« 5/3 J1・大宮アルディージャ-FC東京戦を観戦 | トップページ | 5/5 東京六大学+ヤクルト-読売戦を観戦 »

2008年5月 6日 (火)

5/5 広島東洋カープ 5-6 横浜ベイスターズ (広島)

【横浜】辛くも逃げ切り連敗脱出(ニッカンスポーツ)

中継ぎ崩壊寸前で踏み止まる… 横浜、冷や冷やの勝利(サンケイスポーツ)

横浜打線が前日の悪夢を振り払う! 序盤の援護で連敗止める(サンケイスポーツ)

吉村8号もヒヤヒヤ勝利…横浜(報知)

横浜が逃げ切り連敗を4で止める(スポーツニッポン)

(追加)横浜大矢監督が1点差勝ちに安堵(ニッカンスポーツ)

(追加)横浜ヒヤヒヤ連敗脱出、大矢監督あわや逆転負けに「嫌な感じ」(サンケイスポーツ)

(追加)小山田好投4回0封 古巣広島から移籍初勝利…横浜(報知)

(追加)小山田 古巣相手に3年ぶり白星(スポーツニッポン)

5/5の広島-ベイスターズ戦は、前日と同様に終盤広島に追い上げられる展開となったが、なんとか踏み止まって逃げ切り。

ベイスターズは打線が初回から爆発し、内川の2点タイムリーと吉村の3点HRで5点を先制。更に3回にも1点を追加する。しかし、先発のウィリアムスは1回裏に2点を失い、2回で降板。2番手の小山田は好投するが、その後のリリーフ陣が再び捕まる。吉見が1死も取れず走者を二人出して降板すると木塚が傷口を広げて失点。横山も更に失点し、1点差まで迫られる。横山はなんとか1点差のまま8回まで切り抜け、最後は寺原が3人で抑えてなんとか逃げ切り。2番手で好投した小山田が移籍後初勝利。寺原が3セーブ目。

この試合も厳しい試合となりました。なんとか逃げ切りましたが、懸念されている投手陣の不安は払拭どころか、むしろ拡大しそうです。先発したウィリアムスは大量点を貰いながら、あっさりと降板。次回以降も先発させるのでしょうか?リリーフ陣は前日同様に終盤アップアップの状態。「大丈夫かいな?」と心配にもなります。

良かった点を探すと大西・内川・吉村がこの試合も良い仕事をしました。贅沢を言うと中盤から終盤に追加点が欲しかったが。投手陣では、小山田が4回無失点の好投。頭数が足りないので先発入りもありうるでしょうか?また、寺原が前日の悪夢を引きずらずきっちりと3人で抑えたのも安心しました。この日は連投となりましたが、リリーフとしての調整も慣れていないでしょうからあまり連投が続かないように配慮してあげてください。

6日は横浜スタジアムでヤクルト戦を観戦予定ですが、厳しい試合になりそうです。先発はウッドかな?

|

« 5/3 J1・大宮アルディージャ-FC東京戦を観戦 | トップページ | 5/5 東京六大学+ヤクルト-読売戦を観戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1695/20788148

この記事へのトラックバック一覧です: 5/5 広島東洋カープ 5-6 横浜ベイスターズ (広島):

« 5/3 J1・大宮アルディージャ-FC東京戦を観戦 | トップページ | 5/5 東京六大学+ヤクルト-読売戦を観戦 »