« 10/10 横浜ベイスターズ 4-3 阪神タイガース (横浜) | トップページ | 10/12 東京ヤクルトスワローズ 4-3 横浜ベイスターズ (神宮) »

2008年10月11日 (土)

10/11 横浜ベイスターズ 5-4 阪神タイガース(横浜) (観戦)

2008年横浜スタジアム最終戦のベイスターズ-阪神戦を観戦。

試合前には最終戦恒例のマスコミ関係者によるスピードガンコンテストが行われました。今年はスポーツ新聞関係者は忙しくて不参加で、テレビ・ラジオ関連と球団関連の方が参加。日本テレビは球場全体からブーイング。テレビ神奈川は大きな拍手で迎えられるもののTBS関連は反応いちいち。球団関連では球場DJのケチャップさん、リポーターの吉岡さん、専属チア・diana代表、マスコット代表・ホッシーゾが挑戦しました。

081011011013

ホッシーゾがスピードガンコンテストに挑戦

081011021035

前日に優勝が決定したためさすがに阪神ファンもトーンダウン

試合はベイスターズ・吉見、阪神・石川の先発で試合開始。ベイスターズは1回裏に1死1塁2塁から村田のタイムリーで先制。続く吉村が右中間を破る長打を放ち1点を追加する。しかし、このとき一塁走者の村田は3塁に止まったが、吉村は2塁をオーバーラン。さらに二人とも塁を離れてダブルプレーとなり、2点どまり。2回裏には1死2塁3塁から吉見がヒット性の当たりを放つが好捕される。さらに2死満塁のチャンスも藤田が凡退。

081011031044

吉村のバット投げ、見事に飛ばしてます

ベイスターズがもたもたしているうちに石川が立ち直る。吉見は4回の1失点でなんとか頑張っていたが、7回に捕まって3点を取られて逆転される。しかし、その裏代わった阿部から内野ゴロで1点を返すと内川の2点HRで再逆転。8回を横山、9回を寺原が無失点に抑えてホーム最終戦を勝利で飾りました。

081011041148

内川の逆転HR

なお、今季でベイスターズ退団が決まった鈴木尚は6回に代打で出て三振。石井琢は守備から途中交代で出場し、8回に回ってきた打席はセカンドゴロに終わりました。二人とも横浜スタジアムの最後の打席をヒットで飾れませんでしたが、登場のときにはファンの大きな声援に迎えられてました。

081011051130

鈴木尚の横浜スタジアム最後の打席は三振

081011061183

途中出場の石井琢は軽快な守備を見せる

081011071207

石井琢の横浜スタジアム最後の打席はセカンドゴロ

試合後には球団のセレモニーが行われましたが、大矢監督のスピーチだけの簡単なもので終了。しかし、セレモニー後も残ったベイスターズファンからタクローコール、タカノリコールが続けられると二人がライトスタンド前まで駆け出してきました。

081011081281

試合後のセレモニー、寂しい雰囲気

応援を続けるファンを石井琢が静めると、マイクも使わず「ありがとうございました!」と一言叫びました。石井琢と鈴木尚はライトスタンドに向けて深々と頭を下げると、内野席のファンとハイタッチをしながらベンチに戻っていきました。

081011091295

ライトスタンドのファンを静める石井琢

081011101322

お子さんを抱えながらファンとハイタッチする鈴木尚

二人ができる精一杯のファンへのお別れの挨拶だったと思います。長い間応援してきた二人がこのような形での退団となってしまいとても寂しいですが、石井琢の地声での挨拶はとても印象に残りました。二人ともいずれ指導者として戻ってきてくれると信じています。

081011111335

名残惜しむようにスタジアム壁に貼られた鈴木尚の横断幕

チームは神宮でもう1試合残していますが、個人的にはベイスターズ戦の観戦はこれで終了。今季のベイスターズ公式戦の観戦成績は4勝5敗でした。チームの勝率を考えると健闘したほうですね。今季はずっとつらいシーズンでした。オフもFA戦線で悲しい想いをすることになりそうですが、来季はもう少し明るいシーズンとなることを切に望みます。

【観戦した選手たちの感想】

・下園(横浜):1番レフトスタメンで2打数1安打1四球。ヒットは内野安打で、まだまだ打撃は力不足。守備でも突っ込んで後ろに逸らす場面もあり。下位打線の先頭打者だから無理するところではなかった。

・内川(横浜):3番ファーストスタメンで4打数2安打1HR2打点。7回に逆転のHR。ヒットを打つだけでなく、ここぞというところで長打もあるので頼もしい。今年の打率は出来すぎにしてもコンスタントに.打率.300HR20本くらい打てる打者になって欲しい。

・村田(横浜):4番サードスタメンで4打数2安打1打点。この日は打球が上がらなかったが1回に先制タイムリー。守備でもダイビングキャッチから併殺を取ったり、3塁線の打球を好捕など頑張っていた。

・吉村(横浜):5番ライトスタメンで4打数1安打1打点。1回に走塁でミス。前を見て走りましょう。

・吉見(横浜):先発して6回1/3を4失点、打撃は2打数無安打。打順一回りはストレートでも変化球でもストライクも取れていてテンポの良い安定した投球、中盤から常に走者を出してリズムが悪くなって、7回に捕まった。打線が追加点を取れなかったのはやや不運。打撃では無死1塁2塁で8番打者が送りバントをするシーンもあり、ベンチの信頼感も高い。しかも、相手に候補されたが、ちゃんとヒット性の当たりを放つところが凄い。

・石川(阪神):先発して6回を2失点。1回、2回はアップアップだったが、ベイスターズの拙攻に助けられているうちに立ち直る。外野席から見ていて細かいところが分からなかったが、突出したものは感じなかったが、、、

【関連ニュース】

【横浜】村田、吉村が連続タイムリー(ニッカンスポーツ)

【横浜】本拠地最終戦は阪神に逆転勝ち(ニッカンスポーツ)

横浜・内川が逆転2ラン!首位打者確実(サンケイスポーツ)

内川V2ラン 打率3割7分8厘に浮上…横浜(報知)

石井琢&鈴木尚が最後の勇姿…横浜(報知)

内川逆転2ラン、横浜が3連勝(スポーツニッポン)

内川の首位打者確実に 右の最高打率も(スポーツニッポン)

横浜投手コーチに杉本氏、打撃は駒田氏(ニッカンスポーツ)

横浜、来季投手コーチに杉本正氏を招へい(サンケイスポーツ)

横浜 投手陣立て直しへ!杉本氏招へい(スポーツニッポン)

横浜 三菱ふそう川崎・矢貫の上位指名狙う(スポーツニッポン)

(追加)横浜内川2冠首位打者&最多安打ほぼ手中(ニッカンスポーツ)

(追加)戦力外の石井琢、鈴木尚がファンに別れ(ニッカンスポーツ)

(追加)石井琢&鈴木尚がファンに別れ…横浜(報知)

(追加)内川が逆転2ラン 右打者最高打率も確実(スポーツニッポン)

(追加)石井琢と鈴木尚が本拠地最終戦に出場(スポーツニッポン)

|

« 10/10 横浜ベイスターズ 4-3 阪神タイガース (横浜) | トップページ | 10/12 東京ヤクルトスワローズ 4-3 横浜ベイスターズ (神宮) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1695/24436254

この記事へのトラックバック一覧です: 10/11 横浜ベイスターズ 5-4 阪神タイガース(横浜) (観戦):

» 雨のち秋晴れ [DEEP猛虎会]
秋晴れのもと、がらがらのハマスタで、のんびり消化試合の観戦です。 この世の中に、こんなに穏やかで平和な野球観戦があったのかと、心が休まるひとときです。 優勝やタイトルや首位を守ることなんかにこだわりすぎて、純粋にタイガースを応援する楽しさを忘れてました。 今年1年、苦楽をともにしたタイガースよ、ありがとう! 来春、宜野座でまた会おうね(^-^) ... [続きを読む]

受信: 2008年10月13日 (月) 01時30分

« 10/10 横浜ベイスターズ 4-3 阪神タイガース (横浜) | トップページ | 10/12 東京ヤクルトスワローズ 4-3 横浜ベイスターズ (神宮) »