)(リンク切れ)

この時期になって正式決定しているのはクルーン投手だけで、動いている情報もほとんどありません。あまり補強はうまくいってなさそうで、心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月16日 (月)

NTTドコモ、新たな定額制データ通信サービスを開始?

モバイル通信用として、NTTドコモの定額制のPHSデータ通信サービス@FreeDを利用しているのですが、サービス撤退が有力視されており、いつまで使えるのかいった状況です。

ドコモ、PHSサービス撤退も視野に4月末で新規受付終了(ケータイWatch)

代替サービスとしては、現状では最近元気のいいWILCOMが有力なのでしょうが、月々の料金と通信速度のバランスを考えるとやや魅力薄。データ通信事業に新規参入予定のソフトバンクやイーモバイルに期待するしかないのかと思っていたところ、以下のような記事を発見しました。

NTTドコモ データ通信に定額制 無線ネットが使い放題(Fuji Sankei Business-i)(リンク切れ)

うーん、@FreeDより速くて、料金二割り増しくらいなら飛びつくんですが…。あまり期待せずに待ちたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士通タブレットPCをいじった感想

週末、1/14発売の富士通のタブレットPC・FMV-BIBLO LOOX P70Rを店頭でいじってみました。触ったのは5分ほどなのであまり当てになりませんが、感想を書いておきます。

良かった点

  • 軽い(990g)
  • タッチパネルの感度は良い
  • 手書き入力の精度は高そう
  • 液晶の回転部分の作りはしっかりとしていた

気になった点

  • 常に持ち歩くにはサイズがちょっと大きい
  • (サイズが小さいため仕方がないが)キーボードが狭くて打ちにくい
  • ポインティングデバイスの操作性がいまひとつ(慣れていないだけかも)

インターフェースも一通り揃っており、うまくまとまっているという印象を持ちましたが、PDAの代わりに常に持ち歩くのはちょっと難しいかな(当たり前か)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月15日 (日)

大相撲・初場所観戦

両国国技館で開催中の大相撲・初場所を観戦しました。午後1時過ぎに入場し、幕下から幕内まで5時間観ていました。最近は優勝争い程度しかチェックしていなかったので、大分番付が変わっており、少し戸惑いました。上にいた人がかなり下にいたり、下にいた人が上にいたり、見知らぬ名前もちらほらと。

また、外国人力士の台頭も非常に目に付きました。幕内だけでモンゴル、ブルガリア、グルジア、ロシア、韓国と実に国際色豊か。それはそれで面白いのですが、次に大関を狙うような位置に元気の良い日本人が少ない気がして少し寂しかったです。次の大関は白鵬かな?

20060114

土俵入りで四股を踏む横綱・朝青龍関

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月12日 (木)

ニコン、銀塩カメラの生産を縮小

ニコン、銀塩カメラを大幅縮小(ITmedia)

大手カメラメーカーのニコンは一部のボディとレンズを除いて、銀塩カメラの生産を中止し、今後はデジタルカメラに経営資源を注力していく。デジタルカメラが普及する中で、時代の流れでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

井口の代役はヤクルト・宮本、他

ヤクルト宮本がWBC代表(ニッカン)(リンク切れ)

WBCを辞退したホワイトソックス・井口選手の代役がヤクルト・宮本選手に決定。一旦は中日・荒木選手に打診も辞退の連絡があり、宮本選手に白羽の矢が立ちました。国際試合の経験も豊富なので、プレーだけではなくチームのまとめ役としても期待したいです。

MLBがキューバのWBC参加に自信(ニッカン)

キューバの参加をアメリカ政府が拒否しているなか、国際野球連盟(IBAF)は、キューバの参加が認められない場合はWBCを公認の大会と認めず、いくつかの国の不参加も検討しているという話も。しっかり、根回しをしてくださいよ。

多村 辞退報道を完全否定(デイリー)

先日、サンスポでWBC辞退が報じられた横浜・多村選手が、辞退報道を完全否定。新聞がいい加減な記事は書かないで欲しい。

| | コメント (0)

2006年1月10日 (火)

ウィルコム・W-ZERO3バカ売れ

ウィルコムのスマートフォン・W-ZERO3は発売から大人気で品薄、抽選販売という状態。身の周りでもすでに2名ほど購入した人がいます。そんなか、以下のようなニュースを見かけました。

W-ZERO3入荷安定 ウィルコムストアで通常販売(ITmedia)

「おっ、買えるのか」と(購入する気はないものの)ウィルコムのオンラインストアを見てみましたが、アクセス集中で見られず。多分みなさん、同じニュースを見て殺到しているんですね。しばらく品薄は続きそう。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベイスターズ・多村、WBC辞退?(追加情報あり)

王ジャパンに非常事態!横浜・多村が国内組初の“辞退発言”(サンスポ)(リンク切れ)

