« 9/14 東京ヤクルト 3-4 横浜 (神宮球場) | トップページ | 9/16 横浜 2-5 読売 (横浜スタジアム) »

2006年9月15日 (金)

ペンタックス、1020万画素デジタル一眼レフ・K10Dを発表

ペンタックス、ゴミ除去機能搭載の有効1,020万画素デジタル一眼レフ「K10D」 (デジカメWatch)

ペンタックスは、APS-Cサイズ1020万画素CCD搭載のデジタル一眼レフカメラ・K10Dを発表。発売日は10月下旬予定。価格はボディのみで12万円前後。

今年2月のPMAで参考出展されていた1000万画素デジタル一眼レフカメラがついに発表になりました。*istD以降、ペンタックスはエントリーモデルしか出していなかったため、ペンタックスファンにとっては待望の中級機の登場です。

K10Dのスペックは以下の通り。

  • APS-Cサイズ1020万画素CCD
  • 手ぶれ補正機能「シェイクリダクション」:2.5~4段の効果
  • ダストリダクション機能:LPFのコーティング+CCD振動+吸着シート
  • ペンタプリズムファインダー:視野率95%、倍率0.95倍
  • 防塵防滴ボディ
  • 141.5mmx101mmx70mm、710g
  • シャッター速度1/4000~30秒、バルブ
  • 連写3fps
  • ISO100~1600
  • 22bitADコンバータ
  • 超音波モータ内蔵レンズ対応
  • AF測距点11点(中央9点がクロスセンサー)
  • 専用リチウムイオンバッテリー
  • SDカード、SDHCカード
  • 液晶2.5インチ、21万画素
  • 感度優先(Sv)モードとシャッター速度&絞り優先(TAv)モード

まだいくつか特徴がありますが、書ききれません。ペンタックスファンの贔屓目ですが、よくぞこれだけの内容を詰め込んでくれました。特に防塵防滴、超音波モータ内蔵レンズへの対応はビックリ。これだけ盛り沢山で12万円前後というのはかなりお買い得では?

スペックとしては十分ですが、ダストリダクションや22bitADコンバータなどが実効的にどの程度の効果があるのか、肝心の画質の出来はどんなものなのか、レリーズタイムラグは改善したのかと興味は尽きません。作例が出てくるのが今から待ち遠しい。

ペンタックスとしてはかなり力の入った機種だと思うので、なんとか売れて欲しい。K100Dを買ってしまったが、作例の出来によってはフラフラと購入してしまうかも。。。

おまけでその他のペンタックス関連記事も掲載。

ペンタックス、デジタル専用の単焦点中望遠レンズ「DA 70mm F2.4 Limited」 (デジカメWatch)

DAパンケーキレンズ第3弾

ペンタックス、有効700万画素になった「Optio T20」 (デジカメWatch)

ペンタックス、単三電池採用のエントリーコンパクトデジカメ (デジカメWatch)

コンパクトデジカメ2機種

ペンタックス、K10D購入で1GBのSDメモリーカードをプレゼント (デジカメWatch)

ペンタックス、実機に触れる「K10D体感&トークライブ」(デジカメWatch)

K10D関連キャンペーンが2件

|

« 9/14 東京ヤクルト 3-4 横浜 (神宮球場) | トップページ | 9/16 横浜 2-5 読売 (横浜スタジアム) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1695/3447567

この記事へのトラックバック一覧です: ペンタックス、1020万画素デジタル一眼レフ・K10Dを発表:

» デジカメ・出磁瓶 [デジカメ・出磁瓶]
デジカメ情報を集めています。 [続きを読む]

受信: 2006年9月17日 (日) 22時18分

« 9/14 東京ヤクルト 3-4 横浜 (神宮球場) | トップページ | 9/16 横浜 2-5 読売 (横浜スタジアム) »