« 10/2 読売ジャイアンツ 0-1 横浜ベイスターズ (東京ドーム) | トップページ | 10/4 横浜ベイスターズ 7-3 広島東洋カープ (横浜) »

2009年10月 3日 (土)

10/3 横浜ベイスターズ 3-6 中日ドラゴンズ (横浜) (野球観戦)

10/3に横浜スタジアムで行われたベイスターズ-中日戦を観戦。

試合前にはかなり強い雨が降り、試合中も厚い雲に覆われてパラパラと雨が降るなかで行われました。この試合はクライマックスシリーズ争いも関係なく、天候も悪かったためかお客さん(特に中日ファン)の入りは少なめでした。。

試合はベイスターズ・三浦、中日・チェンの先発でスタート。1回表に三浦は簡単に2アウトを取るが、森野を内野安打で出塁させると2つの四球で満塁のピンチを作る。ここで谷繁にタイムリーを打たれて2点を先制される。その裏、ベイスターズは2死から内川・村田の連続二塁打で1点を返す。

091003013555
初回にピンチを迎えたバッテリー

091003023591
1点を返すタイムリーを放つ村田選手

2回3回は両チーム無得点で迎えた4回表、三浦は先頭の和田にHRを打たれて1点を追加される。さらに5回表には森野のレフト線に落ちる二塁打とブランコの内野ゴロで2点を追加されてこの回で交代する。

091003033681
2000奪三振を達成した三浦投手

リードした中日は5回から最多勝争いをしている吉見をリリーフで登板させる。その吉見に対してベイスターズは6回裏に吉村が通算100号となる2点HRで2点差とする。しかし、その後は走者を出すことが出来ず、3-6で敗戦。

091003043734_2
2番手で好投した松家投手

好投のチェンを4回で降板して5回から最多勝争いの吉見が登板、代打・立浪のコールに両チームのファンから拍手喝さい、ヒーローインタビューも試合展開に関係なかった立浪が呼ばれるなど、シーズンも終わるんだなと感じさせられました。

091003053805
8回に代打で登場した立浪選手

091003063837
試合後にレフトスタンドに挨拶する立浪選手

試合としては、防御率1位のチェン、2位の吉見を相手に終始リードを許す展開は辛かった。三浦もなんとか凌ごうと頑張っていましたが、逆にカウントを悪くして難しい投球となってしまいました。一方、中日は投手も良かったですが、井端・和田・英智が好守備を連発。点差は3点でしたが、それ以上の差に感じました。

チームはまだ4試合残していますが、個人的にはベイスターズ戦はこの試合が今季最終となる予定(雨で来週末に振替がない限り)。今季のベイスターズ公式戦の観戦結果は8勝6敗とチームの成績を考えるとラッキーでしたが、チームが年間を通じて順位争いにほとんど絡めなかったので嬉しさも半減です。来年こそ公式戦がもう1ヶ月続くように周到に準備をしてください。

なにはともあれ、選手、スタッフ、スタジアムの職員、ファンの皆様、1年間お疲れ様でした。

091003073851
スタジアムとも来年までしばらくお別れ

【観戦した選手たちの感想】

・三浦(横浜):先発して5回5失点。なんとか凌ごうと色々な球を散らすが、逆にカウントを悪くして苦しくしていた。来年以降もこのような投球になると思うので、エースという肩書きを外してあげて、負担を減らしてあげたいのが正直なところ。

・松家(横浜):2番手で2回無失点。この日投げた投手では1番の内容。常時140キロ中盤の力のあるストレートでストライク先行の投球。今年はポテンシャルを示せたので、来年は制球・変化球に磨きをかけてベイスターズに定着したい。

・高宮(横浜):3番手で1/3回を無失点。森野へのワンポイント。左殺しが生き残る道。

・真田(横浜):4番手で1回1/3を1失点。今年は中継ぎの軸として頑張りました。来年はさらに安定感を増して不動のセットアッパーの地位を築きたい。

・工藤(横浜):5番手で1/3を無失点。工藤のコールに大声援が送られる。来年も現役でいられることを祈っています。

・金城(横浜):1番センタースタメンで4打数1安打。終盤に調子を上げたものの序盤の不調はチームにとっても痛かった。来年はレギュラーを奪取してチームを引っ張って欲しい。

