« 1/9 横浜ベイスターズ関連ニュース | トップページ | 1/10 横浜ベイスターズ関連ニュース »

2010年1月10日 (日)

ONKYO・BXとイー・モバイル・S21HTのBluetoothによるモデム接続

せっかくどこにでも持ち出せるサイズのPC(ONKYO・BX407A4)を手に入れたのだから出先でもネット接続したいということで、手持ちのイー・モバイル・S21HTとの接続を検討。有線での接続では使える場所が限られるので、Bluetoothによるモデル接続を試みました。

S21HTはパソコンとのモデム接続方法(BTプロファイル)としてPAN(プライベートエリアネットワーク)接続を公式にサポートしています。しかし、この方法だと接続の際にS21HT側の操作が必要となり、出先では少々使いにくい。

そこで、パソコン側の操作のみでモデム接続が可能なDUN(ダイヤルアップ)接続を試みました。S21HTに搭載されているWindows Mobile 6.1はDUN接続プロファイルをサポートしていないらしく、非公式のプロファイルを導入する必要があります。セットアップの手順は以下のページを参考にさせていただき、特に困ることもなく順調に終了しました。

TouchDiamond(S21HT)をBluetoothモデム(BT-DUN)にする設定方法解説(ハマる生活)
TouchDiamond(S21HT)でのBluetoothモデム(BT-DUN)接続は素晴らしい!(ハマる生活)

細かい設定として以下の設定も行いました。

【BX側】
・「インターネットオプション」→「接続」タブ→「ダイヤルアップと仮想プライベートネットワークの設定」でセットアップでできるS21HTの接続を選択し、「ネットワーク接続がないときには、ダイヤルする」に設定。

インターネット接続時に自宅の無線LANなどがある環境ではそちらが優先され、外ではS21HTとのBluetooth接続が立ち上がるようになります。

【S21HT側】
・「設定」→「個人用」タブ→「電話」→「データ」タブ→「デバイスがスリープモードに入ったら、データ接続(GPRS/3Gなど)を無効にします」のチェックを外す。

チェックをしているとスリープモードで接続すると通信がすぐに途切れます。

・「設定」→「システム」タブ→「終了ボタンの長押し」で「選択した動作を自動的に実行する」→「データ接続を中断する」を選択。

BXからダイヤルアップするとS21HTはずっとデータ通信状態になるため、S21HTの電池の持ちが悪くなります。そこで、ネット接続終了後にS21HTのデータ通信を終了するために設定しました。終了に関してはS21HT側の操作が必要になりますが、ポケットに手をつっこむだけで操作可能です。

実際に接続してみると良い感じ!通信速度はBluetoothがボトルネックとなって100kbps強ですが、一般のサイトを見る分には許容範囲です。なによりもS21HTはスリープモードのまま手を触れることなく、BXのみの操作で接続可能なのが便利です。S21HTは接続中もスリープモードのまま(通信のみ流れている)のため、ポケットから出すことなく操作を完結させられるのはとても便利です。。

|

« 1/9 横浜ベイスターズ関連ニュース | トップページ | 1/10 横浜ベイスターズ関連ニュース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1695/32934325

この記事へのトラックバック一覧です: ONKYO・BXとイー・モバイル・S21HTのBluetoothによるモデム接続:

« 1/9 横浜ベイスターズ関連ニュース | トップページ | 1/10 横浜ベイスターズ関連ニュース »