« 東京六大学を観戦 | トップページ | 星野JAPAN、1次候補60名を発表 »

2007年5月 6日 (日)

5/6 中日ドラゴンズ 3-7 横浜ベイスターズ (ナゴヤドーム)

【横浜】村田、吉村、土肥で連敗ストップ(ニッカンスポーツ)

横浜の東福岡コンビ、村田と吉村が今季2度目のアベック弾!(サンケイスポーツ)

横浜が中日に快勝(報知)

仁志の出塁記録ストップ(報知)

村田、吉村がアベック弾(報知)

村田、吉村アベック弾 横浜快勝(スポーツニッポン)

ゴールデンウィーク9連戦の最終戦となった中日-横浜戦は、横浜が2回表に村田と吉村の2本のHRで3点を先制。終盤に中日リリーフ陣を打ち込み7得点。一方、投手陣は中村紀とウッズのHRによる3点に抑えて3-7で横浜が勝利。土肥が4勝目。

連敗中でしたが、ゴールデンウィークの連戦の最終戦を勝利で飾れて良かった。これで9連戦は6勝2敗(雨天中止1試合)。特に対戦相手が中日-阪神-中日という上位チーム相手だっただけに上々の結果と言えます。この後、セリーグと4カード対戦し、交流戦に入りますが、大型連勝はいらないので連敗だけは避けたい。

試合内容に着目すると土肥が6回途中まで中村紀の2点に抑えて降板。4勝をあげているが、初登板の読売戦以外は長くても6回途中までしか投げていないので、できればもう1イニング多く投げてもらいたい(土肥が決めることではないが)。

また、試合中に中日から土肥の投球フォームにクレームがあり2回不正投球を取られる場面があった。キャンプからこれまで白だったのに、相手からクレームがあったから黒というのはおかしい。2段フォーム禁止の徹底を選手に無理矢理押し付けてるんだから、駄目なら駄目で判定は明確にしろと言いたい。審判があやふやな態度をとるから中日の投手崩しの戦略に使われるんだよ。土肥も打者のタイミングを外そうと微妙に間を変えているようなので、ギリギリのところで投げていそうですが。

(追加)吉村&村田アベック弾、2年越し7連勝(ニッカンスポーツ)

(追加)やっちゃった!横浜・仁志の出塁記録が“何となく”ストップ(サンケイスポーツ)

(追加)横浜・村田&吉村弾!東福岡高OB競演(報知)

(追加)村田&吉村の和製大砲で連敗止めた(スポーツニッポン)

|

« 東京六大学を観戦 | トップページ | 星野JAPAN、1次候補60名を発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1695/6330427

この記事へのトラックバック一覧です: 5/6 中日ドラゴンズ 3-7 横浜ベイスターズ (ナゴヤドーム):

« 東京六大学を観戦 | トップページ | 星野JAPAN、1次候補60名を発表 »