・藤田(横浜):2番セカンドスタメンで4打数無安打。5回裏の1死1塁3塁の場面での併殺は痛かった。打撃は順調に成長しているが、次のステップとして粘って四球をもぎ取ることを期待したい。

・内川(横浜):3番レフトスタメンで4打数1安打。2年連続で結果を残したのは立派。来年以降はチームリーダーとしての活躍も期待したい。

・村田(横浜):4番サードスタメンで4打数1安打1打点。今年は怪我で苦しみました。年齢的にそろそろ体のケアが必要となり始める頃だと思うので、しっかりと休んでください。

・佐伯(横浜):5番ファーストスタメンで4打数1安打。ジョンソンの不調の穴を埋めてファーストスタメンで頑張りましたが、来季は勝負強さを生かすためにも代打の切り札として起用したい。

・吉村(横浜);6番ライトスタメンで3打数1安打1HR2打点。年間通じて不調はチームにとっても大誤算。こんな成績で終わる選手ではないので、来季は捲土重来を。

・石川(横浜):7番ショートスタメンで3打数無安打。開幕直後の控えから結果を出してレギュラーを掴み、手応えと壁の両方を感じたシーズンだと思います。来年もレギュラーを死守できるかは、石川の野球人生で重要な岐路となるでしょう。

・武山(横浜):8番キャッチャースタメンで3打数1安打。後半はスタメンが増えましたが、来年も細山田・新沼・斉藤とはまだ横一戦でしょう。

・高森(横浜):代打で1打数無安打。ようやくベイスターズに昇格。来年に向けて打撃で少しでもアピールしたい。

・松本(横浜):代打で1打数無安打。今年は開幕スタメンも苦しみました。来季はベイスターズに定着して欲しい。

・森笠(横浜):代打で1打数無安打。外野は比較的コマが豊富なので、来年は正念場。

・チェン(中日):先発して4回1失点。吉見に勝ちをつけるため4回で降板。かつての今中を思わせる上半身主動のフォーム。あまり力を入れていないように見えて150キロ前後の球速が出る。来年も手強い。

・吉見(中日):2番手で4回2失点。チェンとは逆に沈み込む下半身主動のダイナミックなフォーム。立ち上がりが少し悪いので、そこをつきたい。

・和田(中日):5番レフトスタメンで3打数2安打1HR1打点。貴重な3点目のHRだけでなく、守備でも頑張ってました。

・谷繁(中日):6番キャッチャースタメンで4打数2安打2打点。初回に先制の2点タイムリー。打率は低いが、嫌なところで打つ。

・英智(中日):8番センタースタメンで4打数1安打。守備で好プレーを連発。何度もため息をつきました。

・立浪(中日):代打で1打数無安打。代打のコールに拍手喝さい、試合後にレフトスタンドに挨拶、ヒーローインタビューと大活躍。お疲れ様でした。

【関連ニュース】
【横浜】村田がチェンから追撃の二塁打(ニッカンスポーツ)
横浜・三浦、自己最多タイ12勝目ならず(サンケイスポーツ)
三浦、自己最多タイならず…横浜(報知)
“ハマの番長”通算2000奪三振も自己最多タイならず(スポーツニッポン)
(追加)横浜三浦19人目2000Kもチームは90敗(ニッカンスポーツ)
(追加)2年連続90敗…横浜(報知)
(追加)三浦 19人目2000Kも11敗目(スポーツニッポン)

横浜が小杉と高森を出場選手登録(ニッカンスポーツ)
【セ・リーグ公示】10月3日(サンケイスポーツ)

横浜、ジョンソンと外国人3投手ら退団へ(サンケイスポーツ)
ジョンソンら退団へ…横浜(報知)
横浜 ジョンソンら退団へ(スポーツニッポン)

|

« 10/2 読売ジャイアンツ 0-1 横浜ベイスターズ (東京ドーム) | トップページ | 10/4 横浜ベイスターズ 7-3 広島東洋カープ (横浜) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1695/31627501

この記事へのトラックバック一覧です: 10/3 横浜ベイスターズ 3-6 中日ドラゴンズ (横浜) (野球観戦):

« 10/2 読売ジャイアンツ 0-1 横浜ベイスターズ (東京ドーム) | トップページ | 10/4 横浜ベイスターズ 7-3 広島東洋カープ (横浜) »