« EM・ONEのスタイラス発売 | トップページ | プロ野球界の裏金問題 »

2007年4月 4日 (水)

4/4 広島東洋カープ 3-2 横浜ベイスターズ (広島)

【横浜】5投手投入も今季初連勝ならず(ニッカンスポーツ)

広島と横浜の対戦は、1-1の同点で迎えた6回に村田のHRで横浜が勝ち越し。しかし、その直後に2番手の吉見が嶋に同点タイムリー、4番手の那須野が前田に勝ち越しタイムリーを浴びて逆転負け。

結局、加藤を4回で下ろすことになったため、終盤の投手リレーが苦しくなりました。監督は否定しますが、交代は打球の影響があったのでしょう。2番手の吉見はいい投球をすれば、先発返り咲きのアピールになったのにもったいない。この人は、どうして好調なときの投球を忘れてしまうのでしょうか?昨年の夏場はあんなにいい投球をしていたのに。。。

【横浜】村田、待望1号で100号王手(ニッカンスポーツ)

打線は相変わらず寂しいなか、村田のHRは心強い。問題は1番から3番なんだよね。7回のチャンスには石井に代打を送るなど、手は尽くしているように思えますが。

ソフトB多村、左太もも負傷で途中交代(ニッカンスポーツ)

直接、この試合と関係ありませんが横浜関連ということで。相変わらずですね。でも、多村の場合、試合を欠場するしきい値が低いだけなので、明日には何事もなく復帰しているでしょう。

(追加)横浜4000敗(報知)

この日の敗戦はチーム通算4000敗だそうです。しかも、12球団で最速の達成。4000敗のうち何敗くらい付き合ってるのかな。ファンになって10年以上は過ぎているけど1000敗はいってないかな?

|

« EM・ONEのスタイラス発売 | トップページ | プロ野球界の裏金問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1695/5975370

この記事へのトラックバック一覧です: 4/4 広島東洋カープ 3-2 横浜ベイスターズ (広島):

« EM・ONEのスタイラス発売 | トップページ | プロ野球界の裏金問題 »