« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月31日 (月)

3/30 阪神タイガース 7-0 横浜ベイスターズ (京セラドーム)

【横浜】高崎3回降板「力んでしまった」(ニッカンスポーツ)

【横浜】投打かみ合わず、6年ぶり3連敗(ニッカンスポーツ)

横浜・高崎3回3失点KO「球が高めに浮いてしまった」(サンケイスポーツ)

横浜6年ぶり開幕3連敗(報知)

(追加)横浜・高崎が6安打3失点KO、先発の不調に監督も渋い顔(サンケイスポーツ)

ベイスターズと阪神の3戦目は一方的な展開で敗れて開幕3連敗。ベイスターズは期待の2年目・高崎が先発するが、初回から失点を重ねて3回3失点でノックアウト。リリーフ陣も入来、山北と打ち込まれる。一方、打線は阪神先発の福原にあっさりと零封され、7-0で敗戦。

投打に良いところがなくコメントのしようがない。併殺4つを喰らうあたり相変わらずですな。贅沢は言わないので1週間に1勝くらいはしてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年3月30日 (日)

3/29 湘南シーレックス-埼玉西武ライオンズ(横須賀スタジアム)を観戦

ベイスターズ(一軍)は京セラドームで酷い目に会っているので、代わりに横須賀スタジアムで行われたシーレックス(ファーム)と西武の試合を観戦。

試合開始時は温かく気持ち良く観戦できましたが、後半は冷えてきました。この日は午後2時試合開始でしたが、この時期は午後1時の方がいいかもしれません。今週末はみんなお花見に行っているのか、観客はやや少なめで600人台でした。ちなみにスタジアムもライトスタンド付近の桜が満開となっており、この試合は急遽ライトスタンドを開放していました。

ベイスターズは、右肩痛で開幕投手を回避した三浦が先発。また、脇腹痛でファームスタートとなったビグビーもスタメンに名を連ね、先発メンバーだけ見ると妙に豪華な面子。試合は、1回表に後藤の犠牲フライで西武が先制。4回裏に2番手で登板した投手・小林のタイムリーでシーレックスが追いつく。しかし、その直後、黒瀬のタイムリーで再び西武が勝ち越し。シーレックスは、8回裏に藤田の内野ゴロと内藤のタイムリーで2点を取って逆転。最後は、横山がピシャリと締めて3-2で鮮やかな逆転勝利。

この勝ちは、ホーム・横須賀スタジアムでの今季初勝利だったようです。試合後にはグランドを開放してチャリティーオークションが行われたそうですが、こちらは参加せず帰宅してしまいました。試合中のアナウンスでは、斎藤隆・多村・古木らのシーレックスユニフォームが出品されたようです。在庫処分のような気もしますが、落札したファンも嬉しいでしょうし、そのお金もチャリティーに使われるので、良い企画じゃないでしょうか。

【観戦した各選手の感想】

・三浦(湘南):3回を1失点。初回に1点を失いましたが、普通に投げられているようなので安心しました。チャンスで回ってきた打席でもブンブン振り回していたので怪我は大丈夫でしょう。

・小林(湘南):3回2/3を1失点。ルーキー。登板した直後の二人の打者にいきなり3ボールで入るなど、コントロールが若干不安。ストレートは結構走っていたし、ビシッと良いコースに決まることもあったので、もう少し安定感が増せば上でも投げれると思うのですが。

・横山(湘南):1回を無失点。最後をビシッと締めて、ファームでは格が違うことを示した。

・下窪(湘南):4打数2安打。徹底して安打狙いで長打は見込めないが、ファームでは力が違う。

・ビグビー(湘南):2打数無安打。2三振。1打席目は1回もバットを振らなかったので、振れないのかなと思ったが、2打席目は一応バットを振っていた。守備は安定してそう。

・内藤(湘南):4打数1安打。勝利打点となるタイムリーを1本。また、凡退した打席も1本完全に捉えた当たりが、大分力強い打球が飛ぶようになった。また、先発はサードだったが、途中からセンターを守っていた。

・藤田(湘南):2打数無安打。途中から守備で出てくる。打撃は結果が出なかったが、守備では好プレーもあり、安心して見ていられる。

・松永(西武):6回1失点。先発して好投したが、ストライクとボールがはっきりしていて一軍では苦労しそう。

・山本(西武):1回2失点。2番手で投げるが、1点リードを守れず逆転される。右のサイドスローだが、左打者を並べられて気の毒だった。

・黒瀬(西武):4打数3安打。レフト、センター、ライトにそれぞれ1本ずつヒットを打ち、打撃でアピール。

・種田(西武):3打数無安打。残念ながらヒットはありませんでしたが、シーレックスファンからも拍手を貰ってました。

【観戦写真】

080329011992

横須賀スタジアムの練習風景

080329021997

微妙に豪華なシーレックスのスタメン

080329032002

ライトスタンドには満開の桜

080329042014

復帰したハマの番長

080329052043

シーレックスの逆転勝利

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年3月29日 (土)

3/29 阪神タイガース 4-3 横浜ベイスターズ (京セラドーム)

【横浜】小関が打撃好調(ニッカンスポーツ)

村田不振に大矢監督が心配…横浜(報知)

(追加)横浜・ウッドが来日初先発で黒星、次回登板でのリベンジ誓う(サンケイスポーツ)

(追加)悩める村田 開幕7打数無安打(スポーツニッポン)

ベイスターズと阪神の試合は、前日同様に阪神リリーフ陣を攻めきれず、ベイスターズは開幕2連敗。ベイスターズはウッドが先発するが、初回にいきなり2点を先制される。その後、両チームとも小刻みに追加点をあげるが、結局ベイスターズは一度も追いつけずに4-3で敗戦。

ポイントとなったのは2-1で1点リードされた4回表の1死満塁の場面で村田と佐伯で追いつけなかったことでしょう。一方の阪神の4番はこの2試合大活躍しているだけに4番の差が出てしまいました。ポジティブなところを探すと、吉村に早々と1号が出たことと那須野がしっかりと抑えたことでしょうか?

