« 7/1 横浜 2×-1 東京ヤクルト (横浜スタジアム) | トップページ | ペンタックスのデジタル一眼レフK100Dの関連情報 »

2006年7月 3日 (月)

7/2 横浜 1-2 東京ヤクルト (横浜スタジアム) (観戦)

連勝は6でストップ(神奈川新聞)

7/2の横浜-ヤクルト戦を観戦。この日は雨が降ったり止んだりで、観戦するにはあまりよろしくない天候状態でした。お客さんは天候状態もあるのか、日曜の試合にしてはやや寂しかった(12524人)。特に3塁側は酷かったので、ヤクルトファンの皆様はもう少し頑張って欲しいものです。近いんだし。

試合は前日に続いて両チームの先発投手が頑張って投手戦になりました。ヤクルトは初回に横浜のプロ初先発の牛田からラミレスが2点タイムリー。牛田はこの後立ち直り、8回まで追加点を許さず。一方、ヤクルト先発のゴンザレスは8回を吉村のソロHRの1点に抑える。9回裏には木田から1死1塁3塁の絶好のチャンスを迎えるが、相川が併殺で試合終了。

2006070201

プロ入り初先発で8回2失点の好投の横浜・牛田

2006070202

8回1失点で勝ち投手となったヤクルト・ゴンザレス

横浜の牛田はプロ入り初先発だったので心配でしたが、予想以上に頑張りました。ストレートとフォーク中心の組み立てでしたが、いずれの球種でもストライクが取れ、制球に困ることはありませんでした。また、8回になってもストレートは140キロを越えており、スタミナ面も問題なさそう。初回の2失点のきっかけとなった青木とリグスのヒットも当たりはよくなかった。はっきり言ってここまでの好投は予想外。それだけに勝たせてあげたかった。今後は先発と中継ぎのどっちで使うんだろうか?

問題は打線。初回の無死1塁3塁、9回裏の1死1塁3塁のチャンスを生かせなかったのが痛かった。特にクリーンアップがあまり仕事ができなかった。勝てる試合だっただけにもったいない。打線の光明は8回裏に代打の吉村に復帰第1号のHRが出たこと。超特大の当たりでした。外野のライバルの小池・古木も2安打づつ打っており、ますます競争が激化しそうです。

来週は、阪神・中日と5試合。ここ最近の調子の良いチームの真価が問われます。なんとか2勝3敗くらいで切り抜けてほしいな。

|

« 7/1 横浜 2×-1 東京ヤクルト (横浜スタジアム) | トップページ | ペンタックスのデジタル一眼レフK100Dの関連情報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1695/2476130

この記事へのトラックバック一覧です: 7/2 横浜 1-2 東京ヤクルト (横浜スタジアム) (観戦):

» 7/2 無念★横浜ベイスターズ★★7連勝ならず [くつ子の『プロ野球・東奔西走!!』]
う~ん・・・無念。 行ってきました!横浜スタジアム!! 私は基本的に内野観戦派なのですが、友の会券の外野が余り出しているので、ギリギリの時間に行って内野券にランクUPを狙って行ったら、ホントにギリギリの時間だったにもかかわらず、 『満員ではないので変更できま..... [続きを読む]

受信: 2006年7月 3日 (月) 13時26分

« 7/1 横浜 2×-1 東京ヤクルト (横浜スタジアム) | トップページ | ペンタックスのデジタル一眼レフK100Dの関連情報 »