« 【WBC】日本、準決勝進出 | トップページ | 【WBC】日本、決勝進出!(日本 6-0 韓国) »

2006年3月18日 (土)

【オープン戦】横浜 5-1 西武 (観戦)

横浜スタジアムで横浜ベイスターズと西武ライオンズのオープン戦を観戦しました。試合は2回裏に西武の守備の乱れをついて4点を先制した横浜が4-1で勝利しました。

・横浜エースの三浦は可もなく不可もなく

先発した三浦は7回を炭谷の一発の1失点に抑えました。結果は上々でしたが、ピンチも多く、西武打線に助けられてなんとか切り抜けたという感じでした。見ていて特にカーブの制球が今ひとつでした。ニッカンの記事によるといろいろと試しているそうなので、これから良くなっていくでしょう。前回登板が悪かったので、フォーム改造の影響でばらばらになったのではと心配しましたが、少し安心しました。

2006031801_1

三浦の新フォーム

・横浜ルーキーの高宮はなかなか良さそう

9回表に横浜ルーキーの高宮が登板し、1回を打者3人でピシャリと抑えました。初めて見ましたが、ストレート中心の投球で常時140キロ(Max143キロ)出ており、制球も安定していて空振りも取れていました。短い投球だったので、使える変化球を持っているか等は分かりませんでしたが、期待できそうです。

2006031802

高宮投手

・西武の守備陣は今年も。。。

2回の横浜の4点は、西武のレフト栗山が古木のレフト前に落ちた打球を逸らした3塁打、ファーストのリーファーが一塁ゴロを投手のギッセルに悪送球が絡んでいました。昨年も西武の守備陣はかなり足を引っ張りましたが、今年も苦労しそうです。ちなみにショートの中島は無難に捌いてました。

おまけ:横浜の新外国人は「ローズ」?

9回表に捕手が鶴岡から斉藤に代わりましたが、なぜかスコアボードには「ローズ」の文字が。球場がざわつき、ウグイス譲は「横浜の捕手は斉藤です」と懸命に訂正していました。なんで今更ローズなんだろう。。。

2006031803

なぜかスコアボードに「ローズ」

|

« 【WBC】日本、準決勝進出 | トップページ | 【WBC】日本、決勝進出!(日本 6-0 韓国) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1695/1084000

この記事へのトラックバック一覧です: 【オープン戦】横浜 5-1 西武 (観戦):

« 【WBC】日本、準決勝進出 | トップページ | 【WBC】日本、決勝進出!(日本 6-0 韓国) »