« グリムスが成長 | トップページ | 7/25 広島東洋カープ 3-4 横浜ベイスターズ (広島) »

2008年7月24日 (木)

7/23 東京ヤクルトスワローズ 4-6 横浜ベイスターズ (神宮)

【横浜】22日危険球退場小林2日連続先発(ニッカンスポーツ)

【横浜】村田がリーグ単独トップの28号(ニッカンスポーツ)

【横浜】吉村が逆転の21号3ラン(ニッカンスポーツ)

ハマの大砲・村田が28号! 単独トップだ!(サンケイスポーツ)

横浜・吉村が逆転3ラン! 最近4試合4発(サンケイスポーツ)

村田、単独トップの28号…横浜(報知)

吉村が逆転3ラン!村田単独トップの28号(スポーツニッポン)

(追加)横浜村田が巨人ラミレス抜き単独キング(ニッカンスポーツ)

(追加)ラミ抜いた!村田28号単独キング…横浜(報知)

(追加)吉村 村田先輩の穴を埋めます弾(スポーツニッポン)

7/23のヤクルト-ベイスターズ戦は、東福岡コンビのアベックHRで逆転勝利。(試合結果)

ベイスターズは前日10球で危険球退場となった小林が二日連続の先発。しかし、初回から打ち込まれて1回裏、2回裏に2点ずつ失い、2回4失点で降板する。一方、ベイスターズ打線は2回表に村田の単独トップとなるHRとジェイジェイのタイムリーで2点、4回表に相川のHRで1点を返して1点差まで迫ると、5回表には吉村が3点HRを放って逆転。小林の後を受けたリリーフ陣は3回以降ヤクルト打線を散発の2安打に抑えて、4-6で勝利。2番手の横山が2勝目、寺原が14セーブ目。

小林は二日連続で大変でしたね。この2試合のことは忘れて、また次の登板で頑張ってください。二日連続の先発は94年同じくベイスターズの加藤将斗以来ということですが、懐かしい名前が出てきましたね。あの頃も投手陣は苦しかった記憶が。。。

打撃陣では吉村の調子が急上昇。良いタイミングで調子が上がってきたので、村田がいない間は期待料込みで4番吉村で行ってもらいましょうか。本当は開幕から村田と二人でガンガン打ってもらうはずだったんだけどね。

球宴本塁打競争にラミ、村田、G佐藤ら(ニッカンスポーツ)

お遊びですが、投票で選ばれたということで名誉なことですね。

横浜・大矢監督に厳重注意処分(サンケイスポーツ)

監督にまだ抗議する元気があって良かったです。

|

« グリムスが成長 | トップページ | 7/25 広島東洋カープ 3-4 横浜ベイスターズ (広島) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1695/22504643

この記事へのトラックバック一覧です: 7/23 東京ヤクルトスワローズ 4-6 横浜ベイスターズ (神宮):

« グリムスが成長 | トップページ | 7/25 広島東洋カープ 3-4 横浜ベイスターズ (広島) »