« 8/11 横浜ベイスターズ 3-2 阪神タイガース (横浜) (観戦) | トップページ | 8/14 横浜ベイスターズ 3-10 ヤクルトスワローズ (山口・西京) »

2007年8月12日 (日)

8/12 横浜ベイスターズ 1-5 阪神タイガース (横浜)

【横浜】秦6失点降板「申し訳ない」(ニッカンスポーツ)

ハマ、打線は4併殺の拙攻「流れがうちに来なかった」(サンケイスポーツ)

ハマ打線苦しい4併殺(報知)

1勝1敗で迎えた8/12の横浜-阪神戦は、横浜が投打にリズムが悪く完敗。横浜は先発の秦が序盤からリズムの悪い投球で常にピンチを背負う。初回に1点を失うと、4回には林に3点HRを浴びて4点を先制される。反撃したい横浜打線は、阪神先発の能見を打ちあぐね、佐伯のタイムリーで1点を返すのがやっと。7回から登板した阪神のJFKに対しても、走者は出すものの併殺でチャンスを潰す。結局、6回から9回まで4つの併殺を喫して1-5で敗戦。

終始阪神ペースで試合を進められてしまいました。特に先発投手の出来の違い大きかった。秦は序盤からヘロヘロ、3回まで良く1失点で済んでいたという内容でした。前回の登板時も書きましたが、ボール球が多過ぎて自分で自分の首を絞めている。本質的にコントロールの悪い投手ではないので、カウントの整え方を学ばないと。この日の審判はやたらと右打者の外角のジャッジが辛かったような気もしますが。

打線はJFKから走者を出すところまでは頑張っていましたが、その後が続きませんでした。追いつくまでいかなくても2点くらい返しておくと、次に対戦したときに大分気分が違うので勿体無かった。

結局、当面の敵に負け越して終わりましたが、なんとか一つは勝ちを拾えたので、まだまだチャンスをあるはず。粘っていきましょう。

(追加)横浜は3位浮上ならず…大矢監督「流れがうちに来なかった」(サンケイスポーツ)

|

« 8/11 横浜ベイスターズ 3-2 阪神タイガース (横浜) (観戦) | トップページ | 8/14 横浜ベイスターズ 3-10 ヤクルトスワローズ (山口・西京) »

コメント

じぇにゅうさん、こんにちわ、暑中お見舞い申し上げます。 大矢監督、岡田監督ともに3連勝するつもりだったそうで、大事なカードとお互い考えていたようです。 タイガースから見ると、吉見が、リリーフに廻っていたので、気分的に楽でした、(天敵イメージがあります) ベンチの中で、ヘルメット等投げつける仁志&佐伯が、TV中継されていました、闘志むき出しの姿勢は、まだまだ、いけますね。

投稿: 赤いとら | 2007年8月13日 (月) 19時02分

赤いとらさん、こんばんは。

横浜は、闘志剥き出しなのがおじさんばかりなのが問題なんですけどね。若いので、闘志を表に出すのは内川ぐらいかな。

吉見は阪神戦得意でしたっけ?濱中が高校時代から吉見の天敵で、プロに入っても打たれまくっているようですが。

阪神と横浜で競り合っているうちに、いつの間にか両チームとも3位以内に入っていたなんて展開がベストですね。

投稿: じぇにゅ(管理人) | 2007年8月14日 (火) 01時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1695/7513274

この記事へのトラックバック一覧です: 8/12 横浜ベイスターズ 1-5 阪神タイガース (横浜):

« 8/11 横浜ベイスターズ 3-2 阪神タイガース (横浜) (観戦) | トップページ | 8/14 横浜ベイスターズ 3-10 ヤクルトスワローズ (山口・西京) »