いきなり3連敗は意気消沈するので、3戦目は絶対に勝って横浜に帰ってきてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/28 阪神タイガース 4-2 横浜ベイスターズ (京セラドーム)

【横浜】寺原、初開幕投手も黒星記事を印刷する(ニッカンスポーツ)

【横浜】逆転負け…大矢監督「残念」(ニッカンスポーツ)

横浜・寺原、初の開幕投手も突然崩れた…魔の四回に3失点(サンケイスポーツ)

寺原、突然崩れる…横浜(報知)

3回完全も寺原“魔の4回”!別人3失点…横浜(報知)

寺原 初の開幕投手は四球から崩れる(スポーツニッポン)

2008年シーズンの開幕戦となったベイスターズと阪神の試合は逆転負け。ベイスターズは5年連続の開幕戦敗戦。ベイスターズは小関の内野ゴロと相川のタイムリーで2点を先制するが、4回裏に寺原が崩れて3失点で逆転される。その後、ベイスターズ打線は阪神のリリーフ陣から追加点を奪えず4-2で敗戦。

寺原は点を取ってもらって守りに入ってしまったんでしょうか?映像を見れなかったのですが、スコアだけ見ていると昨年の阪神相手の負けパターンそのままですね。お互い面子も大して変わらないのでこうなっちゃうのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月28日 (金)

ペンタックスK20D/K200Dレビュー記事など

ペンタックスのデジタル一眼レフカメラの新製品「K20D」「K200D」のレビュー記事が出揃ってきたので、貼っておきます。

【新製品レビュー】ペンタックス「K20D」~ファンの心をつかむ多機能な中級機(デジカメWatch)

【新製品レビュー】ペンタックス「K200D」~低価格で実用性の高いエントリーモデル(デジカメWatch)

【レビュー】ペンタックス K20D 実写インプレッション(マイコミジャーナル)

中級者も楽しめる高機能&低価格機――ペンタックス「K200D」(itmedia)

また、ペンタックス関連のニュースを2件。

【PIE2008】ペンタックス、グリップ形状を変えたK20Dなど(デジカメWatch)

ペンタックス、「DA 55-300mm F4-5.8」と「DA★ 300mm F4」を29日に発売 (デジカメWatch)

ペンタックスは3月31日をもってHOYAと合併し解散となります。寂しいですが、この合併がカメラ事業の新たな一歩となることを祈ります。これからも真面目な良いカメラを作り続けてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/27 横浜ベイスターズ関連ニュース

横浜・三浦、右肩痛で開幕戦登板を回避「さすがに悔しい」(サンケイスポーツ)

横浜・三浦4月絶望も…右肩痛で復帰メド立たず(報知)

マットホワイトも開幕ベンチ外…横浜(報知)

いよいよセリーグも開幕!しかし、この期におよんで怪我人が続出。先が思いやられます。三浦の復帰時期は各報道でバラバラなのが、かなり心配。無理は禁物ですが、手薄なので早く戻ってきてもらわないとつらい。

横浜の開幕投手、寺原「開き直ってやる」 軽めの調整(サンケイスポーツ)

寺原「開き直ってやる」…横浜(報知)

三浦離脱で寺原 開幕投手確実に(スポーツニッポン)

阪神金本、好相性の寺原打ちだ!(ニッカンスポーツ)

寺原に頑張ってもらいましょう!

横浜ベイスターズに武運がありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月27日 (木)

3/26 横浜ベイスターズ関連ニュース

横浜三浦が蓄積疲労で開幕1軍外れる(ニッカンスポーツ)

横浜三浦は開幕登録外れる(ニッカンスポーツ)

横浜・三浦が疲労で調整遅れ開幕1軍メンバーから外れる(サンケイスポーツ)

三浦が疲労で登録外れる…横浜(報知)

ありゃりゃ。代役の寺原に頑張ってもらわないと。三浦は故障でなく記事の通りの疲労だけなら問題はないんですけどね。三浦もそれほど若くはないので、キャンプの球数が多すぎたのかもしれません。工藤から調整の仕方を聞いたほうがいいかもしれません。

横浜 4年連続で“純国産打線”(スポーツニッポン)

結局、昨年と変わらない面子になっちゃいました。レフトが小関かもしれませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月26日 (水)

3/25 横浜ベイスターズ関連ニュース

横浜が開幕前に必勝祈願(ニッカンスポーツ)

ここまで来たらやれることは神頼みくらい。楽天の4連敗を見ていると他人事とは思えません。

ソフトのエース・上野が横浜始球式(スポーツニッポン)

22日の記事ですが、貼り漏らしていました。野球を知らない芸能人がやるよりも良いと思います。

ハマの高卒ルーキー佐藤も2軍で経験を(スポーツニッポン)

頑張ってはいましたが、失点も多かったですし、那須野と山北が最後に好投したので仕方ない。今回の一軍帯同は良い経験になったと思うので、また上がってくることを期待します。

横浜・金城、車いす寄付…今季公式戦で本塁打打つごとに(サンケイスポーツ)

社会奉仕は良いことですね。張り切ってHRを狙って打撃を崩さないように。

新日本石油が13年ぶりV 社会人野球東京大会(サンケイスポーツ)

(追加)【アマ】新日本石油ENEOSが13年ぶり優勝-社会人東京大会(サンケイスポーツ)

新日本石油13年ぶりV…社会人野球東京大会(報知)

新日本石油ENEOS優勝 田沢MVP(スポーツニッポン)

(追加)田沢連投、熱投!文句なしのMVP(スポーツニッポン)

新日本石油は横浜の社会人チームでベイスターズとも交流が盛んなので、おめでとうと言いたいですが、ベイスターズはくじ運が悪いので田澤人気が上がるのは嬉しくない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月23日 (日)

3/23 オープン戦 横浜ベイスターズ 1-6 広島東洋カープ (横浜)

【横浜】工藤は7回9安打6失点(ニッカンスポーツ)

【横浜】大矢監督、投手陣に不安(ニッカンスポーツ)

横浜・工藤、制球に苦しみ6失点「あまり良くなかった」(サンケイスポーツ)

(追加)横浜・工藤、試投にこだわる…左ひじ手術後最多投球数に手応え(サンケイスポーツ)

(追加)工藤 7回6失点も100球超え(スポーツニッポン)

オープン戦最終戦となったベイスターズと広島の試合は、広島の一方的な試合となった。ベイスターズは工藤が先発するが、7回まで投げて6失点。打線も最終回にジェイジェイのHRで1点を返すがやっと。1-6でベイスターズの敗戦。ベイスターズのオープン戦は6勝9敗1分の11位で終了。

工藤が随分打たれましたが、7回まで投げられているのでシーズンまでには修正してくれるでしょう。オープン戦は結局ブービーで終わり、攻守に不安がたくさんあります。特にキャンプ、オープン戦を通じて新戦力の台頭がほとんどなかったのが残念。ヒューズ・ウッドが一軍枠に入れるくらいでしょうか?

