« K100Dで撮ってみました その2 | トップページ | 8/6 読売 4-1 横浜 (東京ドーム) »

2006年8月 6日 (日)

選抜の覇者・横浜高校は初戦敗退

夏の甲子園の1回戦屈指の好カードとなった大阪桐蔭-横浜は終盤に打線が爆発した大阪桐蔭が11-6で勝利しました。横浜の春夏連覇は初戦で潰えました。

とにかく横浜の攻撃が粗かった。序盤はどちらかというと横浜が押していたような気がしますが、走塁死や併殺打などでことごとくチャンスを潰しました。地方大会の5回戦で横浜の試合を見たとき、

「ずいぶん荒っぽい攻撃だな。でも、今日は相手と力の差もあるしいろいろ試しているのだろう」

という印象を持ちました。しかし、結局地方大会の決勝の東海大相模戦でもこの日の大阪桐蔭戦でもその傾向は変わりませんでした。地方大会で接戦らしい接戦を経験していなかったのが仇となったのでしょう。今年のチームはタレントが揃っていただけに残念です。

一方、勝った大阪桐蔭は、4番の中田のホームランがすごかった。これだけの大物打者は久しぶりな気がします。次の早稲田実の斉藤との対戦は楽しみ。(これも2回戦で当ててしまうのは、もったいない)

|

« K100Dで撮ってみました その2 | トップページ | 8/6 読売 4-1 横浜 (東京ドーム) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1695/2961292

この記事へのトラックバック一覧です: 選抜の覇者・横浜高校は初戦敗退:

« K100Dで撮ってみました その2 | トップページ | 8/6 読売 4-1 横浜 (東京ドーム) »