« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月31日 (日)

5/31 オリックスバファローズ 3-0 横浜ベイスターズ (スカイマーク)

【横浜】小林3失点完投も5敗目(ニッカンスポーツ)
横浜・小林「一回がすべて」3失点完投も5敗目(サンケイスポーツ)
小林「1回がすべて」3失点完投も援護なし…横浜(報知)
小林4連敗「一回がすべて」(スポーツニッポン)
(追加)横浜12球団最速30敗も「絶対やり返す」(ニッカンスポーツ)
(追加)横浜、セパ最速の30敗(報知)
(追加)横浜7度目零敗で3連敗…30敗到達(スポーツニッポン)

5/31のオリックス-ベイスターズ戦は、この日も打線が奮わず平野に完封負け。

ベイスターズ先発の小林は1回裏に大村のタイムリーで1点を先制されると4回裏と6回裏にも1点ずつ追加される。一方、ベイスターズ打線はオリックス先発の平野にチャンスらしいチャンスも作れない。小林は3失点で最後まで投げきるが、打線の援護なく3-0で完封負け。

この試合の前向きなところを探すと小林の一人相撲がマシだったことでしょうか。この日は新沼とバッテリーを組みましたがそれが良かったのかな?打線はもっと頑張りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5/30 オリックスバファローズ 6-4 横浜ベイスターズ (スカイマーク)

【横浜】グリン4回5失点「ひどい投球」(ニッカンスポーツ)
【横浜】田代代行「愚痴は言わない」(ニッカンスポーツ)
横浜・田代代行プラス思考「仁志に1本出た」(サンケイスポーツ)
田代監督代行、敗戦にもプラス思考…横浜(報知)
田代監督代行はプラス思考♪愚痴はよそうよ(スポーツニッポン)
(追加)横浜新名物!?オバQ試合後の村田英雄(ニッカンスポーツ)
(追加)横浜・オバQ、敗戦も“愚痴は言わない”(サンケイスポーツ)
(追加)仁志、不振乗り越えた!復帰後初H…横浜(報知)
(追加)借金最多12も田代代行♪「愚痴はよそう」(スポーツニッポン)

5/30のオリックス-ベイスターズ戦は、最終回に吉村が満塁HRを打つが序盤の失点が響いて連敗。

ベイスターズ先発のグリンはラロッカとフェルナンデスのHRなどで4回までに5点を取られてノックアウト。一方、ベイスターズ打線はオリックス先発の金子に7回まで2安打に抑えられる。6-0で迎えた9回表に吉村が満塁HRを打って2点差まで迫るが、最後は加藤に抑えられて6-4で敗戦。

序盤にポンポンと失点し、ずっと押されっぱなしの展開だったので、真面目に中継を見る気になりませんでした。最後、満塁HRで2点差まで追い上げる形になったが、四球3つと相手の自滅なので盛り上がらなかった。

田代監督代行の前向きコメントも自分に言い聞かせているようにも聞こえる。

横浜石井を登録抹消、高崎を出場選手登録(ニッカンスポーツ)
【セ・リーグ公示】5月30日(サンケイスポーツ)

工藤と吉見もいつまで調子が続くか分からないので、石井には早く戻ってきてもらわないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月29日 (金)

5/29 横浜ベイスターズ 1-7 北海道日本ハムファイターズ (横浜)

【横浜】三浦が代打中田に二塁打浴び降板(ニッカンスポーツ)
【横浜】仁志久々出場無安打も守りで一役(ニッカンスポーツ)
【横浜】石井本塁打&2二塁打浴び2軍へ(ニッカンスポーツ)
横浜・仁志、いきなりスタメン復帰も無安打(サンケイスポーツ)
横浜・石井が2軍落ち…高崎が代わりに昇格(サンケイスポーツ)
石井が2軍へ…横浜(報知)
仁志3タコも「こんなもの」…横浜(報知)
3打数無安打の仁志“次は何とかしたい”(スポーツニッポン)
守護神期待された男…石井が2軍落ち(スポーツニッポン)
(追加)仁志1カ月ぶり1軍復帰戦3の0も手応え(ニッカンスポーツ)
(追加)横浜・仁志、復帰戦飾れずも好守で魅せた!(サンケイスポーツ)
(追加)仁志、昇格即先発も3の0…横浜(報知)
(追加)「1番・仁志」復帰戦は中軸生かせず(スポーツニッポン)

5/29のベイスターズ-日本ハム戦は、終盤の失点が響き、連勝ならず。

ベイスターズ先発の三浦は2回、3回に1点ずつ取られて2点を先制される。ベイスターズは6回裏に村田のHRで1点差とするが、続く7回表に大野のプロ入り初HRで突き放される。三浦はさらに走者を出したところで降板するが、代わった石井も打たれてこの回合計5失点。ベイスターズは1点のみに終わり、1-7で敗戦。

7回の失点が全て。村田のHRで追い上げた直後だけに痛かった。三浦が先発だったので今季初の3連勝に絶好のチャンスと思ったのだが残念。今季は連勝できるような勢いがなかなかつかないね。

横浜が仁志を出場選手登録(ニッカンスポーツ)
【セ・リーグ公示】5月29日(サンケイスポーツ)

仁志は1番セカンドで復帰するもノーヒット。いきなり1番で使うあたり首脳陣は気を使ってるなと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デジカメWatch・写真で見るペンタックス「K-7」

写真で見るペンタックス「K-7」(デジカメWatch)

ボディが小さいのでレンズが大きく見えますね!(大げさ?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5/28 横浜ベイスターズ-北海道日本ハムファイターズは雨天中止

横浜―日本ハムは29日に順延(報知)
横浜スタジアム 5/29(金)北海道日本ハムファイターズ戦 1,000円割引クーポンつき当日券発売のお知らせ

5/28のベイスターズ-日本ハム戦は雨天中止。結構雨足が強かったのに神宮は良く試合ができましたね。

ちなみにこの試合の振り替えは翌29日に横浜スタジアムで午後6時から行われ、当日券を購入された方は当日券1枚につき1000円割引クーポン券が1枚付くそうです。お得ですよ。

横浜・仁志が1軍復帰、29日先発へ(サンケイスポーツ)
仁志が1軍合流、29日先発へ…横浜(報知)
仁志が1軍復帰、29日にも先発出場へ(スポーツニッポン)
横浜が野中内野手の出場選手登録を抹消(ニッカンスポーツ)
【セ・リーグ公示】5月28日(サンケイスポーツ)
(追加)横浜仁志が29日1軍昇格即先発出場へ(ニッカンスポーツ)
(追加)ハム藤井、仁志先輩との早大対決に万全(ニッカンスポーツ)
(追加)横浜・仁志、引退問題封印?29日先発出場へ(サンケイスポーツ)
(追加)仁志が1軍に合流 29日即スタメン復帰へ(スポーツニッポン)

仁志が29日にもスタメンで復帰予定。なかなか乗り切れないチームの起爆剤になればいいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月27日 (水)

5/27 横浜ベイスターズ 5-4 北海道日本ハムファイターズ (相模原)

【横浜】ジョンソン9号先制3ラン(ニッカンスポーツ)
横浜・村田、狙い打ちの決勝弾「直球のはず」(サンケイスポーツ)
村田7号V弾!田代監督代行「男だね」…横浜(報知)
村田が決勝弾!木塚が今季初勝利つかむ(スポーツニッポン)
(追加)横浜村田8回V弾!交流キングだ通算30号(ニッカンスポーツ)
(追加)横浜・村田、8回に守備ミス帳消しV弾!(サンケイスポーツ)
(追加)「男だね」村田勝ち越し弾で交流戦2位!(スポーツニッポン)

相模原球場で行われたベイスターズ-日本ハム戦は、村田の一発で競り合いを制す。

ベイスターズは2回裏にジョンソンの3点HRで先制。両チーム得点を加えて4-2でベイスターズリードで迎えた6回表、日本ハムは金子のタイムリーと二岡の犠牲フライで2点を取って同点に追いつく。しかし、8回裏に村田のHRでベイスターズが再び勝ち越し。最後は山口が抑えてベイスターズが5-4で勝利。木塚が1勝目、山口が2セーブ目。

打線は少ないチャンスにしっかりと得点できたので、効率が良かったと思います。これで6回表の村田のミス(記録はヒット)をきっかけに同点にされたのはもったいなかったが、その村田が勝ち越し打を打ったので、良しとしましょうか。

日本ハムさんの事情は良く分からないのですが、8回表4-4の同点、2死2塁の場面で投手の菊地に代打を出さなかったのはなんでだろう?あれは助かった。

横浜が森笠の出場選手登録を抹消(ニッカンスポーツ)
【セ・リーグ公示】5月26日(サンケイスポーツ)
横浜が新沼捕手を出場選手登録(ニッカンスポーツ)
【セ・リーグ公示】5月27日(サンケイスポーツ)

森笠が降格して新沼が昇格。森笠は、下園が通用しそうなので降格となったのでしょう。新沼の昇格は、細山田・黒羽根の2人だけだと細山田に代打を出しにくいからだと思います。

横浜仁志、早ければ30日にも1軍昇格(ニッカンスポーツ)
浜・仁志、昇格プランも引退の意思変わらず(サンケイスポーツ)
仁志30日1軍復帰へ…横浜(報知)
田代代行が2軍視察!仁志30日昇格も(スポーツニッポン)
(追加)横浜・仁志、28日に1軍復帰(サンケイスポーツ)
(追加)相手は左腕 仁志、復帰即出番だ!(スポーツニッポン)

最近は藤田が地味に打ってますが、そんなに長続きはしなそうなので仁志の出番かな。

【考えて野球せぃ】工藤と青山、明暗クッキリ(サンケイスポーツ)

リリーフにもすぐにアジャストしているのはさすが。若い投手にはいいお手本になっているのではないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月26日 (火)

5/25 横浜ベイスターズ 6×-5 東北楽天ゴールデンイーグルス (横浜)

【横浜】内川が同点犠飛、走者に感謝(ニッカンスポーツ)
46歳、横浜・工藤、リーグ最年長白星更新!(サンケイスポーツ)
横浜・工藤、2年ぶりの勝利にも淡々「おまけ」(サンケイスポーツ)
横浜・内川、最悪の当たりが最高の結果に!(サンケイスポーツ)
46歳工藤がセ最年長勝利投手…横浜(報知)
46歳・工藤607日ぶり勝利「最高!」(スポーツニッポン)
内川 最悪の当たりが最高の結果(スポーツニッポン)
(追加)【横浜】工藤46歳で白星セ最年長記録(ニッカンスポーツ)
(追加)46歳工藤9回リリーフで白星、最高齢更新(ニッカンスポーツ)
(追加)横浜内川初サヨナラ打で工藤に白星つけた(ニッカンスポーツ)
(追加)46歳以上の白星は59年ぶり快挙/データ(ニッカンスポーツ)
(追加)オーナー明言!横浜・工藤は来季も現役(サンケイスポーツ)
(追加)横浜・内川、自身初逆転サヨナラ打!(サンケイスポーツ)
(追加)横浜・工藤、46歳20日セ界最年長勝利!(サンケイスポーツ)
(追加)ハマのおじさん絶叫!工藤607日ぶり46歳1勝…横浜(報知)
(追加)工藤2年ぶり勝利!田代ベイ 本拠1勝(スポーツニッポン)
(追加)工藤 村山実抜いた!単独13位223勝(スポーツニッポン)
(追加)内川、田代監督代行のカン違いで「気持ちが楽になった」(スポーツニッポン)