心配してもあとは開幕を迎えるだけなので、頑張ってもらいましょう。

田沢が18奪三振の新記録…社会人野球東京大会(報知)

田沢レコード18奪三振/スポニチ大会(スポーツニッポン)

(追加)156キロ腕・田沢が大会新の18K(スポーツニッポン)

頑張ってますね。ベイスターズに縁があることを祈っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月22日 (土)

3/22 オープン戦 横浜ベイスターズ 6×-5 広島東洋カープ (横浜) (観戦)

横浜スタジアムで行われたベイスターズと広島のオープン戦を観戦。

この日は雲一つない快晴。しかも、寒くもなく、暑くもなく、風も強くなく野球観戦に最適な天候でした。オープン戦でしたがお客さんの入りもなかなかで、1万4000人の観客。春休みに入ったのか特に子供さんが多く、選手がスタンドに投げ込むボールを巡って激しい争奪戦が繰り広げられていました(一部大人も混ざっていましたが)。

先発はベイスターズが寺原、広島が大竹。広島は3回表に赤松のタイムリーで1点を先制。さらに4回表には石原のHRで1点を追加。4回裏には村田のHRでベイスターズが1点を返す。5回に両チーム1点ずつ追加して、1点差で終盤戦に入る。8回表にはベイスターズの守備の乱れなどもあって広島が2点を追加。しかし、その裏、ベイスターズは村田の2点HRと広島のボークで同点に追いつく。最後は9回裏に野中がサヨナラタイムリーで決着。6-5でベイスターズが勝利。

試合は勝ちましたが、特に投手と守備に課題がありそう。2番手で投げたウィリアムスは調整不足なのか実力なのかは分かりませんが、今のままでは一軍は厳しい。ヒューズは守備にも足を引っ張られましたが2失点。ボークが一つありました。また、守備でも暴投や村田の送球エラーが失点に繋がりました。打撃は村田、吉村、石井あたりは調子が良さそうでした。

【観戦した各選手の感想】

・寺原(横浜):3回1失点。制球もまとまっており、まずまずの内容。特に不安なところはなし。

・ウィリアムス(横浜):2回2失点。球威も感じられず、コントロールもばらつく。相手の打ち損じを待つという感じで、今の状態では一軍は厳しい。

・那須野(横浜):1回無失点。ストレートは140キロ程度だったが、安定した内容。現状の左のリリーフ陣の状況を考えると今年も中継ぎで頑張ってもらうことになりそう。

・山北(横浜):1回無失点。那須野と比べるとやや制球にばらつきあり。高卒ルーキーの佐藤と一軍生き残りを争うことになりそう。

・ヒューズ(横浜):1回2失点。村田のエラーに足を引っ張られたが、三振を取れずバットに当てられていたのが少し気になった。ボークも一つあり。ただし、ここまでそこそこ結果を出しているので、この試合だけで駄目とは言えない。

・石井(横浜):4打数2安打。守備でも好プレーあり。元気ですが、オープン戦から頑張りすぎて少し心配。

・村田(横浜):4打数2安打2HR。打撃は文句なし。2本とも完璧なHRで、しかも試合の流れでも重要な場面での一発。守備では送球のエラーが一つ。当たりが悪くてぎりぎりで取りにいったプレーだったが、ちゃんと取れただけに一塁はアウトにして欲しかった。

・大竹(広島):6回2失点。寺原と比べるとやや制球にばらつきがあったが、2失点にまとめた。

・岸本(広島):2/3回3失点。ベイスターズから移籍して結果を残していたが、この日はやられた。ストレートは常時145キロ以上が出ていたが、村田と吉村の長打はいずれも真ん中高めの打ちごろの球だった。

・木村(広島):4打数無安打。こちらもベイスターズから移籍。打撃では結果が出なかったが、守備で多くの打球を捌いて頑張っていた。

【観戦写真】

080322011405

快晴の野球観戦日和

080322021427

横浜スタジアム名物・みかん氷、カキ氷に缶詰のみかんをかけた簡単なものですがおいしい

080322031435

ベイスターズ先発・寺原

080322041536

2本目のHRを放つ村田、手前はがっかりする岸本

080322051568

サヨナラタイムリーを放つ野中、右隅に打球がちょっと写ってます

080322061576

最終スコア

【関連ニュース】

【横浜】寺原が開幕前上々の最終調整(ニッカンスポーツ)

【横浜】これぞ4番!村田が2アーチ(ニッカンスポーツ)

横浜・村田、自画自賛の2本塁打! 北京五輪出場も狙う(サンケイスポーツ)

(追加)横浜・村田、2本塁打放ち自画自賛「いい状態になってきた」(サンケイスポーツ)

村田、自画自賛の2発…横浜(報知)

(追加)村田 開幕へ照準ピタリ!上昇2発(スポーツニッポン)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月21日 (金)

3/21 横浜ベイスターズ関連ニュース

ハマの番長5年連続開幕!三浦、黒星ジンクスも問題なし(サンケイスポーツ)

6戦6敗…番長今年こそ“快幕”に(スポーツニッポン)

番長で開幕を落とすのは最早ベイスターズファンの風物詩ですから。。。いやいや、今年こそ勝ってもらいましょう。

(3/23 公開設定になっていませんでした。。。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本HP、VGA液晶搭載PDA「HP iPAQ 212 Enterprise Handheld」の発売を開始

日本HP、4型VGA液晶のWindows Mobile搭載PDA「iPAQ 212」(PC watch)

1月の「112」に続いて、上位機種の「212」も発売開始。通信機能以外は考えられる全ての機能が詰め込まれています。販売価格52500円は想像していたより少しお安め。世の中がスマートフォンに移りつつあるなか、VGA液晶、CF/SDスロットの純粋PDAは貴重な存在です。

魅力的な端末ですが、1月に飛びついた112もまだ本格運用していないので、当面は見送り予定。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月20日 (木)

3/20 オープン戦 横浜ベイスターズ-読売ジャイアンツは雨天中止

この日パリーグはいち早く開幕しましたが、セリーグはまだオープン戦。ベイスターズは読売とオープン戦が予定されていましたが、前日から降り続く雨のため中止。

横浜・大矢監督、防御率に不満「うそをつかないからね」(サンケイスポーツ)

大矢監督「防御率悪いのが気掛かり」(報知)

大矢監督「防御率はうそをつかない」(スポーツニッポン)

防御率は数字が示すように心配ですが、打線も心配。打てるときはヒットが繋がるが、打てないとなるとチーム全体がさっぱりと打てなくなる。特にレフトを争っている人たちはアピールしなければいけないはずなのに揃いも揃って中途半端な成績。消去法で鈴木尚とかなりそう。

田沢 30人スカウトの前で熱投アピール(スポーツニッポン)

特にベイスターズのスカウトのことは書かれていませんが、観に行っていると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月19日 (水)

3/19 オープン戦 横浜ベイスターズ 1-6 中日ドラゴンズ (横浜)

【横浜】先発候補の土肥が5回3失点(ニッカンスポーツ)

横浜・土肥、毎回の7安打許すも シーズンへ前向き(サンケイスポーツ)

横浜・大矢監督、不振の打線に「お手上げ」 選手も危機感(サンケイスポーツ)

