« 阪神 5-2 横浜 (大阪ドーム) | トップページ | 阪神 10-5 横浜 (大阪ドーム) »

2006年4月 9日 (日)

【大学野球】東京六大学野球が開幕 (観戦)

4/8に東京六大学野球が開幕。早速、初日の東大-法大、立大-慶大を見てきました。今日は天候が不安定で、第1試合、第2試合ともに途中で突然土砂降りとなり、球場内に逃げ込むという一幕もありました。

2006040801

開会式が行われている神宮球場

2006040802

選手宣誓する法大・大引キャプテン

・東大 4-7 法大

開幕戦となった東大と法大の試合は、大方の予想に反して東大が前半を優位に進める。3回、5回にいずれも東大・升岡選手のタイムリーで3点先制。東大の先発・重信は130キロ台前半の直球と100キロ台のカーブで上手く緩急をつけて4回まで法大打線を零封。球場がややざわめき始めたところで、法大が本来の実力を発揮し、5、6回に大引選手のタイムリーなどで合わせて7点を取って逆転。結局、7-4で法大が勝利。

平野投手(9回9安打6死球4失点)

来年のドラフト候補の平野投手だが、今日は東大に苦労していました。特に特定の選手に打たれており、升岡選手と井尻選手の2人で7安打浴びていました。投球フォームはやや変わっており、踏み出した左足がつっかい棒となって体重移動が止まり、最後は上半身の力で投げるようなフォームです。投球内容は140キロ台のストレート(MAX144キロ)と120キロ程度の変化球(スライダー?)中心で非常にテンポの早い投球。また、5回以降は制球のばらつきが大きかった。

2006040803

完投勝利の法大エース・平野投手

・立大 3-4 慶大

第2試合は。慶大が加藤投手の140キロ前後のストレートとスライダーを駆使した好投、立大の小刻みな投手リレーで、テンポ良くすすみました。3-1慶大リードで迎えた9回表、立大は渡辺選手、小山田選手のタイムリーで3-3の同点に。延長10回裏、慶大は1死満塁から瀧口選手のタイムリーでサヨナラ。立大は10回表の無死1塁2塁のチャンスでのバント失敗が痛かった。

2006040804

サヨナラ負けにがっかりする立大・東捕手

|

« 阪神 5-2 横浜 (大阪ドーム) | トップページ | 阪神 10-5 横浜 (大阪ドーム) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1695/1338020

この記事へのトラックバック一覧です: 【大学野球】東京六大学野球が開幕 (観戦):

« 阪神 5-2 横浜 (大阪ドーム) | トップページ | 阪神 10-5 横浜 (大阪ドーム) »