« 今週末のベイスターズ情報 | トップページ | WBC開幕、日本は中国にコールド勝ち »

2006年2月28日 (火)

ペンタックス・鳥越氏のインタビュー

【インタビュー】デジタル一眼に必要な要素のすべてに取り組む(デジカメWatch)

ペンタックス上級執行役員イメージングシステム事業本部長の鳥越興氏のインタビュー記事で新機種やサムスンテックウィンとの提携について触れられています。カメラ作りへの自信や拘りが感じられる一方、どのようなユーザ層を狙っているか等は不明確で、「自分達の作りたいカメラを作るんだ」という印象を持ちました。そんなマイペースなペンタが好きですし、前向きな姿勢も見られるので、今後も応援したいです。

(1)サムスンテックウィンとの提携について

  提携はデバイスの共同調達によるコストダウンが主な目的で、提携によって技術的(特に光学技術)にサムソンテックウィンから得るものは期待していないとのこと。ペンタックス中心の開発となりそうで少し安心。互いにメリットが出るといいのですが。

(2)秋発売の1000万画素デジタル一眼レフカメラについて

  • エントリー機の*istDシリーズとは別シリーズ → 新シリーズはMZ-D?
  • イメージセンサのサプライヤにサプライズはない → ニコン・D200と同じソニー製1000万画素CCDでしょうか?ニコンも使いこなしに苦労していますが、大丈夫かな?
  • 従来のエントリー機にはなかった機能(シャッタースピード、連写速度、防振(手ブレ補正)機能、高感度撮影対応)を取り込む → 手ブレ補正機能(ShakeReduction)は確定?

なかなか魅力的な機種になりそう。欲しいけどいいお値段なんだろうな。。。

(3)その他

  • Kマウントの上位互換の形による進化
  • 中判やコンパクトカメラの今後の展開
  • ペンタックスのDNA → 多少組み立てにくくても、出したいと思ったカメラを出してしまうDNAだそうです。ユーザにとっては楽しみですが、商売として大丈夫と心配してしまう。

|

« 今週末のベイスターズ情報 | トップページ | WBC開幕、日本は中国にコールド勝ち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1695/868221

この記事へのトラックバック一覧です: ペンタックス・鳥越氏のインタビュー:

« 今週末のベイスターズ情報 | トップページ | WBC開幕、日本は中国にコールド勝ち »