« 7/9 中日-横浜戦は雨天中止 | トップページ | 7/12 読売 1-2 横浜 (札幌ドーム) »

2006年7月12日 (水)

7/11 読売 1-5 横浜 (札幌ドーム)

<横浜5-1巨人>◇11日◇札幌ドーム (ニッカンスポーツ)

7/11の読売-横浜戦は、元気のない読売相手に横浜が終始リード。初回に村田の犠牲フライで先制、3回にも村田の2点タイムリー、最後は9回に鈴木尚の2点HRで駄目押し。横浜・先発の牛田は6回を2安打1失点に抑えてプロ入り初勝利。

4番の村田が3点をたたき出し、若い牛田の好投と良いこと尽くめの試合でした。牛田はプロ入り2度目の先発ですが、安定した投球にびっくりです。

7/2のヤクルト戦で観戦した時も書きましたが、変化球(フォーク)でカウントが獲れるのが大きい。牛田は、その投球スタイル(ストレートとフォーク中心)からずっとリリーフ向きと言われてきましたので、先発でこれだけ投げられるとは。牛田を先発で試すと聞いたとき、「頭数はそれほど困ってないのになぜ?」と思いましたが、首脳陣の見る目がありましたね。各球団一回りしてからどのくらい通用するかが勝負。

それにしても、牛田、那須野、秦、高宮と、昨年まであまり見られなかった若手投手陣の台頭があって、今年は楽しいね。

|

« 7/9 中日-横浜戦は雨天中止 | トップページ | 7/12 読売 1-2 横浜 (札幌ドーム) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1695/2617064

この記事へのトラックバック一覧です: 7/11 読売 1-5 横浜 (札幌ドーム):

« 7/9 中日-横浜戦は雨天中止 | トップページ | 7/12 読売 1-2 横浜 (札幌ドーム) »