« WBC日本代表、練習試合に勝利 | トップページ | 3/15 (オープン戦) 横浜ベイスターズ 8×-7 オリックスバファローズ (横浜) »

2009年3月14日 (土)

3/14 (オープン戦) 横浜ベイスターズ 4-9 福岡ソフトバンクホークス (横浜) (観戦)

ベイスターズとソフトバンクのオープン戦を観戦するため、今年最初の横浜スタジアム

朝から荒れ模様の天気で試合開催が危ぶまれましたが、30分遅れで開門。試合中もたまに雨粒がパラパラと落ちる程度で試合進行には影響なく、試合は無事に最後まで行われました。試合前には新入団選手・コーチを紹介するセレモニーがあり、ドラフト1位の松本から代表して簡単なスピーチがありました。

090314013006

横浜スタジアム

090314023036

ホッシーも新ユニフォームに

090314033041

試合前に行われた新入団選手・コーチの紹介

試合はベイスターズが寺原、ソフトバンクがルーキーの巽の先発。寺原は初回に松中に一発を浴びて2点を失う。一方、ベイスターズ打線は2回裏に佐伯のソロHRで1点返すと更に内藤、野口のヒットで作ったチャンスで石川の内野安打がタイムリーとなり同点とする。

090314043120

ソフトバンク先発の巽

090314053102

HRを打った佐伯

寺原は2回、3回と無失点に抑えるが、4回表に多村にHRを打たれて再び1点勝ち越される。6回からは木塚がマウンドに上がるが、アギーラの犠牲フライ、高谷のタイムリーで2点を追加される。その裏、ベイスターズは内藤が猛打賞となる2点HRで再び1点差とする。しかし、リリーフ陣が踏ん張れず8回表に1点、9回表に3点を追加され、結局4-9で敗戦。

090314063160

勝ち越しHRを打った多村

090314073305

4-9でソフトバンクの勝利

今季のベイスターズのオープン戦は結果やスポーツ新聞の記事を観るだけだったのであまり実感がなかったですが、、実際に試合を目の当たりにすると心配事がいろいろと目に付きます。リリーフ投手たちはピリッとせず失点を重ね、駒が豊富と思っていた外野手たちも今のところ大西以外は揃って結果が出ていない。ルーキーたちも頑張っていますが、簡単には活躍できません。

090314083264

松本は内野安打1本に終わる

収穫は出遅れていた寺原がそこそこの投球をしたことと内藤のHRを含む猛打賞の活躍くらいでしょうか。特に内藤はファームでの長い下積みを観ていたので、活躍はとても嬉しい。内藤は、子供の頃佐伯のファンだったらしいので、憧れの佐伯とのアベックHRは感慨深かったのではないでしょうか。ファースト、サード、外野とそこそこ守れるので、貴重なサブプレーヤーとして重宝されるかもしれません。

090314093132

先発してまずまずの投球の寺原

090314103235

HRを含む3安打を放った内藤

今年も1年間、選手たちのプレーに一喜一憂することになると思いますが、やっぱり横浜スタジアムでの観戦はいいな。

【観戦した選手たちの感想】

・寺原(横浜):先発して5回を3失点。ストレートの急速は最速150キロで常時140キロ台後半。制球もそこそこまとまっており、出遅れていたことを考えるとまずは一安心してよい内容だと思う。

・木塚(横浜):2番手で1回を2失点。ストレートは135キロも出ない。以前の投球からは程遠く、下でじっくりと調整したほうが良いのでは?ルーキーの頃の剛球を知っているだけに、少しショックだった。

・那須野(横浜):3番手で1回を無失点。ストレートは140キロ前後だが、丁寧に低めをつき、角度をつけた投球となっていた。被安打2本はボテボテの内野安打とポテンヒットで、結構内容は良かったと思う。

・マストニー(横浜):4番手で1回を1失点。いかにも外国人投手らしい上半身主動のフォーム。あまりこれという売りが見れなかった。ちょっと期待はずれ。

・石井(横浜):5番手で1回を3失点。投球が高めに浮いて打ち込まれた。抑え候補として期待されているだけに調子が悪いなりの投球を身につけないと。

・松本(横浜):1番センタースタメン4打数1安打。打撃はバットの振りが鈍く、当てるのが精一杯という感じ。守備ではキャッチャーがこぼして犠牲フライとなったが、センターから強肩を披露する場面もあった。

・佐伯(横浜):4番DHスタメンで3打数1安打1HR1打点。HRは外角低めの変化球で結構難しい球だったと思う。

・内藤(横浜):6番ファーストスタメンで3打数3安打1HR2打点。2本のヒットはレフト方向にライナーではじき返す柔らかい打撃。HRはライトに豪快に叩き込んだ。左の長距離砲は貴重なので楽しみ。

・藤田(横浜):8番セカンドスタメンで4打数2安打。凡退した打席もきっちりと捕らえた打球で、打撃の内容は良かった。難しい当たりはなかったが守備も安定。

・巽(ソフトバンク):先発して5回を2失点。ストレートは常時140キロちょっと。走者を出すと慎重になるのかボール先行が目立った。それほど抑え込まれたという印象はない。

・摂津(ソフトバンク):4番手で1回を無失点。落ちる球(フォーク?)が良いところから落ちていた。

・多村(ソフトバンク):6番センタースタメンで2打数1安打1HR1打点。あっさり三振したかと思えば、センターに豪快なHR。多村らしい内容でした。

【関連ニュース】

横浜・寺原は3失点「甘い球が多かった」(サンケイスポーツ)

横浜・内藤が3安打!佐伯も「励みになる」(サンケイスポーツ)

寺原「甘い球が多かった」…横浜(報知)

横浜 4年目の内藤が3打数(スポーツニッポン)

(追加)横浜石井が3失点、寺原も2被弾(ニッカンスポーツ)

(追加)横浜・寺原、2被弾「甘い球が多かった」(サンケイスポーツ)

(追加)寺原初登板も制球力に不安…横浜(報知)

(追加)内藤3安打&一発 外野争い残るぞ!…横浜(報知)

(追加)横浜ニュースター 内藤一発!5割8分3厘(スポーツニッポン)

|

« WBC日本代表、練習試合に勝利 | トップページ | 3/15 (オープン戦) 横浜ベイスターズ 8×-7 オリックスバファローズ (横浜) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1695/28616743

この記事へのトラックバック一覧です: 3/14 (オープン戦) 横浜ベイスターズ 4-9 福岡ソフトバンクホークス (横浜) (観戦):

« WBC日本代表、練習試合に勝利 | トップページ | 3/15 (オープン戦) 横浜ベイスターズ 8×-7 オリックスバファローズ (横浜) »