« 5/3 広島東洋カープ 4-3 横浜ベイスターズ (広島) | トップページ | 5/3 J1・大宮アルディージャ-FC東京戦を観戦 »

2008年5月 4日 (日)

5/4 広島東洋カープ 8-6 横浜ベイスターズ (広島)

【横浜】大矢監督「継投ミス」で3連敗(ニッカンスポーツ)

継投失敗で逆転許す 横浜、ダメージ大きい敗戦(サンケイスポーツ)

中継ぎ陣が崩壊、大矢監督「おれのミス」…横浜(報知)

(追加)寺原が3連続適時打浴び炎上、6点挙げるも横浜は逆転負け(サンケイスポーツ)

(追加)大矢監督、継投大失敗「おれのミス」寺原炎上…横浜(報知)

(追加)“新守護神”寺原 初めて救援失敗(スポーツニッポン)

5/4の広島-ベイスターズ戦は、序盤からベイスターズが優勢に試合を進めるが、終盤にリリーフ陣が大炎上し、痛い逆転負け。ベイスターズは2回表に村田のHRで先制すると打線が繋がり、この回に3点を取る。ベイスターズの先発の小林が3回裏に乱れて2点を失うが、4回・7回・8回と1点ずつ追加し、2-6でリードを奪う。しかし、8回裏川村が無死満塁のピンチを作って降板すると後を受けた木塚・寺原も打ち込まれ、この回6失点。結局、8-6で大逆転負け。

理想的な展開が一転して最悪の試合に。8回裏に逆転されたことより、あの回あの状況で寺原をつぎ込んだことが痛い。あの状況で寺原以外に残っていたのは佐藤・吉見くらいなのでつぎ込む投手が厳しいのは理解できる。ただ、急造リリーフの寺原にはあの火がついた状況は荷が重過ぎる。寺原はせめて慣れるまでは9回走者なしに限定して起用すべきでは?この日のような無茶な登板でやられると、単なる一敗だけでなく、せっかく昨年から積み重ねてきた寺原の自信まで消し飛びかねない。この日のような無茶な起用をするなら先発に戻した方がいい。

打線は相変わらずヒットの割には点が少ないが、比較的繋がった。特に1番レフトに入った大西がタイムリーを放つなど活躍。右サイドスローの林からもヒットを打っており、左右問わず暫く固定してみたらどうだろうか。また、吉村がタイムリーとHR。勝っていれば試合展開上ポイントとなる場面で良い仕事をしたと言えたのですが残念。まだHR数に対して打点が少ない(7HRで12打点)ので、チャンスでしっかりと仕事してよ。

|

« 5/3 広島東洋カープ 4-3 横浜ベイスターズ (広島) | トップページ | 5/3 J1・大宮アルディージャ-FC東京戦を観戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1695/20768147

この記事へのトラックバック一覧です: 5/4 広島東洋カープ 8-6 横浜ベイスターズ (広島):

« 5/3 広島東洋カープ 4-3 横浜ベイスターズ (広島) | トップページ | 5/3 J1・大宮アルディージャ-FC東京戦を観戦 »