« 7/28 阪神タイガース 2-7 横浜ベイスターズ (甲子園) | トップページ | 7/29 阪神タイガース 9-4 横浜ベイスターズ (甲子園) »

2007年7月29日 (日)

高校野球神奈川県大会決勝・東海大相模-桐光学園を観戦

横浜スタジアムで行われた高校野球神奈川県大会決勝の東海大相模-桐光学園戦を観戦。

球場には試合開始の2時間以上前に到着したが、球場周辺は入場券を購入するファンと球場の入場口に並んでいるファンがごった返していて大変な状況。試合開始時には内野席はほぼ満員、外野席もかなり埋まっており、相変わらず神奈川県の高校野球熱の高さが窺えました。ベイスターズ戦もこれだけお客さんが入ってくれればなぁ。

070729015837_1

球場周りに長蛇の列

070729015840

満員の横浜スタジアム

座席は3塁側の桐光学園側の内野席で観戦。天気は序盤は日差しがあって暑かったですが、中盤からは雲が出てきました。途中パラパラくる場面もありましたが、試合・閉会式の間は雨にならなかったので、助かりました。(その後、6時頃から横浜は大雨になりました。)

試合は追いつ追われつの大激戦。1回裏に東海大相模が4番大田のHRで2点を先制する(東2-0桐)。しかし、桐光学園がすぐに反撃し、2回・3回に各2点奪って逆転(東2-4桐)。その裏、東海大相模は、桐光学園の守備のミスなどから3点を取って再逆転(東5-4桐)。両校1点ずつ加えた6回裏、東海大相模の田中があわやランニングHRとなる3塁打などで2点を追加して、突き放す(東8-5桐)。桐光学園はその直後の7回表に主将の政野の2点タイムリー3塁打などで3点をとって振り出しに戻す(東8-8桐)。激戦に決着を付けたのは9回表の桐光学園・山野の2点タイムリー(東8-10桐)。結局、桐光学園が10-8で激戦を制して、3回目の甲子園出場を決めた。

070729015948

大激戦となった決勝戦

両校とは全く関わりのない部外者ですが、一進一退の展開に野球ファンとして興奮して観戦していました。桐光学園側に座っていたこともあって、9回表に勝ち越しの場面では、立ち上がって手を叩いていました。相手・点差なんて関係なく遮二無二勝ちに行く高校野球らしい試合だったと思います。

印象深かったのは、桐光学園の序盤の内野守備はやや不安定で大丈夫かなと見ていましたが、7回表に8-8に追いつくと内野陣が好守備を連発。6回裏のホーム上のクロスプレーで桐光学園の正捕手が怪我で途中交代したので、投手に影響するのではと心配しましたが、7回裏以降のほうがむしろテンポが良かったくらい。チーム全体が非常に勢いに乗っていて、「高校生は凄いな」と思いました。

070729015934

歓喜の桐光ナイン

桐光学園には抜きん出ている選手はいませんので、チーム全体でまとまって神奈川代表として甲子園でも暴れまわってきてもらいたいです。

|

« 7/28 阪神タイガース 2-7 横浜ベイスターズ (甲子園) | トップページ | 7/29 阪神タイガース 9-4 横浜ベイスターズ (甲子園) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1695/7321769

この記事へのトラックバック一覧です: 高校野球神奈川県大会決勝・東海大相模-桐光学園を観戦:

« 7/28 阪神タイガース 2-7 横浜ベイスターズ (甲子園) | トップページ | 7/29 阪神タイガース 9-4 横浜ベイスターズ (甲子園) »