5/25のベイスターズ-楽天戦は、1点リードされた9回裏に内川の2点タイムリーで逆転サヨナラ勝ち。

1点を先制されたベイスターズは1回裏に村田とジョンソンのタイムリーで2点を取って逆転する。しかし、マストニーが小坂のHRなどで3点を取られて逆転される。4回裏に吉見のタイムリーと内川の犠牲フライで一旦は追いつくが、7回表にジョンソンのエラーで再び勝ち越される。楽天の1点リードで迎えた9回裏、ベイスターズは2つの四球などで作った満塁のチャンスに内川が2点タイムリーを打って逆転サヨナラ勝ち。4番手の工藤がセリーグ最年長記録となる1勝目。

途中までは非力な小坂にHRを打たれるは、エラーで勝ち越しを許すはと、目を覆いたくなる試合でしたが、なぜか逆転勝ち。野村監督に言わせれば「不思議の勝ちあり」と言ったところでしょうか。特に頭が痛くなったのは3回の吉村の打席。無死1塁2塁で1球目バントの構えで見逃し、2球目バスターでファウル、3球目高めの釣り球を打って併殺。一体何がやりたかったのやら。

こんな試合を勝ちに持ち込んだのは2番手の吉見の活躍でしょう。2-4の2点差1死3塁の場面でタイムリーヒット。前の打者が無死3塁で凡退して野手が打席に入っても嫌な場面でしたが、しっかりと結果を残すあたりさすが好打者の吉見です。その後、走塁や投球でも頑張りましたし、勝ちをつけてあげたかった。ベンチもそう思ったのか、3回64球は引っ張り過ぎかな。

この試合を負けるとまたズルズル行きそうだったので、勝ったことは大きかったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月25日 (月)

5/24 横浜ベイスターズ 2-5 東北楽天ゴールデンイーグルス (横浜)

【横浜】オバQの本拠地初勝利お預け(サンケイスポーツ)
横浜・田代代行、本拠地初采配も逆転負け(サンケイスポーツ)
オバQ、本拠地初采配を飾れず…横浜(報知)
田代監督代行 本拠地初采配を飾れず(スポーツニッポン)
(追加)カンセコと大魔神佐々木氏が始球式で対決(ニッカンスポーツ)
(追加)横浜オバQ、本拠地初勝利はお預け(ニッカンスポーツ)
(追加)魔神とカンセコ氏が始球式で対決(サンケイスポーツ)
(追加)オバQ、小林誤算で初連敗…横浜(報知)
(追加)初のハマスタで黒星…内川先制弾も空砲(スポーツニッポン)

5/24のベイスターズ-楽天戦は、この日も苦手の左腕を攻略できず連敗。

1回表、ベイスターズは楽天先発の長谷部から内川がHRを打って1点を先制。しかし、ベイスターズ先発の小林は4回表に2点、5回表に1点を取られて逆転されると、走者を残して6回途中で降板。代わった石井も2本のタイムリーを打たれて2点を追加される。打線はこの日も左腕の長谷部を打てず1点返すのがやっとで2-5で敗戦。

この日も左腕を攻略できずわずか5安打。さらに村田のエラーや相手投手のヒットが失点に繋がるなど相変わらず。ファンがガタガタ言わなくても現場の首脳陣や選手たちが一番分かっているだろうが。得点差以上に惨敗に感じました。

横浜が横山らを登録、藤江、斉藤俊を抹消(ニッカンスポーツ)
【セ・リーグ公示】5月24日(サンケイスポーツ)

黒羽根はファームの正捕手として頑張っていますが、昨年に続いて勉強のための昇格でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月24日 (日)

ペンタックスK-7体感&トークライブの感想

西武ドームの野球の試合終了後に西武ファンの友人をほったらかしてペンタックスK-7体感&トークライブに急行しました。秋葉原の会場に着いたのは終了時間10分前でしたが、かろうじて実機に触れることができました。慌てて触った感想と確認事項です。

・触った実機のバージョンは0.3x(xの数字は忘れました)
・機能を抜きにすればサイズはびっくりするほど小さいという感じではない、K200Dより小さいが*istDSよりは大きい
・シャッター音が小さくてお上品、「クシュクシュ」
・通常AFはびっくりするほど速いという気はしなかったが最後の迷いはない
・ISO1600の高感度ノイズは気にならない
・モード(P、Avなど)変更時は、ダイアル中心のロックボタンを押しながらダイアルを回す
・LV時のコントラストAFは遅いが、D5000よりは速いかな
・動画記録時はAFは利かない、記録開始前にフォーカスを合わせて記録中はMF
・自動水平出しは縦位置撮影でも利くらしい(説明員さんのコメント)
・Wズームキットは当面発売予定なし(説明員さんのコメント)

実機を触れるタッチ&トライコーナーは終了間際まで列ができており、ユーザの期待の大きさが感じられました。

(追加)ペンタックス、「K-7体感トークライブ」を開催(デジカメWatch)

090523090078

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月23日 (土)

5/23 埼玉西武ライオンズ 10-6 横浜ベイスターズ (西武ドーム) (観戦)

5/23に西武ドームで行われた交流戦・西武-ベイスターズを観戦。

090523012936
西武-ベイスターズ戦が行われた西武ドーム

今回は西武ファンの友人と西武側(3塁側)のフィールドビューシートで観戦。西武ドームのフィールドビューシートはブルペン横のグラウンドレベルに今年から新設されたシートで、選手と同じ視線で観戦ができます。この日座った3塁側だと特にショートのプレーが目の前で見られて、ダブルプレーなどは迫力がありました。

090523023042
フィールドビューシートからの視界

090523032942
フィールドビューシートではグラブも借用可能

09052304_2
お昼に食べた中村弁当(上:パッケージ、下:中身)

試合は西武・帆足、ベイスターズ・グリンの先発でスタート。1回表、ベイスターズは先頭の内川が内野安打で出塁するも続く金城が併殺に倒れて3人で終了。一方、1回裏の西武はいきなり3連打で1点を先制するとこの回さらに1点を追加。2回裏にも栗山のタイムリーなどで3点を追加。

090523052994
ファンのコールに応える中島選手

ベイスターズは2回以降、帆足のテンポの良い投球にチャンスらしいチャンスも作れず6回まで無得点に抑えられる。西武に2点を追加された7回表に佐伯のHRでようやく2点を返す。しかし、直後の7回裏に守備の乱れなども絡んで西武に3点を追加されて試合を決定付けられる。ベイスターズも8回、9回に2本の2点HRが出るが、10-6で敗戦。

090523063006_2
好投した帆足選手

090523073028
一矢を報いるHRを放った佐伯選手

1回の両チームの攻撃が大きかった。1回表の場面は大矢采配だったら2番打者は強攻ではなく送りバントだったでしょう。どちらが正解ということはなく、強攻の場合はこういったリスクもあるということ。しかし、同じような場面の2回裏の西武の攻撃では、先頭の佐藤がヒットで出塁、続く上本は強攻してショートゴロを打つが、佐藤が走っていてアウトは一塁のみ。その後、2死から3本のタイムリーで3点を追加したことを考えるとベイスターズも見習わないといけないと思いました。

最後は3本のHRが出て4点差まで追い上げましたが、試合内容としては惨敗でした。打撃は水物の面もあるので仕方ないですが、つまらない守備のミスがことごとく失点に繋がったのは面白くなかった。

090523083036

観客席から観ているホッシーも心なしか元気ない?

【観戦した選手たちの感想】

・グリン(横浜):先発して5回6失点。立ち上がりから連打を浴びる。横から見ていて何が悪いか分からなかったが、強いて言えばストライクを揃えすぎ?

・藤江(横浜):2番手で3回4失点。バックの守備のミスもあったが、痛打をかなり浴びた。ストレートにもう少し力をつけないとフォークが生きない。

・金城(横浜):2番センターで4打数1安打1HR2打点。最終打席でHRを打ったが、第1打席の併殺が痛かった。

・村田(横浜):4番サードスタメンで3打数2安打。ヒットは2本とも詰まったフライのヒット。守備でグラブではじいた打球を顔に当てて退いたが、重傷ではなさそう。

・佐伯(横浜):5番ファーストスタメンで3打数1安打1HR2打点。打撃では反撃のHRを放つが、守備でミス多数。特にHRを打った直後に2つのミス(1本は記録はヒット)。この試合に限らず守備のミスが目立つ気がするが、ジョンソンはもっとひどいのかな?

・石川(横浜):9番ショートスタメンで4打数1安打。第2打席で6球ファールで粘る場面があったが、上位を打つためにこういった粘りを身につけたい。守備は強烈な打球が多く飛んできていたが、いくつかは捌けなかったかな?

・帆足(西武):先発して8回4失点。最後にHRを打たれて4失点となったが、中盤までのテンポの良い投球は試合の流れを作った。

・栗山(西武):2番レフトスタメンで5打数3安打2打点。第1打席のチャンスを広げるヒット、第2打席の2死からのタイムリーと打撃面で試合の流れを作った。

・上本(西武):9番キャッチャースタメンで4打数2安打1打点。スタメンマスクを任され、内角を攻めるリードをしているように見えた。

【関連ニュース】
【横浜】グリンが5回6失点KO(ニッカンスポーツ)
【WBC栄光のたまもの】ウッチーは希望の星(サンケイスポーツ)
横浜連勝ならず…田代代行「攻撃野球貫く」(サンケイスポーツ)
横浜・村田、打球当たり唇切るも「大丈夫」(サンケイスポーツ)
横浜のルーキー藤江、3回4失点で2軍落ち(サンケイスポーツ)
田代監督代行2回までの5失点を悔やむ…横浜(報知)
顔面に打球!村田が唇切っても「大丈夫」(スポーツニッポン)
“オバQ攻撃野球”は崩さない!(スポーツニッポン)
3回4失点…ルーキー藤江2軍落ち(スポーツニッポン)
(追加)横浜「化けラッタ打線」終盤粘りも…(ニッカンスポーツ)
(追加)オバQ、10失点もサバサバ「連勝難しい」(サンケイスポーツ)
(追加)完敗認めるも田代流続ける…横浜(報知)
(追加)グリン乱調5回6失点…初の3連勝ならず(スポーツニッポン)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ペンタックス、大阪で開催予定のイベントを中止

新型インフルエンザ発生に伴う大阪イベント中止のお知らせ(ペンタックス公式HP)
ペンタックス、大阪の「K-7体感トークライブ」を中止(デジカメWatch)

大阪で開催予定だったK-7お披露目イベントは新型インフルエンザのため中止だそうです。23日、24日の東京会場は予定通り開催するそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5/22 埼玉西武ライオンズ 5-15 横浜ベイスターズ (西武ドーム)

ナベQに敬意、オバQとの対戦を心待ち(ニッカンスポーツ)
【横浜】下園プロ初本塁打「出来すぎ」(ニッカンスポーツ)
【横浜】内川が涌井KOの6点目適時打(ニッカンスポーツ)
横浜・下園がプロ初本塁打「できすぎです」(サンケイスポーツ)
ナベキュウ、オバQ怖~い 2軍時代6勝10敗…西武(報知)
今季初2けた得点で連勝…横浜(報知)
横浜今季初2ケタ得点!三浦番長楽々5勝目(スポーツニッポン)
(追加)オバQ横浜“変身”化けラッタ打線で15点(ニッカンスポーツ)
(追加)オバQ采配ズバッ!横浜、今季最多15得点(サンケイスポーツ)
(追加)オバQベイ、イケイケ打線に化けた!19安打15点!!…横浜(報知)
(追加)“オバQ野球”でナベQかくラン15点!(スポーツニッポン)
(追加)たまにはいいんんじゃない 恐縮する番長5失点5勝目(スポーツニッポン)

5/22の西武-ベイスターズ戦は、ベイスターズ打線が今季初の二桁得点と爆発して快勝。

ベイスターズ・三浦、西武・涌井の両エースが先発。1回表、ベイスターズは下園のプロ入り初となるHRと佐伯のタイムリーで2点を先制する。3回裏に三浦が2点を取られて同点とされるが、4回表に細山田のスクイズ、石川のタイムリーで再び3点を勝ち越す。しかし、三浦がピリッとせずGG佐藤と中島のHRで2点を失う。1点差まで詰め寄られたベイスターズは6回表に内川のタイムリーで涌井をKOすると金城のタイムリーとジョンソンの3点HRでさらに4点を追加し、試合を決定付ける。9回表にも5点を追加したベイスターズは19安打15得点で快勝。三浦が5勝目。

三浦と涌井が先発してこんなに大味な試合になるとは思いませんでした。打線のつながりが田代采配によるものかは正直分かりませんが、4回の細山田のスクイズや6回の藤田の代走や金城の代打など早め早めに仕掛けているように見えました。ファームで一緒にプレーした選手も多いので、良く選手のことを分かっているのかもしれません。

打撃陣は1人を除いて皆良く打ちましたが、下園とジョンソンの活躍が光りました。特に下園のHRは涌井の出鼻をくじく価値ある一発。守備に不安があるので、この試合のように金城と併用になると思いますが、打撃でしっかりとアピールしていきたい。ジョンソンが安定してくると打線の厚みが増すので、この試合のような活躍がもっと見たい。

次の試合はグリンの先発だと思いますが、もともと援護が少ないうえにこの試合でこんなに打ってしまったので、ちょっと心配。

横浜・仁志、1軍復帰へ!球団「まだ必要」(サンケイスポーツ)

工藤だって慣れないリリーフで頑張ってるんだから早く戻って来い。

少なすぎるぞ横浜 田代監督代行で復活なるか?(スポーツニッポン)

今年は石川・吉村あたりが積極的に走ってるという印象があったのですが、それでも盗塁はセリーグ最下位なんだ。

田代監督代行に期待も球団の“体質改善”が先決!?(スポーツニッポン)

悲しいかな、ベイスターズファンは監督交代のゴタゴタは慣れているので冷静ですね。

魔人・佐々木氏が横浜マウンドに“復活”登板(サンケイスポーツ)

佐々木が来るとファンは盛り上がるでしょう。ちなみに「ダイマジン」は「大魔神」または「大魔人」と表記されますが、個人的には「大魔神」のほうが好きです。守護神ですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月22日 (金)

ペンタックス、新デジタル一眼レフカメラ「K-7」を発表

K-7商品紹介ページ(ペンタックス公式HP)
K-7スペシャルサイト(ペンタックス公式HP)
ペンタックス、“小型化”と“高性能”を両立した一眼レフ「K-7」~ファインダー視野率100%、約5.2コマ/秒、HD動画記録などを実現(デジカメWatch)
ペンタックス、簡易防滴仕様のズームレンズ2本(デジカメWatch)
(追加)“らしさ”を詰め込んだ「一番小さな高級機」――ペンタックス「K-7」(itmedia)

ペンタックスはデジタル一眼レフカメラの新製品「K-7」を発表。

事前にネットで流れていたスペックとほぼ一致しており、考えられるスペックを全て詰め込んだカメラとなっています。個人的にはコマ数が5.2fpsにアップした連写、自動水平補正機能に興味があります。これだけのスペックを詰め込みながらサイズは中級機としては比較的小型にまとめられており、かつて小型カメラにこだわりを持っていたペンタックスの面目躍如と言ったところでしょうか。詳細スペックはこちら

このスペックで大手家電量販店の価格で12万9800円(ボディのみ)というのはかなり破格だと思います。むしろ安すぎるくらい。ペンタックスにとってはK10D以来のヒットとなりそうな予感。

このクラスのカメラに惜しみなく機能を詰め込めるのは、ラインアップが少なく、機種間の差別化を気にしなくて良い弱小メーカゆえの事情もあるでしょう。良く頑張りましたが、恒例の「予約が殺到したため発売延期」とならないように発売までもう少し頑張ってください。

09052101pentax1_00

ペンタックス「K-7」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月20日 (水)

5/20 千葉ロッテマリーンズ 1-4 横浜ベイスターズ (千葉マリン)

【横浜】村田、佐伯連発で打線に火つく(ニッカンスポーツ)
横浜・田代監督代行、厳しい初勝利に苦笑い(サンケイスポーツ)
「汗が1リットル」田代監督代行初勝利(スポーツニッポン)
(追加)横浜「オバQ打線」3発で田代代行初勝利(ニッカンスポーツ)
(追加)“オバQ一発攻勢”田代監督代行が初白星(サンケイスポーツ)
(追加)田代監督代行へ3発祝砲!就任初勝利!…横浜(報知)
(追加)田代監督代行に期待も球団の“体質改善”が先決!?(スポーツニッポン)

5/20のロッテ-ベイスターズ戦は、3本のHRによる得点を投手陣が粘って守りきって連敗ストップ。

1点を先制されたベイスターズは2回表に村田と佐伯の連続HRなどで3点をとって逆転。さらに3回表には金城にもHRが出て1点を追加。ベイスターズ先発のウォーランドは毎回のように走者を出しながら7回を1失点で投げきる。8回裏は木塚と工藤、9回裏は山口が走者を出しながら無失点に抑えて1-4で勝利。田代監督代行に初勝利をプレゼント。先発のウォーランドが3勝目。山口が2セーブ目。

3本のHRで4得点は少ないですが、成瀬は尻上がりに調子を上げたようなので上手く点が取れたと理解すべきかな。ウォーランドは四球がやや多く走者を出しましたが、良く粘ってくれました。コンスタントに6回、7回を投げきってくれると後が助かる。

1週間前はまだ「開幕の連敗を除けばまずまず頑張っている」と思っていたのに、あっという間に連敗で借金が増え、気づいたら指揮官まで代わってしまうドタバタの急展開。連敗も止まって一息つきたいところですが、ホッとせず借金を一つずつ返済してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5/19 千葉ロッテマリーンズ 2-1 横浜ベイスターズ (千葉マリン)

【横浜】1番内川が3回先制適時打(ニッカンスポーツ)
内川1番!横浜、打線の組み替えが奏功(サンケイスポーツ)
横浜・田代監督代行、初采配飾れず(サンケイスポーツ)
田代監督代行、初采配を白星で飾れず…横浜(報知)
田代代行 初采配飾れず…でも意気込み伝わった(スポーツニッポン)
(追加)横浜新打線実らず1点…田代代行黒星発進(ニッカンスポーツ)
(追加)横浜・田代監督代行、初陣飾れず「残念」(サンケイスポーツ)
(追加)田代監督代行初陣も攻めきれず5連敗…横浜(報知)
(追加)田代監督代行に聞く…横浜(報知)
(追加)横浜は化ける!田代監督代行敗戦も前向き(スポーツニッポン)

田代監督代行の初采配となった5/19のロッテ-ベイスターズ戦は、大幅な打線組替えも功を奏さず5連敗。

ベイスターズは3回表に1番に入った内川のタイムリーで1点を先制する。しかし、ベイスターズ先発のマストニーは毎回走者を出す苦しい投球で、3回裏に井口の内野ゴロの間の1点で同点に追いつかれる。その後もベイスターズ投手陣は走者を出しながらなんとか耐えるが、打線の援護もない。8回裏、3番手の石井が今江のタイムリーで1点を勝ち越される。打線は結局最後までロッテ先発の唐川を打ち崩せず2-1で敗戦。

1番内川、2番下園、3番ジョンソンと思い切った打線の組み替えをしましたが、結果は出ず。投手陣も毎回のように走者を出してよく2点で済んだという内容でした。この試合に限っては今までと変わらない内容でした。また次に期待しましょう。

横浜が野中、下園を出場選手登録(ニッカンスポーツ)
【セ・リーグ公示】5月19日(サンケイスポーツ)
(追加)救世主になる?イースタン首位打者、1軍で即2安打(スポーツニッポン)

下園は2番センタースタメンで2安打。昨年は終盤に多くのチャンスを貰いながらなかなか結果が出せなかったので、今度こそチャンスを掴みたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月19日 (火)

ペンタックスデジタル一眼レフカメラ「K-7」のスペック?

