« ペンタックスのPMA2006参考出品 | トップページ | 今週末のベイスターズ情報 »

2006年2月26日 (日)

松下電器、デジタル一眼レフカメラを発表(PMA2006)

ついに松下電器のデジタル一眼レフカメラがお披露目。

【PMA2006】松下電器、フォーサーズ対応デジタル一眼レフ「DMC-L1」発表(デジタルARENA)

松下電器はオリンパスと共同開発したフォーサーズ規格のデジタル一眼レフカメラ「DMC-L1」を発表。発売は2006年末を予定。DMC-L1は先日オリンパスから発売されたE-330の兄弟機にあたり、ライブビュー機能を搭載。

また、これに合わせてあのライカがフォーサーズ規格に加盟し、低価格レンズの供給を発表。(とは言っても平均50万円だった従来の半額以下とまだまだ高そうですが。。。 )

ライカ、松下向けに低価格レンズ 業績回復へ路線変更(asahi.com)(リンク切れ)

ちなみにDCM-L1の兄弟機E-330をこの週末量販店の店頭で弄ってきました。ライブビューの液晶はなかなか見易く、MFのピント合わせも十分出来そうでした。ただ、重いレンズをつけると上手くカメラを保持できるのか、ちょっと心配。光学ファインダーは見難かったので、ライブビュー中心の人向けのカメラだと思いました。

これまで、フォーサーズ規格はオリンパスが孤軍奮闘で苦しんでいたので、松下の援軍は心強いでしょう。今年はソニーのαマウントでのデジタル一眼レフカメラの発売も予定されており、業界の転換期となりそうです。贔屓のペンタがこの荒波のなか生き残れるのかすごく不安。

|

« ペンタックスのPMA2006参考出品 | トップページ | 今週末のベイスターズ情報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1695/854986

この記事へのトラックバック一覧です: 松下電器、デジタル一眼レフカメラを発表(PMA2006):

« ペンタックスのPMA2006参考出品 | トップページ | 今週末のベイスターズ情報 »