おいおい、しっかりしてくれよ。「メジャーにアピールする」とか「イチローさんからなにか盗みたい」とか前向きなこと言ってくれよ。球団専務の山中さんが「球団、個人、日本球界の収穫になる」と言ってくれているのは救われました。

(2006年1月11日追加)

ライブドアで多村のマネージメントをされている小島氏のブログ(リンク切れ)によると同記事は事実に反するとのことです。昨日(1/10)のニュース23のスポーツコーナーでも多村がWBCについて普通に出場するような話しぶりをしていたので、「おやっ、話が違うぞ」と思いました。わざわざ山中専務にコメントをとっていたので記事を信じたのに、まったく。。。

出場に前向きでしたら多村選手、申し訳ありませんでした。今年も頑張って応援しますので、お許しを。

横浜新人山口、父から「2つの宝物」

WBCと関係ありませんが、ベイスターズ繋がりで。山口くん、期待してますよ。怪我の状態を考えて、焦らず仕上げてください。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年1月 9日 (月)

青学大野球部、始動(ドラフト情報)

青学大始動に巨人ら4球団スカウト詣で

高市投手、大崎選手、円谷選手、田仲捕手が所属する青学大の始動に読売・ソフトバンク・オリックス・楽天のスカウトが挨拶に訪れたそうです。昨年某紙でベイスターズが高市投手と大崎選手の獲得を目指していると出ていましたが、今回はスカウトは行っていないようですね。青学とベイスターズの繋がりはそれほどないから、狙いは別なのかな?

高市投手、大崎選手、田仲捕手は昨年の大学野球選手権大会の創価大戦を見ました(円谷選手は怪我で欠場)。高市投手は直球は140キロ弱でびっくりする投球はしていませんでしたが、大会をほとんど一人で投げぬきました。リーグ戦でもタフに投げており、上手く力をセーブしながら投げられる賢い投手なのでしょう。大崎選手はこの試合3安打の活躍でしたが、それよりもウェーティングサークルで股割している体の柔軟性に目が行きました。

円谷選手、田仲捕手は横浜高校2年のときにも神奈川予選で球場で見ましたが、特に円谷選手のショートの守備に感動した記憶があります。スローイングが非常に軽やかで柔らかくプロのプレーを見ているようでした。大学に入ってからは見てませんが、ドラフト候補に挙がっているので、順調に成長しているのでしょう。

田仲選手はあまり印象に残っておりません、ごめんなさい。(捕手の評価は素人には難しい。。。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CESの気になった速報

米・ラスベガスで世界最大の家電展示会のInternational CESが開催されています。早速いろいろな速報が見られますが、そのなかで気になったものをリストアップします。

米PalmのWindows Mobile搭載スマートフォン「Treo700w」他(ITmedia)

SDカードの上位規格「SDHC」(AV Watch)

東芝のHDDプレーヤー「gigabeat S」(AV Watch)

ビデオカメラ、三洋「Xacti HD1」と東芝「gigashot」(AV Watch)

Blue-ray Disc関連(AV Watch)

HD DVD関連(AV Watch)

Intel「Centrino Duo」、「Viiv」(PC Watch)

とりあえず貼り付けてみましたが、上のリンクも読み切れてません。まだまだ、他にも面白そうなものがありそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全日本総合バスケットボール選手権大会・女子決勝

全日本総合バスケットボール選手権大会・女子決勝の富士通レッドウェーブ-シャンソンVマジックの試合を観戦しました。富士通が51-49で接戦を制し、初優勝。バスケットボールはあまり見に行ったことがなかったのですが、会場の盛り上がりに乗せられてかなり楽しむことができました。2点差で迎えた残り2分弱はドキドキでした。

20060108

優勝に喜ぶ富士通の選手たち

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年1月 7日 (土)

横浜ベイスターズの2006年ドラフト候補

2006年のドラフトに向けた各球団のスカウト活動もすでに始まっています。

東京ガス・木村投手の始動に横浜と読売のスカウトが立会い。

和製ランディ、東京ガス木村が始動

紙面には他にも、日産自動車・高崎投手の始動にも横浜を含めて4球団のスカウトが終結したと書かれていました。この2人にすでに争奪戦参戦を表明している近大・大隣投手、横浜と繋がりが深い法大の大引選手などが今年の横浜のドラフトの有力候補となりそうです。大隣投手、高崎投手は横浜が狙ってる噂がありましたが、木村投手にも張り付いていたのは予想外でした。

個人的にはこの中では、高崎投手を獲得して欲しい。昨年、2試合高崎投手が投げるのを見ましたが、高卒2年目にもかかわらず力任せではないまとまった投球をしており、プロ入りしても即ローテで活躍してくれそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WBCあれこれ

WBC、福留が松井に代わって日本代表

WBC松井の次は石井…王監督また一難

井口もWBC辞退「キャンプでアピール」

なかなかWBCのメンバーが定まりません。

ヤンキ-ス・松井選手の辞退によって、中日・福留選手が代表入りを受諾。ようやく代表30人が出揃ったと思ったら、ヤクルト・石井投手が移籍問題の影響で辞退の可能性あり、ホワイトソックス・井口選手は自チームのレギュラー確保のため辞退だそうです。