The Pentax K-7 is Here! Finally! (RiceHigh's Pentax Blog)

5/21発表予定のペンタックスの新デジタル一眼レフカメラ「K-7」のスペックです。ペンタックス公式発表でないので間違っているかもしれませんが、なかなか魅力的。

カメラ名:Pentax K-7
ボディ:防塵防滴
撮像素子:APS-C 1460万画素 4ch読み出し
ゴミ取り機能:超音波ゴミ取り
ISO:100-3200、拡張6400
画像処理エンジン:PRIME II
ファインダー:視野率100%、倍率0.92倍
シャッタースピード:1/8000 s、シンクスピード1/180 s
連写速度:5.2 fps(Hi)、3.3 fps(Lo)
ライブビュー:あり、コントラストAF、顔認識機能
動画機能:1280x720、640x416、1536x1024、30fps
液晶モニタ:3inch 92万画素
測光システム:77分割測光
AFシステム:SAFOX VIII+
手ブレ補正:上下、左右、回転
サイズ:130.5x96.5x72.5 mm^3、670g
キットレンズ:DA18-55 3.5-5.6 AL Water/eather Resistant

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月18日 (月)

ベイスターズ・大矢監督休養、田代2軍監督代行

横浜大矢監督休養、代行は田代2軍監督(ニッカンスポーツ)
横浜・大矢監督が休養…田代2軍監督が代行(サンケイスポーツ)
【大矢監督に聞く】「プロの世界だから従うだけ」(サンケイスポーツ)
【田代代行に聞く】「結果恐れず攻めていく」(サンケイスポーツ)
大矢監督を解任 田代2軍監督が昇格…横浜(報知)
横浜・大矢監督が休養、代行は田代2軍監督(スポーツニッポン)
大矢采配に疑問の声 傷が浅いうちにトップ交代(スポーツニッポン)
無念の大矢監督「こういう判断をされれば従うしかない」(スポーツニッポン)
すっきりしない…横浜球団社長「名目上は監督のまま」(スポーツニッポン)
田代監督代行「闘争心を持って迷いなく攻める」(スポーツニッポン)
大矢路線からは決別 田代代行「考えがある」(スポーツニッポン)
(追加)横浜が大矢監督解任、とりあえず田代代行(ニッカンスポーツ)
(追加)みの皮肉?「みのVP」に大矢監督を選出(ニッカンスポーツ)
(追加)横浜・大矢監督解任…選手に別れの挨拶できず(サンケイスポーツ)
(追加)ノムさん同情「責任の所在がおかしい」(サンケイスポーツ)
(追加)横浜・三浦は神妙「一生懸命やるしかない」(サンケイスポーツ)
(追加)40試合以下での交代劇、横浜では須藤監督以来(サンケイスポーツ)
(追加)横浜、田代政権は暫定…来季トレーシー氏有力(サンケイスポーツ)
(追加)「オバQ」田代監督代行、攻撃心と奇襲でベイスターズ再建だ(報知)
(追加)ナイン動揺 三浦「びっくり」内川「申し訳ない」…横浜(報知)
(追加)「交流戦で、という気持ちあったが…」大矢氏に聞く(報知)
(追加)ノムさん、大矢監督解任に「悲しい商売」…楽天(報知)
(追加)横浜 田代監督代行いきなり1番吉村起用も(スポーツニッポン)
(追加)大矢監督“解任”田代監督代行で交流戦へ(スポーツニッポン)
(追加)ノムさん“解任”に「私もあとわずか」(スポーツニッポン)
(追加)田代代行の手腕次第だが…後任監督候補にこんな名前(スポーツニッポン)

このタイミングで?借金10が区切り?

大矢さんの2年強は、世代交代するのか勝ちに行くのかはっきりしない球団の方針に翻弄された感もあります。一方で、大矢さん自身がチームをどうしたいのか強く球団に言えなかった面もあったと思います。ようやく球団の腹が決まって世代交代に傾きかけているなかでの解任は少し気の毒に思いました。

優しい人柄で外様に関わらずベイスターズに愛着を持ってくれた大矢さんは人間としてとても好きでした。最近は少しお疲れ気味な様子も見られたので、ゆっくりと休んで外からベイスターズを見守ってください。お疲れ様でした。

代行を務める田代監督は多村・吉村を育てるなど特に打者の育成には定評がありますので、正直一軍の監督よりも二軍で育成に注力して欲しかった。一軍監督に就任するとしてもこういった形ではなく正式な新監督として迎えたかった。球団の計画性のなさが田代監督を中途半端なものにしてしまわないかとても心配です。

この時期に監督交代をしたということはまだ取り返しがつくと考えていると思うので、選手は目の前に集中して欲しい。とくに若い連中はチームの順位関係なく結果を出して競争に勝たないとね。

横浜が山崎、下窪の出場選手登録抹消(ニッカンスポーツ)
【セ・リーグ公示】5月18日(サンケイスポーツ)

山崎と下窪の代わりは下園と野中のようです。野中のことをすっかりと忘れてた、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月17日 (日)

5/17 中日ドラゴンズ 4-1 横浜ベイスターズ (ナゴヤドーム)

【横浜】小林が6回途中2失点で降板(ニッカンスポーツ)
横浜4連敗…大矢監督「打線が湿りっぱなし」(サンケイスポーツ)
打てない横浜4連敗(報知)
打線湿りっぱなしの横浜…2人を2軍降格(スポーツニッポン)
(追加)「湿りっぱなし」ハマ打線8回まで1安打(ニッカンスポーツ)
(追加)横浜、借金11で交流戦前に緊急補強(サンケイスポーツ)
(追加)大矢監督、18日に緊急会談 去就問題に発展か…横浜(報知)
(追加)横浜 トレード補強も…4連敗で借金最悪11(スポーツニッポン)

5/17の中日-ベイスターズ戦は、この日もベイスターズ打線が湿って4連敗。

ベイスターズ・先発の小林は2回裏に自身のエラーも絡んで1点を先制される。6回裏には谷繁に押し出し死球を与えて降板。8回裏に3番手の藤江もつかまり2点を追加される。一方、ベイスターズ打線はこの日も中日先発の川井に抑えられ、8回までわずか1安打に抑えられる。9回表に内川のHRで1点を返して岩瀬を引っ張り出すが、反撃は1点のみで4-1で敗戦。

これでナゴヤドームで6連敗。しかも、6試合で得点は3点のみ。これじゃ勝てん。投手陣はまずまず頑張っているが、ここぞというところで踏ん張り切れなかったり、守備のミスがあったりするので、やっぱり打線に奮起してもらいたい。この日スタメンで結果が出なかった下窪と山崎がファーム落ちするようだが、代わりは誰かな。1人は下園としてもう1人は高森?北?いずれにしても左打者ばかりなので、仁志にはしっかり調整して欲しかった。

来週から交流戦なので、流れが変わることを期待したい。全く根拠のない神頼みに近いが、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペンタックス・Optio E75?

5/21に発表予定のデジタル一眼レフの新製品の情報を探していたら、コンパクトデジカメの新製品らしき情報が、、、

http://gizmodo.com/5255906/pentax-optio-e75-is-waterproof-and-sorta-cheap

リンクの記事によると名称はOptio E75、防水、10.2M画素、3倍ズーム、ISO1600、欧州で7月に発売だそうです。防水カメラのWシリーズはEシリーズに統合されるということでしょうか?

日本で発売されるのか、そもそも確度の高い情報なのかは全く分かりません。悪しからず。

09051701pentax_e75_bis_450

Pentax Optio E75?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5/16 中日ドラゴンズ 2×-1 横浜ベイスターズ(ナゴヤドーム)

【横浜】ジョンソンが5回7号先制弾(ニッカンスポーツ)
横浜サヨナラ負け…大矢監督「やり返したい」(サンケイスポーツ)
2日連続サヨナラ負けに大矢監督「やり返したい」…横浜(報知)
大矢監督「あしたやり返したい」(スポーツニッポン)
(追加)高め直球で勝負した横浜山口、1球に泣く(ニッカンスポーツ)
(追加)グリンが好投も…横浜、今季最多借金10(サンケイスポーツ)

5/16の中日-ベイスターズ戦は、この日も中日投手陣を打ち崩せず2試合連続サヨナラ負け。

中日・チェンとベイスターズ・グリンが先発。ベイスターズは5回表にジョンソンのHRで1点を先制するが、直後の5回裏に井端のタイムリーで追いつかれる。その後は両チームとも得点できず、2日連続延長戦となる。10回裏、4番手の山口が無死2塁3塁からブランコにタイムリーを打たれてサヨナラ負け。

点が取れんな。同じ投手に何度も何度もやられるのは恥ずかしい。明日も前回やられた川井が先発するだろうが、なんとか意地を見せてくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月16日 (土)

5/15 中日ドラゴンズ 1×-0 横浜ベイスターズ (ナゴヤドーム)

【横浜】中日吉見に今季2度目の完封負け(ニッカンスポーツ)
横浜・三浦、力投報われず…打線の援護なし(サンケイスポーツ)
横浜・大矢監督、サヨナラ負けに元気なし…(サンケイスポーツ)
横浜13三振、8回0封三浦見殺し(サンケイスポーツ)
三浦8回無失点も力投報われず…横浜(報知)
8回無失点も…三浦の力投報われず(スポーツニッポン)
三浦8回無失点も…援護なく借金9に(スポーツニッポン)

5/15の中日-ベイスターズ戦は、両先発の好投で0-0のまま延長戦に入るが、ベイスターズリリーフ陣が打たれてサヨナラ負け。

中日・吉見、ベイスターズ・三浦の両先発がともに好投し、8回まで両チーム無得点。9回に三浦の打席が回ってきたところで代打が出て三浦は降板。結局、両チーム得点がないまま延長戦となるが、ベイスターズリリーフ陣が10回裏につかまり井端のタイムリーでサヨナラ負け。

ともに防御率1点台の両先発の見応えのある投手戦となりました。結果的に先に動いたベイスターズが負けましたが、ビジターなのでしかたないかな。こういった試合で石川あたりが足で引っ掻き回せるようになると強くなるのですが。

横浜が吉川の出場選手登録を抹消(ニッカンスポーツ)
ストッパーはどっち?横浜 左の守護神復帰へ(スポーツニッポン)
【セ・リーグ公示】5月15日(サンケイスポーツ)

吉川が降格して、石井裕が昇格。この試合で早速登板し、サヨナラの走者を出して負け投手となりました。山口とは右左を見ながら使い分けになるのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月15日 (金)

5/14 横浜ベイスターズ 5-9 読売ジャイアンツ (横浜)

【横浜】村田の2発が明るい材料(ニッカンスポーツ)
横浜・藤江にプロの洗礼…単調な投球でKO(サンケイスポーツ)
横浜、唯一の明るい材料は村田の2発(サンケイスポーツ)
村田2ラン2発も及ばず…横浜(報知)
(追加)野茂の教え子横浜藤江4失点KO(ニッカンスポーツ)
(追加)藤江3回持たず4失点KO…横浜(報知)
(追加)村田特大2発、猛打賞 ケガの回復実感(スポーツニッポン)

5/14のベイスターズ-読売戦は、ベイスターズ投手陣の乱調で敗戦。

1点を先制されたベイスターズは1回裏に村田の2点HRで逆転する。しかし、2度目の先発となった藤江がピリッとせず3回表に小笠原に同点HRを打たれるとさらに2点を失いノックアウト。2番手の吉川も4回表に4点を取られて突き放される。ベイスターズの村田の2本目のHRなどで3点を返すが、結局5-9で敗戦。

ようやく調子が上がってきた村田が2本のHRを打つものの、投手陣が踏ん張りきれない。なかなか上手くいきませんね。藤江は次の登板で悔しさを晴らしてもらいましょう。3回をノーヒットに抑えた3番手の吉見の好投は好材料ですが、競った試合や勝ってる試合でこの試合のような投球をしてもらわないと。

横浜内川が目まいで交代、病院には行かず(ニッカンスポーツ)
横浜・内川が目まいで途中交代(サンケイスポーツ)
(追加)大丈夫か内川 試合中にクラクラ(スポーツニッポン)

気づいたら内藤に代わっていました。たいしたことなければ良いのですが。

横浜が野口捕手らの出場選手登録を抹消(ニッカンスポーツ)
【セ・リーグ公示】5月14日(サンケイスポーツ)

野口と大西がファームに降格して、呉本と下窪が昇格。やはり今年は思い切った入れ替えが多い。成績を見ると落とされても仕方ないが、実績を校了するとビックリ。このままいくと今年は所属選手のほとんどが一軍を経験しそう。次はこの試合で炎上した吉川が落ちて石井裕が昇格?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月14日 (木)

