« 8/3 横浜ベイスターズ 2-19 阪神タイガース (横浜) | トップページ | 「マイクロフォーサーズ」規格を発表 »

2008年8月 5日 (火)

8/4 横浜ベイスターズ 6-3 阪神タイガース (横浜)

【横浜】吉村が追撃の適時打(ニッカンスポーツ)

【横浜】石井琢プロ通算100号に王手(ニッカンスポーツ)

【横浜】主軸3連続適時打、三浦4勝目(ニッカンスポーツ)

虎キラー健在! 横浜・三浦が4勝目(サンケイスポーツ)

5回に一挙4点!鮮やか逆転勝ち…横浜(報知)

横浜立ち直った!阪神に逆転勝ち(スポーツニッポン)

(追加)番長効果!横浜・三浦、専用ソングで虎狩り(サンケイスポーツ)

(追加)三浦4勝!虎に3連勝…横浜(報知)

(追加)やっぱり強いぜ!ハマの番長またまた虎退治(スポーツニッポン)

8/4のベイスターズ-阪神戦は、代役4番の吉村が決勝タイムリーの活躍で逆転勝利。(試合結果)

ベイスターズは三浦が先発するが、1回表にいきなり3点HRを打たれる。しかし、2回以降立ち直ると打線も反撃を開始。1回裏の吉村のタイムリーと2回裏の石井琢のHRで1点差に迫ると、5回裏の内川のタイムリーで同点、吉村のタイムリーで逆転、さらにビグビーのタイムリーで2点を追加する。三浦は結局8回まで投げて失点は1回表の3点のみ。最後は寺原が締めてベイスターズが6-4で勝利。三浦が4勝目、寺原が16セーブ目。

先発投手が失点を最小限に抑えればまともな試合になるという典型的な試合でした。新クリーンアップトリオも上手く繋がりました。村田不在の1ヶ月間は吉村にとって貴重な経験となりそう。吉村自身の調子もタイミング良く上がってきたし、楽しみです。阪神・金本も広島時代に江藤が怪我で離脱したときに代役4番を務めたのが、飛躍のきっかけだった気がします。

横浜が牛田を出場選手登録、吉原は抹消(ニッカンスポーツ)

最近打ち込まれた吉原が抹消。今年中にもう一度立て直して来年の足掛かりを掴みたい。代わって上がってきた牛田はやっと昇格。今年は期待が大きかったのですが、昨年からの体調不良からなかなか回復せず時間がかかってしまいました。吉原同様、来年の足掛かりを掴みたい。この二人が頑張れば今年前半のような状態はならないはず。

金子、大松が初受賞…7月の月間MVP(報知)

グライシンガー、金子らが月間MVP(スポーツニッポン)

村田 五輪には万全の体調で(スポーツニッポン)

(追加)横浜・村田が7月月間MVP!11本塁打(サンケイスポーツ)

(追加)村田、入院中に朗報「体調万全に」…横浜(報知)

(追加)7月の月間MVPに村田、大松ら(スポーツニッポン)

村田の月間MVPはおめでたいですが、思いのほか風邪が重そうなので心配。風邪で日本代表離脱はちょっとはずかしいぞ。

元横浜の島田が常総エースに声援/甲子園(サンケイスポーツ)

島田直也のご子息が甲子園で登板、しかもお父さんと同じ常総学院のエースとして。長く野球を見ているとこんなニュースも嬉しいですね。

|

« 8/3 横浜ベイスターズ 2-19 阪神タイガース (横浜) | トップページ | 「マイクロフォーサーズ」規格を発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1695/22778600

この記事へのトラックバック一覧です: 8/4 横浜ベイスターズ 6-3 阪神タイガース (横浜):

« 8/3 横浜ベイスターズ 2-19 阪神タイガース (横浜) | トップページ | 「マイクロフォーサーズ」規格を発表 »