前途多難ですね。まさかアジア予選で敗退したりしないでよ。

| | コメント (2)

ヤクルト・石井、メジャー移籍に法的手段も

ヤクルト石井、米移籍実現へ裁判も

ヤクルト・石井投手がポスティングシステムによるメジャー移籍を実現するため法的手段を取る可能性を示唆。

本来、ポスティングシステムは球団の権利で、選手に行使の権利はないのですが、約束があっただけに石井投手が納得いかないのも理解できます。ヤクルトは同じくメジャー移籍を求める岩村選手に、来オフなら良いといった主旨の発言をしていましたが、そんなこと言ってしまっていいのかな?

ポスティングの制度にも問題がありそうなので、改善が必要かもしれません。そもそもポスティングはFAでメジャーに移籍したときに球団にメリットがないことが発端でした(移籍先が日本の球団ならお金と人的補償あり)。FA移籍についてメジャーと取り決めを作る必要があると思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月 6日 (金)

読売・江藤、FA人的補償で西武に移籍

西武、巨人江藤獲得!伊東監督が大砲熱望

豊田投手のFA移籍に伴う人的補償で読売ジャイアンツの江藤選手の西武ライオンズ移籍が決定。

江藤選手がFA人的補償のプロテクトから外れていることはそれほど不思議ではありませんが、年齢(35歳)、年俸(11000万円)を考えると西武はなかなか勇気があるなと思いました。FAで広島から読売に移籍した江藤選手にとって、FAの人的補償で移籍することになったのはなんとも皮肉な話ですが、現役を1年でも長く続けたいのであれば悪い話ではないと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006年1月 4日 (水)

ペンタックスの手振れ補正機能付デジタルカメラ

Pentax Optio A10

ペンタックスの手振れ補正機能付コンパクトデジカメの記事がありました。最近の流行である手振れ補正や高感度について遅れをとっていただけに「やっと出たか」という印象です。手振れ補正機能はCCDを動かす方式(コニカミノルタやリコーと同じ方式)で他社からのライセンスではなく、独自技術だそうです。

個人的には手振れ補正機能は最優先ではありませんが、あって困るものではないし、消費者への印象も変わってくるので、歓迎します。秋に発売が噂されるデジタル一眼レフの中級機にも乗るのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Kodak、2つのレンズとCCD搭載コンパクトデジカメを発表

米Kodak、2つのレンズを搭載したコンパクトデジカメ「V570」

Kodakが2つのレンズとCCDを搭載したコンパクトデジカメを発表。一つは35mm換算23mmの広角単焦点、もう一つは35mm換算39mm~117mmの3倍ズームだそうです。

なかなか大胆なアプローチで面白いですね。2つのレンズ・CCDの切り替えの使い勝手とかどうなのか?また、2つの組合せを広角+標準ではなく、標準+超望遠とか別の組合せもできるのかな?とかいろいろと興味があります。とりあえず弄ってみたいので、日本でも発売してくれないかな。(購入はしないと思うけど。)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年1月 2日 (月)

元中日監督・近藤貞夫氏死去

元中日監督の近藤貞雄氏が死去

中日、大洋、日本ハムで監督を務められた近藤貞夫氏が死去。近藤氏が中日、大洋で監督されていた時代は野球に疎かったのでリアルタイムでは記憶にありません(日ハム時代でなんとか)が、横浜ファンにとっては大洋の監督をされていたときに高木、加藤、屋敷の3人にスーパーカートリオと名付けたことで有名です。なんでも小粒で弱かった当時のチームをなんとか売り出すことが目的だったとか。

ご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年1月 1日 (日)

福袋購入

新年あけましておめでとうございます。

毎年恒例となっている電気量販店の福袋を購入してきました。今年は新宿・ヨドバシカメラに朝一番で向かい、開店前に到着。その時点でかなりの数が並んでいましたが、用意された個数も多かったようで、すんなり購入できました。購入したのはデジタルカメラ25000円の福袋(箱?)でその中身は以下の通り。

  • 700万画素デジカメ:CASIO Exlim EX-P700
  • 昇華型フォトプリンタ:CANON  Selphy CP-510
  • SDカード:Lexar 128 MB
  • ポーチ
  • レンズ付フィルム:Fujifilm 写るんです
  • ペットボトルクーラー
  • ボ撮ルンです
  • 三脚・カメラバッグ割引チケット

デジタル一眼のサブとしてそこそこの画質のコンパクトデジカメが欲しかったので、P700はうってつけ。これだけで元は取れたかなと思います。その他のおまけもそれほど的外れなものは少なかった。なにげにポーチのサイズがP700とぴったりなのが嬉しい。(大きさを選んでくれたのかな。)今年の最初の買い物は満足できました。

20060101

福袋の中身

| | コメント (0) | トラックバック (3)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »