« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月31日 (日)

8/31 横浜ベイスターズ 4-17 東京ヤクルトスワローズ (横浜)

【横浜】村田が2試合連続の32号(ニッカンスポーツ)

横浜17失点の大敗、7年連続負け越し決定(サンケイスポーツ)

横浜借金34、7年連続負け越し決定(報知)

見放されてしまう…横浜7年連続負け越し(スポーツニッポン)

(追加)横浜7季連続負け越し決定 借金「34」(サンケイスポーツ)

(追加)横浜ワースト17失点 7年連続負け越し決定(スポーツニッポン)

8/31のベイスターズ-ヤクルト戦は、投手陣が22安打17失点の火達磨となり惨敗。(試合結果)

ベイスターズ先発の桑原謙は、畠山に3点HRを打たれる(またも!)など4回を4失点。さらに2番手の高宮が6失点で1回も持たず。その後も失点を重ねて22安打17失点。野手陣はソロHR4発で4点を返すが、4-17で惨敗。

監督が「こんな情けない試合はもうしたくない」なんてコメントを残してますが、同じようなコメントをオールスター直後の試合でも聞いた気がする。そのときは阪神戦で19失点だったね。前日に続いて青木、畠山に好きなように打たれているような学習能力ではあと何試合か同じような試合が見ることになりそうだね。連日の雨の中、球場で応援したベイスターズファンの皆様、本当に本当にお疲れ様でした。

石川はプロ入り初HRおめでとうございます。

横浜・工藤、2軍戦で3回無失点(サンケイスポーツ)

工藤、2軍戦で3回無失点…横浜(報知)

工藤 31日イースタン西武戦先発へ(スポーツニッポン)

横浜・工藤、2軍戦で3回無失点(スポーツニッポン)

(追加)横浜・工藤、2軍戦先発…3回無失点(サンケイスポーツ)

(追加)工藤が復活へ第一歩…イースタン・リーグ(報知)

(追加)工藤 2軍で1カ月ぶりの実戦登板(スポーツニッポン)

工藤はまだ気力は衰えていないようです。ここまで来たらトコトン現役にこだわって欲しい。1億円は出せんけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8/30 横浜ベイスターズ 8-9 東京ヤクルトスワローズ (横浜) (観戦)

8/30に横浜スタジアムで行われたベイスターズ-ヤクルト戦を観戦。

関東地方は前日から不安定な天候で、この日も試合ができるのか心配しながら球場入り。試合前は降ったり止んだりと相変わらず不安定だったが、試合開始の時間には雨は止み、試合が始まる。しかし、この不安定な天候と荒れた試合展開でとっても疲れることになりました。7/5以来久々のベイスターズ戦だったのになー。

両先発投手は、ベイスターズが小林、ヤクルトが由規のルーキー対決となる。1回表にヤクルトが小林からいきなり3点を先制するとその裏ベイスターズも村田のHRで2点を返す。さらにベイスターズは2回裏に金城のタイムリー、石川の犠牲フライ、仁志と内川のタイムリーで4点を取って由規をKO。これでベイスターズペースと思いきや、小林が立ち直れずに3回表に2点を失って降板。

3回表が終了した直後に突如雨が強くなって1回目の中断。ここでは雨がいったん弱まったため試合再開。すると3回裏に相川に2点HRが飛び出し、再びベイスターズが突き放す。しかし、リリーフ陣がピリッとせず、4回表から登板した3番手の真田が2点を取られて再び1点差。さらに5回表から登板した横山が福川に逆転の2点HRを浴びる。

5回裏にはベイスターズも1死2塁3塁のチャンスを作るが金城・相川が凡退して追いつけない。ここで試合の流れが止まり両チーム無得点のまま試合が進むと、再び雨が強まり、7回表終了後に2度目の中断。一度は雨が弱まって再開の準備を始めたが、雨足が強まり、7回表終了時点で降雨コールド。結局、8-9でヤクルトが勝利。

雨の中ずぶ濡れになって応援しましたが、結果は骨折り損のくたびれ儲けでした。がっかり。打線は頑張ったんですが、投手陣がどんどんリードを吐き出すからどうにもならなかった。青木は仕方ないにしても相変わらず畠山に面白いように打たれるは、(福川に失礼ですが).182の打者に逆転HRを打たれるはと散々です。打線ももう一頑張りして5回裏に追いついておきたかった。収穫は由規にプロの洗礼を浴びせることができたことくらいでしょうか。当て馬にされたが、やり返せてよかった。由規の感想は後述。

この日は2度の雨による中断がありましたが、あっという間に雨足が強まってびっくりしました。特に1回目は雨が落ちてきたなと思って5分も立たずに土砂降りになり、選手が引き上げていきました。今年の夏の天候は本当に変ですね。

中断中の出来事を二つほど。1回目の中断中にライト後方でなんと花火が上がりました(ライトスタンドにいたので直接は見れずバックスクリーンに映し出されたのを見た)。横須賀で花火大会があったようなのでそれかな?わざわざ雨の強いときで、花火大会に行った人も災難でしたね。また、2回目の中断中には大差でリードされているときに流れるらしい新しいやけくそチャンステーマを聞きましたが、なかなかリズムが良く気に入りました。大差リードではなく、もっといい場面で流して欲しい。

天候が悪かったせいもありますが、お客さんも少なく寂しさを感じました。もう秋です。

【観戦した選手たちの感想】

・小林(横浜):先発して2回1/3を投げて5失点。アクシデント明けで久々の先発が響いたのか早々とKO。立ち上がりからストレートの球速は出ていたので、「調子いいかな?」と思ったのですが。。。

・横山(横浜):4番手で2回を投げて2失点。福川に決勝の2点HRを浴びる。下位打線に四球・犠打・HRはいただけない。2イニング目は上位打線相手に良い投球をしていただけに余計に腹立つ。

・石川(横浜):1番ショートで先発して3打数1安打1打点。第1打席は3塁線を破る2塁打に第2打席はライトへライナーの犠牲フライ。どちらも鋭い打球で、だんだんと打球に力強さが見られるようになってきました。また、第3打席はセーフティーバントを見せて間一髪アウトになるなど頑張っています。守備も無難にこなしていました。着実に伸びており、今後が楽しみ。

・内川(横浜):3番ファーストで先発して3打数1安打1打点。守備で投手に結構声をかけていました。これまでは石井琢や仁志の役割でしたが、そろそろ内野のリーダーも交代の時期かもしれません。

・村田(横浜):4番サードで先発して3打数2安打1HR2打点。オリンピック後初となるHR。オリンピックはなんだったのというくらい貫禄がありました。

・佐伯(横浜):6番レフトで先発して2打数1安打。5回裏無死1塁2塁の場面で難しい犠牲バントをあっさりと決めたのが意外だった。結構器用ですね。守備では本塁がきわどい場面で、中継に返す場面があった。外野守備は厳しいか?

・由規(ヤクルト):先発して1回2/3を投げて6失点。この試合の最大の注目でしたが、結果としてプロの洗礼を浴びることになった。ストレートは球速こそ出るもののあまり空振りが取れない。そのためスライダーで勝負するが、この試合はスライダーが甘いところに入って痛打されてしまった。個人的な感想では、ストレートの球質は高校時代から変わっていないので、ストライクが取れる変化球がもう一つ二つ磨きたいと思った。ただ、この試合は初登板、悪天候など割り引いてあげるところも多いので次回に期待しましょう。

・青木(ヤクルト):3番センターで先発して4打数3安打1打点。さすがのバッティングとうなるばかり。

・畠山(ヤクルト):4番ファーストで先発して4打数3安打3打点。また右に左に好き放題打たれる。4番打者とはいっても打率.290、HR7本の打者なんだから、もっと研究して対策を練って欲しい。

【写真】

080830011386

ヤクルト側(一塁、レフト)スタンド、寂しすぎる、近いんだからもっと入ってくれー。

080830021398

オリンピック初HRを放って悠然とダイヤモンドを一周する村田

080830031400

注目のヤクルト先発・由規

080830041000040

1回目の中断中のスタンド

080830051000053

2度目の中断中のグラウンド

【関連ニュース】

横浜が高宮を登録、ウィリアムスは抹消(ニッカンスポーツ)

【横浜】村田が由規から31号2ラン(ニッカンスポーツ)

【横浜】先発小林5失点降雨コールド負け(ニッカンスポーツ)

横浜・村田、由規から会心の31号(サンケイスポーツ)

(追加)村田「キモティー」弾 復帰後初!ラミに3差…横浜(報知)

(追加)村田、五輪帰り初アーチも降雨コールド負け(スポーツニッポン)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月30日 (土)

8/29 横浜ベイスターズ 4-2 東京ヤクルトスワローズ (横浜)

【横浜】佐伯が名誉挽回の同点打(ニッカンスポーツ)

【横浜】継投も決まった連敗4で止める(ニッカンスポーツ)

横浜・内川が7打席連続安打…打率・375(サンケイスポーツ)

仁志が勝ち越し打…横浜(報知)

内川7打席連続安打!打率も首位独走(報知)

(追加)横浜内川7打数連続打、勝率超え打率.375(ニッカンスポーツ)

(追加)内川7打席連続安打 首位打者独走…横浜(報知)

(追加)・375!首位打者へ内川改め「打つ川」だ(スポーツニッポン)

8/29のベイスターズ-ヤクルト戦は、ベイスターズリリーフ陣の好投で逃げ切り勝利。(試合結果)

ベイスターズは1回表に1点を先制されるが、直後の1回裏に内川のタイムリーで追いつく。2回表にヤクルトに再び1点を勝ち越されるが、3回裏に佐伯のタイムリーで追いつく。6回裏には仁志のタイムリーで勝ち越し、7回裏にも1点を追加する。ベイスターズ投手陣は先発のウッドの後を受けたリリーフ陣が好投し、4-2で勝利。横山が3勝目、寺原が17セーブ目。

両チームとも塁上を賑わせたわりには得点が入りませんでした。ベイスターズは1回裏に1点をとった後の1死満塁で無得点、3回裏の無死満塁でも1点のみとあと一本が出ない。10安打6四死球ならもっと点を取らないとね。同じことはヤクルトさんにも言えますが。投手陣は継投も決まり、みんながんばりました。ウッドが相変わらず6回を投げきれないのがちょっと残念。このままだと来季の契約は微妙かな。

内川はこの試合も3安打。すごい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月29日 (金)

8/28 読売ジャイアンツ 7-1 横浜ベイスターズ (東京ドーム)

【横浜】ウィリアムス3連発浴び降板(ニッカンスポーツ)

【横浜】4連敗で今季最多の借金「33」(ニッカンスポーツ)

横浜、ウィリアムスは戦力外へ…メガ速70敗(サンケイスポーツ)

ウィリアムスは戦力外へ…横浜(報知)

横浜70敗目…ウィリアムスは戦力外へ(スポーツニッポン)

(追加)ウィリアムス初回KO解雇へ…借金33に(スポーツニッポン)

8/28の読売-ベイスターズ戦は、ベイスターズ先発のウィリアムスが初回に三者連続のHRを打たれて敗戦。(試合結果)

ベイスターズは1回表に内川のタイムリーで1点を先制するが、その直後に先発のウィリアムスが三者連続HRを浴びて4点を失い、あっさりとKO。その後は打線の反撃もなく、7-1で敗戦。

ウィリアムスは戦力外となるようです。日本贔屓だったようですが、この内容では仕方ない。もっと早く若手に切り替えても良かったくらい。この試合もあまり内容がありませんでしたが、内川が4安打も打ったからいいか。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月28日 (木)

8/27 読売ジャイアンツ 3-2 横浜ベイスターズ (東京ドーム)

【横浜】吉村先制2ランでエースを援護(ニッカンスポーツ)

【横浜】逆転負け3連敗で借金最多タイ32(ニッカンスポーツ)

横浜、今季東京ドーム7戦全敗…三浦でもダメ(サンケイスポーツ)

横浜 三浦でも止められず東京D7戦全敗(スポーツニッポン)

(追加)三浦好投も…横浜、3連敗でドーム7戦全敗(スポーツニッポン)

8/27の読売-ベイスターズ戦は、吉村のHRの後に追加点がなく逆転負け。(試合結果)

ベイスターズは2回表に吉村の2点HRで先制する。しかし、その後の追加点がなく、先発の三浦が4回裏、6回裏に1点ずつとられて同点に追いつかれる。三浦が降板した8回裏に小山田が勝ち越し点を許し、3-2で敗戦。

村田が復帰してからあまり点が入りません。村田自身もヒットや四球で出塁しているし、前後の内川、吉村もそこそこ打っているのに不思議なもんだ。最近、寺原を見ていないなと思ったら8/12から登板なし。宝の持ち腐れだね。

横浜が下窪を出場選手登録、小関を抹消(ニッカンスポーツ)

先日ご報告したとおり、下窪はファームで良い感じで打っていたので納得。良いタイミングで上げたのだから、調子が少し落ちている大西の代わりに使ってあげよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月27日 (水)

野球オリンピック代表、ボロボロ

川崎骨折だった…北京五輪強行出場の代償(ニッカンスポーツ)

五輪代表・新井、腰椎を疲労骨折!今季絶望か…阪神(報知)

これはひどい。。。

各球団にとって選手たちは大切な財産だから、こんなことになると次回は出し渋るところも出てくるんじゃない?

(2008/8/29 追加)

骨折真相!阪神・新井「星野さん悪くない」(サンケイスポーツ)

新井の骨折はオリンピック前からと主張しています。オリンピック前だとしても選んだ責任があると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

8/26 読売ジャイアンツ 7-3 横浜ベイスターズ (東京ドーム)

【横浜】吉見「申し訳ない」1回6失点(ニッカンスポーツ)

【横浜】村田が五輪後の初打点(ニッカンスポーツ)

【横浜】巨人戦負け越し決定(ニッカンスポーツ)

ベイ横浜メガバンク…対G戦4勝12敗1分け(サンケイスポーツ)

吉見が……横浜は1回で終わった(スポーツニッポン)

(追加)村田五輪後初打点も「勝たないと意味ない」…横浜(報知)

(追加)巨人に負け越しが決定…横浜(報知)

(追加)吉見初回6失点KO…対巨人負け越し決定(スポーツニッポン)

8/26の読売-ベイスターズ戦は、ベイスターズ先発・吉見の乱調で1回で勝負あり。(試合結果)

ベイスターズ先発の吉見はいきなり1回裏に阿部の3点HRなどで6失点。ベイスターズ打線も村田の復帰後初打点となるタイムリーなどで3点を返すが、初回の失点が重すぎて7-3で敗戦。

吉見はせっかく前回の阪神戦で好投したのにもったいない。こんなことをやってるとまた先発のチャンスがなくなるよ。村田は自身にタイムリーが出たのは良かったが、オリンピック終盤から負け続けてるので、つらいだろうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月26日 (火)

写真展「PENTAX K20Dの世界」

ペンタックス、写真展「K20Dの世界」でイベント(デジカメWatch)

K20D、K200Dはあまり売れていないみたいですね。。。

以前、横浜ビックカメラ・ビックパソコン館のデジタル一眼レフカメラコーナーでペンタックスのコーナーがなくなってガラスケースに入れられていると報告しましたが、先日再び見に行ったところガラスケースの外に復活してました。ハイエンドコンパクトデジカメと一緒に展示されていましたが、触れるようになっただけでも大分マシになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WBCも星野監督?

星野監督が帰国…WBC監督要請に前向き(サンケイスポーツ)

まだ、やる気なんだー。

かっこつけでプライド高いから負けたままじゃ気が済まないんだろうね。

日本野球のためというより、自分のためのように見えるけどね。

星野の他には野村という声もあるようです。野村も面白いけど、勝ちに徹するなら落合がいいと思う。

(2008/8/31 追加)

落合監督「私はやりません」WBC断った(ニッカンスポーツ)

中日社長「WBC星野監督」を拒絶!!(スポーツニッポン)

WBCの監督で水面下が騒がしくなってきたようです。落合は断ったのかー。勝ちに徹して非情になれる監督なので、向いていると思うのですが。野村は要請したら喜んでやるだろうな。また、バレンタインも面白いかもしれない。

(2008/9/9 追加)

星野監督、WBC監督は引き受けない方向(ニッカンスポーツ)

結局、WBC監督はやらないみたい。「日本野球のために」という想いはあまり感じられなかったなー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

8/25 横浜ベイスターズ 2-3 広島東洋カープ (横浜)

横浜が五輪出場の村田を出場選手登録(ニッカンスポーツ)

【横浜】村田が合流、みっちり打ち込み(ニッカンスポーツ)

帰国の五輪代表、荒木と村田が先発出場(サンケイスポーツ)

横浜・村田、復帰戦で2安打も勝利ならず(サンケイスポーツ)

五輪代表組は荒木と村田が先発出場…稲葉は代打出場(報知)

内川“心強い村田さんが帰って来る”(スポーツニッポン)

五輪組打った!荒木4打点!村田2安打!(スポーツニッポン)

(追加)横浜村田4番で復帰初戦いきなり2安打(ニッカンスポーツ)

(追加)村田復帰即ヒット!WBCで雪辱へ4番意地見せた…横浜(報知)

(追加)魂のフル出場!“横浜の”村田マルチ安打(スポーツニッポン)

8/25のベイスターズ-広島戦は、10安打を放ちながら2点しかとれず逆転負け。(試合結果)

ベイスターズは1点リードされた3回裏内川のタイムリーで同点に追いつく。6回裏には相川の犠牲フライで1点を勝ち越す。しかし、7回表に好投していた先発の桑原謙が同点に追いつかれると、リリーフした牛田が2死満塁から押し出しで勝ち越される。結局、2-3で敗戦。

10安打を放ちながら2点どまりとは如何にもベイスターズらしい。見事なまでに1番石川3番内川がヒットを打ったときは4番村田が凡退し、二人が打てないときは村田がヒットを打つ。村田が復帰して打線が繋がらなくなったような気が、、、いや気のせいだろう。

セが追加日程発表(報知)

セ・リーグが追加日程発表(スポーツニッポン)

前日中止になった広島戦が10/6に組み込まれました。この辺が今季のシーズン最終戦になるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月24日 (日)

8/24 横浜ベイスターズ-広島東洋カープ(横浜)は雨天中止

8/24に予定されていたベイスターズ-広島戦は雨天中止。

横浜・工藤、左ひじ順調!今月末2軍登板へ(サンケイスポーツ)

工藤、8月末2軍戦で先発へ…横浜(報知)

工藤 今季中の復帰へ2軍で先発へ(スポーツニッポン)

工藤も今季中に投げられる目途をつけておかないと、場合によっては引退ということもありえるので、慎重に復帰時期を見極めないと。無理は禁物。

前田健えぐる!天敵・吉村退治だ…広島(報知)

吉村も目の敵にされるなんて大分貫禄がついてきたのかな。前田が先発するようなら対決に注目しましょう。

横浜・村田25日広島戦で復帰…大矢監督「彼は柱」(報知)

不振で最後は出場も少なかったので、体力的には大丈夫でしょう。北京では仕事をできませんでしたが、WBCでも日本代表に選ばれるように頑張ってくれ。

横浜が出費覚悟 来季外国人補強は柱を!(スポーツニッポン)

この間はFA選手の獲得なんて言ってましたが、結局口だけなんだよね。たまに奮発してもコックスみたいなことになるし。コックスは怪我しているのを無理に使って可哀想なことをした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月23日 (土)

8/23 イースタンリーグ・東京ヤクルトスワローズ-湘南シーレックス(戸田)を観戦

戸田球場で行われたイースタンリーグ・ヤクルト-湘南戦を観戦。

ヤクルトのファームが本拠地としている戸田球場は最寄り駅のJR武蔵浦和駅からバスで20分程度のところにあります。少し遠いので、これまであまり行く機会がなく、今回で2回目の観戦となります。戸田球場はバックスクリーン裏に数10席くらいの観客席があり、入場は無料。また、三塁側が土手になっていて土手の上から観戦するお客さんもいます。この日は小雨が降っており、8月とは思えないほど気温が低く、お客さんは「寒い、寒い」というなかでの観戦となりました。

試合は、湘南が三橋、ヤクルトは山本が先発。三橋は4回裏に内野ゴロの間に1点を失い、先制される。湘南は直後の5回表に下窪のタイムリーで同点とする。7回表には湘南が新沼のHRで1点を勝ち越すが、その裏に北川のエラーで同点とされる。8回表には湘南が内藤の2点HRで再び勝ち越すが、またもその裏に武内に2点HRを浴びて同点とされる。その後、両チームとも得点できず4-4で延長11回引き分けで試合終了。

打者では4安打の下窪とHRの内藤、投手では先発の三橋が良かった。また、ヤクルトでは、高卒ルーキーで先発した山本がなかなかちからのあるストレートを投げていました。寒かったですが、なかなか面白い試合でした。

【観戦した選手たちの感想】

・三橋(湘南):先発して7回を2失点。テンポの良い投球で危なげない内容。走者を出しても注文どおりの併殺で切り抜ける。この日の内容なら一軍でも戦力になると思います。

・岡本(湘南):2番手で1回を2失点。武内に同点HRを浴びる。サイドスローから投げる外角のストレートはいいコースに決まっていたが、それ以外にもうひとつ武器があると組み立てが楽になるのだが。。。

・下窪(湘南):1番ライト先発で5打数4安打1打点。ライト・センター・レフトにきっちりと打ち分ける好内容。打撃は一軍で十分通用すると思うが、今期はなかなかチャンスを貰えず可哀想。一時期、一軍の右の代打一番手が野中という時期もあったのになぜ?

・内藤(湘南):4番センター先発で5打数1安打1HR2打点。第4打席に勝ち越しの2点HRを左中間に放り込む。他にも内容の良い打席があり、観戦のたびに打撃が成長しているように見えます。大卒3年目なのでちょっと成長はゆっくりですが、来年は楽しみです。

・山本(ヤクルト):先発して5回を1失点。高卒ルーキーですが、ストレートになかなか力がありました。フォームはどっしりとした感じで、ヤクルトでは押本のような感じ。4回くらいから球が浮き出したのでスタミナ面はこれからかもしれないが、将来が楽しみ。

・野口(ヤクルト):1番セカンド先発で1打数0安打。第2打席に頭部へのデッドボールでタンカで退場。大丈夫でしょうか?その瞬間は目を離していたが、周りのお客さんの話では、頭部より低い投球だったが、避けるときにしゃがんでしまって頭部に当たったとのこと。

・武内(ヤクルト):3番ファースト先発で4打数3安打2打点。第4打席で同点のHRを打つなど別格の雰囲気。

【写真】

080823011355

戸田球場:土手の上から

080823021364

試合前に万永コーチとマンツーマンで守備練習をする梶谷

080823031367

好投した湘南・先発の三橋

【関連ニューズ】

河野祥一郎「今週のイチ押し!」 打撃センス抜群、湘南内藤に注目(ニッカンスポーツ)

由規だけじゃない!ヤクルトのルーキー山本(サンケイスポーツ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北京オリンピック・野球日本代表、3位決定戦も敗れてメダルを逃す

星野ジャパン、メダルならず…プロ軍団初屈辱(サンケイスポーツ)

(追加)星野日本4位…審判に戸惑ったまま/野球(ニッカンスポーツ)

(追加)全員プロ代表が初の屈辱!星野JAPAN“最後”の五輪でメダルならず(報知)

(追加)星野ジャパンメダルなし むなしい惨敗4位(スポーツニッポン)

野球日本代表は3位決定戦でアメリカ代表と対戦し、4-8で敗れてメダルを逃す。

日本代表は。荒木(中日)と青木(ヤクルト)のHRで4-1とリードする。しかし、先発の和田(ソフトバンク)が3点HRで同点に追いつかれると、川上(中日)も4点を失い、4-8で敗戦。(試合結果)

言いたいことは昨日のエントリーに書きました。あとはこの惨敗を野球界全体として真摯に受け止めて、単に日本代表に留まらずプロアマの問題など野球界全体をもう一度見直してくれることを期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北京オリンピック・野球日本代表、韓国に敗れて3位決定戦に

星野ジャパン、逆転負けで悲願の金メダル逃す(サンケイスポーツ)

(追加)星野ジャパン最後の五輪で金消滅/野球(ニッカンスポーツ)

(追加)星野ジャパン、韓国に逆転負け金獲得ならず(サンケイスポーツ)

(追加)日本「金」消滅!星野監督「俺の責任」…野球(報知)

(追加)星野ジャパン金消滅…米と銅懸け対戦!(スポーツニッポン)

野球日本代表は準決勝で韓国代表と対戦したが、終盤にストッパー陣が打たれて逆転負け。

日本は青木のタイムリーなどで2点を先制する。韓国も1点を返して2-1の日本リードで迎終盤を迎える。ここで日本は勝ちパターンのストッパー陣を投入するが、7回裏に藤川が1点を失い同点とされると、8回裏には岩瀬が4点を勝ち越される。日本は反撃もできずそのまま2-6で破れ、決勝進出を逃した。(試合結果)

一番悔しくてがっかりしているのは現場の選手や首脳陣だろうが、敢えて「がっかりした」と言いたい。結局、今大会は最初から最後まで日本代表のモヤモヤが晴れないままでした。

今回の日本代表を見ていて以下のように感じました。

(1)コンディションが悪い選手が多かった
シーズンを戦いながらの参加のため、どの選手もどこかしら痛いところはあるでしょう。それを考慮しても今回参加した選手のコンディションは悪すぎた。選手の選出の時点でもっとコンディションを考慮できなかったのか?1次選抜の時点で中田(日本ハム)や由規(ヤクルト)などを入れてパフォーマンスに走っている時点で真剣に選んでいるのか疑わしかった。(選ばれた若い選手たちには罪はありませんよ。)

(2)国際試合への準備不足
これもシーズン中なので難しいが、国際試合への準備が不足していたのではないか?大苦戦したカナダ戦で決勝HRを打った稲葉が「日本にいないタイプの投手で苦労した」みたいなコメントをしていて耳を疑った。相手の投手はたしかシングルAの投手だったはず。強化試合のときは胸に納めていたが、いつも対戦している相手(パリーグ選抜、セリーグ選抜)とだけしか試合をしなかったのは大いに疑問。本選に出ないオーストラリア代表でもイタリア代表でも良いし、北京に近いので出場国のどこかでも日本に寄ってもらって試合を組んでも良かったのでは?強化試合を1、2試合したところでそれほど効果はないかもしれないが、そんなことすらしないのは準備不足と言われても仕方ないのでは?

(3)チームとしての一体感がない
そして、一番歯がゆかったのは、チームとしての一体感が感じられなかったこと。選手も首脳陣もそれぞれ「絶対、金メダル」という強い使命感を持って臨んだと思うが、それをチーム全体として感じることができなかった。打てないからそう見えるのかもしれないが、打順が回ってきて一人で打席で苦しんでいるように見え、チーム全体でなんとか攻略しようという雰囲気が見えなかった。一体感が見えなかった原因としては、チームリーダーの不在が響いたと思う。キャプテンとして宮本(ヤクルト)が指名されたが、グラウンドに立つ時間が短く、コーチとして立場に見えた。WBCではイチローが敢えて感情をむき出しして引っ張ることで、チームに一体感が生まれた。今回、チームを鼓舞するような円陣を組む風景を見た記憶がない。監督にばかり注目が集まったのが、不幸だったのかもしれない。。。

今後の日本代表のスケジュールとしては来年の第2回WBCが次の目標となりますが、今回の失敗を教訓として生かすことができるでしょうか?第1回大会ではイチローのリーダーシップと二度とないような運に助けられて初代王者となりましたが、今回のような半端な気持ちで臨むと惨敗に終わるでしょう。日本野球界が「面倒だから参加したくないが仕方なく参加してるんだよ、国内さえ良ければいいんだよ」と思っているのなら好きにしてください。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008年8月22日 (金)

北京オリンピック・ソフトボール日本代表、悲願の金メダル

3度目の正直なる!ソフト日本、有終の金(サンケイスポーツ)

連日の上野の熱投に感動しました。

野球代表も負けてはいられない、残り2試合意地を見せてくれ。

上野も言っていました、「最後は気持ちの強いものが勝つ」と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8/21 横浜ベイスターズ-中日ドラゴンズ(横浜)は降雨ノーゲーム

【横浜】大西の先制二塁打も幻に…(ニッカンスポーツ)

横浜-中日、降雨でノーゲーム(サンケイスポーツ)

横浜―中日はノーゲーム(報知)

横浜―中日も降雨ノーゲーム(スポーツニッポン)

横浜 2カード連続勝ち越しならず(スポーツニッポン)

8/21のベイスターズ-中日戦は、試合途中に雷雨が強くなりノーゲーム。(試合結果)

ベイスターズは1回裏に大西と相川の2点タイムリーで4点を先制する。しかし、先発のウィリアムスが3回まで3点を失い、降板。その後、4回表終了後に雨が強くなりノーゲームとなった。

1時間くらい中断すれば再開できたでしょうが、ナイターなので仕方ないですね。1回表に幸先良く4点を取りましたが、すぐに追い上げられて流れは良いとは言えなかったので、ラッキーということにしておきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月21日 (木)

北京オリンピック・野球日本代表、アメリカに敗れて予選4位

星野ジャパン、米国に敗れ準決勝は韓国と対戦(サンケイスポーツ)

(追加)初タイブレーク準備不足で打たれた/野球(ニッカンスポーツ)

(追加)星野ジャパン、米国に敗れ準決勝は韓国と!(サンケイスポーツ)

(追加)星野JAPAN4位通過、“韓勝”で決勝行くぞ!…野球(報知)

(追加)星野ジャパン 準決勝で韓国に雪辱だ!(スポーツニッポン)

野球日本代表は予選リーグ最終戦でアメリカ代表と対戦したが、タイブレークにも連れ込み、2-4で敗戦。

日本、アメリカともに攻撃に決め手を欠き、両チーム無得点のまま延長11回タイブレークに突入。11回表にアメリカは岩瀬(中日)から一挙に4点を先制。日本もその裏に2点を返すが、4点は重く2-4で敗戦。これで日本は予選リーグ4位となり、準決勝では1位の韓国と対戦する。(試合結果)

タイブレークで点を取られるのは仕方ないが、そこまで無得点というのがいただけない。予選リーグの結果についていろいろと不満もあるが、ルール上、決勝トーナメントで勝ってしまえばチャラなので、まずは前向きに次の試合に向かいましょう。文句は終わった後でも言える。

村田(横浜)は7番サードで先発も2打数0安打。我慢強く使ってもらったが、外さないと駄目だね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8/20 横浜ベイスターズ 7-4 中日ドラゴンズ (横浜)

【横浜】5回に打者11人で一挙7点(ニッカンスポーツ)

【横浜】三浦が完投で6勝目(ニッカンスポーツ)

三浦6勝!今季2度目の完投…横浜(報知)

ハマの番長4失点も打戦に感謝の完投6勝(スポーツニッポン)

(追加)三浦が完投勝利 5回7点援護に感謝(スポーツニッポン)

8/20のベイスターズ-中日戦は、打線がビッグイニングでとった点を三浦がしっかりと守りきり、投打が噛み合った勝利。(試合結果)

両チーム無得点で迎えた5回裏にベイスターズは相川のHRで先制すると、さらに仁志・内川・吉村・大西・石井琢のタイムリーでこの回合計7点をとる。三浦は6回表と9回表に2点ずつ取られるが、最後まで投げきり7-4で勝利。三浦が6勝目。

エースをしっかりと援護できるとまともな試合になりますね。長い回を投げてくれうrので、リリーフ陣も休ませられて良い回転となります。打線は仁志・内川・吉村のところの繋がりがいい。もっと早くこの形になってればもう少し楽しめたのに。

【中日】浅尾、横浜内川に危険球を謝罪(ニッカンスポーツ)

頭部死球は、体は大丈夫でも打撃の調子が狂ったりするのが怖いですが、内川は今日も3安打猛打賞なので、大丈夫そうです。わざとではないので、試合が終われば変な遺恨は残さず、今回のように丸く納めてもらうとファンとしても蟠りを持たずに済みます。

この前の阪神戦は、謝らないベイスターズが悪いのか、阪神が過剰反応しているのか、問題の投球を見ていないので分かりませんが、いい加減にしてほしいです。互いに報復してだれかが怪我したり、調子崩したら後味が悪い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月20日 (水)

北京オリンピック・野球代表、準決勝進出が決定

星野ジャパン、コールド勝ちで準決勝進出(サンケイスポーツ)

(追加)星野日本コールド大勝で準決勝進出/野球(ニッカンスポーツ)

(追加)星野ジャパン4強入り!中国にコールド勝ち(サンケイスポーツ)

(追加)星野JAPAN4強!10―0コールド突破(報知)

(追加)星野ジャパン 圧勝コールド!4強決めた(スポーツニッポン)

(追加)村田だけ音なし「開き直っていく」(スポーツニッポン)

北京オリンピック・野球日本代表は、中国代表に10-0の7回コールドゲームで勝利し、準決勝進出が決定。

日本代表は2回裏にG.G.佐藤(西武)のタイムリーなどで3点を先制すると、4回裏に1点、6回裏に6点を追加し、合計10得点。一方、日本先発の涌井(西武)は7回を1安打無失点に抑えて、日本が10-0で圧勝。(試合結果)

実力差のある相手なので、あまり内容は当てになりませんが、まずは準決勝進出おめでとう。決勝トーナメントの相手は次戦のアメリカ戦に勝つと韓国、負けるとキューバとなります。

村田(横浜)は6番サードで先発するも2打数0安打。相当重症です。そろそろスタメン落ちかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8/19 横浜ベイスターズ 2-4 中日ドラゴンズ (平塚)

【横浜】藤田が驚きのプロ1号(ニッカンスポーツ)

【横浜】3死球生かせず3連勝でストップ(ニッカンスポーツ)

横浜、今季初の4連勝ならず 大矢監督…残念(サンケイスポーツ)

あと1本が…横浜 初の4連勝ならず(スポーツニッポン)

(追加)惜敗に1イニング3死球…横浜(報知)

(追加)3死球で自滅…横浜今季初4連勝ならず(スポーツニッポン)

8/19のベイスターズ-中日戦は、ベイスターズ打線が決め手を欠き、敗戦(試合結果)

ベイスターズは1点を追う3回裏に藤田がプロ入り初となるHRで同点に追いつく。しかし、ベイスターズ先発のウッドが5回表に2点を勝ち越される。両チーム1点ずつ追加した8回裏にはベイスターズが3つの死球で2死満塁のチャンスを貰うが、金城が凡退。結局、2-4で敗戦。

1イニング3死球はちょっといただけない。幸い死球をくらった面子はその後も試合に出ていたようなので大丈夫だったんでしょうが、おっかないですね。

打線では藤田がプロ入り初HR(おめでとう!)を含む3安打猛打賞と気を吐きました。前カードの阪神線でもライト線に強烈な二塁打を打ってましたし、打球が力強くなってきました。年齢が下の石川には負けてられないといったところでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月19日 (火)

北京オリンピック・野球代表、カナダに辛勝

星野ジャパン、稲葉の一発でカナダに1-0(サンケイスポーツ)

(追加)絶不調男成瀬7回10K0封/野球(ニッカンスポーツ)

(追加)ここ一番で復活!成瀬7回零封無四球10K(サンケイスポーツ)

(追加)成瀬、復活0封!星野ジャパン敗退危機救った!…野球(報知)

(追加)カナダに大苦戦…成瀬ニッポン“救い投げ”(スポーツニッポン)

もう負けられない北京オリンピック・野球日本代表はカナダ代表と対戦し、1-0で辛勝。

日本代表は成瀬(ロッテ)が先発。序盤から好投し、7回を10奪三振で無失点に抑える。しかし、日本代表も相手投手にてこずりなかなか得点を奪えない。5回表に稲葉がHRを放ちようやく1点を奪うが、得点はこの1点のみ。8回は藤川、9回は上原がきっちりと抑えて結局、日本代表が1-0で勝利。(試合結果)

勝つには勝ちましたが、なかなかすっきりといきません。これで準決勝進出に大きく前進したようですが、このままの調子ではまずい。村田(横浜)は4打数0安打3三振と精彩なし。短期決戦だし、守備面を考慮すると村田は引っ込めたほうがいいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

夏の甲子園・大阪桐蔭が全国制覇

大阪桐蔭、17年ぶり2度目の優勝!(サンケイスポーツ)

(追加)大阪桐蔭17点大勝17年ぶりV/夏の甲子園(ニッカンスポーツ)

(追加)萩原、3戦連発締め!大阪桐蔭V/甲子園(サンケイスポーツ)

(追加)大阪桐蔭17―0!記録ずくめV!…全国高校野球選手権(報知)

(追加)これがスター不在?大阪桐蔭記録尽くめV(スポーツニッポン)

夏の甲子園・決勝は、北大坂・大阪桐蔭が静岡・常葉菊川を17-0で破って17年ぶりの全国制覇。

大阪桐蔭のみなさん、おめでとうございます。打撃戦になると思っていましたが、こんな一方的な展開になるとは思いませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年8月18日 (月)

8/17 阪神タイガース 1-5 横浜ベイスターズ (京セラドーム)

【横浜】先発吉見が自ら先制打(ニッカンスポーツ)

【横浜】佐伯が2号2ラン(ニッカンスポーツ)

【横浜】今季初の同一カード3連勝(ニッカンスポーツ)

横浜が吉見の好投でなんと阪神に3タテ!!(サンケイスポーツ)

吉見が8回1失点で今季初勝利…横浜(報知)

吉見が今季初勝利!横浜 阪神に3連勝(スポーツニッポン)

(追加)虎に今季初3タテ食らわせた…横浜(報知)

(追加)吉見好投!打っても猛打賞で虎に3連勝(スポーツニッポン)

8/17の阪神-ベイスターズ戦は、ベイスターズ先発・吉見の投打にわたる活躍で阪神を3タテ。(試合結果)

ベイスターズは3回表に先発投手の吉見のタイムリーで1点を先制。さらに4回表に金城のタイムリーと佐伯の2点HRで3点、6回表に内川のタイムリーで1点を追加。この日の吉見は打っては3安打猛打賞、投げては8回1失点の大活躍。結局、1-5でベイスターズが勝利し、阪神を3タテ。吉見が今季初勝利となる1勝目。

吉見、さすがの打撃です(笑)。ミート力にかけては野手含めてもチーム上位といっても大げさじゃないかもしれません。この打撃に加えて、投げるスタミナもあるほうなので、本職のピッチングさえ良くなれば相当頼りになるんですけどね。

また打撃陣も中押し、駄目押しと効果的に追加点をあげました。8回表には石川が二盗、三盗と続けて試みる(三盗は失敗)など積極的な攻撃が目立ちました。ノープレッシャーの今だからこそ出来た攻撃だろうけど、開幕からこんな攻撃をしてほしかった。

いつまでこの無駄な強さは続くんでしょうか?

横浜が鈴木尚を出場選手登録(ニッカンスポーツ)

ビグビーはまた怪我?鈴木尚はファームではそこそこ結果を出していたそうなので、引退を賭けたラストチャンスとなりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月17日 (日)

夏の甲子園・横浜、準決勝敗退

横浜「らしさ」発揮も完敗 10年前の再現ならず(サンケイスポーツ)

(追加)横浜・筒香1安打0打点/夏の甲子園(ニッカンスポーツ)

(追加)横浜・土屋、疲労で三回に握力なし/甲子園(サンケイスポーツ)

(追加)横浜・土屋44回610球で散る…全国高校野球選手権(報知)

(追加)土屋5戦610球…疲労に勝てず(スポーツニッポン)

南神奈川・横浜は準決勝で北大坂・大阪桐蔭と対戦して、4-9で敗戦。

残念ですが、良く頑張ったと思います。今回活躍した選手の中には2年生の筒香や1年生の大石もいるので、来年以降の成長を楽しみにしたいと思います。

決勝戦は静岡・常葉菊川と北大坂・大阪桐蔭の対戦となりました。打撃戦になりそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北京オリンピック・野球代表、韓国に敗れて2敗目

星野ジャパン、韓国に競り負け痛恨の2敗目(サンケイスポーツ)

(追加)星野監督継投失敗、韓国に逆転負け/野球(ニッカンスポーツ)

(追加)星野ジャパン2敗…もう負けられない!(サンケイスポーツ)

(追加)星野監督「俺のミス」韓国に逆転負け「最低」2勝2敗…野球(報知)

(追加)韓国に負けた…星野ジャパン崖っ縁2敗目(スポーツニッポン)

野球日本代表は、予選リーグ3戦目で韓国代表に5-3で敗れて2敗目。

日本は和田が先発し、6回まで無失点の好投。6回裏には新井(阪神)のHRで2点を先制する。しかし、直後の7回表に和田が同点の2点HRを浴びて振り出しに戻る。9回表に3番手の岩瀬が勝ち越し打を打たれると守備も乱れて3点を勝ち越される。その裏、日本も1点を返し、なお無死2塁3塁のチャンスを作るが得点できず、3-5で痛い敗戦。

途中までは緊迫感のあるいい試合だったのですが、9回表に守備の乱れが悔やまれる。4点目となったサード前の小フライは、村田じゃなくて宮本なら捌けたかな?1点勝ち越されてガッカリしたところをつかれたね。打席で「村田、打ってくれ」と思うより、守備で「村田、やらかさないでくれ」という願いの方が強かっただけに、残念。

これで残り3戦は負けられなくなりました。最終戦のアメリカ戦が大一番になりそうですが、その前のカナダが不気味。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

8/16 阪神タイガース 0-4 横浜ベイスターズ (京セラドーム)

【横浜】吉村が2戦連発「手応え十分」(ニッカンスポーツ)

【横浜】選手会長の相川が中押し打(ニッカンスポーツ)

【横浜】桑原謙がプロ初完封(ニッカンスポーツ)

横浜・桑原謙が“トラ狩り”プロ初完封勝利(サンケイスポーツ)

強心臓ルーキー・桑原謙、プロ初完封…横浜(報知)

桑原謙 虎打線封じた!プロ初完封だ!(スポーツニッポン)

(追加)桑原謙がプロ初完投を初完封で飾った!…横浜(報知)

(追加)桑原謙“完全アウェー”でプロ初完封(スポーツニッポン)

8/16の阪神-ベイスターズ戦は、ベイスターズ先発の桑原謙がプロ入り初完投初完封の快投。(試合結果)

ベイスターズはルーキーの桑原謙が1ヶ月振りに先発。3回まで打者9人パーフェクトで抑えると、打線が3回表に吉村の2点HRで先制。さらに6回表にも相川のタイムリーなどで2点を追加。桑原謙は4回以降走者を出すものの最後までホームに帰さず0-4でベイスターズが勝利。プロ入り初完投初完封の桑原謙は3勝目。

先月の小林につづいて桑原謙も完封勝利。ベイスターズでは、1年にルーキー二人の完封勝利はあまり記憶にありません。若い選手が活躍するとワクワクしますね。大量得点翌日の打線もそこそこの援護ができましたし、いい試合でした。

チームの完封勝利がルーキーの二人だけというのはちょっと情けないので、他の投手たちも頑張れ。

金本の頭近く速球に岡田監督怒り…阪神(報知)

知らなかったが、前日の試合で揉め事があったのね。内川の第1打席の死球が、岡田監督予告の"大変"でしょうか?横山登板時ということで大量リードしている状況なので、ぶっちぎり最下位のベイスターズがわざわざ喧嘩売らないと思うので、単にコントロールミスじゃない?阪神さんもペナントぶっちぎってるんだから、そんなにむきにならなくても。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月16日 (土)

夏の甲子園・横浜ベスト4

横浜・土屋、大阪桐蔭への“リベンジ”誓う(サンケイスポーツ)

“新怪物”横浜・筒香が2打席連発&8打点(サンケイスポーツ)

(追加)横浜4強!筒香、大暴れ8打点/甲子園(サンケイスポーツ)

(追加)横浜、18安打の猛攻で大勝…全国高校野球選手権(報知)

(追加)筒香連発!大会タイだ8打点&通算14打点(スポーツニッポン)

南神奈川・横浜は準々決勝で福島・聖光学院を15-1の大差で破り、ベスト4進出。

この試合で満塁HRを含む2HRを放った横浜4番の筒香は1試合8打点の大会タイ記録。また、大会を通じての14打点も一大会のタイ記録。県大会で見たときはあまり調子が良くは見えなかったので、ちょっとびっくり。

準決勝の対戦相手は北大阪・大阪桐蔭。土屋がほとんど一人でマウンドを守っているのでそろそろ疲労が心配ですが、若いから頑張れ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Windowsが壊れた。。。

メインPCでエクスプローラ使用時にエラーが出るのでWindows XP SP3にアップデートしてみたら、Windowsが壊れたらしく、起動しない。セーフモードでも起動しないので再インストールする予定で、今データを吸い上げ中。

はぁ、余計な仕事が増えた。。。

(2008/8/17追記)

まずはWindows XPを上書きインストールして、とりあえずWindowsが立ち上がることを確認。しかし、元のシステムのごみが残っているらしく、セキュリティソフト等のインストールを失敗するので、結局クリーンインストールすることに。

クリーンインストールを試みると、インストールの終盤でキーボードに触れるとフリーズする現象が発生。何度、試してもフリーズ。結局、キーボード選択時に日本語キーボードではなく英語キーボードを選ぶ(接続しているのは日本語キーボード)ことでフリーズを回避でき、クリーンインストール完了。とりあえずセキュリティソフト、メーラー、ブラウザの設定まで完了し、この日は作業完了。

今回のトラブルの大元となったWindowsXP SP3アップグレードの失敗の原因ですが、SP3アップグレード前後でパーティションのドライブレターが変わってしまったのが怪しいのですが、クリーンインストールすることにしたので最早どうでもいい。。。他にもAMD製CPUを搭載したPCでSP3にアップグレード時に不具合が発生なんてこともあるらしい。今回のトラブったPCはAMD製CPUだったが、これは原因じゃなさそうだが。

Microsoftさん、まじ勘弁してください。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北京オリンピック・野球代表、オランダに快勝

星野ジャパン、オランダに快勝で大会2勝目(サンケイスポーツ)

(追加)オランダ一蹴!星野ジャパン2勝目(サンケイスポーツ)

(追加)出た新井打!星野ジャパン連勝…野球(報知)

(追加)星野ジャパン本領発揮!4番・新井に初安打(スポーツニッポン)

予選リーグ3戦目の野球日本代表はオランダ代表に6-0で快勝。

日本代表は1回裏に森野(中日)・新井(阪神)のタイムリー、稲葉(日本ハム)の犠牲フライで4点を先制。中盤は追加点を奪えなかったが、8回裏にG.G.佐藤(西武)のHRと青木(ヤクルト)のタイムリーで2点を追加。投手陣は先発の杉内(ソフトバンク)が7回を無失点の好投。リリーフの田中(楽天)・川上(中日)も1回を零封し、6-0で日本代表が勝利。村田(横浜)は6番サードで先発も4打数0安打。(試合結果)

中盤に突き放せなかったのは不満が残るが、順当に勝利。4番の新井に当たりが出たのは好材料ですね。

相手のオランダ代表は欧州での野球の普及度の低さから実力は1枚落ちますが、前回大会の印象よりも力があったと思いました。杉内の投球をちゃんとミートした打球もありましたし、守備もそこそこまともでした。日本の前に行われた試合では、タイブレークの末、中国が台湾に勝ちましたし、なんだかんだ言って野球も世界に広まっていると感じました。色々と事情はあるのでしょうが、オリンピックの野球競技はなんとか復活させてほしいな。

次は予選リーグ前半の山場となる韓国戦。因縁の韓国戦かつ放送は週末の夜、裏番組が(日本人選手の活躍が厳しい)陸上トラック競技と条件が揃っているので、注目度が高くなりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8/15 阪神タイガース 4-11 横浜ベイスターズ (京セラドーム)

【横浜】吉村が1回に先制二塁打(ニッカンスポーツ)

【横浜】内川が勝ち越し適時打(ニッカンスポーツ)

【横浜】阪神に11点大勝(ニッカンスポーツ)

横浜・内川は夏バテ知らず 7戦連続安打中(サンケイスポーツ)

7回打者12人で7点…横浜(報知)

11点も奪った!横浜が虎に大勝(スポーツニッポン)

(追加)横浜・内川、氷風呂パワーで好調維持(サンケイスポーツ)

(追加)内川“積極打法”でV打…横浜(報知)

(追加)内川爆発呼ん打!11得点で首位阪神を圧勝(スポーツニッポン)

8/15の阪神-ベイスターズ戦は、ベイスターズ打線が終盤に爆発して快勝。(試合結果)

ベイスターズは1回表に吉村のタイムリーで1点を先制。ベイスターズ先発のウィリアムスは2回裏に1点を取られて同点とされるが、その後は6回まで走者を出しながらなんとか失点を防ぐ。すると、ベイスターズは6回表に内川のタイムリーなどで2点を勝ち越し、さらに7回表には打者一巡の猛攻で7点を追加する。8回表には吉村のHRも出て、結局4-11で快勝。ウィリアムスが2勝目。

前日は得点できなかったが、基本的に打線は全体的に調子が良さそう。村田がいなくてもこの攻撃力なのだからそこそこ駒は揃っているはずなのにチームはこの順位。主要因は投手だが、打線ももっと序盤から得点して投手を助けないと。

ウィリアムスは6回8安打2四球で1失点とかなり微妙な内容。でも、ウィリアムスが序盤に失点を重ねていたら、終盤の打線の爆発はなかったかもしれないので、とりあえず評価しなきゃいけないのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月15日 (金)

夏の甲子園・慶応、準々決勝で敗退

“力道山の孫”慶応・田村の夏物語が終わる(サンケイスポーツ)

(追加)慶応田村涙92年ぶりV消えた/夏の甲子園(ニッカンスポーツ)

(追加)慶応・田村涙も「悔いなし」/甲子園(サンケイスポーツ)

(追加)左足負傷耐え続投も田村散る 慶応92年ぶりV消えた!…全国高校野球選手権(報知)

夏の甲子園・準々決勝で浦添商と対戦した慶応は、延長戦までもつれ込むものの結局3-4で敗戦。

敗れはしましたが、良い試合でした。明日、聖光学院と対戦する横浜には慶応の分まで頑張ってもらいましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北京オリンピック・野球日本代表、初勝利

星野ジャパン、台湾に逆転勝ちで大会初勝利(サンケイスポーツ)

(追加)星野ジャパン勝った!阿部1号に稲葉V打!(サンケイスポーツ)

(追加)さあ金への逆襲だ!星野流1勝…野球(報知)

(追加)稲葉 金へ千金V打!星野ジャパン逆転1勝(スポーツニッポン)

予選リーグ2戦目となった野球日本代表は6-1で台湾代表を破り、今大会初勝利。

序盤日本がなかなか得点できないなか、4回裏に台湾が1点を先制する。直後の5回表に阿部(読売)のHRで同点に追いつき、5回表に稲葉(日本ハム)のタイムリーで勝ち越す。2-1のまま重苦しいムードが続くが、9回表に中島のタイムリーなどで4点を追加し、結局日本代表が6-1で勝利。(試合結果)

台湾に負けるとえらい事になっていたので、なにはともあれ勝ちがついて良かった。この日もなかなか点が入らず重苦しいムードとなりましたが、なかでも4番の新井(阪神)が心配。個人的なイメージかもしれないが、新井は不調にどっぷりとはまりやすいイメージがあるのでチームに乗り遅れないようにしないと。

その他、適当な感想
・涌井(西武)はピンチも作りましたが、なかなか良かった
・上原(読売)もフォークがストライクゾーン低目からボールゾーンに良い落ち方をしていて一安心
・青木(ヤクルト)の2本目のヒット(左サイドスローの外角をショート頭の上打ち返す)に惚れ惚れ
・村田(横浜)は6番サードで先発して4打数1安打、日本代表初ヒットおめでとう!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

夏の甲子園・横浜と慶応がベスト8進出

慶応が88年ぶりの8強入り(サンケイスポーツ)

慶応の主将・山崎、先制打に笑顔(サンケイスポーツ)

慶応、明快「勝利の方程式」92年ぶり夏3勝(サンケイスポーツ)

(追加)慶応「ON」連続完封リレー/夏の甲子園(ニッカンスポーツ)

(追加)陸の王者・慶応、92年ぶり夏3勝/甲子園(サンケイスポーツ)

(追加)慶応92年ぶり夏3勝!田村&只野連続完封リレー…全国高校野球選手権(報知)

(追加)慶応“必勝”完封リレー!92年ぶり夏3勝(スポーツニッポン)

横浜4年ぶり、慶応88年ぶりベスト8進出(サンケイスポーツ)

横浜の1年生・大石が3安打猛打ショー!(サンケイスポーツ)

横浜甲子園通算50勝 エース土屋が完全復調(サンケイスポーツ)

(追加)横浜春夏50勝土屋自信戻った/夏の甲子園(ニッカンスポーツ)

(追加)エース土屋復調!横浜、通算50勝/甲子園(サンケイスポーツ)

(追加)横浜・土屋3連続完投!人生初K締めガッツ…全国高校野球選手権(報知)

(追加)土屋完投で横浜8強!甲子園50勝だ(スポーツニッポン)

夏の甲子園は3回戦が行われ、好調な神奈川勢の横浜と慶応がそれぞれ勝利し、揃ってベスト8進出。

横浜は第4試合で宮城・仙台育英と対戦し、3-2で勝利。慶応は第2試合で青森・青森山田と対戦し、2-0で勝利。準々決勝は、慶応が15日に今大会No.1投手の井波が率いる浦添商と、横浜が16日に聖光学院と対戦する。

神奈川勢も気になりますが、準々決勝の残り2カード(北大阪・大阪桐蔭-東兵庫・報徳学園、和歌山・智辯和歌山-静岡・常葉菊川)も面白そう。オリンピックも盛り上がっていますが、甲子園にも注目です。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

8/14 横浜ベイスターズ 1-6 東京ヤクルトスワローズ (横浜)

【横浜】終盤2イニングに悪夢の6失点(ニッカンスポーツ)

(追加)リリーフ陣炎上…小林5勝目ならず(スポーツニッポン)

8/14のベイスターズ-ヤクルト戦は、ベイスターズ先発の小林が好投するも援護がなく、降板後にリリーフ陣が打たれて敗戦。

ベイスターズ先発の小林が好投して7回を無失点に抑えるが、打線の援護がなく同点のまま7回裏に代打を送られる。8回表に石井裕が1点を勝ち越されるが、その裏に吉村のタイムリーで同点とし、なお無死1塁3塁のチャンスを迎える。しかし、このチャンスを逃すと、9回表に5点を勝ち越されて1-6で敗戦。

小林を勝たせたかった。8回裏の絶好のチャンスは逃すし、「大量得点の次の試合は打てない」とは良く言ったもんですね。

相川がFA権取得…横浜(報知)

横浜・相川 FA権獲得「今は試合のことだけ」(スポーツニッポン)

(追加)相川 FA権取得も明言避ける(スポーツニッポン)

相川がFA権を獲得。今年は体調も悪く、出たり出なかったりですが、どうするんでしょうか?谷繁で正捕手流出の痛手を経験しているだけに残って欲しいが、「せっかく得た権利、環境を変えたい」とか言い出しそうな気もする。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2008年8月14日 (木)

北京オリンピック・野球日本代表はキューバに敗戦

日本、投打に精彩欠く…同点までが精いっぱい(サンケイスポーツ)

(追加)ダルで負けた!まさかの4回途中4失点KO(サンケイスポーツ)

北京オリンピック・野球は予選リーグの初日が行われ、日本代表はキューバ代表に2-4で敗戦。ベイスターズの村田は9回表に代打で出場しライトフライに倒れた。

ぼーと見ていた感想。
・ダルビッシュはかなり警戒していたが、ポンポンと長打を打たれるのを見ると仕方がないか
・勝ち越し点を与えたが、成瀬は直球がなかなか良かった。
・キューバの選手はとにかく肩が強い
・スライクゾーンは、外角のストライクをあまり取らず、むしろ内角低目が広い気がした
・プロ野球よりハーフスイングのジャッジが厳しい(プロが甘い?)

まだ予選リーグなので、切り替えが必要。次の台湾戦はとても大事な試合ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8/13 横浜ベイスターズ 12-8 東京ヤクルトスワローズ (横浜)

【横浜】2回2死から3者連続適時打(ニッカンスポーツ)

【横浜】仁志が10号ソロ(ニッカンスポーツ)

【横浜】圧勝のはずがヒヤリ(ニッカンスポーツ)

横浜・仁志、2発&5打点よりも“好走塁”(サンケイスポーツ)

仁志2打席連続本塁打!14安打12得点!…横浜(報知)

横浜14安打12得点!三浦5勝目(スポーツニッポン)

(追加)横浜・三浦、復帰3連勝!元五輪戦士が躍動(サンケイスポーツ)

(追加)仁志8年ぶり2打席連発!自画自賛「完ぺき」11号…横浜(報知)

(追加)高田さん悩ませた暴走仁志が“恩返し”(スポーツニッポン)

8/13のベイスターズ-ヤクルト戦は、最終回に点差を詰められるも大量リードが利いて勝利。(試合結果)

ベイスターズは1回裏に相手の暴投で先制。さらに2回裏には石川・仁志・内川の連続タイムリーで勝ち越し。その後も仁志の2打席連続HRなどで14安打12点をとる。ベイスターズ先発の三浦は中盤以降に小刻みに点をとられるが、8回を3点にまとめて交代。最終回に5点を返されるが、大量リードが利いて12-8で逃げ切り。三浦が5勝目。

打線は珍しくチャンスで一本が出ました。序盤は三浦は見殺しになることが多かったですが、復帰してからは結構援護を貰ってますね。援護さえもらえれば三浦はしっかりと試合をコントロールしてくれます。気に食わないのはまたも畠山にHRを喰らったことくらいかな。最終回は余計な失点をしましたが、打ち取った当たりがヒットになったり、石川が間に合わないセカンドに投げて野選をするなど、少し不運な面もありました。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2008年8月12日 (火)

8/12 横浜ベイスターズ 2-3 東京ヤクルトスワローズ (相模原)

横浜がウッドを出場選手登録(ニッカンスポーツ)

【横浜】ウッドが5回2失点、粘りの投球(ニッカンスポーツ)

【横浜】相川が8回に同点ソロ(ニッカンスポーツ)

(追加)横浜・大矢監督の亡き友に白星届けられず…(サンケイスポーツ)

(追加)寺原 痛恨の暴投…借金32に逆戻り(スポーツニッポン)

相模原球場で行われたベイスターズ-ヤクルト戦は、寺原が暴投で勝ち越し点を許して敗戦。(試合結果)

ベイスターズはウッドが先発するが、いきなり1回表に2点を先制される。一方、ベイスターズは3回裏にウッドのタイムリーで1点を返す。その後は、ヤクルト川島に抑えられるが、8回裏に相川のHRが飛び出し同点に追いつく。そのまま延長戦にもつれ込むが、10回表に寺原が四球で出した走者を暴投で返し、ノーヒットで勝ち越し点を許す。結局、2-3で敗戦。

せっかく粘って延長戦まで持ち込んだのに、ノーヒットで勝ち越し点を許したのはもったいない。10回表の先頭打者にあっさりと四球を出したのがいかんね。普段使わない球場(相模原)なので、マウンドが合わなかったのかな?

後半フル回転宣言!三浦「取り返す」…横浜(報知)

頑張ってもらわないとリリーフ陣が潰れちゃう。

横浜 今秋のドラフト戦略は機動力重視(スポーツニッポン)

早大・松本と東海大・岩崎は見たことがありますが、バンバン盗塁というタイプには見えませんでしたが。個人的には東海大・岩崎を獲って欲しいな。2年連続で大学野球選手権を観戦したからという至って個人的な理由ですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の甲子園・横浜が広陵を破り3回戦進出

横浜、昨夏準V広陵に快勝 4年ぶり3回戦(サンケイスポーツ)

横浜のエース・土屋は“守備”で面目躍如!(サンケイスポーツ)

横浜、2003年センバツ決勝の屈辱晴らす(サンケイスポーツ)

南神奈川・横浜が7-4で広島・広陵を破って3回戦進出。

前日の慶応に続いて横浜も2回戦突破。神奈川勢はなかなか好調です。横浜の3回戦の相手は仙台育英。またまた甲子園の常連校との対戦です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリンパス、マイクロフォーサーズのインタビュー記事

【インタビュー】オリンパスに聞く“マイクロフォーサーズ"の狙い(デジカメWatch)

マイクロフォーサーズの話よりも冒頭に書かれている「年内に複数の(従来)フォーサーズのボディを発売予定」に驚いた。今年E-420とE-520を出しているので、2008年に少なくとも4機種を発売するの?これから発売するのは、E二桁とE-330の後継機あたりでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

夏の甲子園・慶応高2回戦突破

慶応“恐怖の9番打者”溝口が活躍(サンケイスポーツ)

慶応、必勝継投が「勝利の方程式」(サンケイスポーツ)

北神奈川・慶応は富山・高岡商を5-0で破り、2回戦を突破。

慶応の夏2勝は88年振り第6回大会以来だそうです。長い歴史を感じます。3回戦では青森・青森山田と対戦。南神奈川・横浜高もこの勢いに乗りたいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月11日 (月)

横浜ベイスターズ関連ニュース

横浜がホワイトとヒューズ解雇(ニッカンスポーツ)

横浜、2外国人に戦力外通告(サンケイスポーツ)

横浜、2外国人を戦力外(報知)

横浜 ヒューズ&マットホワイト解雇(スポーツニッポン)

横浜 マットホワイト、ヒューズを戦力外(スポーツニッポン)

ヒューズはまだしもマットホワイトまでこの時期に解雇?今季の残り試合は若手投手を試すというのには賛成だが、来季も石井裕や吉見が働く保障はないしマットホワイトは残しておくべきでは?左のリリーフなら何人いても困らないだろうに。マットホワイトの怪我の状態が悪く、来年になっても回復の見込みがないのかな?そうでなくては納得がいかん。

横浜がジェイジェイの出場選手登録を抹消(ニッカンスポーツ)

村田不在の間にアピールできないとジェイジェイも解雇濃厚でしょう。

横浜、FAで投手徹底補強へ(報知)

この時期ならなんとでも言えるからね。昨年も福留を狙うなんて記事もあった気が。どうせ口だけだろう。それよりも三浦の残留に力を注いでください。

赤川、斎藤の左右両腕にプロ熱視線(スポーツニッポン)

ベイスターズの宮本スカウトが福井商の中村捕手についてコメントしています。中村捕手を指名するかは分かりませんが、鶴岡がトレード、高森が内野手にコンバートされて捕手の絶対数が少ないので、下位で捕手の指名はあるかもしれませんね。

ブラックホッシー4年ぶり復活!(スポーツニッポン)

最近カラスコを見ない気がするが、もしかしてクビになった?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

オリンピック強化試合 セリーグ選抜 11-2 日本代表(東京ドーム) (観戦)

東京ドームで行われた北京オリンピック野球日本代表とセリーグ選抜の強化試合を観戦。

日本代表の布陣は以下の通り。
  1番セカンド西岡
  2番サード宮本
  3番センター青木
  4番ファースト新井
  5番ライト稲葉
  6番レフトG.G.佐藤
  7番キャッチャー阿部
  8番DH村田
  9番ショート中島
ショートに中島を入れて長打重視という印象です。ただ、大物打ちが下位打線に偏っている気もします。

試合は思わぬ展開に。日本代表は1回表に新井(阪神)の犠牲フライで1点を先制。先発の和田(ソフトバンク)は3回を投げて無失点の好投。ここまで淡々とした試合展開。

しかし、2番手の川上(中日)に交代すると流れが一変。先頭の平野(阪神)を西岡(ロッテ)のエラーで出すと、内川(横浜)のタイムリーで同点、栗原(広島)のHRで逆転される。その後も川上は立ち直れず1死も奪えず降板。代わった田中(楽天)も流れを止められず結局この回に10失点!

7回からは日本代表の抑えトリオの藤川(阪神)・岩瀬(中日)・上原(読売)が1回ずつを無失点に抑えるが、日本代表打線の反撃は7回表の村田のHRの1点に留まり、結局11-2で日本代表が大敗。(試合結果)

やや微妙な空気が流れるなか行われた試合後のセレモニーでは、星野監督から「北京では今日のような無様な試合はしない」とのスピーチがありました。

本番ではこの試合の川上のように打たれたまま放置はしないので、1回に10点を取られることはないでしょうが、中継ぎ投手に不安を残しました。投手陣は先発タイプが多いから頭を悩ませそうです。セリーグ選抜からの手荒い餞別を受けましたが、本番までにしっかりと調整してください。

ちなみにベイスターズ勢の成績は以下の通り。
  日本代表・村田:8番DHスタメン、3打数2安打1HR
  セリーグ選抜・内川:3番DHスタメン、4打数2安打1打点
  セリーグ選抜・吉村:6番ライトスタメン、2打数1安打2四球
  セリーグ選抜・金城:7番センタースタメン、2打数1安打
  セリーグ選抜・寺原:最後を締めて1回を3者凡退で無失点。
ベイスターズファンとしてはみんな活躍したのでとても楽しめました。特に出遅れていた村田にHRが出たのは良かったね。

【観戦した選手たちの感想】

・和田(日本代表):先発して3回を無失点。5三振を奪う好投で非常に安定。

・川上(日本代表):2番手で1死も取れず9失点で降板。変化球が真ん中高めに集まって集中砲火を浴びる。どうした?

・田中(日本代表):3番手で2回を2失点。無死満塁の厳しい場面で登板し、2死まで取るがその後打たれたが、それほど悪いとは思わなかった。栗原に打たれた低目の直球は打った打者が上手いと思った。

・上原(日本代表):6番手で1回を無失点。直球もフォークもまだ少しシュート回転をしていたが、大分良くなっていた。持ち前のテンポの良さも戻ってきた。

【写真】

080809011112

東京ドームで行われた日本代表強化試合

080809021114

本番を想定して照明を暗くしていたそうですが、いつも暗いから違いは分からなかった

080809031134

試合前のセレモニー、手前が日本代表

080809041145

新井の犠牲フライで西岡がホームイン

080809061174

セリーグ選抜の猛攻の呼び水となった内川のタイムリー

080809071249

村田が復調をアピールするHR

080809081273

上原も復調?

080809091292

最後は寺原が締めてセリーグ選抜が空気を読まずに圧勝

080809101311

試合後のセレモニー、惨敗した後だけに「反省しろ」と立たされてるみたい

【関連ニュース】

星野ジャパン、セ選抜に11失点惨敗…(サンケイスポーツ)

先発・和田は危なげなし「直球がよかった」(サンケイスポーツ)

上原キッパリ「やるべき準備できた」(サンケイスポーツ)

村田、不安一掃の一撃!「万全でいける」(サンケイスポーツ)

セ・リーグのオーナーが日本代表を激励(サンケイスポーツ)

セ選抜・原監督「個々の力が結集した良い試合」(サンケイスポーツ)

日本代表、なんと1イニング10失点の惨劇(サンケイスポーツ)

(追加)星野日本惨敗、本番に不安/五輪強化試合(ニッカンスポーツ)

(追加)村田特大弾で完調アピール/五輪強化試合(ニッカンスポーツ)

(追加)IFKで3回無失点リレー/五輪強化試合(ニッカンスポーツ)

(追加)「大きな心配ではない」/闘将星野語録(ニッカンスポーツ)

(追加)星野ジャパン11失点の惨敗/五輪強化試合(ニッカンスポーツ)

(追加)内海「緊張」の2回1失点/五輪強化試合(ニッカンスポーツ)

(追加)栗原が勝ち越し2ラン/五輪強化試合(ニッカンスポーツ)

(追加)4番新井が先制犠飛/五輪強化試合(ニッカンスポーツ)

(追加)日本代表2-11セ選抜/五輪強化試合(ニッカンスポーツ)

(追加)セ選抜の内海11日ぶり実戦/五輪強化試合(サンケイスポーツ)

(追加)村田“大丈夫弾”戦列復帰/五輪強化試合(サンケイスポーツ)

(追加)抑えトリオ連投も安定!/五輪強化試合(サンケイスポーツ)

(追加)楽天・ノムさん「セ選抜行ったほうがいい」(サンケイスポーツ)

(追加)和田は万全!3回0封の好投/五輪強化試合(サンケイスポーツ)

(追加)川上7連打&田中6安打食う/五輪強化試合(サンケイスポーツ)

(追加)闘将激怒!日本代表が惨敗/五輪強化試合(サンケイスポーツ)

(追加)完敗にも星野監督、堂々の「金」宣言…日本代表強化試合(報知)

(追加)和田3回5K!韓国戦も決勝も任せろ…日本代表強化試合(報知)

(追加)西岡のエラーから大量失点…日本代表強化試合(報知)

(追加)憲伸1死も取れず9失点「不安でいっぱい」…日本代表強化試合(報知)

(追加)完敗にも星野監督、堂々の「金」宣言…日本代表強化試合(報知)

(追加)栗原 決勝2ラン「真剣勝負」と笑顔(スポーツニッポン)

(追加)トリプルストッパー この日も無失点(スポーツニッポン)

(追加)阿部“緊急事態”に備え一塁守備(スポーツニッポン)

(追加)北京で大暴れだ!村田 完全復活の1発(スポーツニッポン)

(追加)和田が好投「シーズンよりいい」(スポーツニッポン)

(追加)川上「人生初」の1イニング9失点(スポーツニッポン)

(追加)失策が引き金 星野ジャパン「ぶざまな」大敗(スポーツニッポン)

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2008年8月 9日 (土)

オリンピック強化試合 日本代表 6-4 パリーグ選抜 (東京ドーム)

日本代表、パ選抜に逆転勝ち/五輪強化試合(サンケイスポーツ)

(追加)村田は途中出場「野球ができてひと安心」(スポーツニッポン)

北京オリンピック野球日本代表はパリーグ選抜と強化試合を行い、6-4で逆転勝利。(試合結果)

風邪で出遅れたベイスターズ・村田は代打で出場して1打数0安打だったが、守備にもついた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 8日 (金)

夏の甲子園・横浜高が浦和学院高を破って初戦突破

横浜、浦和学院の猛追かわして2回戦進出(サンケイスポーツ)

横浜のエース土屋に危機感充満「最悪の投球」(サンケイスポーツ)

横浜・筒香に待望の一発 甲子園で完全復活(サンケイスポーツ)

南神奈川代表の横浜高は、南埼玉代表の浦和学院高を6-5で振り切って初戦突破。1回戦屈指の好カードらしく激戦となりましたが、なんとか逃げ切り。終盤の浦和学院の猛攻を好守でよく守り抜きました。これで慶応高と共に2回戦進出となり神奈川県勢は良いスタートを切れました。

横浜高の次の相手は広島代表の広陵高。強豪相手が続きますね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

8/7 読売ジャイアンツ 6-3 横浜ベイスターズ (富山)

【横浜】ウィリアムスが3回3失点で降板(ニッカンスポーツ)

横浜・真田は古巣巨人を意識しすぎて3失点(サンケイスポーツ)

真田 古巣を意識?1死しか奪えず交代(スポーツニッポン)

(追加)古巣巨人と初対決も真田悔し3失点…横浜(報知)

(追加)真田屈辱…古巣意識して15球KO(スポーツニッポン)

8/7の読売-ベイスターズ戦は、ベイスターズ投手陣の序盤の失点が響いて敗戦。(試合結果)

ベイスターズ先発のウィリアムスは3失点で早々と3回で降板。4回表に内川・武山のタイムリーなどで3点を返して一旦は同点に追いつくものの、直後の4回裏に2番手の真田が3点を勝ち越される。結局、6-3でベイスターズの敗戦。

先発投手が毎試合のように5回と持たないのでつらいね。日本代表の壮行試合の関係でペナントは8日から11日までお休みなので、リリーフ陣は少し休んでください。

横浜がウィリアムスを出場選手登録(ニッカンスポーツ)

若い投手も見たいなー。

星野監督両面作戦、村田信じてダメなら岩隈(サンケイスポーツ)

星野ジャパンの練習に横浜・村田が参加(サンケイスポーツ)

風邪で入院の村田 7日に退院へ(スポーツニッポン)

村田が退院 軽めの打撃と守備の練習も(スポーツニッポン)

(追加)村田、退院→合流!星野監督「しぶといワ」(サンケイスポーツ)

(追加)村田 間に合った!退院→即練習(スポーツニッポン)

風邪で入院していた村田が日本代表の合宿に合流。結局、どうするんでしょうね?星野監督は西武・中島が相当お気に入り(昨年の予選の候補選出時も「中島、中島」と言ってました)なので、本心は村田を岩隈に代えたいんじゃないかな。

(追加)戻ってきた村田について星野監督は「横浜に戻ってもやることないだろ」とのコメント。真実かもしれないがカチンとくるな。こっちは気持ちよく送り出したいと思ってるんだから余計なこと言うなよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 7日 (木)

8/6 読売ジャイアンツ 7-11 横浜ベイスターズ (金沢)

【横浜】内川が先制8号ソロ(ニッカンスポーツ)

【横浜】6回に集中打で追いつく(ニッカンスポーツ)

【横浜】連発、連打で逆転勝ち(ニッカンスポーツ)

横浜、若手とベテランの融合で巨人を粉砕(サンケイスポーツ)

代打・佐伯V打で逆転勝ち…横浜(報知)

代打・佐伯“清原パワー”で巨人粉砕(スポーツニッポン)

(追加)横浜・佐伯、38歳「魂を込めて」決勝打(サンケイスポーツ)

(追加)清原のゲキに応えた!佐伯 代打決勝打(スポーツニッポン)

8/6の読売-ベイスターズ戦は、ベイスターズ打線が終盤に粘りを見せて逆転勝利。(試合結果)

ベイスターズは1回表に内川のHRで1点を先制するが、先発の小林が2回裏に4点を取られて逆転される。5-1と読売リートの6回表にベイスターズは石川のタイムリー3塁打、仁志の2点HR、内川のHRで4点をとって同点とする。7回裏に4番手の石井裕が2点を勝ち越されるが、直後の8回表に仁志のタイムリー、大西のタイムリーで再び同点とし、さらに佐伯の2点タイムリーで勝ち越す。9回表にも2点を追加し、結局7-11でベイスターズが勝利。石井裕が移籍後初勝利となる1勝目。

打線が諦めずによく逆転しました。村田が抜けたサードには石川が入っていますが、この試合は1番に入って4打数2安打1打点となかなかの活躍。今年は左打席一本で勝負していますが(元はスイッチヒッター)、左投手相手にも起用されていますし、首脳陣の期待も高そうです。二遊間はベテランの石井琢・仁志が君臨していますが、そろそろ世代交代をしないと。藤田・野中も石川に負けないように頑張れ。

投手陣は先発の小林と石井裕の二人は打たれましたが、それ以外の投手たちは頑張りました。牛田が復帰初戦で無難な投球をしてくれて安心しました。

横浜・金城がFA権取得 行使には言及せず(サンケイスポーツ)

金城がFA権取得…横浜(報知)

金城がFA権取得 行使の明言避ける(スポーツニッポン)

(追加)金城FA権取得 行使は明言せず(スポーツニッポン)

金城は下位指名の叩き上げで出てきた選手なので、心情的には生涯ベイスターズでいて欲しい。今年は調子が上がらずスタメンで出る機会も減っているので、本人はどう思っているのでしょうか?小池がセンターを守っている中日あたりが手を上げるのかな?

大矢さんガックリ?那須野復帰ズレ込む(スポーツニッポン)

なぜ「ガックリ」に"?"が付くのだ。実はガックリしてないのか(笑)。それに監督に"さん"づけもやや違和感があるな。普通"大矢監督"と書かない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 6日 (水)

ソフトバンク・iPhone向けプランの改定など

iPhone向け「パケット定額フル」改定、2段階制で月額1695円~(ケータイWatch)

ソフトバンクもiPhoneも特に興味はありませんが、発売1ヶ月でプランを改定する孫社長のフットワークの軽さはさすがですな。

アップル、iPhoneの不具合を修正したファームウェア「2.0.1」(ケータイWatch)

修正した不具合の内容は明かさないというあたり、さすがアップルと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の甲子園・慶応、初戦突破

慶応、46年ぶり夏の甲子園勝利(サンケイスポーツ)

北神奈川代表・慶応高校が長野代表・松商学園高校に6-4で勝利し、初戦突破。慶応は46年ぶりの夏の甲子園の勝利。

神奈川県勢、まずは幸先の良いスタートです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「マイクロフォーサーズ」規格を発表

オリンパスとパナソニック、「マイクロフォーサーズシステム」規格を発表(デジカメWatch)

オリンパスとパナソニックはレンズ交換式デジタルカメラの新規格「マイクロフォーサーズ」を発表。「マイクロフォーサーズ」は従来のフォーサーズ規格からセンサのサイズは維持し、フランジバックを短縮することで、ボディとレンズの小型化を実現する。フランジバックの長さからミラー構造はとらず、ライブビューが前提となる見通し。

一眼レフのサブとして写りの良い小型機が欲しかったので、個人的にはとても興味はあります。しかし、世の中に受け入れられるかというとどうでしょうか?サイズは絶対にコンパクトデジカメに敵いませんし、一方で現行の一眼レフユーザはニコンのD700で盛り上がっているようにフルサイズを求める傾向にあるので、この新規格の狙い所は非常に難しいと思いました。記事中にある動画機能などで差別化を図らないと厳しいかも。

ニコンがD700を発売し、キヤノン・ソニーもフルサイズ撮像素子のボディを予定するなかで、フォーサーズ陣営は逆の方向に舵を切りました。こんな噂もありますが、ペンタックスはどうするんでしょうか?個人的にはスポーツ観戦などで望遠の撮影が多いので、そこそこのサイズで換算焦点距離が1.5倍になる現行のAPS-C規格は使い勝手が良い。出来ればAPS-C規格で高性能(AF速度・精度、連写速度など)のボディが欲しいな。

08080501mft_01l

ロゴマーク

(追記)

8/6は(このブログにしては)アクセス数が多いと思ったら、「マイクロフォーサーズ」をキーワードにアクセスされている方がほとんどでした。マイクロフォーサーズに対するユーザの関心は高いようなので、オリンパスとパナソニックがこの潜在的な需要にどのように応えるかお手並みを拝見です。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2008年8月 5日 (火)

8/4 横浜ベイスターズ 6-3 阪神タイガース (横浜)

【横浜】吉村が追撃の適時打(ニッカンスポーツ)

【横浜】石井琢プロ通算100号に王手(ニッカンスポーツ)

【横浜】主軸3連続適時打、三浦4勝目(ニッカンスポーツ)

虎キラー健在! 横浜・三浦が4勝目(サンケイスポーツ)

5回に一挙4点!鮮やか逆転勝ち…横浜(報知)

横浜立ち直った!阪神に逆転勝ち(スポーツニッポン)

(追加)番長効果!横浜・三浦、専用ソングで虎狩り(サンケイスポーツ)

(追加)三浦4勝!虎に3連勝…横浜(報知)

(追加)やっぱり強いぜ!ハマの番長またまた虎退治(スポーツニッポン)

8/4のベイスターズ-阪神戦は、代役4番の吉村が決勝タイムリーの活躍で逆転勝利。(試合結果)

ベイスターズは三浦が先発するが、1回表にいきなり3点HRを打たれる。しかし、2回以降立ち直ると打線も反撃を開始。1回裏の吉村のタイムリーと2回裏の石井琢のHRで1点差に迫ると、5回裏の内川のタイムリーで同点、吉村のタイムリーで逆転、さらにビグビーのタイムリーで2点を追加する。三浦は結局8回まで投げて失点は1回表の3点のみ。最後は寺原が締めてベイスターズが6-4で勝利。三浦が4勝目、寺原が16セーブ目。

先発投手が失点を最小限に抑えればまともな試合になるという典型的な試合でした。新クリーンアップトリオも上手く繋がりました。村田不在の1ヶ月間は吉村にとって貴重な経験となりそう。吉村自身の調子もタイミング良く上がってきたし、楽しみです。阪神・金本も広島時代に江藤が怪我で離脱したときに代役4番を務めたのが、飛躍のきっかけだった気がします。

横浜が牛田を出場選手登録、吉原は抹消(ニッカンスポーツ)

最近打ち込まれた吉原が抹消。今年中にもう一度立て直して来年の足掛かりを掴みたい。代わって上がってきた牛田はやっと昇格。今年は期待が大きかったのですが、昨年からの体調不良からなかなか回復せず時間がかかってしまいました。吉原同様、来年の足掛かりを掴みたい。この二人が頑張れば今年前半のような状態はならないはず。

金子、大松が初受賞…7月の月間MVP(報知)

グライシンガー、金子らが月間MVP(スポーツニッポン)

村田 五輪には万全の体調で(スポーツニッポン)

(追加)横浜・村田が7月月間MVP!11本塁打(サンケイスポーツ)

(追加)村田、入院中に朗報「体調万全に」…横浜(報知)

(追加)7月の月間MVPに村田、大松ら(スポーツニッポン)

村田の月間MVPはおめでたいですが、思いのほか風邪が重そうなので心配。風邪で日本代表離脱はちょっとはずかしいぞ。

元横浜の島田が常総エースに声援/甲子園(サンケイスポーツ)

島田直也のご子息が甲子園で登板、しかもお父さんと同じ常総学院のエースとして。長く野球を見ているとこんなニュースも嬉しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 3日 (日)

8/3 横浜ベイスターズ 2-19 阪神タイガース (横浜)

【横浜】新4番吉村が先制の適時二塁打(ニッカンスポーツ)

19失点大敗、大矢監督「情けないの一言」…横浜(報知)

村田の穴は高校の後輩・吉村が埋める!(スポーツニッポン)

19失点の大敗…大矢監督の怒りは頂点(スポーツニッポン)

(追加)ファンも呆れて帰ります…横浜19失点惨敗(サンケイスポーツ)

(追加)横浜19失点!大矢監督激怒「情けない」(スポーツニッポン)

後半戦初戦となった8/3のベイスターズ-阪神戦は、ベイスターズ投手陣が21安打19失点と崩壊し、幸先の悪いスタートとなった。(試合結果)

ベイスターズは真田が先発するが3回6失点でKO。2番手の吉見は2回を無失点に抑えるが、3番手以降の投手が合計13失点を喫して合計19失点。一方、打線は2点を返すに留まり、結局2-19の大敗。

後半戦最初の試合なのに、酷い試合。。。先が思いやられるね。5回のベイスターズ攻撃時に聞きなれない応援をしていたので、ネットを見ると大差で負けている時用の投げやりチャンステーマだそうです(本当かは分かりませんが)。投げやりになりたくなる気持ちは分かる。

こんな大敗なのに登板するリリーフ投手(吉見・吉原・山北・横山)が勝ち試合と変わらないね。毎試合毎試合5人も6人も投手をつぎ込むので、負け試合用の投手をベンチに入れる余裕がないんでしょうね。でも、これではリリーフ陣が持たないので、野手を減らして若い投手を上げたら?

村田の代わりは4番が吉村でサードが石川でした。サードは日替わりになりそうな気がしますが、4番は吉村固定で行きましょう。この試合で当てられたデッドボールが心配ですが。

横浜が石井を出場選手登録、村田は抹消(ニッカンスポーツ)

石井琢は今年のオフはまだ大丈夫だと思うが、存在感を示さないとね。

横浜・村田が風邪で入院 数日後で退院の見込み(サンケイスポーツ)

村田が風邪で入院…五輪野球(報知)

日本代表の村田が風邪で入院(スポーツニッポン)

(追加)星野ショック…村田緊急入院、岩隈補充も(スポーツニッポン)

チームを離れた村田は風邪だそうです。大丈夫?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年8月 2日 (土)

8/2 プロ野球・フレッシュオールスターゲーム

イースタン選抜が8-3で勝利/フレッシュ球宴(サンケイスポーツ)

山形蔵王タカミヤホテルズスタジアムで行われたプロ野球・フレッシュオールスターゲームは8-3でイースタンリーグ選抜が勝利。(試合結果)

シーレックスから出場した選手は、高森が6番指名打者スタメンで3打数0安打、黒羽根が8番キャッチャースタメンで2打数1安打、阿斗里が3番手で登板して1回1安打1被HRで1失点。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

8/1 プロ野球・オールスターゲーム第2戦 オール・セ 11-6

【全セ】猛打で雪辱、MVPは荒木/球宴(ニッカンスポーツ)

【全セ】内川5打席連続ヒット/球宴(ニッカンスポーツ)

横浜・内川、本拠地ファンの前で4安打猛爆(サンケイスポーツ)

内川、本拠地で4安打!ベストバッター賞獲得…オールスター第2戦(報知)

地元ハマの内川がイチローに並んだ(スポーツニッポン)

オールスター第2戦・主な記録(スポーツニッポン)

(追加)イチローに並んだ!内川が5打席連続安打(サンケイスポーツ)

(追加)内川、イチローに並んだ!5打席連続安打…オールスター第2戦(報知)

(追加)内川 イチローに並ぶ5打席連続安打(スポーツニッポン)

横浜スタジアムで行われたプロ野球・オールスターゲーム第2戦は、地元ベイスターズの内川が4安打の大暴れするなどセリーグ打線が爆発して圧勝。(試合結果)

ベイスターズから出場した選手の成績は、村田が6番サードで先発して3打数1安打2打点、内川が7番ライトで先発して5打数4安打1打点、寺原が5番手で1回を1安打無失点。

内川は第1戦から5打席連続でヒットを放ち、あのイチローの記録に並び、ベスタバッター賞とマツダ・ビアンテ賞(2戦続いて活躍した選手に贈られるらしい)を獲得。せっかくなのでMVPを獲って欲しかったが、内川にとっては良い経験になりましたね。また、村田と寺原もそこそこ存在感を示せたようなので、辛いシーズンのなか良い気分転換になったのではないでしょうか。

巨人・ラミレスが優勝/球宴本塁打競争(サンケイスポーツ)

HR競争に出場した村田は1回戦で1本に終わり、2本を打ったG・G・佐藤に敗戦。

セにドラフト会議のウエーバーの優先権(サンケイスポーツ)

オールスターは1勝1敗でしたが、得失点差で勝利したセリーグがドラフト会議のウエーバーの優先権を獲得。ウエーバーはセリーグの最下位、つまり我らがベイスターズからの指名となります。今年のドラフトはこれまでのようにウエーバー順 → 逆ウエーバー順ではなく、ずっとウエーバー順で指名するようなので、最下位が決定的なベイスターズにとってはせめてもの救いかな?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年8月 1日 (金)

7/31 プロ野球・オールスターゲーム第1戦 オール・パ 5×-4 オール・セ (京セラドーム)

全パ逆転サヨナラ勝ち、山崎MVP/球宴(ニッカンスポーツ)

(追加)村田 代表エース・ダルに痛打(スポーツニッポン)

(追加)ブラックホッシー 球宴明けに復活?(スポーツニッポン)

京セラドームで行われたプロ野球・オールスターゲーム第1戦はパリーグが山崎(楽天)のサヨナラ安打で勝利。(試合結果)

ベイスターズ勢は、村田が6番サードスタメンで4打数1安打、内川が途中出場で1打数1安打1打点。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ベイスターズ、東海大相模・大田をリストアップ?

横浜 東海大相模・大田を1巡目候補に(スポーツニッポン)

ベイスターズはスカウト会議を行い、今秋のドラフト会議の1巡目候補として東海大相模・大田をリストアップ。

他に指名を考えていそうな読売さんあたりに「1巡目で指名しないと、ウチが指名しちゃうよ」という牽制のような気がします。結局、ベイスターズは例年どおり即戦力投手を指名するんじゃないかな。

先日の慶應戦1試合見ただけの素人の感想ですが、身体能力に優れていて攻守にダイナミックなプレーをする印象を持ちました。また、キャプテンを務め、試合中も頻繁に投手に声をかけていたのも好印象。吉村と6歳離れているので、そろそろ大物打ちが欲しいのも確か。地元出身ですし、もし本当に指名する気があるならそれはそれで歓迎。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »