« 9/20 中日ドラゴンズ 3-4 横浜ベイスターズ (ナゴヤドーム) | トップページ | 9/22 横浜ベイスターズ 7-2 阪神タイガース (横浜) »

2009年9月21日 (月)

9/21 横浜ベイスターズ 8-1 阪神タイガース (横浜) (観戦)

9/21に横浜スタジアムで行われたベイスターズ-阪神戦を観戦。

連休の真っ只中ということでお客さんの入りは上々。阪神ファンは相変わらずたくさん入っていましたが、こころなしかベイスターズ側に入り込んでいる人数が少ないような気もしました。試合展開上、大人しくて目立たなかっただけかもしれませんが。

前日シーレックスで無難に守備につき、そろそろ上がってくるのではと思った村田がこの試合からベイスターズ昇格。試合前の練習から「村田がいる」とざわめくなか、スタメンが発表され村田が4番サードでコールされるとベイスターズファンから大きな歓声が上がりました。

090921011947
4番サードで復帰した村田選手、豪快なスイングも見せる

試合はベイスターズ・三浦、阪神・安藤の両エースが先発。1回表に三浦は2死1塁2塁のピンチを招くと新井のセンター前にポテンと落ちるヒットで1点を先制される。その裏、ベイスターズは先頭打者の金城が高めのストレートをライトに放り込み同点。

この日の三浦はストレートが走ってなく、140キロを超えるストレートは数えるほどなかった。その三浦に対して、阪神打線はファーストストライクを積極的に打ちにいく作戦を取り、2回、3回にも得点圏に走者を進めるが、三浦がなんとか決定打を許さない。

090921021900
粘りの投球を見せたベイスターズ先発の三浦投手

090921031855
2500回投球回数を達成した三浦投手

三浦の粘りに応えたいベイスーズ打線は、3回裏に2死走者なしから藤田がヒットで出塁すると、ボークで2塁に進塁。このチャンスに内川がセンター前のタイムリーで続き1点を勝ち越し。さらに村田が復帰初ヒットで繋ぐと佐伯がレフトに3点HRを放ち、一挙4点を勝ち越す。

090921041884
勝ち越しタイムリーを放つ内川選手

090921051895
ファンのコールに応える佐伯選手

4回裏にも石川がバントヒットで出塁すると、武山がエンドランを決めて無死1塁3塁。さらにバントの構えをした三浦の1球目に武山が盗塁。三浦のあわやという大きなレフトフライが犠牲フライとなり1点を追加。さらに藤田にもタイムリーが出てこの回も2点を追加。大量リードを貰った三浦は走者を出す場面も見られたがなんとか最後まで粘りきり完投で11勝目。

090921061920
自らの犠牲フライで6点目を追加する三浦投手

ヒーローインタビューは三浦と佐伯が呼ばれましたが、佐伯は意外なことに2年ぶりのお立ち台だったそうです。久しぶりのお立ち台に、「ちびっ子ファンは"佐伯"ではなく"佐伯さん"と呼べ」など佐伯節が炸裂しました。佐伯は第2ヒーローインタビューにも現れるサービス振り。ファンにチームの飛躍を誓い、最後は佐伯のファンファーレ・応援歌で締めるなど大盛り上がりとなりました。

090921071960
ヒーローインタビューに呼ばれた三浦投手と佐伯選手

090921081976
第2ヒーローインタビューにも登場した佐伯選手

三浦はストレートが走らず苦労していましたが、130キロ台のカットボール、スライダー、フォークを駆使してなんとか凌いでいました。三浦の対阪神戦の相性の良さも利いているのでしょう。安藤があっという間に崩れたのとは対照的でした。阪神サイドから見ると金本が4回得点圏に走者を置いて一度も仕事をできなかったのが痛かったですね。

一方、ベイスターズ打線は3回裏の連打も見事でしたが、4回裏の攻撃も良かった。石川のバントヒットと武山のエンドラン・盗塁でチャンスを作り、その後きっちりと2点を追加。米スタースらしからぬ攻撃でした。こんな攻撃がいつも見たい。村田は前日同様に守備は無難に動けていましたが、打撃はファウルにするのがやっとという場面も見られました。でも、いるだけでチームに芯が通ったような感じがして前後の内川・佐伯が生きてくる気がいます。怪我を再発しないように無理せずに出場して欲しい。

セ・リーグで唯一蚊帳の外の存在となってしまったベイスターズですが、上位を少しでも苛めて盛り上げないとね。

【観戦した選手たちの感想】

・三浦(横浜):先発して9回1失点。悪くても悪いなりに試合を作ってくれるのはさすがです。でも、読売戦だと一転して打たれるのは不思議。そんなに癖のある投手じゃないのにね。この試合は打撃でも2打点と活躍。特に6点目の犠牲フライはフェンス際まで飛ぶ大飛球でした。

・金城(横浜):1番センタースタメンで5打数1安打1HR1打点。先頭打者HRは相手に行きかけた流れを五分に戻す貴重なHRでした。でも、その後は引っ掛けてのゴロが多く、あまり良くなかった。

・藤田(横浜):2番セカンドスタメンで4打数2安打1打点。ヒットはいずれも得点に絡む貴重なヒット。セカンド守備でも後方のフライ、ライトへ抜けそうな当たりなどの難しい打球をなんなく捌く。来季は不動のレギュラーを目指そう。

・内川(横浜):3番レフトスタメンで3打数2安打1打点。相手のボークで貰ったチャンスにきっちりと勝ち越しタイムリー。この勝負強さはすばらしい。

・村田(横浜):4番サードスタメンで4打数1安打。外の変化球についていくのがやっとでしたが、試合勘の問題でしょう。

・佐伯(横浜):5番ファーストスタメンで4打数1安打1HR3打点。HRは普通のレフトフライかと思いましたが、思ったより伸びました。

・吉村(横浜):6番ライトスタメンで4打数無安打。野手唯一の無安打。初球から難しい球を引っ掛けたり、全くタイミングが合わず三振したりと打撃の内容はかなり酷い。

・石川(横浜):7番ショートスタメンで4打数3安打。3本のヒットは、バントヒット、ライトへのクリーンヒット、センターオーバーの三塁打とそれぞれ内容が異なるがいずれも好内容。バントヒットも良かったし、センターオーバーの打球が打てるパワーがついたのも収穫。藤田ともども不動の二遊間コンビ・フジイシを目指せ。

・武山(横浜)8番キャッチャースタメンで3打数1安打。ヒットエンドランのライト前ヒットは好内容。もともと若手捕手陣の中では打撃が良いほうなので、打撃でもアピールしたい。

・安藤(阪神):先発して3回2/3を7失点。ボークで動揺したのか一挙に4点を取られたのはいただけない。三浦がピンチで粘ったのとは対照的だった。

・鳥谷(阪神):3番ショートスタメンで4打数3安打。シャープに振り切る打球でライトに3安打。打ちそうな雰囲気満々でした。

・金本(阪神):4番レフトスタメンで4打数無安打。得点圏に4回走者を置いて打席に立ったが、悉く凡退。三浦を捕えられなかった原因。

・ブラゼル(阪神):6番ファーストスタメンで3打数無安打。金本とともにチャンスで凡退。高めのストレートについていけない感じだった。

【関連ニュース】
【横浜】金城が先頭打者弾(ニッカンスポーツ)
【横浜】佐伯が11号3ラン(ニッカンスポーツ)
横浜・村田、1カ月半ぶり復帰戦で存在感示す(サンケイスポーツ)
三浦完投11勝!阪神に快勝…横浜(報知)
村田が1か月半ぶり復帰…横浜(報知)
ハマの番長が完投で11勝目 阪神痛い敗戦(スポーツニッポン)
村田が復帰!4キロ減量も(スポーツニッポン)
(追加)横浜村田4キロ減スリムになって復活打(ニッカンスポーツ)
(追加)三浦135勝 球団単独3位…横浜(報知)
(追加)「やり残したことが…」男・村田復帰即いい仕事(スポーツニッポン)

横浜村田が1軍復帰、梶谷は登録抹消(ニッカンスポーツ)
【セ・リーグ公示】9月21日(サンケイスポーツ)

加地次期社長 横浜再建へ第1弾は遼くん招へい(スポーツニッポン)

早大・松下、サイドで好救援!/東京六大学(サンケイスポーツ)

|

« 9/20 中日ドラゴンズ 3-4 横浜ベイスターズ (ナゴヤドーム) | トップページ | 9/22 横浜ベイスターズ 7-2 阪神タイガース (横浜) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1695/31466068

この記事へのトラックバック一覧です: 9/21 横浜ベイスターズ 8-1 阪神タイガース (横浜) (観戦):

« 9/20 中日ドラゴンズ 3-4 横浜ベイスターズ (ナゴヤドーム) | トップページ | 9/22 横浜ベイスターズ 7-2 阪神タイガース (横浜) »