« 8/22 広島東洋カープ 5-2 横浜ベイスターズ (広島) | トップページ | 佐賀北ー広陵戦のジャッジ »

2007年8月24日 (金)

8/23 広島東洋カープ 2-6 横浜ベイスターズ (広島)

【横浜】内川が先制二塁打(ニッカンスポーツ)

【横浜】三橋が今季初勝利(ニッカンスポーツ)

佐賀県出身、横浜・野中が“がばい”活躍「佐賀北パワーもらった」(サンケイスポーツ)

三橋が今季初勝利、横浜4カードぶり勝ち越し(報知)

5回1失点 三橋が今季初勝利(スポーツニッポン)

8/23の広島-横浜戦は、横浜が小刻みに得点を加えて勝利。横浜は、1回表の内川と2回表の仁志のタイムリーで2点を先制する。3回裏にアレックスのHRで1点返されるが、4回表に今季初スタメンの新沼のHRで1点を追加する。6回表には仁志と野中のタイムリーで3点を追加する。横浜は三橋が先発し、5回を1失点に凌いで今季初勝利。

この日は、三橋・新沼・野中など地味な選手たちが地味に活躍してくれました。

三橋は谷間ごとに先発しますが、凄みはないけどそこそこの内容にまとめてくれるので、貴重な存在。走者を出しても大崩れしないのが強みですね。この試合は6回表にチャンスで打席が回ってきて代打を出されてしまいましたが、首脳陣の信頼を勝ち取れるように結果を積み重ねて欲しい。

新沼も頑張りました。バッティングはともかく、いきなり一軍でスタメンで出てこれだけ守れるのは大きい。捕手で苦しんでいるチームが多い中、相川・鶴岡・新沼と守備面でそこそこ安心して見れる捕手がいる横浜は恵まれていると言えるでしょう。

結果的に広島戦は2勝1敗と勝ち越しましたが、2戦目の三浦がもったいなかったなぁ。

星野ジャパンがプレ五輪V!(ニッカンスポーツ)

横浜からは捕手の斎藤が参加。3試合スタメンのチャンスを貰って、一応優勝に貢献した模様。レベルはけっして高くないと思いますが、いろいろ経験して、上で書いた一軍捕手陣の系譜を引き継いでください。

(追加)ハマのがばい兄ちゃん・野中が攻守で活躍!長期遠征の最後飾る(サンケイスポーツ)

(追加)三橋5回1失点!今季初勝利(スポーツニッポン)

|

« 8/22 広島東洋カープ 5-2 横浜ベイスターズ (広島) | トップページ | 佐賀北ー広陵戦のジャッジ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1695/7652224

この記事へのトラックバック一覧です: 8/23 広島東洋カープ 2-6 横浜ベイスターズ (広島):

« 8/22 広島東洋カープ 5-2 横浜ベイスターズ (広島) | トップページ | 佐賀北ー広陵戦のジャッジ »