(追加)横浜・那須野が開幕一軍に前進!復帰戦で1回1安打無失点(サンケイスポーツ)

土肥はシーズンへ前向き…横浜(報知)

(追加)那須野 間に合った!1回無失点(スポーツニッポン)

ベイスターズと中日のオープン戦は、ベイスターズが投打に奮わず。ベイスターズは土肥が先発するが、谷繁と中村紀にHRを浴びて5回3失点。2番手の桑原も2回を投げて3失点。一方、打線は2安打1点に抑えられ、1-6で敗戦。

土肥も5回3失点。どの先発投手も5回3失点ばかりで判断に苦しむ。打線もまた不振期に入ったようですし、あまり良い材料がないですね。今後につながりそうなのはこの試合で那須野が今季一軍初登板を果たして、なんとか開幕に間に合いそうなことくらいかな?那須野はできれば先発で使いたいのですが、左のリリーフ陣が結果を出していないので、頭が痛い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/18 オープン戦 東京ヤクルトスワローズ 6-0 横浜ベイスターズ (神宮)

横浜・高崎、4回8安打5失点 大矢監督「がっかり」(サンケイスポーツ)

がっかり!横浜・先発候補の高崎ボロボロ炎上…ローテ入り暗雲(サンケイスポーツ)

高崎4回8安打5失点…横浜(報知)

5失点…高崎には大矢監督「ガッカリ」(スポーツニッポン)

高崎炎上…ローテ失格4回5失点(スポーツニッポン)

ベイスターズとヤクルトのオープン戦は、ベイスターズ先発の高崎が打ち込まれて一方的な展開になった。高崎は初回から打ち込まれて4回を5失点。一方、打線は苦手の増渕に6回を無得点に抑えられる。結局、6-0でヤクルトが勝利。

大矢監督じゃないですが、高崎にがっかり。なかなかビシッとした投球をしてくれない。三浦・寺原・工藤・土肥・ウッドの5人は確定として6人目が頭が痛い。ウィリアムス、小林、桑原もいまのところ結果を残していないので、結局高崎になるのかな?

打線はいい加減に増渕対策を練ってください。何度同じ投手にやられれば気がすむんだ?

横浜が加藤博一氏の追悼試合…4・12 阪神戦(報知)

横浜 4・12加藤博一氏「追悼試合」(スポーツニッポン)

この試合のチケットは購入済です。天気に恵まれるといいですね、

三浦、総額200万円寄付…昨年11月受賞ゴールデンスピリット賞(報知)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月16日 (日)

3/16 オープン戦 千葉ロッテマリーンズ 4-5 横浜ベイスターズ (千葉マリン)

【横浜】寺原6回1失点(ニッカンスポーツ)

【横浜】マットホワイト初セーブ(ニッカンスポーツ)

横浜・寺原、開幕へ向け順調「もっと思い切りいける」(サンケイスポーツ)

(追加)横浜・寺原、開幕へ順調…オープン戦総仕上げで6回1失点(サンケイスポーツ)

寺原、6回1失点…横浜(報知)

(追加)寺原上々!6回1失点…横浜(報知)

(追加)好調寺原「楽しみ」 宮崎もPR(スポーツニッポン)

千葉ロッテとベイスターズのオープン戦は、ベイスターズが終盤に逆転して勝利。ベイスターズは寺原が先発して6回を1失点に抑える好投。寺原の後を受けた小林が7回裏に連打を浴びて3点を取られて逆転されるが、8回表に再びベイスターズが2点を取って再逆転。最後はマットホワイトが締めて4-5でベイスターズの勝利。

寺原は前回の登板からしっかりと修正して結果を残しました。安心しました。ルーキーの小林はこのままだと開幕一軍は厳しいので奮起を。

打撃陣はここ数試合良く繋がってます。この試合も2本ありましたが、特にきっちりと犠牲フライを打てているのが印象的です。シーズン入ってもこの調子でお願いします。野手ももうちょっと若い選手の奮起があると更に活気付くのですが。

中田、久々マルチ安打!…イースタン教育リーグ(報知)

またシーレックスが中田に打たれてるよ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/15 千葉ロッテ-東北楽天、黒木投手引退セレモニーを観戦

昨年末に引退を決めた千葉ロッテの黒木投手の引退セレモニーを観に行くため、千葉マリンスタジアムの千葉ロッテ-東北楽天のオープン戦を観戦しました。

この試合のチケットは前売りから好調な売れ行きで、当日は満員が予想されたため、朝早く球場に向いました。午前9時前に千葉マリンスタジアムに到着しましたが、球場で並んでいるファンは開場2時間前、試合開始4時間前とは思えない数でした。2時間並んで球場に入ると1階席はすぐに満員。2階席も試合が始まる頃にはほぼ満員になりました。

セレモニーの前に行われた楽天とのオープン戦は、序盤から楽天が走者を出すものの拙攻で0-0で続く。しかし、中盤以降も流れは変わらず楽天がついに得点する。千葉ロッテは最終回に1点を返すのやっとで、1-4で敗戦。

黒木投手の引退セレモニーは、黒木投手のプロ生活を振り返った映像が流れた後、黒木投手と3人の打者が対戦する形で行われました。対戦した打者は、一人目が同期入団のサブロー(三振)、二人目が同級生の楽天・礒部(三塁ゴロ)、三人目は福浦(三振)でした。3人の対戦の後、花束贈呈、黒木投手のスピーチが行われ、最後は球場一周してセレモニーは終了しました。セレモニーの間、球場一杯に埋まったロッテファンから黒木投手への拍手・コールは尽きることがありませんでした。

黒木投手は通算100勝もしていなければ、2005年の日本一に大きく貢献したわけでもありません。黒木投手の最大の置き土産はこの日球場に詰め掛けたロッテファンでしょう。黒木投手の入団当時のロッテはお世辞にも人気球団とはいえませんでしたが、黒木投手が必死にチームを引っ張る姿に惹かれてファンになった人も多かったと思います。そして、今や12球団でもい一番熱心なファンを持った球団となりました。

13年間お疲れ様でした。球場で再びジョニー黒木が見れることを期待しています。

080316011192

朝早くから球場に駆けつけるファン(午前9時、試合開始4時間前)

080316021222

球場一杯の千葉ロッテファン

080316031227

試合前に行われた新入団選手紹介時の唐川投手

080316041322

引退セレモニーで投球する黒木投手

080316051383

最後は胴上げ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/15 オープン戦 横浜ベイスターズ 8-5 福岡ソフトバンクホークス (横浜)

【横浜】ウッドがローテ入りへ前進(ニッカンスポーツ)

【横浜】吉村が2戦連続アーチ(ニッカンスポーツ)

