« 北京オリンピック・野球代表、カナダに辛勝 | トップページ | 北京オリンピック・野球代表、準決勝進出が決定 »

2008年8月20日 (水)

8/19 横浜ベイスターズ 2-4 中日ドラゴンズ (平塚)

【横浜】藤田が驚きのプロ1号(ニッカンスポーツ)

【横浜】3死球生かせず3連勝でストップ(ニッカンスポーツ)

横浜、今季初の4連勝ならず 大矢監督…残念(サンケイスポーツ)

あと1本が…横浜 初の4連勝ならず(スポーツニッポン)

(追加)惜敗に1イニング3死球…横浜(報知)

(追加)3死球で自滅…横浜今季初4連勝ならず(スポーツニッポン)

8/19のベイスターズ-中日戦は、ベイスターズ打線が決め手を欠き、敗戦(試合結果)

ベイスターズは1点を追う3回裏に藤田がプロ入り初となるHRで同点に追いつく。しかし、ベイスターズ先発のウッドが5回表に2点を勝ち越される。両チーム1点ずつ追加した8回裏にはベイスターズが3つの死球で2死満塁のチャンスを貰うが、金城が凡退。結局、2-4で敗戦。

1イニング3死球はちょっといただけない。幸い死球をくらった面子はその後も試合に出ていたようなので大丈夫だったんでしょうが、おっかないですね。

打線では藤田がプロ入り初HR(おめでとう!)を含む3安打猛打賞と気を吐きました。前カードの阪神線でもライト線に強烈な二塁打を打ってましたし、打球が力強くなってきました。年齢が下の石川には負けてられないといったところでしょうか。

|

« 北京オリンピック・野球代表、カナダに辛勝 | トップページ | 北京オリンピック・野球代表、準決勝進出が決定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1695/23097529

この記事へのトラックバック一覧です: 8/19 横浜ベイスターズ 2-4 中日ドラゴンズ (平塚):

« 北京オリンピック・野球代表、カナダに辛勝 | トップページ | 北京オリンピック・野球代表、準決勝進出が決定 »