5/13 横浜ベイスターズ 9×-8 読売ジャイアンツ (横浜)

横浜9-8巨人/試合終了(ニッカンスポーツ)
内川、最下位横浜引っ張る「勝つ喜び教えたい」(サンケイスポーツ)
ばん回誓った2人の執念でサヨナラ勝ち…横浜(報知)
村田の死球で今季初サヨナラ勝ち…横浜(報知)
巨人苦労“水の泡”…村田に死球でサヨナラ負け(スポーツニッポン)
殊勲”の村田は笑いが止まりません!(スポーツニッポン)
(追加)横浜守護神山口がサヨナラのホーム踏んだ(ニッカンスポーツ)
(追加)横浜・村田、サヨナラ死球に笑顔「よけなかった」(サンケイスポーツ)
(追加)ハマスタの笑劇♪横浜・村田サヨナラ死球(サンケイスポーツ)
(追加)大矢監督、今季初サヨナラ勝ちに笑顔…横浜(報知)
(追加)山口お立ち台「すいません」にファン爆笑(スポーツニッポン)

5/13のベイスターズ-読売戦は9回に2点差をおいつかれるが、村田の押し出し死球で今季初のサヨナラ勝ち。

ベイスターズは2回裏にジョンソンの2点HRで先制するが、先発のマストニーが4回表にラミレスの3点HRなどで4点をとられて逆転される。さらに1点を追加された5回裏に佐伯の犠牲フライと内川の満塁走者一掃の3点タイムリーで再び逆転する。6回表に一旦は追いつかれるが、7回裏に相手のエラーなどで再び2点を勝ち越す。8回表を工藤が抑えて9回には抑えの山口が登板。山口は二つの四球で2死2塁3塁のピンチを作るが、ラミレスをセカンドフライに打ちとって試合終了と思いきやここでセカンドの北川がまさかの落球、同点とされる。その裏、ベイスターズは投手の山口のヒットなどで1死満塁のチャンスを作ると村田が死球でサヨナラ勝ち。山口が3勝目。

サヨナラ勝ちでこんなに素直に喜べない試合は珍しい。嬉しいというよりホッとした。両チームバタバタで格好悪い試合だったが、勝って良かった。選手もやや複雑な思いだったようで村田と山口のヒーローインタビューが面白かった。村田が、山口のことを「抑えが2点取られて、先頭打者でヒットを打って、お立ち台に呼ばれているのは意味分からない」と言ってました(笑)

山口は前回やられた読売戦を意識したのか内容が悪かった。それでも結果無失点なら問題なかっただろうが、北川のエラーでみそが付いちゃったのでまた次が心配。打線は前日内容が悪いと書いたジョンソンがHRを含む2安打。見る目がないね。また、内川にいいところでタイムリーが出たのは今後に好材料。北川については後述。

何はともあれ一つ勝ったので、次は藤江に頑張ってもらって勝ち越そう。

横浜が北川内野手を出場選手登録(ニッカンスポーツ)
【セ・リーグ公示】5月13日(サンケイスポーツ)

北川が梶谷と入れ替わって昇格。梶谷は大活躍とはいかなかったが、スタメンも経験して本人の自信になったのでは。ファームで課題を克服してまた上がってきてください。その際、ショートで育てるか、セカンドで育てるかは明確にしてあげて欲しい。

一方、北川ですが、昇格即2番セカンドスタメンで起用。正直ここに来て北川にチャンスが回ってくると思いませんでしたが、ファームでは結果を出していたので、順当といえば順当。第4打席には勝ち越し点のチャンスを広げるヒットを放ち、ここまでは良かったが、9回表にイージーフライを落球してまさかのタイムリーエラー。立場上「即ファーム落ち」と言われてもおかしくないエラーでしたが、その裏の必死の打席は良かった。バットを投げ出してファール、ワンバンドの球に食らいついてファールと必死に粘り、レフト前ヒットでサヨナラのチャンスを広げました。最後の打席を見て、もう少しチャンスをあげたいと思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月13日 (水)

ペンタックス、交換レンズ「DA15mm F4 ED AL limited」のレビュー記事

【伊達淳一のレンズが欲しいッ!】ペンタックス「DA 15mm F4 ED AL Limited」~パンフォーカスで真価を発揮する超広角レンズ(デジカメWatch)

このレンズは超広角に関わらず少ない歪曲とペンタックスらしい拘った外観でなかなか評判が良いようです。5/21に発表予定の新型デジタル一眼レフカメラは金属鏡胴のlimitedレンズが良く似合うカメラになるらしいので、きっとDA15mmをつけると格好がいいんじゃないかな?

個人的にはなかなか広角を使いこなせないので、残念ながら今のところ購入予定はありませんが。

09051201da15_3l_2

PENTAX-DA15mm F4 ED AL limited

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5/12 横浜ベイスターズ 3-5 読売ジャイアンツ (横浜)

【横浜】吉村「必死で打った」追撃犠飛(ニッカンスポーツ)
横浜・ウォーランド、痛恨の五回…一挙3失点(サンケイスポーツ)
男・村田の3号及ばず…巨人逃げ切り6連勝(スポーツニッポン)
好投ウォーランドに大き過ぎる課題…(スポーツニッポン)
(追加)横浜・村田、本拠地初アーチの3号ソロ!(サンケイスポーツ)
(追加)ウォーランド、痛恨ミスで好投フイ…横浜(報知)
(追加)村田弾も連敗で借金8…ウォーランド乱調(スポーツニッポン)

5/12のベイスターズ-読売戦は、先発のウォーランドが好投するも逆転負け。

ベイスターズ先発のウォーランドは立ち上がりから好調で3回までパーフェクトに抑えるなど好投を見せる。ベイスターズは2回裏に金城のタイムリー2塁打で1点を先制する。好投していたウォーランドは5回表に投手のヒットなどで作ったピンチに坂本の投手ゴロをヒットにして同点とされる。さらに続く松本の2点タイムリーで逆転される。ベイスターズも6回裏に吉村の犠牲フライで1点を返すが、8回表に2点を追加されて突き放される。9回裏にも村田のHRで1点を返すが、結局3-5で敗戦。

ウォーランドは内容が良かっただけに5回表の3失点がもったいなかった。投手・高橋尚のヒット、坂本の投手ゴロのタイムリー、松本の打ち取った当たりのタイムリーのどこかで切りたかった。打線はジョンソンの内容が悪いので、佐伯と入れ替えを考えても良いかも。

試合とは関係ありませんが、この試合は珍しくTBSが地上波で中継をしていました。中継開始時は見ていませんでしたが、ちょうど5回表の読売が逆転する場面から始まったようです。しかし、このとき中継は野球そっちのけで番組(映画?)の宣伝にご執心で肝心の逆転の映像はあまり放送されなかったようです。TBSは中継内で宣伝をするのは構いませんが、なにを優先して放送すべきかは良く考えて欲しい。野球より宣伝が大事なら最初から中継などしないで宣伝用の番組をやってください。

横浜が木塚と吉見を登録、牛田を抹消(ニッカンスポーツ)
【セ・リーグ公示】5月12日(サンケイスポーツ)

牛田と前日に降格した那須野に代わって木塚と吉見が昇格。早速2人ともこの日の試合からリリーフで登板しました。木塚はもう少し時間がかかるかなと思っていました。この日も球速はあまり出ていませんでしたが、右打者の内側に食い込むシュート?シンカー?はまずますだったと思います。吉見はなんとか無失点に抑えましたが、危なっかしい内容だったのでどうでしょうか?

横浜藤江が14日巨人戦でのリベンジ誓う(ニッカンスポーツ)
藤江、次こそG倒でローテ入り…横浜(報知)

ベイスターズは大人しい選手が多いので、この強気は楽しみ。口先だけなんて言われないように結果も出してくれ。

寺原「人間ドック」で長期離脱…横浜(報知)

思ったより時間がかかりそうで心配です。交流戦は先発5人で回せると思うので、しっかりと直してから復帰してください。

横浜、仁志の引退意思尊重 2軍遠征帯同せず(サンケイスポーツ)
大矢監督、仁志にエールも早期昇格を否定(スポーツニッポン)

結局、引退なのかな。プロフェッショナルなら今季の年俸分はチームに最大限の貢献ができるように努めて欲しいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月10日 (日)

5/10 横浜ベイスターズ 4-12 阪神タイガース (横浜)

【横浜】小林5失点降板「すみません」(ニッカンスポーツ)
横浜・小林「独り相撲」に反省しきり(サンケイスポーツ)
大矢監督「小林の独り相撲」…横浜(報知)
「独り相撲」の小林「慎重になりすぎていた」(スポーツニッポン)
(追加)横浜小林が独り相撲「慎重になりすぎた」(ニッカンスポーツ)
(追加)母の日 ハマスタはピンク一色に(スポーツニッポン)

5/10のベイスターズ-阪神戦は、ベイスターズ投手陣の乱調や守備の乱れによる大量失点で敗戦。

2回裏に内藤のHRでベイスターズが2点を先制するが、その直後に四球やエラーなどでノーヒットで4点を取られて逆転される。4回表にも1点を取られて先発の小林は5回で降板。さらに6回表に那須野が5失点、7回表に牛田が2失点で突き放される。打線は内川と吉村のHRで2点を返すのがやっとで4-12で敗戦。

せっかく良い勝ち方で連勝したのに一転して惨敗。特に3回表のノーヒットでの4失点はちょっと恥ずかしい。小林は結果が良かったり悪かったりと安定しないが、基本的に制球がままならないタイプではないと思うので、余計な四球がもったいない。もっと大胆に投げれてもいいのでは?

来週は読売、中日と厳しいカードが続くだけにこの試合は勝っておきたかった。

横浜・那須野、2軍落ち 吉見が昇格へ(サンケイスポーツ)
那須野は2軍落ち…横浜(報知)
横浜の那須野は2軍落ち、吉見が昇格へ(スポーツニッポン)
(追加)横浜が那須野の出場選手登録を抹消(ニッカンスポーツ)
(追加)【セ・リーグ公示】5月11日(サンケイスポーツ)

5/10の試合に2番手で投げて5失点の那須野が降格。左の中継ぎがいないということでずっと一軍でしたが、内容は良くないので仕方ない。代わりの吉見はファームで当初は先発をしていましたが、最近は中継ぎで投げているようなので、そのまま那須野のポジションで投げるのでしょう。吉見が駄目だったら今度は山北かな?