横浜の新外国人ウッド、開幕ローテ入り 投球に安定感(サンケイスポーツ)

横浜・相川間に合った!右肩手術から復帰、OP戦初マスク(サンケイスポーツ)

ウッドの開幕ローテを大矢監督太鼓判…横浜(報知)

右肩手術した相川 復帰戦で盗塁刺す(スポーツニッポン)

ベイスターズとソフトバンクのオープン戦は、ベイスターズがソフトバンクの即戦力ルーキー・大場を打ち込んで勝利。ベイスターズは序盤から大場を捕まえて、5回までに12安打で8得点。一方、ベイスターズの先発・ウッドは5回を3失点にまとめる。ベイスターズのリリーフ陣が2点を失うが、結局ベイスターズが8-5で勝利。

ルーキーにプロの意地を見せることが出来たので少し嬉しい。この日は打線が良く繋がりました。また、この試合では相川が守備につけたのも良いニュース。なんとか開幕に間に合いそうですね。

投手陣ではウッドが走者を出しながら試合を作ってくれました。ここまでなかなか安定して結果を出しています。初登板のヤクルト戦を見たときはそれほど期待できなかったので、自分の見る目のなさを痛感しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月15日 (土)

3/14 オープン戦 横浜ベイスターズ 8-8 北海道日本ハムファイターズ (横浜)

【横浜】三浦、4回に3ラン浴びた(ニッカンスポーツ)

横浜の新人・佐藤が開幕1軍へ 大矢監督「思い切りがいい」(サンケイスポーツ)

佐藤が開幕1軍へ…横浜(報知)

横浜・佐藤が開幕1軍へ前進(スポーツニッポン)

ベイスターズと日本ハムのオープン戦は打ち合いになった。ベイスターズは三浦が先発し、3回までは快調な投球。しかし、4回2死から突如乱れて小谷野に3点HRを浴びる。この試合は打線が活発で、吉村の2点HRで追いつくとその後も打線が繋がり、8-4と逆転する。しかし、ルーキーの桑原が2点HRを2本浴びて追いつかれ、結局8-8の引き分け。

打線が頑張ると投手陣が踏ん張れませんね。まだ、オープン戦だからなんていってるとあっという間に開幕になりそうです。高卒ルーキー・佐藤の開幕1軍が話題に上がっていますが、どちらかというと他の左投手がだらしなくて相対的に順位が上がっているので、複雑。ただ、佐藤が頑張っているのは確かなので、このチャンスにいろいろと勉強してもらいたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月14日 (金)

3/13 オープン戦 横浜ベイスターズ 0-2 オリックスバファローズ (横浜)

【横浜】ベテラン工藤が4回無失点(ニッカンスポーツ)

【横浜】入来が約1カ月ぶりの実戦(ニッカンスポーツ)

手応え得た“ハマのおじさん” 4回無失点「良かった」(サンケイスポーツ)

(追加)実働27年目の横浜・工藤、初先発は直球勝負で無失点!(サンケイスポーツ)

工藤4回無失点に「良かった」…横浜(報知)

(追加)44歳工藤、力でオリックスねじ伏せた…横浜(報知)

工藤、無失点も「おじさんにはつらい」(スポーツニッポン)

(追加)上向き工藤 先発日漏らしちゃった(スポーツニッポン)

ベイスターズとオリックスのオープン戦は、両チームの投手が好投。ベイスターズは工藤が先発して4回を無失点に抑える。しかし、怪我明けで久々の登板となった2番手の入来が下山に2点HRを浴びる。一方、ベイスターズ打線はオリックス先発の金子らに3安打に抑えられる。結局、下山の2点が両チームの総得点となってオリックスが0-2で勝利。

工藤はさすがにきっちりと仕上げてきますね。ここまできっちりと抑えた先発投手はウッドと工藤だけというのは少々心もとない。開幕まで約2週間となったので、そろそろしっかりと結果を出して欲しい。また、ここまで登板が少なかった入来と加藤がとりあえず投げたので安心。入来は怪我だったようだが、加藤も怪我?打線は相変わらず低調で心配。

【日本ハム】中田2軍落ち、アーチ及ばず(ニッカンスポーツ)

日本ハム・中田、教育リーグで豪快な2ランホームラン!(サンケイスポーツ)

中田、教育リーグで本塁打!…日本ハム(報知)

2軍降格 中田出た!出直しの1発(スポーツニッポン)

中田が打ったことよりも、湘南(秦)が打たれたということで載せました。ベイスターズも中田にオープン戦初戦でHRを打たれるし、サービスしすぎだろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月13日 (木)

3/12 オープン戦 横浜ベイスターズ 4-6 福岡ソフトバンクホークス (平塚)

【横浜】ウィリアムスまた打ち込まれる記事を印刷する(ニッカンスポーツ)

横浜・ウィリアムス3回2失点でも…前向き発言(サンケイスポーツ)

(追加)味方の好守に助けられた…横浜・ウィリアムス3回2失点に反省(ニッカンスポーツ)

ウィリアムス、3回2失点…横浜(報知)

(追加)ウィリアムス3回6安打でも進歩?(スポーツニッポン)

ベイスターズとソフトバンクのオープン戦は、ベイスターズの投手陣がピリッとせず、競り負け。ベイスターズは、新外国人のウィリアムスが先発するが、2回に2点を失い3回で降板。一旦は逆転するが、川村・吉見・マットホワイトのリリーフ陣が失点を重ねて、結局4-6で敗戦。

ウィリアムスはバックの好守に助けられてなんとか2失点で収まったという内容だったようなので厳しいですね。まずはしっかりと調整して、下で文句ない内容を見せてきてから上がってきてください。吉見も投げるたびに打たれて厳しいな。吉見がこれでは那須野を今年もリリーフとして使ったり、高卒ルーキーの佐藤を使わざるをえなくなる。高宮・山北・岡本はいい加減に出てきてくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペンタックス、オンラインフォトアルバムサービスの提供を開始

ペンタックス、無料で容量1GBのWebフォトアルバム開設(デジカメWatch)

唐突に始まりましたね。アップロードした画像が縮小サイズにリサイズされること、管理元が登録者の許可なく画像の使用権を持っていることが引っかかります。とりあえず登録してみましたが、メインで使っている「フォト蔵」と比べると機能は少ないですし、あまり使わないかも。

ペンタックス、K20D / K200D付属ソフトMac版を日本語/中国語以外の環境でインストールできない不具合(ペンタックスHP)

日本国内ではレアケースですが、条件が当てはまる人はご注意ください。対策がリンク先に書かれています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月12日 (水)

3/11 オープン戦 横浜ベイスターズ 4×-3 東北楽天ゴールデンイーグルス(横浜)

【横浜】高崎が6回2失点に手ごたえ(ニッカンスポーツ)

