« 4/24 読売ジャイアンツ 6-2 横浜ベイスターズ (東京ドーム) | トップページ | 4/26 横浜ベイスターズ 1-2 広島東洋カープ (横浜) »

2008年4月25日 (金)

4/25 横浜ベイスターズ 3-2 広島東洋カープ (横浜)

【横浜】内川が右中間タイムリー三塁打(ニッカンスポーツ)

【横浜】ウッド来日初勝利逃す(ニッカンスポーツ)

横浜、接戦制し連敗5で止める!大矢監督「勢いつく試合」(サンケイスポーツ)

横浜・川村、1軍昇格即セーブ! 勝てて良かったと笑顔(サンケイスポーツ)

横浜が連敗5で止める(報知)

川村2年ぶり“締めて”横浜連敗ストップ(スポーツニッポン)

(追加)選手会長・相川丸刈りにチーム一丸!横浜、連敗5でストップ(サンケイスポーツ)

(追加)一塁コンバートの内川が猛打賞(スポーツニッポン)

4/25のベイスターズ-広島戦はなんとか終盤に逆転し、連敗を5でストップ。ベイスターズ先発のウッドは2回表に栗原にHRを打たれて先制を許す。2回裏に内川のタイムリー3塁打ですぐにベイスターズが追いつくが、3回表に天谷にHRを浴びて再びリードを許す。その後、広島先発のルイスに抑えられるが、7回裏に梵の野選と仁志の内野ゴロでなんとか逆転。最後はこの日昇格した川村が抑えて3-2で勝利。2番手のマットホワイトが1勝目。川村が1セーブ目。

いろいろと課題も残る試合でしたが、なんとか勝てました。大差となった4/16のヤクルト戦と比べると接戦で勝てたという点で意味があったのではないでしょうか。

一方で昇格したばかりの川村をいきなり締めで使うことになった固定できない投手リレーやチャンスでことごとく凡退する吉村には頭が痛い。厳しく言うとこの試合は相手がミスしてくれたので勝てたと言えるでしょう。

ただ、守備や走塁では必死のプレーが見られたようなので、この試合がきっかけとなると良いですね。

|

« 4/24 読売ジャイアンツ 6-2 横浜ベイスターズ (東京ドーム) | トップページ | 4/26 横浜ベイスターズ 1-2 広島東洋カープ (横浜) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1695/20570147

この記事へのトラックバック一覧です: 4/25 横浜ベイスターズ 3-2 広島東洋カープ (横浜):

« 4/24 読売ジャイアンツ 6-2 横浜ベイスターズ (東京ドーム) | トップページ | 4/26 横浜ベイスターズ 1-2 広島東洋カープ (横浜) »