« ペンタックス、「DA 18-250mm F3.5-6.3 ED」を発表他 | トップページ | 10/3 読売ジャイアンツ 1-3 横浜ベイスターズ (東京ドーム) »

2007年10月 4日 (木)

高校生ドラフト、横浜ベイスターズ指名結果

10/3、プロ野球の高校生ドラフトが行われた。

横浜ベイスターズは1巡目に仙台育英高の佐藤由投手を指名。5球団の抽選の結果、佐藤由投手の交渉権はヤクルトが獲得。続いて、横浜は横浜高の高濱選手を指名。今度は阪神との2球団の抽選となるが、またもくじを外す。三度目の一巡目指名は、常葉菊川高の田中投手を指名し、ようやく交渉権を獲得。

この日、横浜が交渉権を獲得した選手は以下の4名。

  1巡目:田中健二朗投手(常葉菊川高)

  3巡目:大田阿斗里投手(帝京高)

  4巡目:佐藤祥万投手(文星芸大付高)

  5巡目:坂本大空也外野手(市柏高)

選抜優勝投手の田中投手を始めとして、甲子園出場組の投手を3名と外野手を1名の指名となりました。比較的まとまった左投手2名に素材型の豪腕右投手と極端な指名で、横浜では比較的例の少ないタイプの指名だと思います。(横浜は秦のようなスラッとしたスライダーが武器の右投手が好き。)

田中投手は工藤のファンということで横浜を熱望してくれており、指名を非常に喜んでくれていたので、迎え入れるファンとしても大変好印象です。くじを2回外しましたが、結果的には互いに良かったのではないでしょうか。ストレートの球速はそれほどありませんが、コントロールや変化球がまとまった好投手という印象があります。どうしてもドラフトでは球の速い投手が好まれますが、最後までコントロール・投球術が身に付かず球界を去っていく選手もたくさんいます。逆にこういったまとまったタイプをどのように肉付けしていくか、育成のお手並みを拝見です。

大田投手は選抜で20奪三振と活躍しましたが、夏はフォームを崩して活躍できませんでした。田中投手と逆にこちらは球の速さと球威が売りの選手。育成は難しいタイプだと思いますが、素質が開花したときの能力は今回の指名選手で一番かもしれません。田中投手とどちらが最終的にプロで良い成績を残すか、興味があります。

佐藤祥投手は、甲子園でも活躍した左投手。豪腕という感じではなく上背もありませんが、切れのいいストレートを投げ込む印象があります。

坂本外野手は良く知りませんが、左の長距離砲らしい。

高校生なので、来季はまずシーレックスでの育成となると思いますが、横浜スタジアムで活躍する日を楽しみに応援させてもらいます。みんなと10、20年という長い付き合いになることを期待します。

高校生ドラフト全指名選手(ニッカンスポーツ)

横浜1巡目は常葉菊川・田中/ドラフト(ニッカンスポーツ)

横浜はセンバツV腕田中を指名/ドラフト(ニッカンスポーツ)

帝京コンビは指名に緊張/ドラフト(ニッカンスポーツ)

センバツV左腕の常葉菊川・田中、横浜1巡目に喜び(サンケイスポーツ)

常葉菊川・田中、1巡目に喜び(スポーツニッポン)

|

« ペンタックス、「DA 18-250mm F3.5-6.3 ED」を発表他 | トップページ | 10/3 読売ジャイアンツ 1-3 横浜ベイスターズ (東京ドーム) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1695/8231626

この記事へのトラックバック一覧です: 高校生ドラフト、横浜ベイスターズ指名結果:

« ペンタックス、「DA 18-250mm F3.5-6.3 ED」を発表他 | トップページ | 10/3 読売ジャイアンツ 1-3 横浜ベイスターズ (東京ドーム) »