« ペンタックス一眼レフレンズ DA21mm F3.2AL Limitedのレビュー | トップページ | ペンタックス・K100Dの発売日は7/14 »

2006年7月 7日 (金)

7/6 阪神 2-1 横浜 (甲子園)

<阪神2-1横浜>◇6日◇甲子園 (ニッカンスポーツ)

7/6の阪神-横浜戦は、2回表に横浜が相川のタイムリーで先制するも、阪神は4回裏に藤本のタイムリーで同点、6回裏に矢野のタイムリーで逆転した。横浜の三浦は7回を2点に抑えたが援護なし。

散発の4安打では仕方がないかな。三浦は好投したのに気の毒でした。勝ち越し点もエラーが絡んでるし。この3連戦はいずれも横浜が先制したにも関わらず接戦で競り負けて1勝2敗の負け越し。若い連中が多いから仕方がないのかもしれないけど、こういう試合を拾えるようにしたいね。

【横浜】小田嶋が登録名変更に色気? (ニッカンスポーツ)

小ネタ。横浜には現在外国人野手がいないため、ラインナップには漢字が並びます。そこで、(冗談で)小田嶋に登録名のカタカナへの変更が持ちかけられたそうです。候補は「オダジーニ」や「オダジ」だそうです。

なんとも呑気なお話。チームの雰囲気は悪くなさそうですね。

|

« ペンタックス一眼レフレンズ DA21mm F3.2AL Limitedのレビュー | トップページ | ペンタックス・K100Dの発売日は7/14 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1695/2531822

この記事へのトラックバック一覧です: 7/6 阪神 2-1 横浜 (甲子園):

« ペンタックス一眼レフレンズ DA21mm F3.2AL Limitedのレビュー | トップページ | ペンタックス・K100Dの発売日は7/14 »