ベイファン待ってるぞ…仁志「今はできることをやるだけ」(スポーツニッポン)

ショートは石川がレギュラーを掴みつつありますが、セカンドは決め手がない状況。やっぱり仁志の力は必要です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

5/9 横浜ベイスターズ 4-0 阪神タイガース (横浜) (観戦)

5/9に横浜スタジアムで行われたベイスターズ-阪神戦を観戦。

前日までの雨と打って変わって晴天となり、暑いくらいの天候となりました。阪神戦ということで阪神ファンが一杯。3塁側は指定席までほぼ満員で一塁側にもかなりのたくさんの阪神ファンの方が入られてました(自分の座った席の周りも前、右、後ろに阪神ファン)。

試合前のスピードガンコンテストも半分以上が阪神ファン。「ここはどこのホームだ!」と思わず突っ込みたくなりました。始球式には先週の中日戦に続いて夏川純さんが登場しましたが、2塁ベースとマウンドを間違えるシーンも。TBSでベイスターズの応援番組を担当されているらしいですが大丈夫?

試合はベイスターズ・グリン、阪神・能見の先発でスタート。ベイスターズが今年苦手としている左腕投手ということで嫌な予感がしましたが、その予感通りになかなか点が取れない。ポツポツと走者は出るものの点が入りそうな雰囲気がない。一方、ベイスターズ先発のグリンも好投し、両チーム得点がないまま7回表まで終了。

090509011273

7回無失点と好投したベイスターズ・グリン投手

090509021303

こちらも好投した阪神・能見投手

090509031381_2

イニング間にコミュニケーションをとるベイスターズバッテリー

7回裏にベイスターズは村田・吉村の連打をきっかけに無死満塁のチャンスを作るが、大西・細山田がポップフライで凡退。ベイスターズサイドの嫌な空気が流れ始めましたが、ここでグリンの代打の金城が起死回生のタイムリー2塁打を打ってついに3点を先制。8回表は工藤が抑えると、その裏に大西のタイムリーで更に1点を追加。最後は山口が走者2人を出したものの無失点で凌いでベイスターズが4-0で勝利。

090509041430

先制タイムリーに喜ぶベイスターズ・金城選手

090509051488

4点目のタイムリーを放ちホッとした仕草を見せるベイスターズ・大西選手

090509061504

最後を締めたベイスターズ・山口投手

左投手の能見に苦労しましたが、勝ててよかった。7回裏に無死満塁から二つアウトを取られたときは「また駄目か」と諦めかけただけに金城の打球が抜けた瞬間は思わず立ち上がってしまいました。この7回裏の攻撃で感心したのは先頭の村田の打撃。

村田が7回裏の先頭で打席に入った瞬間なにか違和感があると思ったら、いつもより足を開いて構えていました。技術的にフォームの違いは分かりませんが、前後の打席はいつも通りだったと思うので、この打席はなんとか塁に出るという意図だったのかもしれません。結果は村田には珍しいライトへの"ゴロ"のヒット。この村田の意図が伝わったのか、続く吉村も必死にファールで粘り、崩されながらセンターへ運んでチャンスを広げ、その後の先制点に繋がりました。こういった繋ぎの意識が見られたのはとても嬉しかった。

09050907

ベイスターズ・村田選手の打撃フォーム(左:5/9阪神戦の第3打席、右:5/2中日戦)

試合後のヒーローインタビューは好投したグリンと勝ち越しタイムリーの金城。球場外側のテラスで行われる第2ヒーローインタビューは大西と山口でした。第2ヒーローインタビュは最初は大西だけで始まり、途中から山口が加わりました。山口が加わってからは大西が山口にインタビューする形になり、「(3HRを打たれた)ジャイアンツ戦の感想は?」「9回の(新井の)四球はジャイアンツ戦を引きずってた?」「HRを3本打たれたときの気持ちは?」という厳しい質問をぶつけてファンの笑いを誘ってました。

090509081569

第2ヒーローインタビュー、ベイスターズ・大西選手の質問にたじたじの山口投手

当初はなかなか点が入らずやきもきしましたが、結果として久々のカード勝ち越し、さらにグリンに勝ち星がついて山口も無難に再スタートが切れたので、気分の良い勝利でした!

【観戦した選手たちの感想】
・グリン(横浜):先発して7回を無失点。140キロ中盤のストレートを軸に好投。3回、4回、5回と先頭打者を出したが、ここを我慢できたのが良かった。

・工藤(横浜):2番手で1回を無失点。ベテランらしく内野ゴロ3つで簡単に3人で抑える。この試合のような安定感があればセットアッパーとして期待できるかも。

・山口(横浜):3番手で1回を無失点。3HRを浴びた読売戦の登板ということで注目した。ヒットと四球で走者を二人出したが、変に逃げているような投球ではなかったので、大丈夫そう。

・石川(横浜):1番ショートスタメンで4打数2安打。当たり損ねの内野安打が2本だったが、足の速いのも持ち味。

・内川(横浜):3番レフトスタメンで4打数無安打。走者を置いた打席が3回あったが、ヒットは出ず。ちょっと大振りな感じがした。

・村田(横浜):4番サードスタメンで4打数2安打。上述したように打席で構えを変えるなど対応力はさすが。守備では三遊間の当たりに良く動けていた。

・吉村(横浜):5番ライトスタメンで4打数1安打。7回のセンターへのヒットは繋ぐ意識が見えて良かった。

・ジョンソン(横浜:6番ファーストスタメンで3打数無安打。ヒットはなかったが、四死球が2個。特に第1打席で追い込まれてからファールで粘って四球を選んだのは良かった。ベイスターズ打線にとってジョンソンの出塁率は貴重な戦力になりそう。

・大西(横浜):7番センタースタメンで4打数1安打1打点。最終打席で右投手の阿部からタイムリーを打って、第2ヒーローインタビューでは「ホッとした」と言ってました。しかし、大西は左投手の能見から打たないと。能見と対戦した3打席はあっさりと凡退して最悪でした。

・細山田(横浜):8番キャッチャースタメンで4打数1安打。守備では回が終わるたびに投手に寄り添って話し込む姿は好感が持てました。走者を出してもバタバタしないのは凄い。打撃はまだまだですが、そこまで求めるのは酷でしょう。

・金城(横浜):代打で1打数1安打3打点。阪神外野の前進守備にも助けられましたが、満塁走者一掃の決勝タイムリー。金城の右打席でよく見られる、低めの変化球をすくい上げるようなバッティングでした。

・能見(阪神):先発して7回を3失点。横から見ていたので、コースは良く分かりませんでしたが、打ちあぐねました。制球は安定していて四球で崩れそうな感じはなし。

【関連ニュース】
【横浜】代打金城が決勝3点適時打(ニッカンスポーツ)
横浜・金城、代打で走者一掃の二塁打!(サンケイスポーツ)
金城満塁一掃の二塁打!グリン7回無失点で2勝…横浜(報知)
横浜が阪神に連勝 金城が3点二塁打放つ(スポーツニッポン)
(追加)横浜守護神山口ホッ1回無失点5位に1差(ニッカンスポーツ)
(追加)横浜、また完封勝ち“定位置”脱出だ(報知)
(追加)左地獄から救った!金城の常識を超えた一打(スポーツニッポン)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年5月 9日 (土)

ペンタックス、新デジタル一眼レフの発表日を発表

ペンタックス、新デジタル一眼レフを5月21日に発表(デジカメWatch)

ペンタックスは新デジタル一眼レフカメラを5月21日に発表することを発表!

噂されていたデジタル一眼レフの存在がようやく公式になりました。ペンタックスの公式ホームページにも体感&トークライブの案内のページができました。ネットでは「名称はK-7?」「レンズも防塵防滴にリニューアル?」などいろいろな噂がありますが、果たしてどんなカメラになるのか今から楽しみです。いつもは新機種が出ると安くなった型落ち(今回ならK20D)を買いますが、いきなり新製品を買いたくなるような魅力的なカメラになって欲しいです。

先日貼り付けたリーク画像は本物っぽいので、もう一度。

09042201post19701240400101_thumb

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5/8 横浜ベイスターズ 2-0 阪神タイガース (横浜)

【横浜】内川が3試合連続の6号先制弾(ニッカンスポーツ)

【横浜】三浦が6度目の阪神戦完封勝利(ニッカンスポーツ)

わずか2安打!横浜・三浦が今季初完投&完封(サンケイスポーツ)

横浜・内川、本塁打も不満「1日1本では…」(サンケイスポーツ)

内川、本塁打にも不満…横浜(報知)

三浦「本当にうれしい」今季初完封で4勝目…横浜(報知)

2安打完封で決めた!ハマの番長今季初完投!(スポーツニッポン)

(追加)ハマの番長、虎に二塁踏ませず20度目完封(ニッカンスポーツ)

(追加)横浜・内川、3戦連発の決勝6号(サンケイスポーツ)

(追加)虎キラー健在!横浜・三浦、2安打完封(サンケイスポーツ)

(追加)三浦完封4勝 虎狩り38勝目…横浜(報知)

(追加)ハマの番長“お得意”トラ狩り!完封勝利(スポーツニッポン)

5/8のベイスターズ-阪神戦は、ベイスターズ先発の三浦が二塁も踏ませない投球で2安打完封勝利。

ベイスターズ・三浦と阪神・安藤の両エースが先発。両チーム無得点が続くが、6回裏に内川のHRでベイスターズが1点を先制。さらに8回裏に内藤が押し出しの四球で1点を追加。三浦は阪神打線から内野ゴロの山を築き、二塁も踏ませない投球で今季初となる2安打完封勝利。三浦がハーラーダービートップに並ぶ4勝目。

嫌な負け方で連敗して迎えた一戦で三浦がさすがの投球。エースとしてとても価値のある勝利だったと思います。エースが嫌な流れを止めてくれたので、なんとかチームとして波に乗りたい。そのためにも打線にはもう少し援護をお願いしたい。

横浜・山口「これをステップに」/月間MVP(サンケイスポーツ)

マー君、金子誠、山口が初受賞!アニキは4回目…4月月間MVP(報知)

マー君、金子、山口が月間MVP初受賞 アニキは4度目(スポーツニッポン)

山口の月間MVPは考えていなかったので驚きましたが、痛い目にあった直後だけに山口にとっては良い気分転換になったのではないでしょうか?

横浜が牛田を出場選手登録、高崎を抹消(ニッカンスポーツ)

【セ・リーグ公示】5月8日(サンケイスポーツ)

前日の試合で不甲斐ない投球をした高崎が降格。相変わらず決断が早い。首脳陣はなんとか高崎をセットアッパーにしたいという期待をしていたようですが、ボール先行で球が高めに浮く投球が続いていたので、降格も仕方がない。今年はファームで結果を出せばすぐに上げてくれるので、ファームでしっかりと作り直してきてほしい。

牛田はファームで見たときコントロールにばらつきがあったのがやや不安。しかし、牛田の落差の大きいフォークは威力抜群で一軍実績も十分なので期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 8日 (金)

5/7 読売ジャイアンツ 7-3 横浜ベイスターズ (東京ドーム)

【横浜】内川が先制弾、親子丼効果?(ニッカンスポーツ)

【横浜】初登板藤江1失点好投も勝利逃す(ニッカンスポーツ)

横浜・藤江、好投も救援陣打たれ初登板初勝利逃す(サンケイスポーツ)

ルーキー藤江、初登板初勝利逃す…横浜(報知)

藤江の初勝利吹っ飛んだ!巨人逆転の3発(スポーツニッポン)

あっぱれ藤江「自分の勝利が消えたとか気にしない」(スポーツニッポン)

(追加)藤江初勝利逃すも魅せた野茂直伝フォーク(ニッカンスポーツ)

(追加)泣くな藤江!横浜の五厘刈りルーキーG翻弄(サンケイスポーツ)

(追加)藤江逃した!初登板初勝利ならず…横浜(報知)

(追加)藤江プロ1勝消えた…「負けるのが嫌」(スポーツニッポン)

5/7の読売-ベイスターズ戦は、初登板初先発の藤江が好投するも山口が3本のHRに撃沈し逆転負け。

ベイスターズはルーキーの藤江が初登板初先発。ルーキーを援護したいベイスターズ打線は4回表に内川のHRで先制。5回表にはジョンソンのHR、7回表には吉村のタイムリーで2点を追加。藤江は7回に李にHRを打たれるものの6回2/3を1失点の堂々たる投球。しかし、落とし穴は8回。この回から登板した高崎が走者を二人出すと山口にスイッチする。山口は小笠原に逆転の3点HRを浴びると李、阿部にもHRを打たれてまさかの逆転負け。

この前の甲子園の阪神戦に続いて信じがたい敗戦。失ったものは決して小さくないが、藤江・高崎・山口とみんな若いのだから次はやり返そう。山口はショックだろうが、たかが1敗。山口で勝った試合もいくつもあるのだから、明日以降も自信を持ってマウンドに上がって欲しい。下を向いている場合ではないぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月 6日 (水)

5/6 読売ジャイアンツ 3×-2 横浜ベイスターズ (東京ドーム)

【横浜】内川が追撃の4号ソロ(ニッカンスポーツ)

【横浜】金城が2号同点ソロ「積極的に」(ニッカンスポーツ)

勝負焦った横浜・真田 手痛い一発を悔やむ(サンケイスポーツ)

真田、サヨナラ被弾「勝負を焦りすぎた」…横浜(報知)

勝負焦った真田…悔しい坂本の一発(スポーツニッポン)

(追加)大矢監督「もう1歩」打線が足りなかった(ニッカンスポーツ)

(追加)横浜・内川、4号も空し…サヨナラ負け(サンケイスポーツ)

(追加)真田失投悔やむ「もっとボール球を使えば…」…横浜(報知)

(追加)横浜重症 左腕に9戦全敗(スポーツニッポン)

5/6の読売-ベイスターズ戦は、同点で迎えた9回裏に真田が坂本にHRを浴びてサヨナラ負け。

ベイスターズはマストニーが先発するが、1回裏に松本のタイムリーなどでいきなり2点を失う。しかし、その後は走者を出しながらも読売打線に追加点を許さない。一方、ベイスターズ打線は4回、5回に内川と金城がソロHRを放って同点に追いつく。2-2の同点のまま迎えた9回裏に3番手の真田が坂本にHRを浴びてサヨナラ負け。

先発のマストニーが頑張りましたが、2点しか取れなかったのが惜しまれます。2本のHRのときに走者が1人でもいれば良かったのですが。この試合は高橋尚に苦労しましたが、先日のチェン・川井といい左投手にてこずる場面が目立ちます。今年は大西の調子が悪いのが地味に響いているかも。

投手陣では競った試合の終盤を那須野、真田に任せたことには感心しました。目先の勝利を第一に考えれば他の選択肢もあったかもしれませんが、層がとにかく薄いので特定の選手に負荷がかかってしまう恐れがあります。我慢して若い選手に場数を踏ませることで、この試合の真田のようにやられることはあっても先に繋がるでしょう。結果が出るのは来年以降かもしれませんが。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5/5 読売ジャイアンツ 4-6 横浜ベイスターズ (東京ドーム)

【横浜】ジョンソンが2打席連続ソロ(ニッカンスポーツ)

【横浜】村田が逆転の2号2ラン(ニッカンスポーツ)

これぞ4番!横浜・村田、逆転弾で巨人粉砕!(サンケイスポーツ)

ジョンソン連発!村田、逆転2ラン!…横浜(報知)

工藤、46歳の誕生日に好投…横浜(報知)

村田が逆転2ラン!!本塁打攻勢で巨人に勝つ(スポーツニッポン)

工藤 46歳の誕生日に好投!(スポーツニッポン)

新ストッパー山口に大きな信頼感(スポーツニッポン)

(追加)【横浜】新守護神山口が初セーブ(ニッカンスポーツ)

(追加)【横浜】工藤46歳の誕生日に中継ぎで好投(ニッカンスポーツ)

(追加)46歳工藤が巨人0封斬りで初ホールド(ニッカンスポーツ)

(追加)村田爆発した責任感、逆転の巨倒2ラン(ニッカンスポーツ)

(追加)新球を駆使!横浜・工藤がバースデー0封(サンケイスポーツ)

(追加)ハマのパパやったよ!4番村田が逆転V弾(サンケイスポーツ)

(追加)工藤46歳誕生日に登板 1回無失点!…横浜(報知)

(追加)ジョンソン連発!球団6500号…横浜(報知)

(追加)侍・村田の心意気…原監督に恩返し逆転弾(スポーツニッポン)

(追加)工藤46歳誕生日にピシャリ!最年長ホールド(スポーツニッポン)

(追加)21歳ハマの新守護神!2三振でプロ初セーブ(スポーツニッポン)

(追加)ようやく目覚めた横浜の舶来大砲 2発目は「すごいことだ」(スポーツニッポン)

5/5の読売-ベイスターズ戦は、村田の逆転HRなどによるリードを山口が守ってベイスターズが勝利。

1点をリードされたベイスターズは4回表にジョンソンのHRで同点に追いつく。4回裏に再び1点を勝ち越されるが、5回表に村田の2点HRで逆転。さらにベイスターズは6回表にジョンソンの2本目のHRで1点、8回表に佐伯と石川のタイムリーで2点を追加する。8回裏に高崎が坂本に2点HRを浴びるが、最後は石井に代わって抑えを務めた山口が抑えて4-6で勝利。先発のウォーランドが2勝目、山口が1セーブ目。

中日に嫌な形で連敗したところで苦手の読売戦ということで、ズルズルと連敗が続くのが怖かったのですが、良い形で勝てて良かった。

先発のウォーランドは走者を出しながら粘り強く投げてくれました。今のところ唯一の左のスターターなので貴重な存在となりそうです。リリーフ陣は石井がファーム落ちしたことでセットアップに工藤と高崎、抑えに山口の繋ぎとなりました。この試合ではなんとか逃げ切りましたが、山口が抑えに回ってことで今後はセットアッパーが不安。

打線はジョンソンの2本のHRが好材料。ジョンソンにHRが出ると相手が警戒してボール球が増えて、ジョンソンの選球眼の良さが生きてくると思います。他にも村田の逆転HRや石川・梶谷のマルチヒットなど収穫はありましたが、心配なのは内川。3打席も1死で3塁に走者をおきながら1度も返せず。今年の内川は得点圏打率が低いことを気にして力んでしまっているのではないでしょうか?村田、ジョンソン、吉村が後ろに控えているのだからもっと力を抜いて欲しい。

横浜藤江を出場登録、石井を登録抹消(ニッカンスポーツ)

横浜抑えの石井が救援失敗続き登録外れる(ニッカンスポーツ)

横浜・石井が登録外れる…代わりは新人の藤江(サンケイスポーツ)

【セ・リーグ公示】5月5日(サンケイスポーツ)

横浜の抑え・石井が二軍落ち(報知)

横浜の新ストッパーも戦線離脱(スポーツニッポン)

救援失敗が続いて石井がファーム落ちしてルーキーの藤江が昇格。怪我というわけではなくリフレッシュのためのようですが、中継ぎ降格ではなくいきなりファーム落ちにはびっくりしました。今年は思い切った入れ替えが多くて驚かされます。

石井も気が強そうなので、戻ってきたときにどのような配置にするのか首脳陣の腕の見せ所でしょう。一方、藤江はこの9連戦中に先発すると思うので、こっちも楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 5日 (火)

5/4 横浜ベイスターズ 2-4 中日ドラゴンズ (横浜)

【横浜】小林が好投も2勝目を逃がす(ニッカンスポーツ)

横浜、抑えの石井が大誤算…今季最多タイの借金7(サンケイスポーツ)

大矢監督、誤算の石井に厳しい見方…横浜(報知)

横浜の誤算…「抑え」の役割果たしていない石井(スポーツニッポン)

(追加)守護神石井が3失点…横浜(報知)

(追加)石井 2戦連続救援失敗…配置転換も(スポーツニッポン)

5/4のベイスターズ-中日戦は、同点で投入した石井が打ち込まれて敗戦。

ベイスターズ先発の小林と中日先発の川井が好投し、序盤から両チーム無得点が続く。ベイスターズは4回裏に村田のタイムリーで1点を先制する。小林は中日打線を6回まで0に抑えるが、7回表に井端にHRを打たれて同点とされる。その後は両チームの投手陣が得点を許さず延長戦に突入。11回表にベイスターズ3番手の石井が藤井のHRで勝ち越されると、さらに2本のタイムリーで3失点。その裏、ベイスターズもジョンソンのHRで1点を返し、満塁まで追い詰めるが最後の1本が出ず2-4で敗戦。

10回までベイスターズのヒット2本ではつらい。小林・山口がいいピッチングをしていただけに悔やまれる。紙一重で勝ちきれないところにチームの弱さを感じます。

一方、これで2回連続の失敗となっていまった石井は心配。抑え投手なので、調子が悪くてもなんとか凌ぐ術を身に着けないと。山口が調子良いからといって安易に配置換えをしても山口がへばった時に同じことの繰り返しとなるだろうから、ここは石井に壁を乗り越えてもらいたい。

2軍で復帰した横浜・仁志、攻守で精彩欠く(サンケイスポーツ)

横浜・仁志、2試合目で復調!2軍戦で2安打(サンケイスポーツ)

(追加)横浜・仁志、イースタン・巨人戦で2安打(サンケイスポーツ)

(追加)仁志 G球場に登場「またここに来るとは…」(スポーツニッポン)

仁志がイースタンの試合に復帰。今の一軍にいる若手だけでは1年間戦うのはつらいので、必ず仁志の力が必要となるはず。仁志の準備ができればその時期はそんなに遠くない気もするので、そのときまで気持ちを切らずに準備してもらいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 4日 (月)

5/3 横浜ベイスターズ 0-2 中日ドラゴンズ (横浜)

【横浜】1軍復帰工藤が9回リリーフ登板(ニッカンスポーツ)

横浜・工藤、25年ぶり救援「戻ってきた」(サンケイスポーツ)

工藤、25年ぶりの救援で思い新た…横浜(報知)

帰って来た工藤…シビれるピンチ切り抜けた(スポーツニッポン)

(追加)横浜工藤プロ入り4年目以来のリリーフ(ニッカンスポーツ)

(追加)24年ぶり“中継ぎ”横浜・工藤1回0封(サンケイスポーツ)

(追加)工藤、2年ぶり救援1回無失点…横浜(報知)

(追加)工藤が救援登板も 横浜零敗で最下位脱出ならず(スポーツニッポン)

5/3のベイスターズ-中日戦は、チェンを捕えられずに完封負け。

中日先発のチェンは序盤から完璧な投球で6回までベイスターズ打線をパーフェクトに抑える。一方、ベイスターズ先発のグリンも3回までは無失点に抑えるが、4回表に和田のHRで2点を先制される。7回裏にようやく初ヒットが出たベイスターズは7回、8回、9回とチャンスを作るが最後の一本が出ず、チェンに完封負け。

チェンはかなり良い投球だったようですが、終盤に3回もチャンスがあったのでなんとかしたかった。せめて1点は取ってチェンを引き摺り下ろさないと。この試合での最下位脱出はなりませんでしたが、ずるずる離されないように次は勝ちましょう。

横浜が45歳工藤を登録、寺原は抹消(ニッカンスポーツ)

横浜寺原が背筋痛で出場登録外れる(ニッカンスポーツ)

【セ・リーグ公示】5月3日(サンケイスポーツ)

横浜・寺原、背筋痛で登録外れる(サンケイスポーツ)

工藤、3日にも1軍登板…横浜(報知)

寺原、背筋痛で登録外れる…横浜(報知)

背筋痛で…寺原が登録外れる(スポーツニッポン)

工藤の代わりは寺原でした。最近、寺原の登板間隔が開いていると思ったら怪我でしたか。重傷ではなさそうなのは不幸中の幸いでした。9連戦中なので1回は谷間ができますが、誰を上げるんだろう?藤江?吉見?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 3日 (日)

5/2 横浜ベイスターズ 6-1 中日ドラゴンズ (横浜) (観戦)

5月初戦となった5/2のベイスターズ-中日戦を観戦。

ゴールデンウィーク本番となり天気も快晴となったため、試合前から横浜スタジアム周辺は大賑わい。イベントが行われるYY広場では、村田の出囃子となっている曲を歌ってるアーティストさんやMLBのスター選手をパロディにしたアメリカのエンターテイナー「ZOOPER STARS」などが歌やダンスを披露し、ファンを盛り上げていました。

090502019432

ZOOPER STARSのイチローをパロったキャラ(ちょっと可哀想)

090502029438

ファンクラブ入会特典、「ペアチケットもれなくプレゼント」って会費より高いんですけど

090502039446

ホッシーゾは献血協力のアピール

スタジアムに入ってもお客さんは多く、自由席は満員で立ち見のお客さんもたくさん。「こんないい天気はみかん氷に限る」ということで、スタジアム名物のみかん氷を食べながら試合開始を待つ。恒例のスピードガンコンテスト、リトルリーグの選手へのノック、専属チアリーダー「diana」のダンスに加えて、「ZOOPER STARS」のダンスがグラウンドでも披露されていよいよ試合開始。

090502049609

満員で立ち見も出たライトスタンド

090502069449

やっぱり暑い日はみかん氷にかぎる

090502079464

ZOOPER STARSはグラウンドでもダンス、こいつらデカイです

試合はベイスターズがエース三浦、中日が山井の先発でスタート。ベイスターズは1回裏に内川の自身初というバックスクリーンへのHRで1点を先制。さらに2回裏には細山田のタイムリーで1点を追加。一方、三浦はストレートの球速は出ないものの丁寧な投球で4回をノーヒットに抑える。4回裏にはベイスターズが吉村・内藤のタイムリーと山井の暴投でさらに3点を追加。三浦は5回表に藤井に初ヒットとなるHRを浴びるが失点はこの1点のみ。ベイスターズは6回裏にも荒木のエラーで1点を追加すると打球を受けて8回で降板した三浦に代わって高崎が9回を抑えて6-1でベイスターズが勝利。

090502089490

8回1失点の好投の三浦

090502099528_2

2点目のタイムリーを放つ細山田

ヒーローインタビューは内川と三浦、スタジアムの外側のテラスで行われる第2ヒーローインタビューは好リードに2塁打2本の細山田でした。細山田は出囃子に「兄弟船」を使用しているエピソードを披露。亡くなったお父さんが生前に唯一カラオケで歌っていたのが「兄弟船」で、出囃子にすることでお父さんが守ってくれる気がするそうです。

090502119710

試合後、ファンとハイタッチする内川

090502129716

第2ヒーローインタビューの細山田

三浦の好投と効果的に追加点を奪った打線が噛み合った好ゲームでした。三浦はストレートは140キロ以下がほとんどでしたが、丁寧な投球が功を奏したナイスピッチングでした。球が走らなくてもこういった投球ができるのはさすが。打線は7安打で6得点という効率の良い攻め。しかも、相手の四球、エラー、暴投にしっかりとつけ込んでの得点でベイスターズらしくない攻めでした。

こんなに安心して見ていられた試合は今季初勝利のヤクルト戦以来でしょうか?こんな試合が1試合でも増えることを期待します。

(余談)7回のベイスターズ攻撃前にタレントの夏川純さんがdianaと一緒に踊らされていましたが、何かの罰ゲーム?

【観戦した選手たちの感想】

・三浦(横浜):先発して8回1失点。ストレートは走らないもののカットボールを織り交ぜて好投。さすがエース。90キロ台のカーブも何球か使っていたが、久々に見た気がする。8回に打球が当たって降板したが、問題ない模様。

・高崎(横浜):2番手で1回無失点。三浦のアクシデントで登板。3人で抑えたがボール先行の投球は見ていて少し不安。

・石川(横浜):1番ショートスタメンで3打数無安打。ヒットはなかったが、四球の球が暴投となると一気に2塁を陥れたり、エラーで出塁するとすかさず盗塁するなど、足で見せた。走れる人が少ないチームなので、今後も積極的な走塁を期待。

・梶谷(横浜):2番セカンドスタメンで4打数無安打。この試合でも守備で送球がそれる場面があった。もともとショートなので、短い距離を投げるのに慣れていないのかもしれない。今後セカンドで育てるつもりならじっくりとスローイングを直したい。

・内川(横浜):3番レフトスタメンで3打数2安打1HR1打点。貫禄も出てきたのか、山井が投げにくそうでした。

・ジョンソン(横浜):5番ファーストスタメンで2打数無安打。二つの四球がいずれも得点に繋がった。追い込まれるまではあまり振らず、追い込まれてもボール球は良く見ていました。村田・吉村に挟まれているので、出塁率が高いのは効果的。欲を言えば勝負に関係ない場面でいいので大きいのを打っておいて、相手に警戒させる雰囲気を作っておきたい。

・吉村(横浜):6番ライトスタメンで4打数2安打1打点。3点目のタイムリーは効果的でした。

・内藤(横浜):7番センタースタメンで3打数1安打1打点。センターでのスタメンにファンがどよめく。風が強かったが、それほど難しい打球はなかったが守備機会は無難にこなす。落下点への入り方は内川や吉村よりもスムーズだったかも。打撃でも4点目をたたき出す。内藤がセンターをこなせるとオプションが増えて面白い。

・細山田(横浜):8番キャッチャースタメンで4打数2安打1打点。ストレートの走らない三浦の好リードに加えて打撃でも2塁打2本の活躍。ルーキーらしからぬ落ち着いた堂々としたプレー。

・山井(中日):先発して4回5失点。イニング先頭のジョンソンに出した二つの四球が痛かった。

・ネルソン(中日):2番手で2回1失点。かなりの長身投手。制球はばらつきがあるが、ストレートに角度があって打ちにくそう。

・荒木(中日):1番セカンドで3打数1安打。守備でジョンソンのスライディングで痛めたり、タイムリーエラーしたり、打撃で併殺を打ったり死球をもらったりと散々。

【関連ニュース】

【横浜】内川1回先制バックスクリーン弾(ニッカンスポーツ)

横浜・三浦は苦笑い、打球受けて完投逃す(サンケイスポーツ)

三浦8回1失点で3勝目 打球受け完投逃す…横浜(報知)

横浜快勝!“脱出”まであと0・5(スポーツニッポン)

ああ不運…三浦「まさか球が当たるとは」(スポーツニッポン)

横浜・工藤が1軍合流、監督「必要になる」(サンケイスポーツ)

工藤2日にも合流!最年長セットアッパー誕生へ…横浜(報知)

工藤が1軍合流…横浜(報知)

「何でもやる!」工藤20年ぶり中継ぎ要員(スポーツニッポン)

中継ぎ要員工藤、近日中にも(スポーツニッポン)

三浦“マスク”番長!新型インフル怖い…横浜(報知)

気持ちの整理ついた仁志…実戦復帰へ(スポーツニッポン)

(追加)三浦3勝目、横浜最下位脱出へ0.5差(ニッカンスポーツ)

(追加)横浜・三浦が苦笑「まさか球が当たるとは」(サンケイスポーツ)

(追加)三浦3勝!竜に開幕戦の雪辱!…横浜(報知)

(追加)内川が進化!人生初のバックスクリーン弾(スポーツニッポン)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月 1日 (金)

4/30 阪神タイガース 3×-2 横浜ベイスターズ (甲子園)

【横浜】3年目梶谷プロ初本塁打で先制(ニッカンスポーツ)

横浜の梶谷がプロ初本塁打(スポーツニッポン)

(追加)横浜、痛恨サヨナラ負け…守護神石井が誤算(サンケイスポーツ)

(追加)石井まさかの5連打浴びる…横浜(報知)

(追加)守護神KO…横浜 悪夢9回5連打(スポーツニッポン)

4/30の阪神-ベイスターズは、石井が9回2死から逆転を許して痛いサヨナラ負け。

ベイスターズ・マストニー、阪神・久保の両先発が序盤から好投。5回表にベイスターズは梶谷のプロ入り初HRで2点を先制。7回裏にマストニーが作ったピンチを山口が切り抜けと8回は高崎が抑えて2点リードのまま9回裏に進む。石井は9回2死とするが、平野のタイムリーで1失点、更に梶谷のエラーで同点とされると最後は金本にタイムリーを打たれてサヨナラ負け。

9回までは理想的な展開だっただけに痛い!でも、抑えを注ぎ込んでの負けなので仕方ない。切り替えましょう。

負けてしまいましたが、収穫も多い試合でした。マストニーが7回途中まで無失点の好投。梶谷はプロ入り初HR。石川は3安打に2盗塁。一番の収穫は、前日2回を投げた山口に無理をさせず7回のピンチを切り抜けたところで高崎に代えたこと。山口にとっても負担は減るし、高崎にとっても大事な場面を任せることは今後にプラスとなるでしょう。長いシーズンや来年以降も見越した良い起用だと思いました。

これだけ収穫があるんだから次は勝ちも拾おう。

【WBC栄光のたまもの】村田、愛息への想い(サンケイスポーツ)

テレビで現在の閏哉くんの姿を見ますが、700グラムで生まれたとは思えないくらい元気そうで本当に良かったですね。お子さんのことを抱えながら、野球でも毎年成績を上げている村田は凄い。さすが男・村田です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »