« 5/1 横浜ベイスターズ-阪神タイガース戦は雨天中止 | トップページ | EM・ONE in ラゾーナ川崎 »

2007年5月 2日 (水)

5/2 横浜ベイスターズ 4-0 阪神タイガース (横浜)

横浜・三浦、エース復活だ!5安打完封、チームは4連勝(サンケイスポーツ)

三浦今季初完投は5安打完封、横浜今季初4連勝、7季ぶり貯金5(報知)

【横浜】吉村が先制犠飛(ニッカンスポーツ)

追い風に乗る横浜・内川 フェンス直撃の三塁打で追加点(サンケイスポーツ)

前日の試合が雨天中止となり仕切りなおしとなった横浜と阪神の一戦は、両チームの開幕投手が先発。横浜は下柳から2回に吉村の犠飛、3回に内川のタイムリー、4回に相川のタイムリー、6回に仁志のタイムリーと小刻みに4点を奪う。一方、横浜先発の三浦は1回と2回のピンチを切り抜けると快調な投球。結局。9回のピンチも切り抜けて完封勝利。三浦が今季初完封で2勝目。

この試合は三浦さまさま。かつて阪神キラーと呼ばれていた頃のような投球でした。調子が良いチームの中で、三浦はやや乗り切れていなかっただけに、この勝ちは大きい。三浦と寺原にはできるだけ長いイニングを投げて、中継ぎを休ませてもわわないと。

野手陣は13安打で4得点は少し寂しい。あと一本が出ていればこの試合もかなり楽になったんですけどね。この日は守備で三浦を盛り立てていたようなのでよしとしましょうか。

明日は横浜スタジアムで観戦予定。この日は一応平日にも関わらず27616人(定員30000人)の大観衆だったようなので、明日はさらに混みそう。先発は横浜が加藤、阪神がジャンでしょうか?今日勝ってくれたので「負けてもいいや」くらいの気楽な気持ちで見れます。

横浜・仁志が断言!チームの絶好調は「春の珍事ではない」(サンケイスポーツ)

チームも自身も調子がいいので、仁志のお口のほうも調子が上がってきているようです。ファンから見ても正直ここまで頑張るとは思いませんでした。なにより仁志と寺原の加入が大きい。あとは監督の采配が怖いほど当たってます。ただ、このまま調子を持続するためには先発が2枚、中継ぎが2枚くらい足りないかな。工藤、吉見、高崎、山口、秦、山北あたりから何人が戦力になるかが今後の鍵となりそう。

崖っ縁アイドル“渦中”投手と1泊愛(スポーツニッポン)

那須野はネタが尽きないね。今年、安定感が出始めたのは彼女のおかげ?契約金問題についてもケアしてもらってるそうだし、本業に支障が出ない程度でお願いします。

(追加)三浦完封で横浜4連勝、G追走だ(ニッカンスポーツ)

(追加)横浜・三浦、熱投140球で今季初完封!首位巨人を追走(サンケイスポーツ)

(追加)三浦10K完封で2勝目、横浜4連勝7年ぶり貯金5(報知)

(追加)三浦 チーム初完投で完封(スポーツニッポン)

|

« 5/1 横浜ベイスターズ-阪神タイガース戦は雨天中止 | トップページ | EM・ONE in ラゾーナ川崎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1695/6285340

この記事へのトラックバック一覧です: 5/2 横浜ベイスターズ 4-0 阪神タイガース (横浜):

« 5/1 横浜ベイスターズ-阪神タイガース戦は雨天中止 | トップページ | EM・ONE in ラゾーナ川崎 »