« 6/9 横浜 7×-5 オリックス (横浜スタジアム) | トップページ | 6/11 横浜-オリックス戦は雨天中止 »

2006年6月11日 (日)

6/10 横浜 7-4 オリックス (横浜スタジアム)

クルーンが締め3連勝(神奈川新聞)

6/10の横浜-オリックス戦は、横浜がオリックスの守備の乱れにつけこんで勝利。初回に1点を先制されたがその裏に村田のタイムリーなどで逆転。その後はオリックスの内野のエラーや暴投によって追加点。横浜先発の門倉は内容は悪いが、5回を3失点にまとめて3勝目。クルーンが日本タイ記録の161kmを投げ込み、10セーブ目。

この試合はオリックスの自滅でいただいた勝利という感じでした。門倉も内容が悪く、良く5回3失点で収まりました。野村監督に言わせると「勝ちに不思議の勝ちあり」といったところでしょうか。この試合から金城が復帰しましたが、いまだメンバーを組むのも苦しい台所を考えると贅沢は言えませんが…。

佐伯の怪我の診断結果が靭帯損傷で全治3週間となり、登録抹消。合わせて不調の土肥、新人の内藤も登録を抹消されました。代わりに木村と新沼が昇格。土肥はもう少し我慢するかと思いましたが、早い決断でした。下でベバリン、吉見が一応結果を残しているので、来週代わりに昇格するかもしれません。また、内藤はまだ時期尚早でしたね。まずは、下で実績を積まないと。しばらく遣り繰りに苦労しそう。

|

« 6/9 横浜 7×-5 オリックス (横浜スタジアム) | トップページ | 6/11 横浜-オリックス戦は雨天中止 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1695/2163694

この記事へのトラックバック一覧です: 6/10 横浜 7-4 オリックス (横浜スタジアム):

« 6/9 横浜 7×-5 オリックス (横浜スタジアム) | トップページ | 6/11 横浜-オリックス戦は雨天中止 »