« 9/25 東京ヤクルトスワローズ 5-2 横浜ベイスターズ (神宮) | トップページ | 9/26 東京ヤクルトスワローズ 5-4 横浜ベイスターズ (神宮) (観戦) »

2009年9月27日 (日)

9/26 東京六大学野球を観戦

9/26は神宮球場でトリプルヘッダー(東京六大学2試合、プロ野球1試合)を観戦。さすがに1日3試合見ると疲れました。。。

第1試合 慶応大 4-2 法政大

今年からプロ野球開催日は第1試合の開始時間が30分早まって10時30分となったことを忘れており、余裕を持って球場に着いたつもりがいきなり試合が始まって慌てました。

試合は、慶大の先発が中林、法大の先発が加賀美でスタート。2回裏に慶大が4番伊藤のHRで1点を先制。さらに慶大は4回裏にも山口良のHRなどで3点を追加し、加賀美をノックアウト。法大も7回、8回に1点ずつ返し、土壇場の9回にも1死2塁3塁のチャンスを作るが走塁ミスでこのチャンスを潰し、4-2で慶大が勝利。

法大の加賀美は序盤から長打を浴びて苦しいマウンドが続きました。あまりしっかりと見ていませんでしたが、少し球が高かったのでしょうか?140キロ前後のストレートとスライダーに加えて100キロ前後のスローカーブを結構使っているのが印象に残りました。法大は攻撃面では走塁ミスが目立ちました。

慶大の中林は安定した内容で7回1失点。ストレートは130キロ台がほとんどでしたが、変化球をうまく混ぜていました。これという目立つ持ち球は見られないので、プロでどうだと言われると素人には判断しずらいです。打撃では4番の伊藤がHRと2塁打の2本の長打で活躍。レフトフライに終わりましたが、逆方向にも良い感じで捉えていて、ミート力がありそう。

第2試合 早稲田大 4-2 明治大

第1試合途中からお客さんが増え始め、第2試合が始まる頃は一般に開放されている内野席はほぼ満員でした。早大・斎藤佑と明大・野村という注目の二人の投げ合いだったためかもしれません。

試合は、早大の先発が斎藤佑、明大の先発が野村。斎藤は1回にいきなり2死満塁のピンチを迎えるがここは三振で切り抜ける。一方、野村は2回裏に1死満塁のピンチを迎えると、ここで宇高にタイムリーを打たれて1点を先制される。さらに野村は5回裏にも2本のタイムリーで2点を失い、6回3失点で降板する。終盤に明大も2点を返すが、結局4-2で早大が勝利。

早大の斎藤佑はストレートは140キロ程度にフォークなどの変化球を織り交ぜる投球。ピンチを迎えても普段と変わらない投球ができるのが特徴。1回の満塁のピンチを見逃し三振で抑えるなどストレート勝負する場面が目に付きました。

明大の野村は投球内容は斎藤佑と近いと思いましたが、斎藤とは逆にピンチで踏ん張れませんでした。あと1年2人の投げ合いは続くと思いますので、楽しみです。

【関連ニュース】
佑ちゃん7回1失点通算24勝/東京6大学(ニッカンスポーツ)
慶大、2人がリーグ戦初本塁打/東京六大学(サンケイスポーツ)
佑ちゃん7回1失点で24勝目/東京六大学(サンケイスポーツ)
佑7回1失点で24勝目…東京六大学(報知)
慶大、2人のリーグ戦初アーチで法大下す(スポーツニッポン)
早大、慶大が先勝/東京六大学野球(スポーツニッポン)
初回の満塁切り抜けた!佑ちゃん7回7K1失点(スポーツニッポン)

|

« 9/25 東京ヤクルトスワローズ 5-2 横浜ベイスターズ (神宮) | トップページ | 9/26 東京ヤクルトスワローズ 5-4 横浜ベイスターズ (神宮) (観戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1695/31534823

この記事へのトラックバック一覧です: 9/26 東京六大学野球を観戦:

« 9/25 東京ヤクルトスワローズ 5-2 横浜ベイスターズ (神宮) | トップページ | 9/26 東京ヤクルトスワローズ 5-4 横浜ベイスターズ (神宮) (観戦) »