« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月29日 (水)

ペンタックスK10Dレビュー(デジカメWatch)

いよいよ明日30日に迫ったペンタックスのデジタル一眼レフ「K10D」の発売日。一足早くデジカメWatchに製品版のレビューが掲載されていました。

【伊達淳一のデジタルでいこう!】ペンタックスK10D

操作性やダストリダクションについてなど、なかなか厳しいご意見も書かれていますが、期待の裏返しだと思いたいです。 特に他社の1000万画素機との撮り比べは参考になります。K10Dはビルの壁面の質感などが良く撮れていると思いました。

予約状況もかなりの盛況のようなので、発売後の反響が楽しみです。K100Dを買ってしまったので自分はスルーの予定ですが。。。(我慢できるかなぁ?)

2006112801_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月27日 (月)

ディープインパクトがジャパンカップ制覇

ディープインパクトが11/26に東京競馬場で行われたジャパンカップを制覇。

凱旋門賞は失格という残念な結果になりましたが、改めて強さを誇示してくれました。次走はラストランとなる有馬記念。歴史的名馬の走りをリアルタイムで見ることができる幸せを噛み締めながら、観戦したいと思います(テレビですが)。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

横浜FC、J2優勝

横浜FCのJ2優勝および来年のJ1昇格が決定。

横浜FCはフリューゲルスの吸収合併に端を発して創設されたクラブで、関係者やサポーターの方々の苦労も大変なものだったでしょう。本当におめでとうございます。

熱心なファンというわけではありませんが、神奈川県のチームは基本的に応援してるので、来年が楽しみ。横浜ダービーも復活。

| | コメント (1) | トラックバック (4)

2006年11月22日 (水)

2006年大学生・社会人ドラフト会議

大学・社会人ドラフト指名選手 (ニッカンスポーツ)

プロ野球の大学生・社会人ドラフトが行われ、横浜ベイスターズは希望枠の高崎投手(日産自動車)を始め、5人の選手を指名し、交渉権を獲得した。注目された3巡目は、ロッテを希望していた木村投手(東京ガス)を強行指名した。

ベイスターズの指名選手は以下の通り。

  希望枠:高崎 健太郎投手(日産自動車)

  3巡目:木村 雄太投手(東京ガス)

  4巡目:下園 辰哉外野手(九州国際大学)

  5巡目:下窪 陽介外野手(日本通運)

  6巡目:吉原 道臣投手(ホンダ)

指名選手の感想としては、まず3巡目で木村投手の指名を回避しなかったことが一番嬉しい。ロッテを希望していた木村投手にとっては残念だったかもしれませんが、弱腰の姿勢ではチームは強くなれないので、この指名は評価したいと思います。4巡目以降も予定していた外野手・投手を指名できたので、上手くいったのではないでしょうか。外野手は2枚必要なのかは少し気になりましたが…。

まずは指名の段階では成功だと思いますが、重要なのはプロに入ってから。皆順調に成長し、横浜スタジアムで活躍してくれることを祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年11月18日 (土)

11/18 川崎フロンターレ-福岡アビスパ観戦

等々力競技場で行われた川崎フロンターレ-福岡アビスパの試合を観戦。

川崎は外国人3人を出場停止で欠き、苦しい布陣を強いられる。試合は残留争いをしている福岡が攻め込む展開。川崎は後半PKで先制するも試合終了10分前に追いつかれる。「引き分けか?」と思われた後半終了間際、谷口のミドルシュートで決勝点を挙げた。

試合終了寸前の劇的な勝利に満足。川崎にとっては苦しい試合でしたが、しっかりと勝ち星を拾えるようになったあたりは、「強くなったな」と思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 8日 (水)

日米野球は72年ぶりに日本が全敗

日米最終戦は72年ぶり全米全勝で幕(ニッカンスポーツ)

2006年の日米野球は日本の5戦全敗で終了。日本の全敗は72年ぶり。

選手招集時から野村監督が日本選手の辞退続出にぼやいていましたが、その結果がもろに出た結果となりました。そんななか出場した日本選手たちは頑張ったと思いますが、安易に辞退した選手たちはメジャーの選手やファンに失礼だと思わんのかね。

選手会が次回以降の日米野球不参加を表明しているが、なぜこんなに偉そうなんだろう?勝手に「WBCができたから役目を終えた」なんて決め付けてるし。ファンにとっては間近でメジャーの選手を見れる貴重なチャンスだし、日本選手はファンに日本プロ野球をアピールする良いチャンスでしょう。開催内容に不満があるなら、その部分を交渉してより良い興行にすることを考えるべきじゃないの。

なんかこういう話を聞くと2004年に大騒ぎしたときに「ファンのために」と言っていたのが白々しく聞こえるよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ベイスターズ・門倉がFA宣言

横浜・門倉がFA権行使=プロ野球(時事通信)

横浜ベイスターズの門倉投手がFA宣言を行使した。今季2年連続2桁勝利となる10勝をあげたが、球団から減俸を提示されて宣言に至った。

今季は結果的には10勝しましたが、必ずしも内容の良くありませんでした。大幅減俸は少し可哀相ですが、球団の評価が低いのも仕方ないかな。どの球団に行くのか分かりませんが、次の球団でも頑張ってください。横浜での3年間お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 7日 (火)

読売・仁志がトレードでベイスターズに移籍

仁志が小田嶋と交換トレードで横浜へ(スポニチ)

読売ジャイアンツの仁志と横浜ベイスターズの小田嶋プラス金銭でトレードが成立し、両球団から発表された。

突然の仁志のベイスターズ入りにビックリしました。仁志の今季の起用法からなんらかの動きがあるとは思いましたが、まさかベイスターズが獲得するとは。。。年齢的な衰えはないのか、ベイスターズのチームに馴染めるのか、石井や種田あたりのベテラン達が不満を持たないか、金銭的に高すぎやしないかと色々と不安要素はありますが、ベイスターズ入りが決まったからには最後の一花を咲かして欲しい。

高年俸だし、移籍金も結構な額のようなので、仁志には負け癖のついたチームに活を入れたり、若手の手本になるなど、成績以上のプラスアルファを期待したい。単純に野球の成績を求めるなら同じ金額で外国人野手を連れてきたほうが期待できるでしょう。

ベイスターズから出て行く小田嶋は、多村・村田・吉村と右の大砲が揃っているので仕方ないかなと思います。もう28歳なので、このままベイスターズにいるよりも環境を変えたほうが良いかもしれません。

このトレードが両球団にどのような結果をもたらすかちょっと予想しづらい。でも、横浜フロントが積極的に補強に動いているという意味では好感が持てました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年11月 5日 (日)

ベイスターズ、東芝・磯村投手を指名?

横浜 東芝・磯村を上位指名へ(スポニチ)

ベイスターズが、大学生・社会人ドラフトで東芝の磯村投手の指名を検討中のようです。磯村投手は大学時代(愛知学院大)から常にドラフト候補に挙げられていましたが、結局29歳までプロ入りすることはありませんでした。もう社会人で骨を埋めるんだろうなと思っていただけに今回の記事はビックリです。

記事を読むとベイスターズ側からラブコールを送っている状態のようなので、はたしてプロ入りを説得できるかどうか。。。実力は折り紙付きなので、本当に獲得できたら即戦力間違いなし。

また、最近のベイスターズは地元社会人チームとの関係強化に非常に力をいれており、今回の指名検討もこれまであまり良くなかった東芝との関係改善の意味合いもあると思われます。神奈川には日産自動車、三菱ふそう川崎、ENEOS、東芝と社会人の強豪チームが存在するので、地の利を生かさない手はありません。

今後の動向が非常に楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 3日 (金)

横浜ベイスターズ、チアソン投手とディアス投手の獲得が決定

大矢横浜に新外国人投手2人決定(ニッカンスポーツ)

横浜ベイスターズは新外国人投手としてレッズ傘下3Aルイビルのチアソン投手とロイヤルズのディアス投手の獲得が決定。ともに150キロを越すストレートが武器の右投手だそうです。チアソン投手は先発およびリリーフ、ディアス投手はリリーフで期待とのことです。

できれば絶対数の少ない左投手が欲しかったので、2人とも右投手なのは少し残念。でも、現状の横浜投手陣を考えると贅沢は言えないか。右投手も信頼できる投手は足りてない。。。新外国人はシーズンに入らないと分からないので、当たることを祈ります。あと大物でなくてもいいので、野手の新外国人も一人くらい欲しい。

上の記事とは関係ないけど、今年のオフはニッカンスポーツが比較的ベイスターズを大きく取り上げてくれています。11/2も紙面では結構大きな写真入りでした。どういう風の吹き回しだろうか?

高崎の横浜入り内定 日産自動車の150キロ本格右腕(サンスポ)

日産・高崎の希望枠入団が決定=プロ野球・横浜(時事通信)

既報ですが、日産・高崎投手の希望枠による入団に関する記事。この日正式に会見が開かれ、本人のコメントが載っています。横浜の新人は1年目は苦戦するが伝統なので、焦らずガンバレ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »