« 5/23 ソフトバンク 2-5 横浜 (ヤフードーム) | トップページ | 5/24 ソフトバンク 6-2 横浜 (ヤフードーム) »

2006年5月24日 (水)

ペンタックス、手振れ補正一眼レフ「K100D」を発売予定

ペンタックス、ボディ内手ブレ補正搭載一眼レフ「K100D」 (デジカメWatch)

ペンタックスは、CCDシフト方式の手振れ補正機能を搭載したデジタル一眼レフ「K100D」を7月下旬に発売予定。撮像素子はAPS-Cサイズ610万画素CCDで、価格はボディのみが7万円前後、レンズとのセットは9万円前後の見込み。

噂されていたペンタックスの手振れ補正(Shake Reduction)機能付き一眼レフの発売が決定。CCDシフト方式のため、全ての交換レンズで手振れ補正の効果がある。レンズ通信に対応しない古いレンズは手動で焦点距離の入力が必要となるが、M42マウントのレンズなどでも手振れ補正の恩恵が与れるのは素晴らしい。補正の効果は2段分とコニカミノルタのAntiShakeと比べて小さいが、ペンタックスの社風から控え目に言っていると思いたい。

添付の現像ソフトに市川システムラボラトリー社のSilkyPixエンジンを採用。これまでのバージョンはjpegファイルの評判があまり良くなかっただけに、地味だが嬉しい。カメラに搭載されているエンジンも変更されたのかな?

少し残念なのは、ファインダーがペンタミラー方式となったことですね。*istDS/DS2のペンタプリズムの採用は他社のエントリー機にはなかった特徴だっただけに残念。あと*istシリーズと比べると少し大きく、重くなったようです。

全体としては、画質の評判の良かった600万画素のCCDに手振れ補正を付けたことで、使い勝手の良い機種にまとまったと思います。しかも、いきなり7万円を切るような価格になりそうで、かなりお買い得だと思います。

ペンタックス、薄型単焦点広角レンズ「DA 21mm F3.2AL Limited」 (デジカメWatch)

また、既発表であった通称「パンケーキ」と呼ばれる薄型レンズは6月下旬に発売予定。価格は5万円前後の見込み。発売中のDA40mmのレンズよりも少し厚そうですが、他社にない特徴的なレンズの発売は歓迎です。

購入予定ではありませんが、贔屓の会社から新製品が発売されるとワクワクします。今夏にはソニーからも手振れ補正機能付きの一眼レフが発売予定なので負けられないですね。また、秋にペンタックスから発売予定の中級機(K1000D?)も期待。

|

« 5/23 ソフトバンク 2-5 横浜 (ヤフードーム) | トップページ | 5/24 ソフトバンク 6-2 横浜 (ヤフードーム) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1695/1917160

この記事へのトラックバック一覧です: ペンタックス、手振れ補正一眼レフ「K100D」を発売予定:

« 5/23 ソフトバンク 2-5 横浜 (ヤフードーム) | トップページ | 5/24 ソフトバンク 6-2 横浜 (ヤフードーム) »