【横浜】内川がサヨナラ打(ニッカンスポーツ)

(追加)横浜・高崎が6回2失点と好投も大矢監督「要求は高くなる」(サンケイスポーツ)

(追加)大矢監督、2年目・高崎に「愛のムチ」…横浜(報知)

一場、高崎両先発ともに6回2失点(スポーツニッポン)

(追加)ポスト・クルーンにヒューズが名乗り(スポーツニッポン)

今年初めての横浜スタジアムでの試合となったベイスターズと楽天のオープン戦はベイスターズが幸先良くサヨナラ勝ち。ベイスターズは高崎が先発し、6回を2失点に抑える。一方、打線は初回に佐伯のタイムリーで2点を先制。一旦は逆転されるが8回裏に追いつき、9回裏の内川のタイムリーで4×-3のサヨナラ勝ち。

先発した高崎はそこそこの結果ですが、今回も走者をたくさん出しており、手放しで褒めることはできなさそうです。次回も今回くらいの結果にまとめれば5番手、6番手くらいで開幕ローテに入れるかもしれません。

打線は、初回乱調気味の一場から2点しか取れなかったのは不満。ただ、主力選手にヒットが出たのは良かったと思います。

オープン戦のサヨナラ勝ちにそれほど大きな意味はありませんが、気分はいいですね。

横浜・相川、いよいよ捕手で実戦出場!早期の完全復帰目指す(サンケイスポーツ)

ぶっつけになるかもしれませんが、なんとか開幕に間に合うかもしれませんね。ただシーズンは長いので、余り無理はしないでほしいですね。

三浦、イニング間短縮気にならない(スポーツニッポン)

イニング間短縮は賛成です。昨年は特にベイスターズは試合時間が長く、3-2くらいの比較的ロースコアな試合でも4時間かかったこともありました。一方心配なのは、最近地上波のテレビ中継ではやたらとCM時間が長く、CMが空けるとすでに1アウトということがままあるので、更に短縮すると放送が2アウトからなんてこともあるかも。

ロッテ唐川16日の横浜戦で1軍デビュー(ニッカンスポーツ)

「プロの洗礼を浴びせてやる」と言いたいところですが、あっさりとやられるのがベイスターズ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月11日 (火)

ペンタックス、中判デジタル一眼レフの開発を中断

ペンタックス、中判デジタル一眼レフ「645 Digital」の開発を中断(デジカメWatch)

CAPAのPMA速報(動画)で既報だったので、今更のニュースですが。

ペンタックスはデジタル一眼レフ参入時にも当初開発していたフルサイズ600万画素CCDを搭載した機種を価格が見合わないという理由で発売を断念したことがありました。その結果、デジタル一眼レフ参入は遅れましたが、*istDシリーズでなんとか踏み止まり、今に至っています。あのとき、*istDの発売がもう1年遅かったら、とっくにカメラ事業から撤退していたとの感想もたまに聞きます。*istDより遅れたコニカミノルタは。。。当時の決断が結果正しかったかは分かりませんが、今回も土壇場で踏み止まるための決断と信じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 9日 (日)

3/9 オープン戦 オリックスバファローズ 8-3 横浜ベイスターズ(京セラドーム)

【横浜】新外国人ウィリアムズが大乱調(ニッカンスポーツ)

横浜・寺原は不安残る内容 変化球の制球悪く2失点(サンケイスポーツ)

(追加)故人に捧ぐ3安打!横浜・石井琢が故加藤氏の四十九日に活躍(サンケイスポーツ)

寺原、変化球に課題…横浜(報知)

(追加)寺原3回2失点も「球自体は悪くない」(スポーツニッポン)

京セラドームで行われたベイスターズとオリックスのオープン戦はベイスターズの投手陣が乱調。先発した寺原は3回を投げて5安打2失点。2番手のウィリアムスは1回4失点。3番手の小林は3回2失点。4番手の吉見は点こそとられなかったものの1回を2安打1四球で満塁のピンチを作る。一方、打線はオリックス・先発の近藤に5回を1点に抑えられるなど、完封を逃れるのがやっと。結局8-3で敗戦。

三浦や工藤と違って、寺原の場合はまだ経験が浅いので、この時期は打たれても大丈夫というような安心感はありません。少し心配です。ウィリアムズは怪我で実戦から離れていたので今回は割り引くとしても、次回の登板は結果を残さないと開幕一軍はなさそうです。小林・吉見もピリッとしないし、なかなか結果を残してくれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 8日 (土)

3/8 オープン戦 横浜ベイスターズ 0-4 千葉ロッテマリーンズ (山口)

【横浜】ウッドが4回無失点と好投(ニッカンスポーツ)

【横浜】2戦連続の完封負け(ニッカンスポーツ)

(追加)横浜新外国人ウッド4回0封ローテ前進(ニッカンスポーツ)

(追加)ハマの幻惑助っ人 ウッド揺れる軌道(スポーツニッポン)

山口でベイスターズと千葉ロッテのオープン戦が行われた。ベイスターズは先発のウッドが好投し、4回を無失点に抑える。しかし、2番手の高校生ルーキー・佐藤が田中のタイムリーで1失点。3番手の吉見も大松の2点HRなどで3失点。一方の打線はこの日も不調。結局、0-4で2戦連続の完封負け。

ウッドとヒューズの両外国人が結果を出しました。ウッドはパッと見は凄い球を投げているように見えないのですが、微妙に球が動いているのでしょうか?打線は、不調がこの時期で良かったと思うようにしておきます。でも、この時期は(シーズンに入っても持続するかはともかく)一人二人若いのが奮起しているのが普通なのに寂しいね。下園あたりを上げてみない?

三浦、寺原は天敵・巨人戦中心に(スポーツニッポン)

読売戦中心となって二人の勝ち星が伸びず、その他のカードを他投手で落とすというネガティブな考えが頭に浮かぶ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/8 湘南シーレックス-新日本石油を観戦

3/8に横須賀スタジアムで行われたベイスターズファームの湘南シーレックスと社会人野球の新日本石油の試合を観戦。

この日は気温も高く気持ちよい気候で野球観戦日和。横須賀スタジアムでの試合でしたが入場は無料でした。さすがにお客さんはシーズン中よりは少なく、数100人程度(教育リーグにしては多い?)。新日本石油は、シーレックスにもコーチとして所属した大久保さんが監督をしていたり、かつてのベイスターズドラフト1位の谷口が選手として所属しているなど、縁が深いチームです。また、立教大出身の大川(この日の先発)、慶應大出身の清見、桐蔭学園高出身の井領など過去に観たことある選手が数多く所属しており、観ていて面白かったです。ドラフト候補の田澤選手を観たかったのですが、登板がなく残念。

