« ペンタックスの今後に関するインタビュー記事 | トップページ | 3/11 (オープン戦) 横浜ベイスターズ 1-9 千葉ロッテマリーンズ (横浜) »

2009年3月11日 (水)

3/10 (オープン戦) 千葉ロッテマリーンズ 5-5 横浜ベイスターズ (千葉マリン)

横浜先発投手陣は1、2軍に分かれ調整(ニッカンスポーツ)

吉村、気合の休日返上「チーム引っ張る」(スポーツニッポン)

横浜・大矢監督、ウォーランドに厳しい評価(サンケイスポーツ)

大矢監督 ウォーランドに厳しい評価(スポーツニッポン)

(追加)佐伯健在2安打…横浜(報知)

(追加)最後まで競争 山崎&石川、し烈遊撃争い(スポーツニッポン)

3/10のベイスターズと千葉ロッテのオープン戦は、1回表にベイスターズが佐伯と野口のタイムリーで3点を先制。ベイスターズ先発のウォーランドは3回まで無失点に抑えるものの画、4回2死から4点を失って逆転される。その後、両チームが小刻みに点を加えて結局5-5の引き分け。

ウォーランドの投球内容が心配。ここまで先発投手が今ひとつの内容が続いており、とても気になります。一方、リリーフ陣はそこそこ順調に見えます。打線は吉村がこの日もノーヒットでオープン戦の打率が.050を切りました。大丈夫だろうと言ったばかりですが、心配になってきた。

この試合では山崎と内藤が良いアピールができたのではないでしょうか。特に山崎は2塁打に加えて、送りバント、チャンスで走者を返す内野ゴロと状況に応じたバッティングができそうです。

|

« ペンタックスの今後に関するインタビュー記事 | トップページ | 3/11 (オープン戦) 横浜ベイスターズ 1-9 千葉ロッテマリーンズ (横浜) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1695/28553188

この記事へのトラックバック一覧です: 3/10 (オープン戦) 千葉ロッテマリーンズ 5-5 横浜ベイスターズ (千葉マリン):

« ペンタックスの今後に関するインタビュー記事 | トップページ | 3/11 (オープン戦) 横浜ベイスターズ 1-9 千葉ロッテマリーンズ (横浜) »