« 9/24 広島 3-4 横浜 (広島市民球場) | トップページ | 千葉ロッテ・諸積の引退試合 (観戦) »

2006年9月25日 (月)

2006年高校生ドラフト

プロ野球の高校生ドラフト会議が開催され、合計33名の高校生がドラフト指名された。今年は、広島を除いた11球団が1巡目で抽選に参加した。

注目の田中投手(駒大苫小牧)は、横浜・楽天・オリックス・日本ハムが指名し、楽天が交渉権を獲得。各選手の抽選の結果は以下の通り。(矢印の左が抽選に参加した球団、右が交渉権を獲得した球団)

・田中(駒大苫小牧):横浜、楽天、オリックス、日本ハム → 楽天

・堂上(愛工大名電):読売、阪神、中日 → 中日

・増渕(鷲宮):ヤクルト、西武 → ヤクルト

・大嶺(八重山商工):ロッテ、ソフトバンク → ロッテ

ドラフト全指名選手(ニッカンスポーツ)

横浜ベイスターズの指名選手は以下の3名となりました。

  1巡目:北 篤 投手 (石川・小松工)

  3巡目:梶谷 隆幸 内野手 (島根・開星)

  4巡目:高森 勇気 捕手 (愛知・中京)

以下は各選手の評判です。(自分の目で見ていないので、タイプ等についてはあくまで伝聞です。)

1巡目の北投手は、140キロオーバーのストレートと130キロのスライダーが武器の右の本格派。一方、野手としての素質も素晴らしく、スイングが非常に柔らかいそうです。野手として育てるのか、投手として育てるのか注目です。

3巡目の梶谷選手は走攻守のバランスに優れたショートストップ。堂上選手より長打力は劣るかもしれませんが、長距離砲の多い横浜には走力・守備力に秀でた梶谷選手のほうが補強ポイントに合っていそうです。

4巡目の高森選手は左打ちの捕手。橋本(智辯和歌山)、福田(横浜)と同等の評価をされていた捕手なので、この順位で指名できたのはかなりラッキーでした。福田選手を中日に先に指名されてがっかりしていただけに嬉しい指名でした。

当初の噂では、田中(駒大苫小牧)と横浜高校の2名(佐藤、福田)が噂されていたので、全く違う指名となり驚きました。しかし、名前としてはやや地味ですが、結果的にベイスターズの補強ポイント(左打者、内野手、捕手)をカバーでできており、まずまずの指名だったと思われます。北選手を野手で育てるとすると投手の指名がないので、次の大学・社会人ドラフトでは、投手を多めになると思います。

|

« 9/24 広島 3-4 横浜 (広島市民球場) | トップページ | 千葉ロッテ・諸積の引退試合 (観戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1695/3579894

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年高校生ドラフト:

» ドラフト [気になる言葉]
ドラフト会議(ドラフトかいぎ)とは、プロスポーツにおいて、特定のチームへの有力な選手の集中を避けることを目的として、新入団選手などを各チームに振り分けるために行う会議のことである。日本では、特にプロ野球における新人選手選択会議(しんじんせんしゅせんたくかいぎ)を指す。この会議は、毎年10月と11月に社団法人日本野球機構が主催し、新人選手選択会議規約に定められた手順に基づいて、新人選手との契約交渉権... [続きを読む]

受信: 2006年9月25日 (月) 22時42分

» 田中将大投手 IN 高校生ドラフト [流行通信★ハヤリものはコレだ!情報市場]
高校生を対象としたプロ野球の新人選手選択(ドラフト)会議が25日、東京都港区の新高輪プリンスホテルで開かれ、夏の甲子園準優勝の田中将大投手(駒大苫小牧)の交渉権は楽天が獲得した。 田中将大くんは、ポジションは投手で右投右打。 [続きを読む]

受信: 2006年9月26日 (火) 09時19分

« 9/24 広島 3-4 横浜 (広島市民球場) | トップページ | 千葉ロッテ・諸積の引退試合 (観戦) »