« 6/3 横浜 4-2 北海道日本ハム (横浜スタジアム) | トップページ | 6/6 東北楽天 8-4 横浜 (フルキャストスタジアム) »

2006年6月 5日 (月)

6/4 横浜 7-2 北海道日本ハム (横浜スタジアム) (観戦)

打線つながり3連勝(神奈川新聞)

6/4に横浜スタジアムで行われた横浜-日本ハム戦を観戦。

今週末はスタジアム周辺で開港記念日のイベントが行われており、なかなか賑わっていました。試合前のスタジアム周辺では、横浜と日本ハムのマスコットがファンと交流していたり、クルーンの161キロ体験コーナーや横浜のダンスチームのイベントなどがあり、両チームのファンが和気藹々とした雰囲気でした。

試合開始前の練習では、日本ハムの新庄が守備練習につくと、ホーム、ビジター関係なく大歓声があがり、新庄もどちらのファンにもご挨拶。新庄人気の高さを思い知りました。

2006060401

スタジアム周辺の開港記念日のイベント

2006060402

横浜に出張していた日本ハムのマスコット・BB

試合は、3回表に日本ハムが森本のタイムリーで先制するも、その裏に横浜が小池、佐伯、内川のタイムリーで3点を奪い逆転。さらに4回には金城のタイムリーと村田の3ランHRで突き放した。援護を貰った横浜・先発の秦は7回を2失点に抑える好投。8回、9回はリリーフ陣が0で切り抜け、横浜が日本ハムを3タテ。横浜は今期初めての同一カード3連勝となりました。

この試合は若手の秦が頑張って、打線が繋がって援護する理想的な展開。秦は相変わらず凄い球は投げていませんでした、丁寧に投げていた印象があります。走者を出すと若干コントロールの精度が落ちるように見えましたので、この辺が課題でしょうか。打線は村田が4番に座ってから上手く線になっています。特に1番の石井が良く出塁することと打順が下がって佐伯に当たりが出てきたことが大きい。村田にも4番になって初めてのHRが出たので安心しました。

2006060403

7回2失点と好投した横浜の秦投手

2006060405

勝ち越し打を放つ佐伯選手

ちなみに試合後には秦が投げ込んだボール(練習球?)をキャッチ。気持ちの良い勝ち方で機嫌が良かったので、隣にいたユニフォーム姿の野球少年にボールをあげたのですが、お礼の言葉なし。そんな態度とると次はあげないぞ(笑)。

良い事だらけの試合でしたが、心配なニューズも。

横浜の吉村が右手指骨折=プロ野球

せっかくレギュラーを掴みかけていたのに残念。吉村は結構怪我(特に骨折)が多いので頭が痛いです。多村のようにちょくちょく離脱する選手にならないといいけど。不幸中の幸で、複雑な個所(手首等)の骨折ではないので、じっくり直して戻ってきてください。古木、小池、鈴木尚はチャンス到来なので、ガンバレ。

|

« 6/3 横浜 4-2 北海道日本ハム (横浜スタジアム) | トップページ | 6/6 東北楽天 8-4 横浜 (フルキャストスタジアム) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1695/2077268

この記事へのトラックバック一覧です: 6/4 横浜 7-2 北海道日本ハム (横浜スタジアム) (観戦):

« 6/3 横浜 4-2 北海道日本ハム (横浜スタジアム) | トップページ | 6/6 東北楽天 8-4 横浜 (フルキャストスタジアム) »