« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月30日 (火)

コシナ、カールツァイスレンズ2本を発売

コシナ、カールツァイスレンズ2本の発売日を決定(デジカメWatch)

コシナ、超広角レンズ「Distagon T* 3.5/18」を10月に発売(デジカメWatch)

コシナからペンタックスKマウントのカールツァイスレンズ「Distagon T* 3.5/18 ZK」「Makro Planar T* 2/100 ZK」が発売。

毎度、ペンタックスKマウントでも発売してくれてありがたいことです。今回の2本はとても特徴的なレンズで面白いのですが、値段も「Distagon T* 3.5/18 ZK」が16万125円、「Makro Planar T* 2/100 ZK」が18万6,900円と凄い。お値段がお値段なのでなかなか手が出ません。。。

カールツァイス、「ディスタゴンT* 2.8/21」を発表(デジカメWatch)

今後も発売予定があるようで心強い。

08092902cosina_01l

「Distagon T* 3.5/18 ZK」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベイスターズ・川村が引退 (9/29ベイスターズ関連ニュース)

横浜・川村が引退…2軍投手コーチ就任(サンケイスポーツ)

横浜・川村が引退、来季2軍投手コーチに(報知)

横浜投手 川村が引退、2軍コーチに(スポーツニッポン)

(追加)精神的に厳しい…川村引退 2軍コーチ濃厚(スポーツニッポン)

ベイスターズの川村が今季限りで引退。

川村で印象に残っているのは、日本石油時代に出場したアトランタ五輪の決勝。松中(ソフトバンク)の満塁HRで追いついた直後に走者を置いてライトにHRを叩き込まれたのを覚えています。打者はリナレス(元中日)だったかな?その日は徹夜明けでフラフラになりながらテレビ観戦したのを覚えています。

他にはガルベス(元読売)に満塁HRを浴びたり、リリーフ転向直後に代わった初球を山崎武(当時中日、元楽天)にHRを浴びたシーン(これも満塁だったかな?)などが印象にある。特殊な球質で被本塁打が多かったので、打たれたシーンばかりですね。。。98年の日本一を決めた試合の先発なんていうのもありましたが、あの試合は決勝タイムリーの駒田の印象が強いな。

温厚で優しい人柄で感じの良い人でもありました。ガングリオンで調子が上がらず2軍落ちしているときも、面倒臭がらずにファン一人一人にサインをしていたのが印象に残っています。2軍コーチに就くということなので、まずはしっかりと経験を積んで、石井琢監督になるときにはぜひ一軍コーチになってください。

12年間、本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。

080929018805

2006年オープン戦の川村、特徴的な投球フォームが見られないのは寂しい

工藤30日巨人戦先発…横浜(報知)

こちらは来季も続けるような話も出ているので、来季に繋がる内容が欲しいね。

横浜がウッドの出場選手登録を抹消(ニッカンスポーツ)

もう今季は登板はないのかな?来季の契約はどうなるんだろう?1年通じてローテを守ってくれましたが、6回を投げきることが少なかったのでやや微妙。5回まではそこそこなだけに微妙。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月28日 (日)

9/27 中日ドラゴンズ 5×-4 横浜ベイスターズ (ナゴヤドーム)

【横浜】村田先制打、3年連続100打点(ニッカンスポーツ)

【横浜】サヨナラ負けで10連敗(ニッカンスポーツ)

横浜・村田、松井秀以来の3年連続100打点(サンケイスポーツ)

セ日本人選手で松井以来、村田3年連続100打点…横浜(報知)

(追加)村田が球団初3度目100打点…横浜(報知)

(追加)初回4点先制でも…横浜嘆きの10連敗(スポーツニッポン)

9/27の中日-ベイスターズ戦は、初回の4得点を守りきれずサヨナラ負け。(試合結果)

ベイスターズは1回表に村田のタイムリーと金城の3点HRで4点を先制する。しかし、先発のウッドがこの4点を守れず、1回裏に2点を失うと4回裏にも2失点で同点とされて降板。打線も2回以降は得点を取れず9回までもつれ込むが、最後は山口が押し出し四球でサヨナラ負け。

初回の4点を守りきれないウッドも悪いが、リリーフは頑張っていたので打線もなんとかしないと。目標のあるチームとの気持ちの違いかな。クライマックスシリーズの導入で目標のあるチームが増えたので、ダントツ最下位のチームはつらい。

最後は山口には厳しい場面でしたが、あのような厳しい場面でも試してもらえるレベルに達したといことでしょう。びびりまくっての押し出しではなかったので、この敗戦も糧になるはず。

上田 “異例”の引退試合に感謝(スポーツニッポン)

中日さんの話ですが、上田も引退ですか。上田というと松商学園のときの四日市工・井手元との投げ合いの印象が強い。延長戦になって最後井手元が上田に押し出し死球を与えて終わったんだよね。その日の晩の「熱闘甲子園」のオープニング(井手元の最後の一球が手を離れるところで終了)が今でも強烈に印象に残ってる。

17年間お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月27日 (土)

ペンタックスファーラムでK-mを触ってみました

新宿のペンタックスフォーラムで修理に出したK10Dを受け取ったついでに、一足先に展示されていたK-mを触ってきました。触ってみて特に高感度性能の高さに驚きました。同じCCDのK10Dよりもかなり良くなっています。

・サイズは特に横幅の小ささが印象的。オリンパスのSP-5XXシリーズのような感じ。

・スーパーインポーズ(合焦した測距点が赤く光る機能)の機構は結構場所をとるため、小型化のため削除したらしい。

・キットレンズのDAL18-55mmF3.5-5.6ALはDA18-55mmF3.5-5.6ALIIと光学系が同じで、写りも同等らしい。

・連写速度の向上(3.5枚/秒)はボディの小型化とシャッターユニットの刷新によって達成できたとの話だったが、聞いていた印象ではボディの小型化の寄与のほうが大きそうだった。

・液晶画面で確認しただけだが高感度性能はかなり良いと思った。同じCCDを使っているK10Dよりも1段以上良い感じ。ISO1600でも結構使える。

08092701f1000057

ペンタックスフォーラムに展示中のK-m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フォトキナの気になる記事・その2

「K20D」と「K200D」の後継機を2009年夏前に投入(デジカメWatch)

ペンタックスの副事業部長・北川氏のインタビュー記事の感想。

・ボディのラインナップ
複数のラインナップが必要と言う一方、高級機は台数ベースのシェアが小さいので考えないという。狭い領域に性能の近い機種を複数ラインナップするのはペンタックスの伝統ですね。今まではそれで生き延びてきたが、今後も続くか不安。K200Dは普及機の上位、K-mは普及期の中位だそうです。K-mで中位ということはその下があるのか?

・645Digitalの開発再開
試作機まで作りながら開発の中止が報じられた645Digitalですが、開発リソースが確保され、開発が再開したようです。半年で再開するくらいなら、わざわざ中止なんて対外的に言わなきゃいいのに。ペンタックスとしてはフルサイズよりも645Digitalの開発を優先するそうですが、これは賛成です。他社がやらないことをやるべき。

・K20D、K200Dの後継機
K20DとK200Dの後継機を来年の夏前にリリース予定だそうです。大いに期待したいところですが、画質の向上にばかり触れているのが気になります。また、撮像素子の変更だけに終わらないだろうか?画質はK20Dをブラッシュアップする程度でいいので、もう少し連写性能等のメカ部をアップグレードして欲しい。K-mの連写速度が上がっているので、多分大丈夫だと思いたいですが。

Photokina 2008: Monday Wrap Up

海外のレポートですが、ペンタックスのところにLimitedレンズのケースの写真が掲載されています。これはなかなかいいですね。日本でも発売するかな?ちなみに本文中には「これ(ケース)を使ってもあなたの写真自体は良くならないけどね」と書かれています。そりゃそうだ。

0809260120954

limitedレンズのケース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベイスターズ絡みのドラフト情報

プロ・アマ連絡会でプロ側が5項目の要望(ニッカンスポーツ)

田沢問題でプロが見直し案5項目要望(サンケイスポーツ)

プロが見直し案5項目要望…田沢の大リーグ挑戦問題(報知)

“田沢問題”でプロが見直し案5項目要望(スポーツニッポン)

(追加)田沢問題でプロがアマに5項目の要望(ニッカンスポーツ)

(追加)「第2の田沢」防止へルール作り必要…プロとアマが連絡会(報知)

(追加)田沢問題プロアマ連絡会 5項目の要望(スポーツニッポン)

田澤はベイスターズの指名最有力だったので、一応ベイスターズ絡みにさせてもらいます。プロ側の要望を見ても、正直今ひとつピンときません。要望通りだとどんな感じになるのかな?日本プロ野球の魅力を高めてメジャーより日本に残りたいと思ってもらうのが一番ですが、一朝一夕には無理でしょう。アマ選手のやる気を殺がない良い落とし所があるといいのですが。

東海大に断り!151キロ腕・甲斐がプロ表明(スポーツニッポン)

