« 10/19 横浜ベイスターズ関連ニュース | トップページ | 10/20 横浜ベイスターズ関連ニュース »

2008年10月19日 (日)

10/19 パリーグ・クライマックスシリーズ第2ステージ第3戦を観戦

前日に続いてパリーグ・クライマックスシリーズ第2ステージ第3戦の西武-日本ハム戦を観戦。

前日に続いてこの日も試合前に応援フラッグをプレゼントしていましたが、この日のフラッグは前日と違うデザインでした。なかなか芸が細かい。この日もお客さんはたくさん入っており、試合中には「満員御礼」というアナウンスもありました。三塁の斜め後方あたりで観戦しましたが、周りは西武を応援しているファンが多かったかな。

081019010505

第2ステージ第3戦が行われた西武ドーム

試合は西武・帆足、日本ハム・武田勝の両左腕が先発。日本ハムは2回表に中村のエラーで1点を先制。さらに、3回表に田中賢の内野ゴロとスレッジの3点HRで4点を追加する。一方、西武打線は武田勝に4回までノーヒットに抑えられるが、5回裏にようやく2本のヒットで掴んだチャンスに佐藤の内野ゴロと赤田のタイムリーで2点を返す。

081019020510

日本ハム先発の武田勝

081019030572

3点HRを打ったスレッジ

081019040581

ショートライナーを併殺にする金子誠

両チームとも6回から先発を下ろして継投に入る。西武・大沼が6回表を3人で抑えたのに対して、日本ハム・多田野はいきなり二つの四死球でピンチを作る。ここで日本ハムは武田久にスイッチすると、武田久は中村の犠牲フライの1点でピンチを凌ぐ。

081019070612

ブルペンで戦況を見つめる建山

2点差に迫られた日本ハムは、8回表の田中賢のタイムリー、9回表に飯山のスクイズで2点を追加して突き放す。武田久の後は、建山-MICHAELと繋ぎ、最終回に1点を取られるものの4-7で逃げ切り勝ち。

081019080647

最後はMICHAELが締めて試合終了

081019090657

4-7で日本ハムが勝利し、2勝2敗のタイに

前日はダルビッシュの一人舞台でしたが、この日は一転して継投がポイントとなりました。6回裏2番手の多田野が無視1塁2塁のピンチを作ると、3点差あるにも関わらずスパッと火消しの武田久を注ぎ込みました。1イニング早いような気もしましたが、結果的に武田久が西武の反撃の流れを食い止め、逆に味方の追加点を呼び込む結果となりました。イニング等に拘らず試合のポイントを見極めての思い切った継投はお見事。

081019060607

好リリーフの武田久

また、日本ハムの打線を2試合見ていると、各選手のシーズン成績こそたいしたことないものの、ここぞというところで集中打を見せる。また、地味に走者を進めているからこそ、先制点の場面でもエラーで3塁走者が生還できる。スモールベースボールは健在といったところでしょうか。

一方、西武は2戦とも先発が早い回で大量失点しているので、流れを持ち込めず苦しんでいます。打線はダルビッシュ以外からは点を取れているので、先発投手の踏ん張り次第でしょうか?ともかく、これでアドバンテージ分を考慮しても2勝2敗のタイとなって面白くなってきました。

081019050583

打線でもキーとなる西武二遊間の二人

【観戦した選手たちの感想】

・帆足(西武):先発して5回を5失点。スレッジの一発に食らった1球が悔やまれる。スレッジは変化球にあってなかっただけにもったいない。

・大沼(西武):2番手で2回1/3を1失点。8回に出した走者を後続が返して自責がついたが内容は良かった。制球は前日より安定していた。

・三井(西武):3番手で0/3を無失点。交代直後に田中賢にタイムリーを浴びる。不用意だったかな。

・中村(西武):5番サードスタメンで3打数1安打1打点。守備で一つエラーをして先制点を許す。守備は目を瞑る分6回のチャンスにヒットが欲しかった。

・佐藤(西武):7番ライトスタメンで3打数0安打1打点。5回チャンスに3塁線の当たりを小谷野に上手く裁かれた(打点1)。あれが抜けていれば試合展開も変わったのに。

・多田野(日本ハム):2番手で0/3を1失点。登板直後に二つの四死球で即降板。球が走ってなかった。

・武田久(日本ハム):3番手で2回を無失点。多田野の作ったピンチを1点で凌ぐ。チームに流れを呼び戻すナイスリリーフ。ストレートで強気の攻め。

・鶴岡(日本ハム):2番キャッチャースタメンで4打数1安打。2番に入ってチャンスを広げるヒットと犠牲バントと役割を果たす。

・田中賢(日本ハム):3番セカンドスタメンで4打数1安打2打点。チャンスできっちりと走者を帰すバッティング。

・小谷野(日本ハム):4番サードスタメンで4打数2安打。打撃ではいずれも得点に絡む2本のヒット。さらに守備で6回の佐藤の打球処理など好プレーを連発。捕球後がとても冷静で送球が安定していた。

・スレッジ(日本ハム):5番レフトスタメンで4打数1安打1HR3打点。当たり千金の一発。帆足の変化球に全く合っていなかったように見えたのでびっくり。左方向の打球は伸びますね。

【関連ニュース】

【日本ハム】連勝で2勝2敗タイに/CS(ニッカンスポーツ)

日本ハム、連勝で2勝2敗の五分に! パCS第3戦(サンケイスポーツ)

日本ハム2勝2敗のタイに!…パ・CS第2S(報知)

日本ハム 2連勝でタイに/パ・リーグCS(スポーツニッポン)

(追加)ハム梨田監督奇策で連勝、タイだ/CS(ニッカンスポーツ)

(追加)日本ハム、タイした梨田マジックで連勝(サンケイスポーツ)

(追加)スレッジCS5戦3発!シーズン16発突然目覚めた…パ・CS第2S第3戦(報知)

(追加)梨田采配で連勝!“ダル再利用”内角攻め(スポーツニッポン)

|

« 10/19 横浜ベイスターズ関連ニュース | トップページ | 10/20 横浜ベイスターズ関連ニュース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1695/24613630

この記事へのトラックバック一覧です: 10/19 パリーグ・クライマックスシリーズ第2ステージ第3戦を観戦:

« 10/19 横浜ベイスターズ関連ニュース | トップページ | 10/20 横浜ベイスターズ関連ニュース »