« EM・ONE in 横浜スタジアム (2回目) | トップページ | 4/30 横浜ベイスターズ 2-1 中日ドラゴンズ (横浜) »

2007年4月29日 (日)

4/29 横浜ベイスターズ 7-4 中日ドラゴンズ (横浜)

横浜、2季ぶりの単独2位! 中日に連勝で「手応えはつかんだ」(サンケイスポーツ)

横浜2位浮上 中日3位後退(報知)

横浜2季ぶりの単独2位(報知)

横浜の先勝で迎えた横浜-中日3連戦の2戦目は、横浜が効果的に得点をあげて連勝。3回表に中日が福留の2点HRで先制するが、その裏すぐに村田の2点タイムリーと吉村のタイムリーで逆転。4回表に福留の内野ゴロで追いつかれるが、5回裏に吉村の内野ゴロで勝ち越し、6回裏に村田、佐伯のタイムリーで追加点をあげる。中日の反撃をリリーフ陣が1点に抑え、横浜が7-4で勝利。2番手で好リリーフの牛田が2勝目。ホセロが2セーブ目。横浜は中日と入れ替わって2位浮上。

【横浜】主砲村田が3回に同点適時打(ニッカンスポーツ)

まさか中日に連勝できるとは思いませんでした。点の取り合いとなったこの試合も結構苦しい試合となりましたが、村田がポイントゲッターになったり、チャンスメーカーになったりと良く打線を繋げてくれました。鈴木尚の全打席出塁(3安打2四球)も光ります。開幕当初は頑張った投手陣が苦しくなってきたので、しばらく打線が頑張らないと。

下窪はプロ入り初安打おめでとうございます。OP戦では結果が出ていたので、初安打までは苦しみました。でも、これで少し気楽に打席に入れるかな?

【横浜】先発川村は4回3失点KO(ニッカンスポーツ)

投手陣は随分と厳しくなってきました。まだ。9連戦のまだ2戦目なのにリリーフ陣総動員。明日からクルーンが戦列復帰するので、多少は改善するかもしれませんが、もっと先発が頑張らないと。特に川村はこれまで最長で5回しか投げておらず、この日も4回で降板。このままローテを守るのは極めて厳しい。とりあえず交流戦まではなんとかこのまま我慢してもらって、日程にゆとりがある交流戦中に投手陣の再編かな。2位に入った1997年に開幕直後はローテにいなかった戸叶や福盛が途中から現れたように、先発に救世主が出てきて川村を後ろに持っていければいいのですが。

なお、この試合はゴールデンウィークで好天にも恵まれたこともあって、25396人というたくさんのお客さんが入りました。これだけお客さんが入ると選手たちも励みになるでしょう。明日は土肥かな?連勝してしまうと少し欲が出ますが、試合展開によってはリリーフ陣を休ませることを優先したほうがいいかも。

(追加)横浜連日逆転2位!貯金3大矢監督手応え(ニッカンスポーツ)

(追加)えらいこっちゃ!横浜が2年ぶり単独2位…大矢監督も自信(サンケイスポーツ)

(追加)村田3打点!横浜676日ぶり単独2位(スポーツニッポン)

|

« EM・ONE in 横浜スタジアム (2回目) | トップページ | 4/30 横浜ベイスターズ 2-1 中日ドラゴンズ (横浜) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1695/6253220

この記事へのトラックバック一覧です: 4/29 横浜ベイスターズ 7-4 中日ドラゴンズ (横浜):

« EM・ONE in 横浜スタジアム (2回目) | トップページ | 4/30 横浜ベイスターズ 2-1 中日ドラゴンズ (横浜) »