« 横浜ベイスターズ関連記事(3/6) | トップページ | 3/7 (オープン戦) ソフトバンク 1-6 横浜 (福岡ドーム) »

2007年3月 7日 (水)

オリンパスとニコンがデジタル一眼レフカメラの新製品を発表

オリンパスとニコンが相次いでデジタル一眼レフカメラを発表。3/8からはPMAも始まるので、これからも各社どんな隠し玉が飛び出すか楽しみです。

オリンパス

昨年秋のフォトキナでオリンパスが予告していた製品で、力が入っています。特に世界最小・最軽量の「E-410」が面白そうですが、手ぶれ補正を載せられなかったのは残念。かつてオリンパスのOM-1とペンタックスのMXが最小一眼レフを争ったように、ペンタックスもE-410の対抗を出して欲しいね。MX-Dなんてどうでしょうか?

ニコン

ニコンは昨年末にD40を発売したばっかりだったので、ちょっとビックリです。ペンタックスがD40と同じ600万画素機・K100Dの後継機種を1000万画素で出すという噂もあるので、ソニーが600万画素CCDの販売を止めたのかと穿った見方をしてしまいます。

|

« 横浜ベイスターズ関連記事(3/6) | トップページ | 3/7 (オープン戦) ソフトバンク 1-6 横浜 (福岡ドーム) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1695/5595970

この記事へのトラックバック一覧です: オリンパスとニコンがデジタル一眼レフカメラの新製品を発表:

« 横浜ベイスターズ関連記事(3/6) | トップページ | 3/7 (オープン戦) ソフトバンク 1-6 横浜 (福岡ドーム) »