« トライアウト、受けるの?受けないの? (11/2 横浜ベイスターズ関連ニュース) | トップページ | 11/3 横浜ベイスターズ関連ニュース »

2008年11月 3日 (月)

11/2 プロ野球・日本シリーズ第2戦を観戦

東京ドームで行われた日本シリーズ・読売-西武の第2戦を観戦。11月に入りナイターの開始時間にはすっかり日も落ちるようになりましたが、ドーム球場は気温など気にしないくていいのは楽ですね。

081103011024

日本シリーズ第2戦を観戦

081103021027

試合開始1時間前にはすっかり日も落ちました

さすがに日本シリーズということで観客も多く、球場周りの売店などは活気に満ち溢れていました。西武ファンも少なからず入っていましたが、3塁側内野席まで読売ファンがかなり入り込んでいました。3連休中日ということで、周りはお子さん連れのご家族が多かった。

081103031106

湧き上がる読売ファン

西武先勝で始まったシリーズの2戦目を任されたのは、読売が高橋尚、西武が帆足。高橋尚が無難に立ち上がる一方で、帆足は常に走者を出す苦しい投球。2回裏に読売は二つの四死球でもらったチャンスに鶴岡が犠牲フライを打って1点を先制。しかし、読売は3回まで毎回得点圏に走者を置きながら、この1点に留まる。

081103041081

先制点となる読売・鶴岡の犠牲フライ

081103051083

盗塁を試みる読売・鈴木尚

高橋尚に3回までパーフェクトに抑えれていた西武は、4回表先頭の片岡がチーム初ヒットの2塁打で出塁すると中島が逆転の2点HRを放つ。さらに6回表にも1死1塁2塁で中島・中村というチャンスを迎えるが、交代した2番手西村に抑えられる。すると、5回裏には読売が西武2番手の大沼から亀井のタイムリーで同点に追いつく。

081103061093

西武・中島の逆転HR

081103071099

ジャンプしてホームインする西武・中島

その後は両チームのリリーフ陣が得点を与えずに9回の攻防に突入。9回は両チームともクリーンナップに回る似たような打順の巡りだったが、西武は中島・中村が読売の越智に抑えられて無得点。その裏、読売はラミレスが打った瞬間の特大のHRを打って読売が3-2でなんとかサヨナラ勝ち。

081103081140

2番手で好投した読売・西村健

081103091156

読売・ラミレスのサヨナラHR

081103101161

ホームベース上でもみくちゃの読売・ラミレス

試合は読売が常に得点圏に走者を置いて押し気味に進めましたが、西武投手陣がなんとか最小失点に凌ぐ展開となりました。読売はチャンスを作りながらなかなか得点できず嫌な展開でしたが、投手陣、とくにリリーフの若い2人(西村・越智)が完璧な内容で西武に流れを渡しませんでした。この展開で読売が試合を落としていると、シリーズの流れが一気に西武に傾くところだったと思うので、読売にとってはホッと胸をなでおろしたのではないでしょうか?

西武にとってはここまで上手く抑えていたラミレスに最後やられたのが、3戦以降に不気味でしょう。一方、西武の4番の中村はまだ眠っているので、3戦以降に中村がやり返せるか注目です。

081103111174

1勝1敗のタイに

【観戦した選手たちの感想】

・高橋尚(読売):先発して5回1/3を2失点。中島にHRを打たれた球だけ高めに浮いたが、内容は西武の帆足より良かった。特に右打者のインコースの攻めが目立つ。先週のクライマックスシリーズの中日戦も良かったし、鶴岡と相性がいいのか?

・西村健(読売):2番手で1回2/3を無失点。6回表に1死1塁2塁中島のピンチで登板し、パーフェクトリリーフ。西武に傾きかけた流れを引き戻す好投。この日の勝利の影の立役者だと思う。

・越智(読売):3番手で2回を無失点。西村の流れを上手く繋いで好リリーフ。安定していました。

・鈴木尚(読売):1番センタースタメンで4打数1安打。3回に先頭打者として出塁し、盗塁を試みるが失敗。攻撃的な作戦だが、日本シリーズのしかも1戦目負けてる場面でとる采配としては疑問符。この試合を苦戦した流れを作ったと思う。

・ラミレス(読売):4番レフトスタメンで5打数1安打1HR1打点。前を打つ小笠原が全打席出塁して作ったチャンスを悉く潰していが、最後にサヨナラHR。3戦目以降が怖い。

・鶴岡(読売):8番キャッチャースタメンで2打数1安打1打点。守備でも投手陣を好投させて、打撃でも先制の犠牲フライを打つ。右打者が帆足の変化球に引っ掛けたファールを打つなか、徹底して右打ちで結果を残す。ツル、がんばってるな!

・帆足(西武):先発して5回を1失点。常に走者を置きながらなんとか最小失点に凌いだ。警戒してなのか四死球が多かった(5つ)。また、変化球も浮き気味。

・大沼(西武):2番手で1回を1失点。逆転した直後に登板するもすぐに追いつかれた。クライマックスシリーズではリードされている展開で好投していたが、リードしているとやや不安定。

・岡本真(西武):5番手で1/3を1失点。ラミレスにサヨナラHRを浴びる。中日時代もこういったシーンは良く見た気がする。

・中島(西武):3番ショートスタメンで4打数1安打1HR2打点。一旦は逆転となるHRを放つ。後ろの中村が当たっていないので、マークが厳しいかも。

【関連ニュース】

ラミレスがサヨナラ弾、巨人タイ/日本S(ニッカンスポーツ)

ラミレスがサヨナラ弾!巨人劇勝で1勝1敗(サンケイスポーツ)

原監督シビれた!ラミレス、サヨナラ弾…日本S第2戦(報知)

ラミレス狙い打ちサヨナラ弾!レオにタイ勝(スポーツニッポン)

|

« トライアウト、受けるの?受けないの? (11/2 横浜ベイスターズ関連ニュース) | トップページ | 11/3 横浜ベイスターズ関連ニュース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1695/24980949

この記事へのトラックバック一覧です: 11/2 プロ野球・日本シリーズ第2戦を観戦:

« トライアウト、受けるの?受けないの? (11/2 横浜ベイスターズ関連ニュース) | トップページ | 11/3 横浜ベイスターズ関連ニュース »