« 7/16 横浜ベイスターズ 4-0 広島東洋カープ (横浜) | トップページ | 野茂英雄、現役引退を決意 »

2008年7月18日 (金)

7/17 横浜ベイスターズ 9-8 広島東洋カープ (横浜)

【横浜】内川が先制犠飛「最低限の仕事」(ニッカンスポーツ)

【横浜】吉村が同点適時打(ニッカンスポーツ)

横浜乱戦制す! ベテラン仁志150号弾(サンケイスポーツ)

ハマの4番村田が3戦連発25号2ラン!(サンケイスポーツ)

村田3戦連発の25号…横浜(報知)

ハマの仁志が通算150号(スポーツニッポン)

仁志3ラン!村田3戦連発!横浜打ち勝つ(スポーツニッポン)

(追加)横浜・村田が3戦連発25号、打率も3割超(サンケイスポーツ)

(追加)「日本の村田」を五輪でアピールだ(スポーツニッポン)

7/17のベイスターズ-広島戦は、両チーム合わせて6本のHRが乱れ飛ぶ乱戦をベイスターズが制した。(試合結果)

ベイスターズは、1回裏に内川の犠飛、2回裏に吉村のHRで2点を先制する。しかし、4回表に先発の桑原謙が2死走者なしから栗原の2点HRなどで4点を取られて逆転される。5回裏に吉村の2点タイムリーで同点に追いつくと6回裏には仁志の150号となるHRと村田の3試合連続HRで一挙5点を勝ち越す。7回表に吉原が3点、9回表に寺原が1点を失うが、なんとか9-8で逃げ切り。2番手の小山田が3勝目。寺原が12セーブ目。

乱戦となりましたが、打線がよく頑張りました。普段からこの日のように走者を置いた場面での効果的なヒットやHRが出るとこんな勝敗にはなってないのに、、、村田はいつの間にか打率も3割に乗せてきましたし、オリンピックを前に調子を上げてきましたね。オリンピックでも堂々と暴れてきてください。村田不在の間は吉村に頑張ってもらおうか。あと仁志選手、150号HRおめでとうございます。

一方、投手陣は苦しみました。先発の桑原謙(前日の予想は読み違い)は、4回2死までは良かっただけにもったいないなー。ここまで好調だった吉原もこの試合は打たれましたが、疲れも溜まるし、相手も研究してくるだろうし、これからが正念場。なんとか壁を乗り越えて、もう一段ステップアップしてください。当たり前のように寺原を2イニング投げさせてるけど、9連戦の真ん中で雨も降らなさそうなのに大丈夫か?

18日こそ那須野でしょう。前回やられた読売戦なので、リベンジをお願いします。

|

« 7/16 横浜ベイスターズ 4-0 広島東洋カープ (横浜) | トップページ | 野茂英雄、現役引退を決意 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1695/22366626

この記事へのトラックバック一覧です: 7/17 横浜ベイスターズ 9-8 広島東洋カープ (横浜):

« 7/16 横浜ベイスターズ 4-0 広島東洋カープ (横浜) | トップページ | 野茂英雄、現役引退を決意 »