« ペンタックス、中判デジタル一眼レフの開発を中断 | トップページ | ペンタックス、オンラインフォトアルバムサービスの提供を開始 »

2008年3月12日 (水)

3/11 オープン戦 横浜ベイスターズ 4×-3 東北楽天ゴールデンイーグルス(横浜)

【横浜】高崎が6回2失点に手ごたえ(ニッカンスポーツ)

【横浜】内川がサヨナラ打(ニッカンスポーツ)

(追加)横浜・高崎が6回2失点と好投も大矢監督「要求は高くなる」(サンケイスポーツ)

(追加)大矢監督、2年目・高崎に「愛のムチ」…横浜(報知)

一場、高崎両先発ともに6回2失点(スポーツニッポン)

(追加)ポスト・クルーンにヒューズが名乗り(スポーツニッポン)

今年初めての横浜スタジアムでの試合となったベイスターズと楽天のオープン戦はベイスターズが幸先良くサヨナラ勝ち。ベイスターズは高崎が先発し、6回を2失点に抑える。一方、打線は初回に佐伯のタイムリーで2点を先制。一旦は逆転されるが8回裏に追いつき、9回裏の内川のタイムリーで4×-3のサヨナラ勝ち。

先発した高崎はそこそこの結果ですが、今回も走者をたくさん出しており、手放しで褒めることはできなさそうです。次回も今回くらいの結果にまとめれば5番手、6番手くらいで開幕ローテに入れるかもしれません。

打線は、初回乱調気味の一場から2点しか取れなかったのは不満。ただ、主力選手にヒットが出たのは良かったと思います。

オープン戦のサヨナラ勝ちにそれほど大きな意味はありませんが、気分はいいですね。

横浜・相川、いよいよ捕手で実戦出場!早期の完全復帰目指す(サンケイスポーツ)

ぶっつけになるかもしれませんが、なんとか開幕に間に合うかもしれませんね。ただシーズンは長いので、余り無理はしないでほしいですね。

三浦、イニング間短縮気にならない(スポーツニッポン)

イニング間短縮は賛成です。昨年は特にベイスターズは試合時間が長く、3-2くらいの比較的ロースコアな試合でも4時間かかったこともありました。一方心配なのは、最近地上波のテレビ中継ではやたらとCM時間が長く、CMが空けるとすでに1アウトということがままあるので、更に短縮すると放送が2アウトからなんてこともあるかも。

ロッテ唐川16日の横浜戦で1軍デビュー(ニッカンスポーツ)

「プロの洗礼を浴びせてやる」と言いたいところですが、あっさりとやられるのがベイスターズ。

|

« ペンタックス、中判デジタル一眼レフの開発を中断 | トップページ | ペンタックス、オンラインフォトアルバムサービスの提供を開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1695/11181515

この記事へのトラックバック一覧です: 3/11 オープン戦 横浜ベイスターズ 4×-3 東北楽天ゴールデンイーグルス(横浜):

« ペンタックス、中判デジタル一眼レフの開発を中断 | トップページ | ペンタックス、オンラインフォトアルバムサービスの提供を開始 »