« 5/5 中日ドラゴンズ 4-3 横浜ベイスターズ (ナゴヤドーム) | トップページ | 5/6 中日ドラゴンズ 3-7 横浜ベイスターズ (ナゴヤドーム) »

2007年5月 6日 (日)

東京六大学を観戦

5/5に神宮球場で行われた東京六大学を観戦。

試合開始の1時間くらい前に神宮球場に到着。六大学は毎年観戦するが、例年だとこのくらいの時間に当日券の発売が始まり、せいぜい20人くらいの人が並んでいる程度。しかし、この日はすでにチケットの販売が始まっており、しかも長蛇の列となっていました。この現象は間違いなく早稲田大・斎藤佑樹投手がもたらしたものであり、その人気振りに改めてビックリしました。斎藤投手は2戦目の先発を任されており、初戦のこの日は基本的に登板予定はないはずだったんですけどね。

070505012055

1戦目の早稲田大-立教大の試合は早稲田が須田投手(土浦湖北高)、立教が戸村(立教新座高)が先発。序盤から早大が押し気味に試合を進めて7回表で7-1で早大がリード。このまま、早大の圧勝で終わるかと思われたが、立教が反撃して8回までに7-4まで追い上げる。9回裏の早大は済美高で選抜で優勝し、読売のドラフト指名を拒否した福井投手が登板。しかし、福井投手も立教打線に打ち込まれて1点を失う。さらに2死満塁2ボールとなったところで投手交代、斎藤投手が緊急登板。

満塁で2ボールからの登板という難しい場面でしたが、初球ストライク、2球目空振り、3球目ファウル、4球目空振り三振と堂々としたピッチングで試合終了。早大の選手たちはまるで優勝したかのような喜びかたでした。この試合の投球を見る限り、人気だけでなく実力もかなりのものと思います。1年生でこれだけの投球ができる投手はなかなかいないでしょう。

2戦目は慶應大-東京大でしたが、1試合目が長引いたこともあり5回終了まで観戦して球場を後にしました。試合は終始慶大がリードし、ドラフト候補の慶應大・加藤投手(川和高)が5回までに6連続を含む8三振を奪いました。最終的には慶大が6-0で勝利し、加藤投手は7回12奪三振だったようです。

|

« 5/5 中日ドラゴンズ 4-3 横浜ベイスターズ (ナゴヤドーム) | トップページ | 5/6 中日ドラゴンズ 3-7 横浜ベイスターズ (ナゴヤドーム) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1695/6324514

この記事へのトラックバック一覧です: 東京六大学を観戦:

« 5/5 中日ドラゴンズ 4-3 横浜ベイスターズ (ナゴヤドーム) | トップページ | 5/6 中日ドラゴンズ 3-7 横浜ベイスターズ (ナゴヤドーム) »