今年のベイスターズ投手陣の惨状を省みると即戦力投手が必要ですが、候補が悉くプロ拒否となると高校生の1位もあるかもしれません。今年の高校生ではトップクラスの評価なので集中するでしょうが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月26日 (金)

9/25 阪神タイガース 5-3 横浜ベイスターズ (甲子園)

【横浜】初先発の阿斗里5失点KO(ニッカンスポーツ)

【横浜】5年ぶり9連敗「早く止めたい」(ニッカンスポーツ)

横浜・阿斗里は5失点KOでプロ初黒星喫す(サンケイスポーツ)

新人・阿斗里5失点KOプロ初黒星…横浜(報知)

「緊張特にない」阿斗里、プロ初先発へ闘志(スポーツニッポン)

初先発の阿斗里は5失点KO(スポーツニッポン)

(追加)横浜高卒ルーキー阿斗里プロ初先発KO(ニッカンスポーツ)

(追加)阿斗里、プロ初先発も4回途中5失点KO…横浜(報知)

(追加)阿斗里 初先発もホロ苦5失点KO(スポーツニッポン)

9/25の阪神-ベイスターズ戦は、高卒ルーキーの阿斗里が初先発するものの4回途中5失点でKOされて敗戦。(試合結果)

プロ入り初先発の阿斗里は3回まで無失点抑えるが、4回裏に安藤のタイムリーなどで5点を失って降板。一方、打線は5回表の石川のタイムリー、6回表の村田のタイムリーと金城の犠牲フライで3点を返すのが、その後は阪神の継投にかわされて5-3で敗戦。

阿斗里は高卒ルーキーでプロ入り初先発ということを考慮すると頑張ったと思います。全体的に球が高い、打ち取る球がなくて粘られるなどの課題がありそうですが、これからの課題ということで今日のところはお疲れ様。

阿斗里の高校時代は、コントロールを気にしてフォームを弄るなど精神的に脆いというイメージを持っていましたが、プロに入ってからのコメントを見ると結構落ち着いていてしっかりしたコメントをしてますね。チャンスは一杯あるので、今後に期待したい。

146キロ左腕の亜大・岩見 大阪ガスへ…東都大学野球(報知)

新日本石油・田澤に続いて、またもベイスターズが指名を検討していた選手がプロ入りしなさそうです。これで1巡目は競合覚悟で近大・巽かな?でも、クジ弱いから、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月25日 (木)

9/24 阪神タイガース 5-2 横浜ベイスターズ (甲子園)

【横浜】村田メシのため?先制適時打(ニッカンスポーツ)

【横浜】8連敗、借金42のWワースト(ニッカンスポーツ)

横浜、三浦でも連敗止められず8連敗(サンケイスポーツ)

エース三浦でも止められず…横浜8連敗(報知)

番長でもダメだった…横浜8連敗(スポーツニッポン)

(追加)三浦、阪神に今季初黒星…横浜8連敗(報知)

(追加)三浦も勝てず…横浜ついに泥沼8連敗(スポーツニッポン)

9/24の阪神-ベイスターズ戦は、三浦が踏ん張れずに逆転負け。(試合結果)

ベイスターズは1回表に村田のタイムリーで1点を先制する。しかし、先発の三浦は3回裏に今岡の2点HRで逆転されると、4回裏にも2点を追加される。その後は、阪神の早めの継投に内川のHRの1点に抑えられて、結局5-2で敗戦。

連敗中ということもあって元気のなさが目立つ。若い選手はせっかくチャンスをもらっているのだから元気を出して。3番手の高宮は左打者相手に出てきて、いきなり死球、ヒットじゃ話にならんぞ!

横浜が相川を出場選手登録、仁志を抹消(ニッカンスポーツ)

横浜・仁志が「右背筋挫傷」で登録外れる(サンケイスポーツ)

仁志が登録外れる…横浜(報知)

仁志が「右背筋挫傷」で登録外れる(スポーツニッポン)

順位も決まったので、仁志あたりは来季に備えてオーバーホールでいいんじゃない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月24日 (水)

フォトキナの気になる記事

ドイツで行われているカメラショー・フォトキナに関して気になる記事をピックアップ。

オリンパス、マイクロフォーサーズ試作モックアップを展示(デジカメWatch)

これはなかなか面白い。マイクロフォーサーズにはこの試作品のように従来の一眼レフとは離れた製品を期待したい。そういう意味で先日パナソニックから発表されたG1はやっぱり微妙。

次世代撮像素子を発表した富士フイルム(デジカメWatch)

撮像素子の多画素化も行き着くところまで行った感があるので、そろそろ新しいブレークスルーが欲しい。最近のフジは画素を増やす方向で製品開発をしており、F30を気に入っているものとしては残念に思っていたので、今回の発表は先が楽しみ。フジ以外にもシグマが採用しているFoveonやソニーの裏面照射型CMOSなどもあり、次世代の撮像素子が楽しみになってきました。

「K-m」が人気のペンタックス(デジカメWatch)

先日のプレスリリース以外にも追加展示されるのではと期待していましたが、なにもなさそうで残念。防水(W60)と防塵(K200D)の展示はなかなか激しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

9/23 埼玉西武ライオンズ-東北楽天ゴールデンイーグルス(西武ドーム)を観戦

M2となった西武のパ・リーグ優勝のかかった試合を観戦。

胴上げの可能性がある試合ということで、開門前からファンが球場に詰め掛けて長蛇の列を作っていました。当然球場は西武ファンでほぼ満員で、一球一打に球場がざわめく普段とは違う雰囲気の中で試合が行われました。試合はライオンズの優勝への執念とプレッシャーの両面が見られてとんでもない展開となりました。

西武はルーキーの平野、楽天は朝井が先発。平野は1回表にフェルナンデスのタイムリーで1点を失う。それに対して西武は2回裏に中村のHRですぐに追いつく。しかし、平野は立ち直ることなく、3回表にまたもフェルナンデスに2点HRを浴びてノックアウト。その後、中盤は西武の2番手の大沼が好投、朝井も再三のピンチを切り抜けて両チームとも無得点が続く。

終盤に入ると再び激しく試合が動く。7回裏に西武・片岡が三塁打を放つと相手にエラーも重なって一気にホームインして1点差。8回表に大沼から代わった小野寺が初球を内村の頭に当てて危険球退場。代わった正津がセギノールに2点HRを浴びて、西武は3点差に突き放される。

しかし、優勝への執念を見せる西武は8回裏に相手のエラーで掴んだチャンスに細川の犠牲フライと片岡のタイムリーで1点差。オリックス敗戦の一報が球場に入り、球場のボルテージは一挙に上がり逆転ムードへ。さらに2死満塁からこの試合チャンスで凡退が続いていた4番後藤が走者一掃の逆転タイムリー二塁打。

球場は胴上げモードの中、最終回に入る。マウンドに抑えのグラマンが上がるが、先頭打者のショートゴロで一塁手の足が離れて内野安打とすると、内野のエラーも出て満塁のピンチ。ここで藤井に押し出し四球、フェルナンデスに満塁HRを浴びてあっという間に逆転。ここから反撃する力は残ってなく、結局7-10で楽天が勝って、胴上げを阻止。

優勝がかかって球場の大多数を占めた西武ファンの気合が入る中、二転三転した試合となったので、周囲の雰囲気がジェットコースターのように変化して凄かった。序盤は楽天が優勢だったのでやや弱気、西武が1点差に迫ると元気が出てくるが、直後に3点差に離されて胴上げ持ち越しのムード。しかし、その裏大逆転で一気に胴上げムードに。しかし、9回表まさかの逆転で茫然自失といった感じでした。

ここまでくると西武の優位は覆りませんが、できれば休日の地元の試合で決めたかったでしょうね。西武ファンの皆さんは残念でしたが、また次へのお楽しみということで。

【観戦した選手たちの感想】

・大沼(西武):2番手で投げて4回2/3を無失点。先発が早々とKOされた後、しっかりと試合を作って逆転につなげました。そのまま勝っていたら、間違いなく投手のヒーロー。ストレートは常時140キロ後半で安定してストライクが取れており、危なげない内容でした。お父さんが亡くなられたそうですが、そんな雰囲気は微塵も感じられませんでした。

・小野寺(西武):3番手で投げて0/3を1失点。代わった直後の初球に危険球で退場。ちょっとひどい。

・片岡(西武):1番ショートスタメンで5打数2安打2打点1盗塁。1点差に迫るヒットを2本放つ。打つほうもさることながら、三塁打の足、バタバタ投手が交代した直後の盗塁など足もさすが。また、守備でもファインプレーあり。

・後藤(西武):4番DHスタメンで5打数1安打3打点。最初の4打席はいずれも走者を置いて凡退したが、5打席目に逆転の走者一掃のタイムリー。今年は頑張ってるんですね。

・中村(西武):5番サードスタメンで4打数1安打1HR1打点。第2打席のHRは高く上がったレフトフライだと思ったが凄いパワー。打率は低いが雰囲気はあって怖い。

・石井義(西武):ファースト途中出場で4打数1安打。死球で退いたブラゼルに代わってファーストを守る。走者を置いて2度凡退。9回表はショートゴロの際足が離れて内野安打とする。この試合は良いところなし。

・江藤(西武):代打出場で四球。8回裏に一旦逆転したときに1死一塁から四球を選んで上位に繋ぐ。8回裏の逆転劇はこの江藤の四球が大きかった。良く選んだと思います。

・朝井(楽天):先発して6回0/3を2失点。序盤から走者を背負ってのピッチングとなったが、粘りの投球。フィールディングでも活躍。

・内村(楽天):2番セカンドでスタメンで3打数1安打。第1打席のバントヒットはお見事。一方、第2打席で無死1塁で走者を進められなかったのは、監督に怒られるでしょう。第4打席に頭に死球を受けましたが、大丈夫だったでしょうか?

・フェルナンデス(楽天):3番サードスタメンで5打数3安打2HR7打点。逆転満塁HRなど7打点の大暴れ。古巣の胴上げを見たくなかったのでしょうか?

【写真】

080923011972

試合前、レオとスクリーンを眺める西武・片岡

080923021982_2

大人と子供?

080923032008

中村の同点HRに沸く球場一杯の西武ファン

080923042019

マウンドに向かう西武2番手の大沼

080923052056

西武ドーム独特?屋根の隙間から差し込む光線

080923062086

レオ

080923072092

逆転タイムリーにガッツポーズの西武・後藤、この時点では胴上げムード

080923082102

胴上げスタンバイ中の帆足と涌井

080923092108

楽天・フェルナンデスにまさかの逆転満塁HR

080923102119

試合は二転三転の末、楽天が勝利

【関連ニュース】

西武“まさか”の落とし穴…抑えの乱調で敗戦(サンケイスポーツ)

(追加)西武にVの重圧9回満弾浴び胴上げお預け(ニッカンスポーツ)

(追加)西武、胴上げスルリ…九回グラマン5失点(サンケイスポーツ)

(追加)あと2人で獅子舞消えた…西武9回逆転満塁被弾(報知)

(追加)西武 優勝決める!逆転負けもM1(スポーツニッポン)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年9月23日 (火)

9/23 阪神タイガーズ 1-1 横浜ベイスターズ (甲子園)

【横浜】内川が6回気迫の中前先制打(ニッカンスポーツ)

(追加)横浜、2シーズンぶりの最下位決まる(サンケイスポーツ)

(追加)大矢監督「残念としか言いようがない」…横浜2年ぶりの最下位(報知)

(追加)横浜 あと1本が出ず…最下位確定(スポーツニッポン)

9/23の阪神-ベイスターズ戦は、優勝のかかった阪神の執念のディフェンスの前にあと1点が奪えず引き分け。(試合結果)

ベイスターズ・小林、阪神・下柳の両先発投手が互いに譲らず5回まで無失点に抑える。まず、ベイスターズが6回表に内川のタイムリーで1点を先制する。しかし、その直後に阪神が鳥谷のHRで同点に追いつく。7回以降は後を受けた両チームのリリーフ陣が得点を許さず、結局1-1で引き分け。

延長戦に入ってからはむしろベイスターズの方が押していたのですが、10回の藤本、11回の平野の守備など阪神の気迫のディフェンスから1点を奪うことができませんでした。こうなると最下位のチームはつらい。投手陣の頑張りで負けなかっただけでもよしとしなくてはいけないかもしれません。この試合は3番手の山口が同点の9回という厳しい場面をしっかりと抑えました。このような積み重ねが大事。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペンタックス、デジタル一眼レフカメラ等の新製品を発表

ペンタックスがデジタル一眼レフカメラや交換レンズ等の新製品およびフォトキナの参考出品について発表。なかなか発表されずにやきもきしましたが、これでとりあえず一安心ですね。

ペンタックス、APS-Cセンサーで最小ボディの「K-m」(デジカメWatch)

ペンタックスはエントリーモデルのデジタル一眼レフカメラの新製品「K-m」を発表。APS-Cサイズの撮像素子を搭載した一眼レフカメラで世界最小を謳っており、モデル名の「m」は「ミニ」「マイクロ」「ママ」の意味だそうです。ペンタックスの製品情報のページを見ても思いっきり「ママ」にフォーカスしています。

主なスペックは以下の通り。
  ・撮像素子:APS-C 1000万画素
  ・感度:ISO100~3200
  ・ファインダー:ペンタミラー
  ・手ブレ補正機能
  ・連写機能:3.5枚/秒
  ・単三電池4本
  ・サイズ:122.5×91.5×67.5mm、525g
  ・詳しいスペックはこちら

一番の売りとなるサイズは他社モデルと比べると幅はかなり小さく、高さはほぼ同等、厚みはやや大きくなっています。実際に手に持たないと分かりませんが、数字だけ見るとコロッとして丸い感じでしょうか?重さはやや重いですが、ボディ側に手ブレ補正機能を載せると仕方ないか。

撮像素子はK10D、K200Dと同じCCDのようですが、感度はISO3200まで拡張されています(他2モデルは1600まで)。後出しだけに画像処理は進歩しているかもしれません。また、連写も(ペンタックスデジタル一眼レフカメラ)史上最多の3.5枚/秒!位置付けはエントリーモデルですが、もしかすると羊の皮を被った狼かもしれません(あくまで当社比)。

レンズキットに専用の廉価なレンズをつけて相当にお買い得なお値段になりそうなので、ペンタックスユーザはもちろん、他社システムをお持ちの方も試しにサブに1台買ってみてはどうですか?いや、お願いします、買ってあげてください(笑)

0809220120081901_2

ペンタックス「K-m」

ペンタックス、「DA★」に55mm F1.4など追加(デジカメWatch)

交換レンズはDA★の「smc PENTAX-DA★ 55mm F1.4 SDM」と「smc PENTAX-DA★ 60-250mm F4 ED [IF] SDM」の2本を2009年1月に発売。

伸びに伸びていた60-250mm F4の発売日がようやく決まりましたね。個人的には55mm F1.4の方に興味があります。今年のPIEの参考出品のときからペンタックスの人たちが55mmの写りにかなり自信があると仰っていました。ただし、ピントにはかなりシビアらしく、合わせるのが難しいみたい。

0809220220081802_2

smc PENTAX-DA★ 55mm F1.4 SDM

ペンタックス、P-TTL対応のマクロストロボ「AF160FC」(デジカメWatch)

続いて物撮り用のマクロストロボ。個人的にはあまりお世話になることはないと思いますが、システムとして用意されているのは重要ですね。

0809220320081701

ペンタックス、「DA 15mm F4リミテッド」をフォトキナで参考出品(デジカメWatch)

23日からドイツで行われるカメラショー・フォトキナでは、発売日が決定している製品以外にも「smc PENTAX-DA 15mm F4 ED AL Limited」や「smc PENTAX-DA 1.4X REAR CONVERTER SDM」を展示予定。

0809220420082001b

「smc PENTAX-DA 15mm F4 ED AL Limited」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9/22 阪神タイガース 3-2 横浜ベイスターズ (甲子園)

【横浜】吉村追撃の32号2ラン(ニッカンスポーツ)

【横浜】今季ワースト7連敗&借金41(ニッカンスポーツ)

大矢監督「もう一息」今季初7連敗…横浜(報知)

「もう一息だった…」横浜 今季初の7連敗(スポーツニッポン)

9/22の阪神-ベイスターズ戦は、打線に元気がなく7連敗。(試合結果)

ベイスターズは吉見が先発するが、立ち上がりに捕まって2回までに3点を失う。一方、打線は4回表に吉村の2点HRで1点差まで迫るが、その後のチャンスに一本が出ずにそのまま3-2で敗戦。

5回表の2死満塁など結構チャンスは作りましたが、(例のごとく)一本が出ませんでした。藤川を8回頭からつぎ込んだ阪神の執念に押された感じでしょうか?せめてプロ初先発の石川は引き摺り下ろしてほしかった。

巨人援護!?大矢監督“虎退治”宣言(スポーツニッポン)

この試合は負けましたが、次は頼むよ。

工藤の進退は本人の意思次第…横浜(報知)

ここまで来たら納得がいくまでやってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月22日 (月)

9/21 東京六大学・法政大学-立教大学(神宮)を観戦

神宮球場で行われた東京六大学を観戦。

この日は、第1試合の法大-立大開始の11時頃からパラパラと雨が降り始め、試合中はかなりの雨量となりました。バックネット裏の特別指定席で入場しましたが、試合開始前に早々と屋根のある2階席に避難して観戦。結局、第1試合はなんとか最後まで行われましたが、第2試合の東大-早大は試合開始前に順延となりました。その後、土砂降りになったので第2試合順延は的確な判断でした。

第1試合の法大-立大は、まず2回表に法大が長谷川のHRで2点を先制。その後も塁上を走者で賑わすものの立大の継投の前になかなか追加点を奪えず。一方、立大も序盤はチャンスを作るが得点できない間に、法大先発の加賀美の調子が上がってくる。9回に法大が1点を追加すると、その裏も加賀美が抑えて15奪三振の完封。3-0で法大が勝利。立大投手陣が被安打9、与四球9と荒れ気味だったため、3-0というスコアの割には3時間弱と時間がかかりました。

完封した法大の加賀美投手は桐蔭学園出身の2年生。2005年の神奈川県大会で少し見たときは体の大きい選手という印象が残っています。この日は走者がいない場面でもセットポジションからの投球で、ストレートは140キロを超える程度。まとまりを気にして少し小さい投球にも見えました。ただ、ピンチを迎えた場面や終盤の完封がかかった場面では、140キロ後半の目一杯のストレートを投げ込み、気持ちも前面に出た力強い投球を見せてくれました。加賀美はまだ2年生でこの試合の勝利は大学初勝利のようなので、今後の成長が楽しみです。

080921011926

雨中に行われた法大-立大(神宮)

080921021925

観客の皆さんも傘をさしての観戦

080921031939

加賀美投手の完封で法大が勝利

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月21日 (日)

9/21 東京ヤクルトスワローズ-横浜ベイスターズ(神宮)は雨天中止

神宮球場で予定されていたヤクルト-ベイスターズ戦は雨のため中止。

横浜吉川が昇格、小山田を登録抹消(ニッカンスポーツ)

ここに来て吉川の昇格は意外。彼にとってはラストチャンスになるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月20日 (土)

9/20 東京ヤクルトスワローズ 4-1 横浜ベイスターズ (神宮)

【横浜】村田が5試合ぶり41号ソロ(ニッカンスポーツ)

横浜・村田が単独キング守る41号ソロ放つ(サンケイスポーツ)

村田が単独トップ41号…横浜(報知)

村田41号ソロ!トップを維持(スポーツニッポン)

(追加)村田、日本人球団新41号…横浜(報知)

(追加)村田 41号ソロも…今季初の6連敗(スポーツニッポン)

9/20のヤクルト-ベイスターズ戦は、打線が村田のHRの1点のみに抑えられて6連敗。(試合結果)

ベイスターズ先発のウッドは2回裏に2本のタイムリーで2点を失う。一方、ベイスターズは序盤から再三チャンスを作るが、例によってタイムリーが出ずに得点ができず、5回表に村田のHRで1点を返したのみ。もたもたしていると8回裏に2点を追加されて結局4-1で敗戦。

三者凡退は1回と9回だけですが、結局得点はHRの1点のみ。村田のコメントも個人成績に関するものが増えてきたのも仕方ないか。相川が登録抹消になってから武山と斉藤俊の二人が本塁を守っていますが、最近は斉藤俊のときに失点が多い気がします。大変だとは思いますが、結果が出なくても一軍で使ってもらえる機会は滅多にないので、しっかりと勉強してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペンタックス・デジタル一眼レフカメラ新製品の噂

9/23からドイツで開催されるカメラショー・フォトキナでペンタックスが展示予定の製品の噂がようやくネット上で出回っています。

デジタル一眼レフカメラでは、エントリーモデルの新製品が発表されるようです。このモデルは小型・軽量・安価を目指したモデルとなるようです。また、それ以外にも数本のレンズ、SDMリアコンバータ、リングフラッシュなども展示されるようです。

他社が華々しく新モデルを発表するなかペンタックスは音沙汰がなかったので、やきもきしましたが、(地味だけど)とりあえず何も展示するものがないという事態は避けられそうなので安心しました。正式発表を楽しみに待ちましょう。

08092001km

ペンタックスの新エントリーモデル?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

9/19 東京ヤクルトスワローズ 6-2 横浜ベイスターズ (神宮)

【横浜】工藤が5カ月ぶりの先発(ニッカンスポーツ)

横浜が工藤を出場選手登録(ニッカンスポーツ)

【横浜】工藤、自責点1も6失点降板(ニッカンスポーツ)

【横浜】5連敗で借金ワースト39(ニッカンスポーツ)

横浜・工藤“45歳初登板”は雨中の6失点(サンケイスポーツ)

45歳の工藤6失点KO…横浜(報知)

(追加)工藤復帰戦飾れず、4回途中7安打6失点(ニッカンスポーツ)

(追加)横浜・工藤、史上6人目の45歳以上出場(サンケイスポーツ)

(追加)工藤、5か月半ぶり復帰戦飾れず…横浜(報知)

(追加)6失点降板も45歳・工藤収穫「まだいける」(スポーツニッポン)

9/19のヤクルト-ベイスターズ戦は、工藤が5ヶ月ぶりに先発するも味方の守備に足を引っ張られてKOされて敗戦。(試合結果)

ベイスターズは1回表に内川のタイムリーで先制するが、その裏に工藤が1点を取られて同点とされる。工藤は3回裏に石川のタイムリーエラーで1点を失うと、4回裏にも2死満塁から吉村の落球で2失点し、続く福地に2点タイムリーを打たれたところで降板。結局試合は6回表に入ったところで降雨コールドとなり、6-2で敗戦。

よりにもよって久々の工藤の登板のときにこんなに足を引っ張らなくてもいいのに。どうやら来季も工藤は続けるようなので、腐らずにまず今季の1勝を目指してください。

燕ルーキー由規、横浜戦リベンジを誓う(サンケイスポーツ)

由規、横浜戦完投で雪辱だ…ヤクルト(報知)

返り討ちにしてやると言いたいですが、自信ない。

田沢問題でNPBルール作り間に合わない(ニッカンスポーツ)

日米間新ルール 田沢には間に合わず(スポーツニッポン)

田沢問題 NPBがアマ側と26日協議(スポーツニッポン)

(追加)ドラフト田沢問題 12球団代表者が協議(スポーツニッポン)

どうなることやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月18日 (木)

ドコモ、ソフトバンクからも「Touch Diamond」などを発売

ドコモとソフトバンクから「Touch Diamond」「Touch Pro」登場(ケータイWatch)

イー・モバイルから発売される「Touch Diamond」とauからチューニングして発売される「Touch Pro」がドコモとソフトバンクからも発売されるそうです。これでHTC製スマートフォンは4キャリアから発売されることになりました。

HTCの元気の良さが目立つ一方で、シャープ以外の国内メーカがスマートフォンに及び腰なのは残念です。iPhoneも思ったより売れていないそうですし、スマートフォンに対する国内の需要が読めないんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9/17 横浜ベイスターズ 2-6 読売ジャイアンツ (横浜)

【横浜】三浦6失点降板「申し訳ない」(ニッカンスポーツ)

チーム勝率上回る打率の横浜・内川が孤軍奮闘(サンケイスポーツ)

内川が孤軍奮闘…横浜(報知)

内川孤軍奮闘!勝率より打率上回る?(スポーツニッポン)

(追加)【横浜】巨人に3連敗で借金ワースト38(ニッカンスポーツ)

(追加)三浦最短KO「申し訳ない」…横浜借金最多38(報知)

(追加)三浦番長“らしくない”最短3回KO(スポーツニッポン)

9/17のベイスターズ-読売戦は、三浦が連日の一発攻勢に沈み連敗。(試合結果)

ベイスターズは先発の三浦が3回までに3本のHRで6点を失い、早々とノックアウト。打線もプロ初先発の東野に6回を内川の2安打のみに抑えられて2-6で敗戦。

一応終盤にチャンスを作りましたが追いつける雰囲気はなく、3回で大勢が決した感じです。いきなり6失点では、スタジアムのベイスターズファンも白けたのではないでしょうか。これで読売戦は7連敗。阪神ファンは怒ってるだろうな。

田沢問題で意見を交換…NPBとMLB(サンケイスポーツ)

田沢問題でNPBとMLBが意見交換(報知)

NPBとMLB 田沢問題解決へ意見交換(スポーツニッポン)

(追加)田沢問題進展!?日米が意見交換(報知)

(追加)「田沢問題」日米で緊急意見交換(スポーツニッポン)

田沢一人の問題ではないので、しっかりとしたルールを作ってください。絶対にメジャーに舐められないようにお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月17日 (水)

9/16 横浜ベイスターズ 1-14 読売ジャイアンツ (横浜)

【横浜】那須野2カ月ぶり登板4失点KO(ニッカンスポーツ)

【横浜】投打に完敗で80敗目借金も37(ニッカンスポーツ)

【横浜】3年連続4位以下確定(ニッカンスポーツ)

横浜2ケタ失点惨敗…今季の4位以下が確定(サンケイスポーツ)

横浜2ケタ大敗、3年連続Bクラス確定(報知)

横浜80敗到達…4位以下が確定(スポーツニッポン)

(追加)横浜大矢監督「やられっ放し」最速80敗(ニッカンスポーツ)

(追加)横浜 14失点で80敗…CS完全消滅(スポーツニッポン)

9/16のベイスターズ-読売戦は、一方的に打ち込まれた14失点で惨敗。(試合結果)

ベイスターズは那須野がひさびさに先発するが、1回表に1点を失うと、3回表には李に3点HRを浴びて早々と降板。2番手以降の投手も李に3打席連続HRを打たれるなど打ち込まれて合計14失点。打線も久々の先発の久保から1点しか取れず、1-14で惨敗。

どうにもならない試合でした。那須野は久々でしたが全然駄目でしたね。2年前に先発していたときはテンポが悪くて打線の援護はもらえませんでしたが、もっと球威があったので、なんとか取り戻したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月16日 (火)

9/15 横浜ベイスターズ 4-6 読売ジャイアンツ (横浜)

【横浜】吉見反省の6回途中5失点(ニッカンスポーツ)

横浜、反撃遅く…「六回の3点が痛かった」(サンケイスポーツ)

村田4の0不発!2点差詰め寄るも及ばず…横浜(報知)

最大のチャンス…村田あ~~ぁ、手が出ず(スポーツニッポン)

(追加)横浜 あぁ巨人戦5連敗…借金“最悪”(スポーツニッポン)

9/15のベイスターズ-読売戦は、終盤に見せ場を作るものの追いつけずに敗戦。(試合結果)

ベイスターズは2回裏に相手のエラーで1点を先制するが、先発の吉見が2本のHRなど3点を取られてすぐに逆転される。さらに6回表にも阿部のHRなどで2点を追加される。ベイスターズは8回裏に3点を返して反撃をするが及ばず、4-6で敗戦。

2点差に迫ってなお2死1塁2塁、打者村田の場面は力が入りましたが、残念でした。そこまでの失点が多すぎましたね。しかも、ラミレスにHRを打たれたら駄目だろ。

3番手で山口が2回を無失点に抑えましたが、ストレートの球威は良かった。春先ファームでバラバラの状態を見ているだけに良くここまで立て直したと思いました。しかし、ストレートのコントロールは若干アバウト、変化球(スライダー?)も浮いていたので、怖い球もたくさんあった。一軍定着にはもう一段階レベルアップが必要でしょう。

横浜・工藤が1軍に合流 G戦先発へ(サンケイスポーツ)

横浜、工藤が1軍合流 今週中にも先発へ(サンケイスポーツ)

工藤が1軍合流…横浜(報知)

“ハマのおじさん”工藤が帰って来た(スポーツニッポン)

(追加)横浜・工藤、5カ月ぶり1軍「新人みたい」(サンケイスポーツ)

(追加)工藤5か月ぶり1軍合流…横浜(報知)

(追加)工藤が1軍練習合流 19日先発有力(スポーツニッポン)

ずいぶんと時間がかかりました。内容によっては引退なんて話が出るかもしれないので、来季に期待できるような投球を期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

一眼レフカメラ・ペンタックスMZ-5N(新品)を確保

某カメラ屋さんでペンタックスの銀塩一眼レフカメラ・MZ-5N(黒)の新品を発見。24800円でしたが、迷わず確保。

MZ-5Nの基本スペックはMZシリーズ(MZ-Sを除く)の最上位であるMZ-3と同じで、シャッターユニットのみMZ-5と同じ低速なものを使用(シャッター速度はMZ-3が最速1/4000、MZ-5/5Nは1/2000)。詳しいスペックはこちら

以前ジャンクで購入したMZ-5を結構気に入っていて(たまにしか使わないけど)、いずれMZ-3も確保しておきたいと思っていたので、ほぼ同等のMZ-5Nを新品で確保できたのはとても嬉しい。とっくに生産は終了しているので、いつ製造された個体か分かりませんが、説明書は旭光学、本体はPentax Corporation、保証書はHOYA株式会社でした。ピカピカの新品なので使うのがもったいなくなってしまいますが、それではカメラも浮かばれないので、使ってあげないとね。

入れ替わり(?)に新宿のペンタックスフォーラムでCCDのクリーニングに出したK10DがAF動作時異常音と診断されて入院する破目に。撮影には問題がないということでしたが、気持ち悪いので直してもらうことにしました。寒いとき、暑いとき、小雨のなかなどこき使ってたからなー。早く元気になって戻ってきてね。

080914010656

MZ-5Nのセット、箱はなぜかMZ-5

080914020658

MZ-5Nボディ、スリムでかっこいい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月14日 (日)

9/14 横浜ベイスターズ 4-8 中日ドラゴンズ (横浜)

【横浜】村田が39号、40号連発(ニッカンスポーツ)

キングへGO! 横浜・村田、連発40号(サンケイスポーツ)

最速151キロ!横浜・阿斗里、堂々プロ初登板(サンケイスポーツ)

村田39号40号!それでも中日倒せず(スポーツニッポン)

村田は止まらない!“隠れ3打席連発”(スポーツニッポン)

ウッズに151キロ!阿斗里堂々の初登板(スポーツニッポン)

(追加)村田3戦&3打席連続で大台40号(ニッカンスポーツ)

(追加)村田3戦5発!40号!!ラミに3差キング独走…横浜(報知)

(追加)村田3戦連発!40号両リーグ一番乗り(スポーツニッポン)

(追加)阿斗里 無失点デビュー!最速151キロ(スポーツニッポン)

9/14のベイスターズ-中日戦は、村田が前日から3打席連続となる2本のHRを放つが、守備の乱れがきっかけとなって逆転負け。(試合結果)

1点を先制されたベイスターズは1回裏に村田の2点HRで逆転。しかし、先発の小林がピリッとせず2点を取られて逆転される。4回裏には村田が再びHRを打って同点、さらに吉村が続いて逆転となるHRを打つ。しかし、5回表に守備で二つのエラーが出ると、一挙に5点を取られて再逆転をされる。その後は両チーム得点なく4-8で敗戦。

村田を筆頭にクリーンナップがこれだけ打ってるのに、踏ん張れない小林はちょっと情けない。5回表の大量失点には石川のエラーが痛かったが、石川にとっては辛いでしょうが大事な経験となったでしょう。

4番手で高卒ルーキーの阿斗里が投げて2回を無失点の好投。ファームで良い投球をしていると聞いていましたが、最速151キロを記録する堂々としたピッチングでした。ドラフト時はもっと時間が掛かるかと思っていましたが、順調な成長振りに今後が楽しみです。また、この試合は7番レフトでこの日昇格した下園がスタメン。捕手も相川が登録抹消になって、しばらく武山と斉藤俊がスタメンで出るようなので、若手のアピールが楽しみです。

中日・山内ホロ苦初先発…試合中に強制送還(サンケイスポーツ)

相手の話題だが、厳しいね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

9/13 横浜ベイスターズ 5-4 中日ドラゴンズ (横浜)

【横浜】桑原謙5回6四死球4失点で降板(ニッカンスポーツ)

横浜・村田38号!ラミ抜き単独キング弾(サンケイスポーツ)

横浜・内川、安打でもリーグトップに立つ(サンケイスポーツ)

ハマの村田が単独トップの38号逆転弾!(サンケイスポーツ)

村田単独キング38号…横浜(報知)

村田逆転の38号2ラン…横浜(報知)

村田単独トップ38号!首位打者も狙う?(スポーツニッポン)

横浜逆転!村田単独キングだ「38号」(スポーツニッポン)

ハマの鈴木尚が通算1500試合出場(スポーツニッポン)

9/13のベイスターズ-中日戦は、HR王争い単独トップに立つ村田のHRで逆転勝ち。(試合結果)

ベイスターズは2回裏の吉村のHRで1点を先制するが、先発の桑原謙がウッズのHRなどで4点を取られて逆転される。6回裏に内川のタイムリーで1点を返すと土壇場の8回裏に再び内川のタイムリーで1点、さらに村田の2点HRが出て逆転。最後は寺原が締めて5-4で逆転勝ち。3番手の真田2勝目。寺原が19セーブ目。

3番内川が4打数3安打の猛打賞で打率.380、4番村田がHR王争い単独トップとなる38号HR、5番吉村が自身初の30号HRとクリーンナップだけ見るととてもダントツ最下位のチームとは思えない。12球団でもトップクラスのクリーンナップだと思うので、この3人がベイスターズにいてくれる間になんとか投手陣を整備して、上位に食い込んで欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

パナソニック、マイクロフォーサーズ第1弾「LUMIX DMC-G1」を発表

パナソニック、初のマイクロフォーサーズ機「DMC-G1」(デジカメWatch)

パナソニックはマイクロフォーサーズ規格の第1弾となる「LUMIX DMC-G1」を発表。

実物を触ったわけではなく、あくまでスペックを見ただけの感想ですが、微妙。サイズはオリンパスE-420より少し小さく、重さはほぼ同程度。デザインは従来の一眼レフカメラと似たフォルムで、動画機能もない。価格もレンズキットで9万円と安くはない。

「マイクロフォーサーズ規格」をぶち上げたので、もっとアグレッシブなカメラが出てくると期待したので、肩透かしを食らった気分。今のところカラーリングが一番印象的かも。バリアングル液晶を積んでこのサイズはかなり頑張ったほうなのかな?

実際に触ってみると、電子ファインダー(LVF:ライブビューファインダー)の出来が素晴らしかったり、コントラストAFの使い勝手が良かったりするかもしれないので、この段階で判断はできませんが。。。

08091201g1_redquarterl

パナソニック「LUMIX DMC-G1」

| | コメント (0) | トラックバック (2)

9/12 横浜ベイスターズ 7-1 中日ドラゴンズ (横浜)

【横浜】石川の適時打で先制(ニッカンスポーツ)

【横浜】村田が36号「ごちそうさま」(ニッカンスポーツ)

【横浜】先発ウッドが6回1失点で3勝目(ニッカンスポーツ)

ハマの村田が連発!G・ラミレス捕らえた!(サンケイスポーツ)

横浜・鈴木尚が今季1号! 現役続行へ執念(サンケイスポーツ)

横浜・内川、初タイトルへばく進の2安打!(サンケイスポーツ)

鈴木尚、今季1号…横浜(報知)

村田2打席連続36、37号…横浜(報知)

村田2打席連発!ラミに並んだ(スポーツニッポン)

(追加)村田連発!2年連続キングへラミに並んだ(ニッカンスポーツ)

(追加)連続キングいける!横浜・村田、連発37号(サンケイスポーツ)

(追加)大矢監督続投祝った ベテラン勢が攻守に活躍…横浜(報知)

(追加)ハマショー4発!村田セ界トップに並んだ(スポーツニッポン)

9/12のベイスターズ-中日戦は、野手陣の役者が活躍してベイスターズが快勝。(試合結果)

ベイスターズは2回裏に石川と石井琢のタイムリーで2点を先制。ベイスターズ先発のウッドは4回表に中日に1点を返され、さらに5回表に2死2塁からウッズにライト前ヒットを打たれるが、吉村の好返球で同点を免れる。するとベイスターズ打線が一発攻勢で追加点をあげる。5回裏に村田、6回裏に鈴木尚、そして7回裏には村田と吉村がHRを打って、7-1で快勝。ウッドが3勝目。

村田がトップのラミレスに追いつく2本のHR、内川が2安打、吉村がHRと好返球、鈴木尚が今季初HRと役者が揃い踏みでした。結局、村田が調子悪かったのはオリンピック期間中だけだったね。また、中日先発の清水昭には前回やられたので、やり返せたのは良かった。この試合を球場で観たベイスターズファンが羨ましいなー。

国内球団が“田沢問題”で緊急の代表者会議(サンケイスポーツ)

田沢問題でNPBとアマ3団体が協議(サンケイスポーツ)

田沢を横浜、日本ハム強行指名否定せず(ニッカンスポーツ)

田沢の獲得断念 戦略再検討へ…横浜(報知)

(追加)“田沢問題”プロアマ緊急会合でも意見衝突(サンケイスポーツ)

(追加)巨人・滝鼻オーナー、田沢の行為は“逆逆指名”(サンケイスポーツ)

(追加)田沢にレッドソックスなど興味 米国で報じる(サンケイスポーツ)

(追加)田沢のメジャー選択は球界に芳しくないこと…プロアマ連絡会議(報知)

(追加)米メディア「田沢の直球は平均だが…」(スポーツニッポン)

(追加)“田沢は逆逆指名”巨人オーナーが苦言(スポーツニッポン)

(追加)8球団代表来た!田沢問題プロアマ緊急会合(スポーツニッポン)

新日本石油・田澤のメジャー入り問題の余波がまだ続いています。ベイスターズも指名有力候補だったため、ちょっと混乱している様子。やれやれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月12日 (金)

9/11 広島東洋カープ 4-3 横浜ベイスターズ (広島)

横浜、終盤に痛いミス…今季最悪の借金36(サンケイスポーツ)

横浜2年目・吉原のプロ初先発は3回4失点(サンケイスポーツ)

吉原にプロの洗礼 3回4失点…横浜(報知)

横浜 今季ワーストの借金「36」(スポーツニッポン)

(追加)横浜ミスミス 借金今季ワースト36に(スポーツニッポン)

9/11の広島-ベイスターズ戦は、終盤に攻撃のミスによってチャンスを逃して敗戦。(試合結果)

ベイスターズは吉原が2度目の先発となったが、3回裏に喜田剛のHRなどで4点を取られてKO。一方、打線は6回表に吉村の3点HRで1点差まで迫る。8回表には無死1塁で代走に送られた野中が牽制死。その後、1死満塁のチャンスを作るが無得点。9回表にも藤田がバントを失敗するなど攻撃面のミスが響き、4-3で敗戦。

終盤の立て続けのミスは情けないね。相手より多い10本のヒットを打ちながらわずか3得点。いつも通りといえばいつも通りだが、進歩ないね。

新日本石油・田沢メジャー挑戦を表明(ニッカンスポーツ)

新日石・田沢はドラフトの指名対象可能に(サンケイスポーツ)

新日石、全面支援も状況複雑(サンケイスポーツ)

【田沢トーク】「力伸ばせるか試したい」(サンケイスポーツ)

新日石・田沢、笑顔見せずにメジャー表明(サンケイスポーツ)

横浜、田沢メジャーならドラフト戦略変更(サンケイスポーツ)

新日石・田沢流出危機にNPB緊急会議(サンケイスポーツ)

大リーグ挑戦表明・田沢はドラフトの対象に…12球団代表者会議(報知)

新日石エース・田沢純一が大リーグ挑戦表明!(報知)

新日石・田沢が11日メジャー表明(報知)

新日石のエース田沢が大リーグ挑戦表明(スポーツニッポン)

加藤コミッショナー「プロ野球の選手ではない」(スポーツニッポン)

海を渡る田沢…巨人・清武代表「不平等すぎる」(スポーツニッポン)

熱い思い伝わらず 田沢、笑顔見せずに会見(スポーツニッポン)

12球団代表者 田沢はドラフトの対象と確認(スポーツニッポン)

ドラフト指名には拒否方針も状況複雑(スポーツニッポン)

(追加)田沢ドラフト強行でもメジャーへ固い決意(ニッカンスポーツ)

(追加)田沢、前代未聞ドラフト前にメジャー表明(サンケイスポーツ)

(追加)NPB緊急声明 田沢に待った…メジャー表明受けルール改正検討へ(報知)

(追加)日本球界猛反発も 田沢、メジャー契約へ(スポーツニッポン)

(追加)12球団緊急会談で“田沢問題”協議(スポーツニッポン)

こんな大事になる前にちゃんとルールを作っておかないからこんな大騒ぎになるんだよ。日本野球界として毅然とした対応を求む。一方、「ドラフトの対象」「熱い思い伝わらず」といったあたりに少し不自然さも感じる。考えすぎだと思いますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月11日 (木)

9/10 広島東洋カープ 4-3 横浜ベイスターズ (広島)

【横浜】4番村田先制打&35号ソロも…(ニッカンスポーツ)

横浜・三浦、制球乱し自身の連勝5で止まる(サンケイスポーツ)

三浦の連勝は5でストップ…横浜(報知)

三浦番長5四球…連勝5でストップ(スポーツニッポン)

(追加)横浜三浦4カ月ぶりの黒星に雪辱誓う(ニッカンスポーツ)

(追加)村田35号!キングに1差…横浜(報知)

(追加)三浦が4失点KO 打線も4回以降1安打(スポーツニッポン)

9/10の広島-ベイスターズ戦は、ベイスターズ先発の三浦が中盤を踏ん張りきれず逆転負け。(試合結果)

ベイスターズは1回表に村田のタイムリーなどで2点を先制。1回裏に1点を返されるが、3回表に村田のHRで1点を追加。しかし、三浦は4回裏に2点を取られて同点とされると6回裏に勝ち越しを許す。その後は打線の反撃もなく、4-3で敗戦。

村田はHRを1本打ってトップのラミレスと1本差としたが、内川はヒットなし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

イー・モバイルが新端末「Touch Diamond」を発表

イー・モバイル、HTC製「Touch Diamond」を10月上旬発売(ケータイWatch)

イー・モバイルがHTC製スマートフォン「Touch Diamond(S21HT)」を10月上旬に発売することを発表。

噂されていたDiamondがついに発表!ソフトバンクから先に発売されるのではと言われていたので、ちょっとしたサプライズでした。コンパクトで軽くて、とても魅力的に見えます。発売日に即購入したいところですが、EM・ONEの縛りが半年くらい残っているので、少なくとも年内は我慢だな。あーあ。

08090901s21ht_002_2

Touch Diamond (S21HT)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9/9 広島東洋カープ 3-8 横浜ベイスターズ (広島)

【横浜】吉見が武山に感謝の初完投3勝目(ニッカンスポーツ)

横浜、指揮官の続投決まって鮮やか逆転勝ち(サンケイスポーツ)

横浜・吉見が今季初完投勝利&決勝二塁打(サンケイスポーツ)

吉見今季初完投、3連敗でストップ…横浜(報知)

横浜嵐の9人攻撃!乗った吉見今季初完投(スポーツニッポン)

(追加)吉見完投!武山3打点!投打ガッチリ最高の再出発…横浜(報知)

9/9の広島-ベイスターズ戦は、吉見の投打に渡る活躍で連敗をストップし、続投を決めた監督に白星をプレゼント。(試合結果)

ベイスターズ先発の吉見は序盤に投手のルイスのHRなどで3点をとられる。しかし、4回表に佐伯のタイムリーと相手のエラーなどで3点をとって同点に追いつく。6回表には吉見自らタイムリーを放って勝ち越し。さらに、7回表には吉村・金城・武山のタイムリーで4点を追加。吉見は3回以降は安定し、そのまま最後まで投げ切り3-8でベイスターズが勝利。吉見が3勝目。

吉見の勝ち越し打の映像を見ましたが、やはり打撃のセンスは並みじゃない。内角低めの変化球を上手く捌いて外野の頭を越す打球を打てるのはたいしたもんだ。この日は本業のピッチングでも結果を残したし、こういう試合を見てしまうとまた吉見に期待してしまうんだよね。でも、シーズン終盤に良い投球をしても、翌シーズンになるとまた元通りになって期待を裏切られる、、、

また、この日続投が決まった監督ですが、結果的に勝ち越した6回表に吉見に代打を送らなかったのは、続投が決まった余裕から?序盤に3失点しているし、いつもなら絶対代打を送っていたと思うのですが。もっと早くからこの試合のように投手をもう少し信頼してあげる継投をしていたら少しは違った結果になっていたかも。

大矢監督続投条件に弘田、斉藤コーチ更迭(ニッカンスポーツ)

横浜・佐々木社長がフロント粛清を明言(サンケイスポーツ)

横浜・大矢監督、来季続投決定(サンケイスポーツ)

横浜・大矢監督、来季続投が決定(サンケイスポーツ)

横浜・大矢監督、異例の続投 来季は背水の1年(サンケイスポーツ)

大矢監督去就は13日が回答期限…横浜(報知)

横浜・大矢監督、一転続投へ(報知)

大矢監督が続投表明「このチームが好き」(報知)

大矢監督 9日にも去就を明言(スポーツニッポン)

大矢監督が来季も続投 若手台頭を球団が評価(スポーツニッポン)

(追加)大矢監督、続投要請受諾…横浜(報知)

(追加)何としても強くしたい!大矢監督続投決断(スポーツニッポン)

ここ1週間くらいバタバタしてましたが、一応決着。続投が正解かは分かりませんが、とにかくフロント・現場・選手一丸となって強くしてください。お願いします。

横浜・工藤、9日の2軍戦先発(サンケイスポーツ)

エラーが絡んだようですが、5回を9安打6失点だったようです。一応来季も続投の予定かな?

田沢メジャー入り決意!Rソックス有力(スポーツニッポン)

田沢締めた!新日本石油13年ぶり9度目V(スポーツニッポン)

田沢「会社に恩返し」のフル回転4勝(スポーツニッポン)

横浜市の新日本石油が都市対抗を制したのは嬉しいが、この大会の活躍がきっかけとなって田澤がメジャー入りを決断したなら痛いすぎる。今年のドラフトはくじ引きだし、日本の他球団で活躍されるより、メジャー入りのほうがなんぼかましと考えるしかない、、、

しかし、今回のように何のルールもなく有望な選手をメジャーに引っこ抜かれるのはとてもまずい。ただでさいFAで脂の乗った選手をなんの補償もなく捕られているのに、有望な新人まで根こそぎ持ってかれたら日本球界のファンは何を楽しみにすればいいのか?NPBには早急なルール作りを求む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 9日 (火)

イー・モバイル新端末?

日本HTCのページで「S21HT」のキーワードを入れて検索すると面白い画像が引っかかります。噂の端末が発表間近なのでしょうか?楽しみですね。

(追加)新端末のDiamondが発表されました!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

9/7 中日ドラゴンズ 5×-4 横浜ベイスターズ (ナゴヤドーム)

【横浜】小林が左足痛め4回途中降板(ニッカンスポーツ)

横浜・小林、左脚痛め緊急降板(サンケイスポーツ)

横浜・村田、34号も「勝たないと意味ない」(サンケイスポーツ)

小林が左脚痛め降板…横浜(報知)

村田34号も空砲、借金今季最多35…横浜(報知)

村田 本塁打出ても厳しい表情(スポーツニッポン)

(追加)小林緊急降板…借金“最悪”35に(スポーツニッポン)

9/7の中日-ベイスターズ戦は、勝ち越しては追いつかれるまずい展開で結局サヨナラ負け。(試合結果)

1点をリードされたベイスターズは4回表にクリーンアップの3連打で3点をとって逆転する。しかし、先発の小林がその裏に1点を取られると足の張りで降板。5回裏には2番手の牛田が同点に追いつかれるが、6回表に村田のHRが飛び出し、再び勝ち越す。しかし、その裏にまたも1点を取られて追いつかれると9回裏に代打の平田にプロ入り初HRとなるサヨナラHRを打たれて5-4で敗戦。

前日の清水といい、この試合の平田といい、中日の若手に自信をつけさせてばかり。小林のアクシデントがあったとはいえ、投手陣が我慢できないね。

大矢監督退団へ…横浜慰留も態度保留(報知)

「少し考える」大矢監督、続投要請保留(スポーツニッポン)

2紙で受け取り方が違います。フロントも首脳陣も選手も意識を変えないと同じことの繰り返しなので、真剣に方向性を考えてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9/6 中日ドラゴンズ 6-1 横浜ベイスターズ (ナゴヤドーム)

【横浜】連敗で借金今季ワーストタイ34(ニッカンスポーツ)

精彩欠く横浜、再び借金34(サンケイスポーツ)

投打に精彩欠き再び借金34…横浜(報知)

精彩欠く横浜、再び借金34(スポーツニッポン)

(追加)「負けパターン」借金最多タイ34…横浜(報知)

(追加)桑原謙 試合つくれず…3試合連続KO(スポーツニッポン)

9/6の中日-ベイスターズ戦は、中日・清水を攻略できずプロ入り初完投勝利をプレゼント。(試合結果)

ベイスターズは桑原謙が先発するが、1回裏に中村紀のHRなどでいきなり4失点。4回裏にも1点を失って降板。打線は中日先発の清水を打ちあぐねて1点を返すのがやっと。結局、6-1で敗れて清水にプロ入り初完投勝利をプレゼント。

投打にいいところなし。選手から「0―4ではね」なんてコメントが出たようだが、それはファンが言いたいセリフだよ。

大矢監督、続投要請も返事を保留(サンケイスポーツ)

続投要請に大矢監督が保留…横浜(報知)

横浜が大矢監督に続投要請 返事は保留(スポーツニッポン)

社長は「フロントと現場が一体となって雪辱する場を与えてもらいたい」と言ってますが、まずは雪辱に向けたビジョンを見せてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 6日 (土)

9/6 都市対抗野球大会を観戦(観戦)

東京ドームで行われている社会人野球の都市対抗野球大会を観戦。

この日は2回戦2試合と3回戦1試合の合計3試合が行われたが、第1試合と第2試合の2回戦2試合を一塁側バルコニー席で観戦。バルコニー席は1階席と2階席の間にあり、他の席と比べると少しグレードが高くなっています。椅子にはクッションやテーブルが付いていて長時間の観戦も苦になりません。また、ブロック毎にモニターが付いていて目の前の試合の中継も同時に見ることができます。都市対抗では3試合観ても1500円なので結構お勧め。

080906011599

東京ドームで開催中の都市対抗野球大会

080906021639

「太田市代表 富士重工業」の横断幕の上がバルコニー席(3塁側)

第1試合:JR北海道(札幌市) 2-9 富士重工(太田市)

序盤から富士重工打線が爆発し、一方的な展開となった。富士重工は1回表に4番林の3点HRで先制すると、2回表にも3点を追加する。JR北海道も2点を返すが、その度に富士重工が追加点をとって2-9で富士重工が圧勝。

JR北海道も合計9安打を打ちましたが、序盤の6失点が大きく攻め手がなかったという感じでした。また、富士重工の2番手では元横浜高校の畠山投手(横浜高-日大)が投げました。久々に見たので懐かしかった。

080906031657

富士重工が圧勝

第2試合:熊本ゴールデンラークス(熊本市) 2-4 松下電器(門真市)

松下電器が8回裏の逆転HRでうっちゃり勝ち。熊本Gラークスは1回表に川崎、4回表に池田のHRで2点を先制。松下電器は5回裏に田中洋の犠牲フライで1点を返す。そのまま終盤までもつれ込んだ8回裏に松下電器は新田の3点HRで逆転。そのまま、逃げ切り2-4で勝利。

勉強不足で熊本ゴールデンラークスというチームを知らなかったのですが、熊本地元のスーパー「鮮ど市場」の硬式野球部で、地域密着のため敢えて企業名を外しているそうです。2005年に発足した新しいチームだそうです。チーム全体で気持ちが前面に出て、観ていて応援したなるチームでした。「強豪・松下電器にもしかして勝っちゃうのか?」という展開だっただけに8回裏の逆転HRは残念。周りの雰囲気も「あ~あ」という感じでした。

ちなみに3番手で投げて好投した香月投手はオリックスの香月投手の弟さんだそうです。名前・出身高校(福岡・柳川高)を聞いて多分そうだろうと思いました。正統派のオーバースローの投げ方も兄と似ていました。

松下電器では元ベイスターズの田中充が4番を打って、4打数2安打と活躍。元気そうで安心しました。松下には田中充以外にも元オリックスの相木が2番手で5回無失点の好投、元阪神の梶原は7番スタメンでした。人材は貴重なので、一方的にプロが吸い上げるだけでなく、プロから社会人のルートも重要だと思います。

080906041660

松下電器の4番は元ベイスターズの田中充、7番は元阪神の梶原

080906051768

松下電器が土壇場の逆転勝ち

| | コメント (0) | トラックバック (2)

9/5 中日ドラゴンズ 6-1 横浜ベイスターズ (ナゴヤドーム)

【横浜】先発ウッド4回6失点KO(ニッカンスポーツ)

【横浜】先発ウッドが4回6失点で降板(ニッカンスポーツ)

横浜・内川が猛打賞! 9月も勢い止まらず(サンケイスポーツ)

内川3安打で3割7分9厘に上昇…横浜(報知)

横浜負けても内川“日の出”の3割7分9厘(スポーツニッポン)

(追加)横浜 10安打も拙攻でわずか1得点(スポーツニッポン)

9/5の中日-ベイスターズは、ベイスターズ打線が繋がりを欠いて敗戦。(試合結果)

ベイスターズ先発のウッドは投手の山本昌のタイムリーなどで4回までに6失点して降板。一方、ベイスターズ打線は10安打を放ちながら後一本が出ず、得点は1点どまり。結局、6-1で敗戦。

前日までの阪神三連戦のときの打線のつながりが嘘のような結果。でも、内川が3安打猛打賞だったのでよしとしましょう。また、2番手で投げた山口が四球を二つ出すなどやっぱり不安定ですが2回を無失点。今度こそ一軍定着のきっかけを掴みたいので、まずはファーストステップクリア(高宮はこの小さな一歩もクリアできず撃沈しました。。。)。がんばれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 5日 (金)

9/4 横浜ベイスターズ-阪神タイガース(横浜)は降雨ノーゲーム

横浜・吉村、勝ち越し3ラン放つも幻に…(サンケイスポーツ)

吉村幻の4打点…横浜―阪神はノーゲーム(報知)

横浜3点リードで阪神戦ノーゲームに(スポーツニッポン)

(追加)横浜雨に泣く 吉村、幻の28号3ラン(スポーツニッポン)

9/4のベイスターズ-阪神戦は、6-3とベイスターズがリードするものの降雨ノーゲーム。(試合結果)

ベイスターズは1回裏に吉村と佐伯のタイムリーで3点を先制。一旦は追いつかれるが3回裏に吉村の3点HRで再び勝ち越し。しかし、3回裏が終了したところがで雨が強くなり、降雨ノーゲーム。

試合の勝ち負けよりも吉村のHRと内川の2本のヒットが水泡に帰したのがもったいないなー。

横浜高宮が登録抹消、吉原が出場選手登録(ニッカンスポーツ)

高宮はなかなか一軍で力を発揮できなくて歯痒い。

横浜、大矢監督の続投方針は変わらず(サンケイスポーツ)

横浜オーナー“大矢監督続投変わらず”(スポーツニッポン)

(追加)大矢監督が5日、横浜球団社長と直接会談(報知)

(追加)大矢監督に続投要請 6日来季契約会談(スポーツニッポン)

とにかくこのままじゃどうにもならないので、現場もフロントも万全を期して来年に備えてください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年9月 4日 (木)

JOC「野球からはむしろ罰金」

「野球からはむしろ罰金」強化費分配でJOC(サンケイスポーツ)

罰金ってどこから取るつもりなの?プロから?プロの収入源はファンなのだから、野球ファンに罰金を払えというのか?冗談とはいえ、面白くない発言だ。

世間が野球日本代表を叩いているから一緒になって偉そうに叩いているが、NPBに好き放題やらせたあんたら(JOC)も同罪だよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9/3 横浜ベイスターズ 8-0 阪神タイガース (横浜)

【横浜】三浦が今季初完封で虎に6連勝(ニッカンスポーツ)

横浜・三浦“これぞエースの品格”虎狩り完封(サンケイスポーツ)

ハマの大砲・村田が特大33号「当たりは完璧」(サンケイスポーツ)

三浦が虎封じた!今季初完封!…横浜(報知)

村田バックスクリーン弾…横浜(報知)

“虎キラー”三浦番長14カ月ぶり完封!(スポーツニッポン)

(追加)攻めた138球!横浜・三浦が今季初完封!(サンケイスポーツ)

(追加)また虎狩り!三浦、今季初完封「気持ちいいっすね」…横浜(報知)

(追加)キラー本領!三浦虎斬り4連勝で今季初完封(スポーツニッポン)

9/3のベイスターズ-阪神戦は、ベイスターズの投打ががっちりと噛み合って阪神に6連勝。(試合結果)

ベイスターズは2回裏に金城と相川の二者連続HRで3点を先制。5回裏には吉村のタイムリーと佐伯の犠牲フライで2点を追加。さらに7回裏には村田と吉村のこれまた二者連続HRで3点を追加。投げては三浦が危なげない投球で今季初の完封勝利。三浦が7勝目。

エースが好投、下位打線の一発で先制、中押しもきちっととって、止めは主砲のHR。「首位のチーム?」と勘違いするほどの完璧な試合運びでした。完璧すぎてコメントすることがないや。

阪神戦6連勝ですが、まだ通算では負け越しているので、もうちょっと苛めたいな。

横浜・大矢監督、去就について今週末に会談(サンケイスポーツ)

大矢監督と球団社長が去就について今週末に会談(報知)

大矢監督と横浜社長 今週末“去就会談”(スポーツニッポン)

(追加)横浜・大矢監督と球団社長が今週末に会談へ(サンケイスポーツ)

(追加)横浜・大矢監督5日にも去就決定(報知)

(追加)大矢監督続投か?今週末社長と会談(スポーツニッポン)

くるくる監督を代えても方向性が定まらないので、もう1年やってもらうならもらってもいいが、今季の分析はちゃんとしたうえで判断してください。毎試合毎試合、勝ち試合も負け試合も同じ投手が5人、6人投げるのは異常です。

横浜、また戦力外!ウィリアムス投手に通告(サンケイスポーツ)

ウィリアムス投手が戦力外…横浜(報知)

横浜がウィリアムスに戦力外通告(スポーツニッポン)

今季の内容では仕方ない。とにかく球威不足が目立ち、残してもあまり上澄みもなさそう。同じようなタイプのウッドはそこそこ通用しているので難しいところですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 3日 (水)

9/2 横浜ベイスターズ 5-3 阪神タイガース (横浜)

【横浜】仁志が勝ち越し二塁打(ニッカンスポーツ)

横浜、2日から虎戦 遺恨カードに気合(サンケイスポーツ)

ハマの石川はトラが大好き!対戦打率4割超(サンケイスポーツ)

大矢監督、虎叩きに闘志…横浜(報知)

阪神に5連勝!虎キラー石川が3安打1得点…横浜(報知)

虎には強い…ハマの石川は阪神が好き(スポーツニッポン)

(追加)仁志V打で阪神戦5連勝…横浜(報知)

(追加)ヒーロー仁志が若手にハッパ“前向きにやれ”(スポーツニッポン)

9/2のベイスターズ-阪神戦は、投手陣が中盤以降を踏ん張って逃げ切り勝ち。(試合結果)

1点を先制されたベイスターズは2回裏の金城のタイムリーと3回裏の大西のタイムリーで3-1と逆転する。4回表にいったん追いつかれるが、その裏に仁志のタイムリーで再び2点を勝ち越す。5回以降は投手陣が無失点に抑えて5-3で逃げ切り勝ち。先発の吉見が2勝目、寺原が18セーブ目。

この試合で阪神戦5連勝。前半戦に観戦したときには勝てそうな雰囲気がなかったのに流れというのは恐ろしいものです。14安打を打ちながら5点止まり、先発の吉見もフラフラとベイスターズにとって良い試合運びではなかったのに、結果は勝ち。不思議なものです。

石川がこの試合もはつらつとしていたのとリリーフ陣の頑張りが好材料でしょうか。これで吉見が3失点で7回途中くらいまで頑張ってくれれば言うことなかったのに。

横浜・内川、打撃タイトルに意欲/月間MVP(サンケイスポーツ)

内川が8月の月間MVPを獲得。首位打者のタイトルに向けてこれからが正念場です。

横浜が山口を出場選手登録(ニッカンスポーツ)

やっと山口が上がってきた!最近は下でリリーフだったようなので、上でも中継ぎでしょう。力強い球もある一方でばらつきも大きい内容のようなので、楽しみ半分、怖さ半分。

吉原 先発要員で1軍に昇格へ(スポーツニッポン)

この時期なのでいろいろ試すのはいいのですが、ちゃんと一貫性を持っているのか心配。単に先発が足りないから先発をさせるでは困る。

レッドソックス 156キロ腕の田沢獲り!(スポーツニッポン)

今秋のドラフトでベイスターズも上位指名を検討している新日本石油・田澤が都市対抗に登板し好投。今年はくじなので、好投すると人気が上がってベイスターズ入りが遠のくので、痛し痒し。バリバリの地元選手なので、ぜひベイスターズに来て欲しいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »