« 甲子園決勝、両雄譲らず再試合 | トップページ | 早稲田実、夏の甲子園初優勝 »

2006年8月21日 (月)

8/20 横浜 6-3 広島 (横浜スタジアム)

<横浜6-3広島>◇20日◇横浜 (ニッカンスポーツ)

8/20の横浜-広島戦は、広島のミスにつけこみ横浜が逆転勝利。1-1で迎えた6回表広島は井生の2点タイムリーで勝ち越す。しかし、その裏横浜は死球やエラーでもらったチャンスに4番村田が同点2点タイムリー。さらに広島バッテリーが二つの暴投をおかし、2点を追加し、これが決勝点となった。6回3失点の牛田が3勝目。クルーンが20セーブ目。

広島のミスでもらった勝利でしたね。1試合に暴投で3点というのは珍しい。広島と横浜の試合は「プロとしてちょっと」というプレーが多いような気が。高校生も頑張ってるんだから、お互い頑張ってください。

この試合は18日に復帰した多村が早速スタメンを外れた。昨日のデッドボールの影響らしいが相変わらず怪我に弱い。この試合で頭にデッドボールをくらった小池はピンピンしてるのにね。他の選手がスタメンを外れろと心配するのだが、多村の場合は「またか~」とあまり気にならなくなりましたね。とりあえず横浜の野手は外野の練習をしておけば(多村の怪我で)チャンスがくるかも。

また、この試合、レフトスタンドに「昨日はごめんなさい」とうボードが掲げられたそうです。前日の試合で広島側からメガホンが投げ込まれたことに対してですが、投げ込んだ本人と関係のないファンまで肩身の狭い思いをしなくてはいけないので、このような行為はやっぱりやってはいけません。

|

« 甲子園決勝、両雄譲らず再試合 | トップページ | 早稲田実、夏の甲子園初優勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1695/3147511

この記事へのトラックバック一覧です: 8/20 横浜 6-3 広島 (横浜スタジアム):

« 甲子園決勝、両雄譲らず再試合 | トップページ | 早稲田実、夏の甲子園初優勝 »