« 5/26 千葉ロッテマリーンズ 8-3 横浜ベイスターズ (千葉マリン) | トップページ | EM・ONE in グッドウィルドーム »

2007年5月27日 (日)

5/26 西武ライオンズ-中日ドラゴンズ(グッドウィルドーム)を観戦

友人たちとグッドウィルドームで行われたプロ野球交流戦の西武-中日戦を観戦。

グッドウィルドーム(旧西武ドーム)はドーム球場にも関わらず壁面が密閉されておらず、外気の影響をそのまま受けます。オープン戦の頃は寒さに震え、夏場は暑さ(しかも蒸す)にグッタリとする困った球場ですが、この日は好天に恵まれた上に爽やかな風も吹き、気温もそれほど高くなく快適な環境での観戦となりました。お客さんの入りもなかなか良く(25146人)、自由席から比較的料金の安い指定席まではぎっしりと埋まっていました。

070527012907

両チームのマスコットも交流

試合の内容は、好調な中日の一方的な展開。2回表に中村紀の犠飛で中日が先制。さらに3回表にウッズの犠飛、森野の3点HRで4点を追加。6回表にも李の2点HRで合計7点。一方、西武は中日先発の中田の荒れ球に苦労して、カブレラのHRで1点を返すのがやっと。結局、中日が1-7で勝利。

070527022970

中日が勝利

両チームと利害関係がない第三者的立場で観戦する身としては、中日の一方的な展開であまりハラハラドキドキできる場面がなく、ちょっと残念でした。西武としては、中田の制球がばらついていた初回に併殺や牽制死などで崩せなかったのが痛かったかな。

観戦した選手の感想

森野(中日):4打数2安打1HR3打点。故障の荒木に代わって2塁を無難に勤める。打っても福留・ウッズの後の大事な5番で3打点。レギュラーに定着するまで少し時間がかかりましたが、今では欠かせない選手となりました。

中田(中日):8回5安打1失点。直球は常時145キロを超えていて力があった。序盤は制球がばらついていたが、徐々にまとまっていった。現状は制球がアバウトなので、不安定な感は否めないが、はまると手がつけられない投球をしそう。

岩崎(西武):2回無安打。西口の後を受けて2回を6人で抑える。トルネード気味に背中を見せてサイドから投げる変則フォームのルーキー。初見のチームが多い交流戦では貴重な戦力になるかも。

|

« 5/26 千葉ロッテマリーンズ 8-3 横浜ベイスターズ (千葉マリン) | トップページ | EM・ONE in グッドウィルドーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1695/6566705

この記事へのトラックバック一覧です: 5/26 西武ライオンズ-中日ドラゴンズ(グッドウィルドーム)を観戦:

« 5/26 千葉ロッテマリーンズ 8-3 横浜ベイスターズ (千葉マリン) | トップページ | EM・ONE in グッドウィルドーム »