試合は2回裏にシーレックスが2本のヒットと暴投で掴んだチャンスに武山が犠牲フライを打って1点を先制。4回表に天津ライオンズからシーレックスの練習に参加している陳が新日本石油4番の池辺にHRを打たれて1-1の同点。5回表にはシーレックス・山口が打ち込まれ、白井のタイムリーなどで3失点。シーレックスは終盤に反撃し、7回裏に北川の2点タイムリー、8回裏に下窪・高森の2本のタイムリーで合計4点を取って逆転。最後は吉原がきっちりと締めて、シーレックスが5-4で勝利。

【観戦選手の感想】

・秦投手(シーレ):先発して3回を無失点。制球良く安定したナイスピッチング。本来の制球力を発揮できればこの試合のような投球ができるのでしょう。しかし、余裕がなくなると微妙に制球が乱れて打ち込まれる。

・陳投手(天津ライオンズ):シーレックスの2番手として1回を投げてHR1本の1失点。日本人投手ではなく外国人投手のような投げ方(中国人なので、外国人ですが)。長身投手ですが、球が高めに抜けることが多かった。

・山口投手(シーレ):3番手で投げて1回を3失点。バラバラの投球で非常に心配な内容。力のある球をストライクゾーンに投げられず、ストライクをとりにいく球を痛打される。打者と対戦する以前の問題。時間がかかりそう。この試合で一番ショックな内容でした。

・山北投手(シーレ):5番手で投げて2回を無失点。いきなり四球を出す場面あったが、無難に抑える。もう急に良くなることはないと思うが、左打者限定で上でもテストしてみればいいと思う。中途半端に右打者にも使うから結果が出ない。

・梶谷遊撃手(シーレ):4打数0安打。打撃は完全に力負けでまだまだ。遊撃の守備は守備機会は少なかったものの危なげない印象。

・桑原中堅手(シーレ):4打数3安打。調子は良さそうですが、外野手は競争が激しいからなかなか厳しいですね。

・下園左翼手(シーレ):3打数1安打1四球。安打は1本だが、凡退した打席もしっかりと球を捉えており、さすがのミート力。空振りをしない印象。ベイスターズで試して欲しい。

・内藤三塁手(シーレ):4打数1安打。センター方向に大きな打球を2本飛ばす(1本は2塁打)。ルーキーの頃は苦しんだことを考えると、着実に成長しているようです。

・高森一塁手(シーレ):4打数2安打。勝ち越しのタイムリーを放つ。2本のヒットは良い当たりだったが、落ちる球に脆い場面もあり。一塁の守備では盛んに声を出していて頑張っていたが、一歩目の反応が遅い。

・大川投手(新日本石油):先発して5回1失点。尻上がりに調子が上がってきて、後半は低めに良い球が来ていた。

・谷口投手(新日本石油):3番手で投げて1回1/3で2失点。元ベイスターズの投手で、登板時に歓声が上がる。守備にも足を引っ張られて失点。

・白井二塁手(新日本石油):スタメン3番で4打数1安打2打点。横浜高校出身。他の打席はあまりヒットが出そうな雰囲気がなかったが、チャンスではきっちりとセンター前ヒットで2打点。

・池辺左翼手(新日本石油):スタメン4番で3打数2安打1HR。毎年ドラフト候補に挙がるだけあって、貫禄の打撃。

【観戦写真】

080308010841

対戦カードのお知らせ

080308020844

横須賀スタジアム

080308030879

スターティングメンバー

080308040886

好投したシーレックス先発・秦投手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/7 横浜ベイスターズ関連ニュース

横浜ウッドが8日オープン戦初登板(ニッカンスポーツ)

はて、3月2日のヤクルト戦で登板したと思うのだが?初先発の間違いか?抑え候補のヒューズと左のリリーフのマットホワイトは一軍が有力なので、ウッドは結果を残さないと一軍は厳しいね。

7日のニュースではないが、漏らしていたベイスターズの記事を2件。

大矢監督 吉村3番構想も(スポーツニッポン)

吉村・村田とクリーンアップの二人が右打者だと、あと一人は左打者を入れたいところ。ビグビー、佐伯があたりが有力候補でしょうか?

横浜 左翼争いは6人横一線(スポーツニッポン)

今のところ名前が挙がっている6人は決め手がないですね。そろそろ内川あたりに別格の活躍でレギュラーを獲って欲しいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 7日 (金)

3/6 オープン戦 福岡ソフトバンクホークス 4-0 横浜ベイスターズ(ヤフードーム)

【横浜】打線沈黙、ああ11三振(ニッカンスポーツ)

横浜の三浦と工藤がOP戦に初登板(サンケイスポーツ)

(追加)7度目開幕狙う横浜・三浦、被弾3失点もエースの風格見せる(サンケイスポーツ)

三浦「順調にきている」…横浜(報知)

(追加)被弾三浦は笑顔 3K工藤はブ然(スポーツニッポン)

ベイスターズはヤフードームでソフトバンクと行い、4-0で敗戦。ベイスターズは先発した三浦が初回に松中のHRで3点を失う。一方、打線はソフトバンク先発の杉内にてこずり、7回を2安打に抑えられた。

この試合で投げた先発ローテ候補の3人(三浦・工藤・土肥)は、無事に投げられていれば、結果は心配しないでも良いでしょう。どちらかというと主力級が打席に立ちながらわずか2安打に抑えられた打線の方が気になります。まだこの時期なので「心配」というと大げさですが、面白くないですね。

横浜の新外国人・ビグビーが離脱 10日以降に再合流(サンケイスポーツ)

ビグビーが離脱…横浜(報知)

まだ時間があるので無理は禁物。外野は妙に候補が多いので、それほど心配はいらないかな。内川・下窪・下園あたりはアピールのチャンス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 6日 (木)

イー・モバイル、EM・ONEシリーズの本体アプリのアップデートを公開

イー・モバイル、「EM・ONE」シリーズの最新版本体アプリ公開(ケータイWatch)

EM・ONE(S01SH)専用 ~ 本体アプリケーションの最新バージョンアップについて ~ (イー・モバイル公式HP)

EM・ONEα(S01SH II)専用 ~ 本体アプリケーションの最新バージョンアップについて ~ (イー・モバイル公式HP)

イー・モバイルが携帯端末「EM・ONE」シリーズの本体アプリの最新版を公開。

早速、手持ちのEM・ONEをアップデートしてみました。イー・モバイルのページからEM・ONEでダウンロードし、そのまま実行し、無事に終了。今のところ目立った変化は良くも悪くも感じられません。

ついでにイー・モバイル関連ニュースを2件。いろいろやってますね。

イー・モバイル、プリペイド型通信サービス「EMチャージ」(ケータイWatch)

U-netSURF、イー・モバイル利用のMVNOデータ通信サービス(ケータイWatch)

