« フォトキナの気になる記事・その2 | トップページ | 9/27 中日ドラゴンズ 5×-4 横浜ベイスターズ (ナゴヤドーム) »

2008年9月27日 (土)

ペンタックスファーラムでK-mを触ってみました

新宿のペンタックスフォーラムで修理に出したK10Dを受け取ったついでに、一足先に展示されていたK-mを触ってきました。触ってみて特に高感度性能の高さに驚きました。同じCCDのK10Dよりもかなり良くなっています。

・サイズは特に横幅の小ささが印象的。オリンパスのSP-5XXシリーズのような感じ。

・スーパーインポーズ(合焦した測距点が赤く光る機能)の機構は結構場所をとるため、小型化のため削除したらしい。

・キットレンズのDAL18-55mmF3.5-5.6ALはDA18-55mmF3.5-5.6ALIIと光学系が同じで、写りも同等らしい。

・連写速度の向上(3.5枚/秒)はボディの小型化とシャッターユニットの刷新によって達成できたとの話だったが、聞いていた印象ではボディの小型化の寄与のほうが大きそうだった。

・液晶画面で確認しただけだが高感度性能はかなり良いと思った。同じCCDを使っているK10Dよりも1段以上良い感じ。ISO1600でも結構使える。

08092701f1000057

ペンタックスフォーラムに展示中のK-m

|

« フォトキナの気になる記事・その2 | トップページ | 9/27 中日ドラゴンズ 5×-4 横浜ベイスターズ (ナゴヤドーム) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1695/24069888

この記事へのトラックバック一覧です: ペンタックスファーラムでK-mを触ってみました:

« フォトキナの気になる記事・その2 | トップページ | 9/27 中日ドラゴンズ 5×-4 横浜ベイスターズ (ナゴヤドーム) »