« 北京オリンピック野球日本代表の最終候補39名発表 | トップページ | 6/22 横浜ベイスターズ-埼玉西武ライオンズ(横浜)は雨天中止 »

2008年6月22日 (日)

6/21 横浜ベイスターズ 5×-4 埼玉西武ライオンズ(横浜) (観戦)

6/21に横浜スタジアムで行われたベイスターズ-西武戦を観戦。

横浜は朝から今にも雨が降り出しそうな曇り空でしたが、試合前はなんとか持っていました。しかし、試合開始に合わせたように雨が降り始め、特に序盤はかなり強い雨足の中でも観戦となりました。デーゲームだったら雨に降られることもなかったのですが、なぜかこの試合は時期的に早いにも関わらずナイターでした。この日は他球場も全てナイターでしたが、なにか理由があったのかな?

この日は天気も悪かったためお客さんは少なめ。内外野の自由席は西武側に空席が目立つもののベイスターズ側は結構頑張ってました。内野指定席は両方ともガラガラ。発表は14165人でしたが、そんなに入ってたかな?

デーゲームのときは内野席で写真を撮るのですが、ナイターは写真を撮るには暗いため、この試合は外野席で声を出して応援。劇的な試合となったため、少し喉が痛いです。

試合は、序盤は西武、終盤はベイスターズがHRを打ち合う展開となりました。まず、1回裏に金城が西武先発・帆足から先頭打者HRを放ち、ベイスターズが1点を先制する。しかし、ベイスターズ先発の那須野がピリッとせず、2回表中村、4回表G.G.佐藤、5回表ボカチカと3本のHRを浴びて1-4と逆転されて降板。

ベイスターズは2番手として先日中日から移籍し、この日一軍登録された石井裕也を送り込む。石井裕がきっちりと3人で抑えると、その後を受けた加藤、マットホワイトも無失点に抑える。すると、8回裏に村田が起死回生の3点HRを放ち同点。9回裏からは守護神の寺原を投入し、寺原が2回を完璧に抑える。最後は10回裏に村田が2打席連続のHRを放り込んで劇的なサヨナラ勝ち。

雨の中の観戦となりましたが、ベイスターズファンにとってはこれ以上ない劇的な試合となりました。こんな試合なら雨など苦にもなりません。負けが込んでいても、最下位でも、この試合のような面白い試合をたまにしてくれれば良いんです、うん。

サヨナラの場面は2死走者なし、村田の次の打順は寺原という状況で村田とまともには勝負してくれないと思っていただけにビックリ。「寺原の後は吉見か?不安、、、」なんて考えている矢先のサヨナラ劇でした。

同点HR、サヨナラHRの村田は文句なしの立役者ですが、那須野の後のリリーフ陣も良かったです。加藤は走者を出しましたが、それ以外の投手は完璧な投球で試合の流れを呼び込めたと思います。

【観戦した選手たちの感想】

那須野(横浜):先発して5回4失点。3本のHRを浴びて降板。ボール先行してストライクを取りにいって打たれる。ストライク先行で投手有利なカウントに持ち込む技術を身につけたい。

石井裕(横浜):2番手で1回無失点。移籍初登板で好投。打者二人目くらいからストレートの球速が出始めて、最後にブラゼルから見逃し三振を奪ったストレートは力がありました。地元出身ということもあり、コールされたときの歓声も大きかった。

マットホワイト(横浜):4番手で1回無失点。怪我から復帰して登板。上位打線3人をテンポ良く内野ゴロ3つで片付ける。7回、8回に苦労していたので、非常に心強い。

寺原(横浜):5番手で2回無失点。3三振を奪って圧巻の内容。ストレートも153キロまで出ていました。走者がいない場面限定ではあるが、これだけ安定した内容だと、リリーフで使うか先発で使うか悩む。昨年までのクルーンより安定してるかも。

内川(横浜):3番ファーストスタメンで3打数無安打2四球。一時期と比べて調子は落ちてそう。ただ、走者を溜めたい場面でしっかりと2つの四球を選んだの高評価。結果として村田の同点HRに繋がった。

村田(横浜):4番サードスタメンで5打数2安打2HR4打点。同点HRとサヨナラHRの文句なしの活躍。試合中、「今日は4番に2回(6回裏と8回裏)大きなチャンスを回して負けたのなら仕方ない」と自然に思えていた。頼れる4番になった証拠。

ビグビー(横浜):5番レフトスタメンで4打数無安打。ヒットは出なかったが、帆足の変化球に対して突っ込むことなくタイミングを合わせて、センター方向にはじき返しており、柔軟性を感じた。守備も無難だし、来年も見たい。

石井琢(横浜):7番ショートスタメンで3打数2安打1四球。ヒット2本だけでなく、9回裏先頭打者として粘って四球を選ぶあたりはさすが。守備も軽快に動いてました。今年のオフにベテランを切るとの話も聞きますが、攻守に石井琢を越える若手が現状いないので、切れないのではないでしょうか?

相川(横浜):8番キャッチャースタメンで4打数無安打。5回裏1死3塁で見逃し三振、9回裏無死1塁でバント失敗と良いところなし。投手のリードで大変だったのかもしれませんが、頑張ってください。

帆足(西武):先発して7回2/3を投げて4失点。序盤から低目の変化球を効果的に使って好投したが、8回裏の村田の打席は甘くなった。

G.G.佐藤(西武):5番ライトスタメンで4打数2安打1HR2打点。一時は勝ち越しとなる特大のHRを放つ。ボールが先行した場面で「いくらG.G.佐藤とはいえ打ち損じもあるから、ストライクを取れ~」と思った瞬間に打たれました。さすがです。

中村(西武):6番サードスタメンで4打数1安打1HR1打点。同点HRを放つが、それ以外の打席は凡退。今年の西武打線の特徴なのでしょうが、ブラゼル、ボカチカなど一発もあるが脆い部分もある打者が並び、怖いような怖くないような、、、

【写真】

080621010904

石井琢プロデュースの栃木県佐野市名物いもフライ(一串150円)

080621020905

守備練習前に外野席のファンとキャッチボールする吉村

080621030906

レフト側外野席、パリーグを快走する西武ですが少々寂しい

080621040907

内野指定席は一塁側三塁側ともにガラガラ、もったいない

080621050917

村田のサヨナラHRに沸くライト側外野席、ここはお客さんの入りも上々

080621060923

村田のヒーローインタビューが映るバックスクリーン

080621070933

第2ヒーローインタビューは好投した寺原とマットホワイト

【関連ニュース】

【横浜】金城が先頭打者アーチ(ニッカンスポーツ)

【横浜】村田同点3ラン&サヨナラソロ(ニッカンスポーツ)

ハマの大砲・村田が炎の同点弾&サヨナラ弾(サンケイスポーツ)

村田17号同点3ラン、18号サヨナラ弾…横浜(報知)

男・村田連発!同点3ラン!サヨナラ弾!(スポーツニッポン)

ライバルの前 村田最高の五輪アピール(スポーツニッポン)

横浜が中日から移籍の石井を出場選手登録(ニッカンスポーツ)

石井裕が横浜デビュー(報知)

石井裕 古巣・中日戦先発へ意欲満々(スポーツニッポン)

“ハマのサイレントK”満点デビュー(スポーツニッポン)

(追加)横浜村田同点&サヨナラの2発(ニッカンスポーツ)

(追加)横浜・村田、八回同点弾&十回サヨナラ弾(サンケイスポーツ)

(追加)五輪候補選出カ~ン激打!村田同点17号&サヨナラ18号…横浜(報知)

(追加)五輪候補 村田ドンパチ!1人で決めた(スポーツニッポン)

|

« 北京オリンピック野球日本代表の最終候補39名発表 | トップページ | 6/22 横浜ベイスターズ-埼玉西武ライオンズ(横浜)は雨天中止 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1695/21797460

この記事へのトラックバック一覧です: 6/21 横浜ベイスターズ 5×-4 埼玉西武ライオンズ(横浜) (観戦):

« 北京オリンピック野球日本代表の最終候補39名発表 | トップページ | 6/22 横浜ベイスターズ-埼玉西武ライオンズ(横浜)は雨天中止 »