もう一つ、イー・モバイルの音声サービスに関するコラム。なかなか手厳しいご意見ですが、確かに最近はプランも増えて難しくなっています。

イー・モバイル、音声サービスの実力と課題(Business Media 誠)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 5日 (水)

3/4 横浜ベイスターズ関連ニュース

桑原“オッパッピー”グッズ出るかも(スポーツニッポン)

桑原はフジテレビ・すぽるとでも照れくさそうに「そんなの関係ね~」とやらされていました。こういう売り出し方はどうかと思うのですが。。。桑原本人が乗り気なら構わないが。シーズンに入って活躍したら親会社が調子に乗りそうで怖い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 4日 (火)

イー・モバイル、オリックスバファローズとスポンサー契約

イー・モバイル、オリックス・バファローズのスポンサーに(ケータイWatch)

オリックスではなく、ベイスターズのスポンサーになってくれれば音声端末の追加も検討したんですけどね。

イー・モバイル関連の記事をついでにもう1件。

BIGLOBE、イー・モバイル利用の通信サービスが7.2Mbps対応に(ケータイWatch)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 2日 (日)

3/2 オープン戦 横浜ベイスターズ 5-4 東京ヤクルトスワローズ (宜野湾)

横浜の抑え候補ヒューズが好投 気迫で後続断ち切る(ニッカンスポーツ)

(追加)横浜の新守護神に豪腕ヒューズ“合格”、大矢監督も方針変更(サンケイスポーツ)

抑え候補のヒューズが好投…横浜(報知)

(追加)ヒューズ 新守護神へ満点快投…横浜(報知)

ベイスターズとヤクルトのオープン戦は1点を争う展開となったが、8回裏に勝ち越したベイスターズが5-4で勝利。

ベイスターズはルーキー・小林が先発するが5回を投げて3失点。一方、打線はヤクルト・増渕から走者を出すもののお得意の併殺でチャンスを潰し、1点に抑えられる。しかし、増渕が降板すると6回裏に3番手の丸山から小池が逆転の3点HR。7回表に同点に追いつかれるが、8回裏に相川の内野安打で1点を勝ち越し、そのまま逃げ切った。

この試合は終盤から中継を見てました。映像を見た感想は以下の通り。

・ウッド:あまり迫力を感じない投球。正直微妙な感じ。

・佐藤:球が全て上ずっていた。もともと制球は良いと聞いているので、相当緊張したと思われる。もう1回上でチャンスを貰えるか分からないが、今回の経験を生かして欲しい。

・ヒューズ:ストレートに力はあった。しかし、抑えとして信頼がおけるかというとこの試合の投球ではまだ分からない。印象としては今年ロッテに復帰したシコースキーが頭に浮かんだ。

・斉藤秀光:ショートで安定した守備、8回裏には勝ち越しのきっかけとなる右前ヒットと大活躍。映像では見ていないが、無死1塁2塁での難しいバントも決めている。この時期の打撃は当てにしてはいけないが、堅実なバントと守備だけでも大きな戦力。良い意味で予想を裏切ってくれています。

映像は見ていませんが、先発した小林は前日の高崎に続いて5回3失点と微妙な結果。悪いなりに試合を作ったとも言えるし、やっと凌いだとも言えるし。。。高崎同様に評価は次回に持ち越しかな。

44歳横浜工藤の今季キャンプは「90点」(ニッカンスポーツ)

村田 充実のキャンプに手ごたえ(スポーツニッポン)

(追加)大矢監督「三浦、寺原以外も出てこい」(スポーツニッポン)

この日でキャンプ打ち上げのようです。大きな怪我人がなく、主力は順調に調整が進んでいるようです。一方、新戦力の台頭があまり見えなかったのが残念。単にマスコミの注目が低くて報道されていないだけなのか、本当に誰も伸びてきていないか。。。前者であることをオープン戦で証明してくれると良いのですが。

【横浜】打線は「日替わり」勝負(ニッカンスポーツ)

昨年も随分と打線は弄っていまいたね。今年はさらにジェイジェイや小関など主力としては微妙だけどそこそこ力のある選手が入ってきたので、首脳陣の腕の揮いどころですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/1 オープン戦 北海道日本ハムファイターズ 3-7 横浜ベイスターズ(名護)

横浜・村田が2ラン「中田君に見られてると思ったので」(サンケイスポーツ)

(追加)中田には負けない!横浜・村田“貫禄”の場外ホームラン(サンケイスポーツ)

さすがキングだ!村田場外弾…横浜(報知)

(追加)横浜村田キング貫録弾…中田を意識「自分も負けたくない」(報知)

(追加)中田に負けん!村田も特大弾(スポーツニッポン)

ベイスターズのオープン戦2戦目は日本ハムとの対戦。

ベイスターズは期待の若手・高崎が先発するが、初回に2本のHR、2回に注目の中田にHRを浴びて3失点。しかし、ベイスターズは3回に村田、5回にジェイジェイがそれぞれ2点HRを放ち逆転。その後も追加点を加えて、3-7でベイスターズの勝利。

高崎は5回6安打3失点といまいちの結果。失点がソロHR3本のみで四球なしというのはまだ救われるかな。一発病はベイスターズの投手の伝統なので、高崎もベイスターズの一員になりましたね。リリーフ陣(吉見・小山田・横山・マットホワイト)は無安打と結果を出しました。横山は2四球で微妙ですが。

打撃陣は満遍なく打って良い感じ。ジェイジェイがなかなか頑張ってますね。二遊間を守れる守備力があるので、使い勝手が良さそう。まだこの時期の結果は当てにならないので、これからですが。

横浜工藤が6日のソフトB戦登板へ(ニッカンスポーツ)

豪華リレーになりそう。

横浜 相川が戦列復帰に意欲(スポーツニッポン)

無理はしないでじっくりと仕上げてください。

横浜仁志が初の「自叙伝」書き上げる(ニッカンスポーツ)

横浜・仁志が初の自伝出版!書いても“ホームラン”狙う(サンケイスポーツ)

仁志 自叙伝発売「大人の男性読んで」(スポーツニッポン)

売れるかな~?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 1日 (土)

2/29 横浜ベイスターズ宜野湾キャンプ29日目

【横浜】高崎が休日返上ブルペン(ニッカンスポーツ)

横浜・高崎が休日返上で調整練習(スポーツニッポン)

キャンプ29日目。休日です。

キャンプはもう打ち上げたのかな?でも、公式HPのスケジュールにはキャンプ休日と書いてあるので、まだキャンプ中という扱いかな?

3./1はオープン戦2試合目ですが、高崎が2試合連続で先発するようです。前回は5回4失点と今ひとつだったので、今度こそ結果を出してくれよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »